季節の変わり目は肌荒れするとよく言います。いつの時期も肌はピンチ!
ターンオーバーとは?崩れる原因は?ターンオーバー促進法と共に教えます。
高い化粧品やエステに行かなくても美肌は作れる。
夏の紫外線に負けない、ニキビや肌荒れ知らずの美肌を作ろう!

ターンオーバーのバランスが美肌を決める

img01

ドキッとしたあなたは要注意。

季節の変わり目は肌荒れするとよく言いますが、いつの時期も肌はピンチ!
なぜなら肌のターンオーバーのバランスはいつでも崩れるから。
一体その原因は何?

ターンオーバーって何?

img02

そもそも肌のターンオーバーって何?
肌は私たちがあまり自覚していないだけで、剥がれ落ち新しい肌になっているのです。
これが肌のターンオーバー。
怪我をしても綺麗な肌に戻るのはこのターンオーバーのおかげです。

“肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。”

出典:www.skincare-univ.com

img03

ターンオーバーには部分的な速度の違いがあります。
しかし基本的におよそ28日~56日程度。
周期が早いほど若く、再生能力が高いと言えます。

特にこんな日はターンオーバーが乱れる

紫外線の量が多い日

汗をかきやすい日

img04

紫外線によりダメージを受けた肌は普段より早めに再生しようと機能します。よってターンオーバーが通常より早まります。
逆に、汗をたくさんかくことは、毛穴に汚れを溜まりやすくするため、角質を剥がれにくくしてしまい、ターンオーバーを遅くします。
この相互の作用によってバランスが乱れるのです。

img05

ターンオーバーが早まるのはいいことなのでは?と思った人もいるかもしれません。 もちろん通常が早いことには越したことはありません。
しかし、季節の変化によって急に早まった場合は、保湿成分が不足しバリア機能が低い肌が急いで再生されるということ。
その結果、乾燥肌や敏感肌をまねいてしまうのです。

バランスの整え方①

ピーリングはNG

img06

ピーリングで古い角質を取ればOKと言われることもありますが、無理やりピーリングで古い皮膚をとってしまうとさらにバランスを崩してしまう危険性が高いのでおすすめしません。

逆に顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。ターンオーバーが早く乱れた肌は、核を持ったまま(不全角化)表面に押し上げられた状態となり、未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態ですので、水分を保持することが難しく乾燥したりします。

バランスの整え方②

とにかく潤い

良質な睡眠をとる

ホットタオル

紫外線を避ける

健康的な食事

これらが主なターンオーバーのバランスの整え方ですが、全て継続して行えますか?

img11

無理なコトを継続しようとせずに、
出来ることから続けましょう♪

メスや吸引器具を使わずに小顔・美肌になると噂のアルジュエル。
体の中からでは追い付かないターンオーバーの正常化をジェルではかりましょう。

アルジュエル
2,980円(税別)
buybtn

通年疎かにしないケアを!

img10

高い化粧品や美容エステの前に、普段の生活を見直して!
食生活や生活リズムを整えれば夏のターンオーバーのバランスを保てるはず♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です