みなさん、災害対策はバッチリですか?
世界では色々なことがおこるようですが日本がトバッチリを受けないとは限りません。

2019年2月20日に神奈川で大地震が起こる

「2013年のスマトラ島・パプアニューギニアの地震」を警告・的中させたリシル氏の予言です。

なお、2019年2月20日はスーパームーンの日にあたります。
2018年8月11日のスーパームーンでは世界中でM6超の大地震が連発しました。

またリシル氏は「北海道でM9.2の地震」も予言しています。

 

2019年4月30日 聖徳太子が日本崩壊を予言

黒船来航や東京遷都を予言した聖徳太子によると、2019年4月30日、日本列島が「八つ裂き」になるそうです。
「スーパー南海地震」が「いよいよ」なのでしょうか?

 

2019年「スーパー南海地震」の前兆とする災害の一覧

2018年1月【草津白根山(群馬県)が噴火】
2018年2月【台湾地震・韓国地震】
2018年3月【西表島地震・新燃岳(鹿児島)が爆発的噴火】

昨年から、台湾、韓国、琉球列島でも比較的大きな地震が起こっており、フィリピンでもマヨン山などの火山が噴火。フィリピン海プレートの境(南海トラフ)は、東京からフィリピンまで延びています。
このフィリピン海プレートのゆがみがユーラシアプレート上の韓国、そして台湾やフィリピンにも影響を及ぼしていると考えれます。

 

直下型地震から1~3年程度でプレート地震が起こる方程式をあてはめると?

2019年から2020年東京五輪前までにプレート型の「南海地震」が起きる理由は次の通りです。

1944年12月の「昭和東南海地震」と46年12月の「昭和南海地震」の時には、その1-3年前の43年に直下型の「鳥取地震」が発生しています。

2011年3月の「東日本大震災」の時には、その3年前の2008年6月に直下型の「岩手・宮城内陸地震」が発生しています。

2016年4月に直下型の『熊本地震』が、10月にも直下型の「鳥取県中部地震」が起きています。

 

2019年からの新元号は「栄安」。世界は第3次世界大戦へ

平成から次の元号が変わるタイミングを2019年と言い当てた「2041年からのタイムリーパー」によると、2019年からの新元号を「栄安」と発言しました。

他の未来人の予言では、マイケル・フィリップス氏の「2019年3月に北朝鮮がハワイのホノルルに向けて核ミサイルを発射。」があります。そして、この混乱に乗じて中国とロシアが同盟、敵対するアメリカ、イギリスとその支持国との間で数々の戦闘が勃発、2020年には、第3次世界大戦が開戦するそうです。

この戦争は核戦争となり数百万人の犠牲者が出るようです。

 

北朝鮮がミサイル発射、神奈川県に着弾

エドワード・デイムス氏はリモートビューイングにより、厚木基地がある神奈川県に北朝鮮がミサイル発射すると予言しました。

 

隕石・戦争・地震・移民暴動で世界各地は混乱に

一般企業の広告宣伝部長であるクレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、2019年をこう予言しています。

・トランプ大統領が病に倒れ、家族が事故をおこす
・中国がドイツ車輸入を禁止しドイツ経済が傾く
・ネパールで地震
・スーダンで戦争
・隕石がロシアへ直撃
・ヨーロッパで移民の暴動

 

ローマ法皇が暗殺とともに第三次世界大戦(ノストラダムス)

2018年に「金持ちは幾度となく死に絶える」「豚人間が誕生する」という予言で騒がれたノストラダムスによると、2019年は「調整」の年になるそうです。
具体的にはハリケーンや地震が世界中でおこるというもの。
日本でもノアの箱船レベルの大洪水がおこり、大量の移民が日本を訪れるそうです。

さらに、テロも世界中で頻発し、中東では宗教問題が過激になり戦争がおこると予言しています。
日本では猛暑の異常気象が進み、2023年までに100度異常に達するという説もあります。

また、米国の内戦と巨大地震により中国の力が強大になり、ローマ法皇が暗殺とともに第三次世界大戦が勃発、27年続くそうです。

 

首都東京・直下地震

パキスタンの直下型地震と東日本大震災を予言した沖縄県の医師である長田明子氏は、首都直下地震を予言しました。
しかも富士山大噴火と連動するというおまけ付きです。

 

富士山大噴火は2019年の可能性が高いのか?

2018年は富士山大爆発の予言ラッシュでした。

「災害の夢ブログ」のスズ氏がブログで富士山の大爆発を予言。
霊感の強いスズ氏の娘も富士山噴火の夢を見たそうです。

さらに、2013年の淡路島地震と2015年の口永良部島噴火を的中させた「まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。」の七曜高耶氏は、富士山のマグマが流れる夢を見ました。

また、3.11の津波を予言した松原照子氏は、「宝永大噴火(1707年)から「312」年後の2019年に富士山が噴火する」と予言しました。

木村政昭・琉球大学名誉教授も、富士山噴火は2019年まで起こると予測しています。

一方で、3.11の原発事故を予言した郁代氏は、富士山噴火は2020年以降になるだろうとしています。

 

【おまけ】大分で大地震が起こる

前述のスズ氏によると、大分県でM9の大地震が発生するそうです。

「それまでに、九州に限らず、揺れや噴火が起こるのかも知れません。
今生きている方が体験したことのない揺れになるのかも知れません。
これが本当に起これば、日本は終わりになるでしょう。」とつづっています。

2019年に大分に行く予定のある方は、気をつけておきましょう。

 

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です