A型ボツリヌス毒素という名前をご存知ですか?

知らない方も多いと思いますが、ボトックス注射であれば知っていますよね?

A型ボツリヌス毒素はボトックス注射で体内に注入される成分で、毒素となっていますが、人体に悪い影響はありません。

ここでは、A型ボツリヌス毒素について紹介するとともに、ボトックス注射の効果、注意点なども合わせて紹介していきます。

A型ボツリヌス毒素って何!?安全な毒素なの?

まずはA型ボツリヌス毒素とボツリヌス菌の関係は、神経麻痺作用とは!?

A型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌が産出する毒素です。

一般にはボトックス注射によって体内に注入することによっていろいろな効果を期待する、美容に友好的な毒素です。

ボツリヌス菌は細菌の一種ですが、もともとは自然界に存在している菌なのですが、ヒトの腸内に入り増殖することがあります。

ボツリヌス菌自体はとても強い毒性のある細菌なので、体内に入り込むと下痢や吐き気、ひどい場合には痙攣などを引き起こす原因になりえます。

このような症状は、ボツリヌス菌に神経を麻痺させる力があるからなんです。

そして、この麻痺の力に着目して開発されたのが、ボトックス注射だといわれています。

ボトックス注射は安全なの!?

もちろん安全です。

ボトックス注射で注入されるボツリヌス菌は、毒性をかなり抑えたボツリヌス菌が注射されているのです。

毒性が抑えられていれば、下痢や吐き気、もちろん痙攣などは起きないようになっています。

安全性は非常に高いので、注射した周辺でわずかに神経が麻痺する程度だと考えてください。

そして、この麻痺が重要なのです。

麻痺で美容に効果がうまれるの!?ワキガ治療にも効果あり!

ボトックス注射は、主に顔を整えるための美容整形に使われていますよね。

これは、エラの筋肉などにボトックス注射をうち、麻痺を起こします。

麻痺の力で筋肉の働きが弱まることで、フェイスラインが細くなるという方法なんです。

もちろん、顔だけでなく、足でも効果はあって、ふくらはぎの発達した筋肉にも友好的で、足をスラッとした細さにすることを可能にしてくれます。

エラの骨を削る手術をしなくても簡単に小顔になれるプチ整形です。

今では、多汗症治療や、ワキガ治療などにもこのボツリヌス菌によるボトックス注射を応用しています。

美容整形もワキガ治療なども、外科手術などをすると結構大変な手術になってしまいますし、メスで切ったりするのは怖いですよね?

そんな場合には、ボトックス注射による治療がオススメです。

ほんの数カ所に注射するだけで、麻痺の力で処置できるのですから。

お金は高い?安い?

もちろん、外科手術にくらべれば、安いのですが、一般的な医療費に比べればもちろんそこそこ効果になってきます。

ボトックス注射1回で、5万前後になってきます。

ただし、体を切開して、かつ値段もさらに高くなる外科手術に比べれば、やっぱり楽チンなのではないでしょうか?

基本的に美容整形で行うボトックス注射は保険適用にはならないので100%自己負担になってしまいます。

しかし、多汗症やワキガ治療でボトックス注射をする場合にはクリニックによっては、保険適用になるのでだいぶ費用を軽減することができます。

A型ボツリヌス毒素は、なぜ痩せる!?

ボツリヌス毒素には、筋弛緩作用がある!

A型ボツリヌス毒素には筋弛緩作用があります。

A型ボツリヌス毒素には筋肉を動かす神経の働きを弱めることで、筋肉を一時的にマヒさせることができるのです。

ボトックス注射は、もともと古くから眼科医による斜視の薬物療法の1つとして、使われていました。

その後、いろいろな研究の結果、美容外科のプチ整形に応用されるようになったのです。

その理由が、この筋弛緩作用なのです。

さきほども申し上げましたが、毒素といっても、A型ボツリヌス毒素は毒性を取り除いているので、安全です。

この筋弛緩作用は身体においても、アレルギーや副作用がないことが証明されています。

注射した箇所の筋肉の過剰な収縮が抑えられるので、顔の特定の筋肉を使い続けることでできます。

筋肉が一定の状態で凝り固まってしまうことを防ぐことができるので、シワなどを改善してくれるのです。

表情ジワを目立たなくしてくれる!

加齢に伴ってお肌にはさまざまなトラブルがあらわれるようになりますが、その代表的なものの1つがシワです。

シワは、皮膚が弾力性を失うことによって起きる、細かなたるみのことなのです。

ボトックス注射で効果を発揮するのは、「単なるたるみ」ではなく、「表情ジワ」です。

表情ジワは、人が感情の変化などにともなって、表情を変える時に生じるシワのことです。

みなさんも、怒ったときには眉間に縦ジワが寄ったり、額に横ジワができたりしていませんか?

表情ジワは、若いころであれば普通にしているときや、無表情のときには目立つことはありません。

ところが、年齢を重ねるにつれてコラーゲンなどが減少してしまうので、肌から柔軟性が失われることで、顔の表面に常時、シワが残ってしまうようになるのです。

そこを美容整形の世界においては、ボトックス注射というA型ボツリヌス毒素を注入することによって、表情ジワを目立たなくすることができるのです。

多汗症やワキガにも効く、ボトックス注射

なぜ、ボトックス注射が多汗症などに効果があるのかといいますと、神経の末端から分泌される伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制してくれるからです。

具体的には、これを多汗症に応用するとアセチルコリンは交感神経の末端で発汗をうながしているので、分泌をボトックス注射で抑制することで過剰な汗の分泌をブロックできるということになるのです。

多汗症というといろいろな部分がありますが、脇だけでなく、おでこ、手、足、うなじなど幅広い範囲に応用することができます。

 

気になるのはA型ボツリヌス毒素のボトックス注射における即効性と持続力!

A型ボツリヌス毒素は、どれぐらいで効果がでるの!?

A型ボツリヌス毒素によるボトックス注射の働きにより、筋肉の動きが十分に止まって効果がでてくるまでの時間は、基本的には人によって異なります。

もちろん、注入する部位や求める仕上がりによっても、効果の出方は異なってくるため、かかる時間は必ずしも、一定ではありません。

一般的には、ボトックス注射をしてから2、3日後から効果があらわれはじめ、2週間ほどで安定した状態になるといわれています。

またよく言われている兆候としては、ボトックス注射が初めてだと、効果が出やすいようです。

ただし、顔のエラや足のふくらはぎのシェイプアップを目的としたボトックス注射の場合には、筋肉の動きが止まってから見た目として効果を感じるまでに、筋肉が痩せるまでの期間が必要になってしまうので、トータルで1か月くらいかからないと、実感や見た目の変化はないかもしれません。

A型ボツリヌス毒素の効果はどれぐらい続くのか!?

ボトックス効果の持続期間て聞くと、「あれっ?」永遠じゃないのかよって思われるかもしれませんが、これはしょうがありません。

もともと、年齢などとともに美容面での劣化やシワなどはできるので、当然一時的なボトックス注射であれば、効果は切れます。

もちろん、個人差もありますが、一般的に3、4ヶ月くらいは続きますが、それを超えるともとに戻りやすくなってくるので、再度ボトックス注射を受ける必要があります。

ただし、顔のエラや足のふくらはぎの場合には、筋肉が再び動き出してから外見に影響を与えるまでの時間に差があるため、4ヶ月から半年くらいは持続するといわれています。

特に効果の持続においては、ボトックス注射の量やもともとの筋肉の強さによって個人差があるので、シワの深さなどの条件なども合わさっって、持続期間は変わってきてしまいます。

もちろん、ボトックス注射の量が多ければ良いというわけではないことには、注意してください。

 

A型ボツリヌス毒素を注射する場合の、注意点はあるの!?

A型ボツリヌス毒素をボトックス注射するときの注意点とは

ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出したエキスを注射して筋肉の働きを弱める治療法ですので、当然ですが、注射を行います。

注射をするだけですが、注射針を刺したときにチクっとした痛みを感じることが苦手な人には苦痛となるでしょう。

注射というと、比較的体の中でも太い二の腕に注射をしているのでそれほど痛みや恐怖はありませんが、顔とかになると恐怖心のある人もいることでしょう。

みなさんは、顔に注射ができますか?

ここが注意点のポイントになってきますね。

注射が苦手という人には、なるべく事前に麻酔クリームを塗ってくれるクリニックを探すことをオススメします。

ボトックス注射をすると、赤みや内出血後が1週間くらい続く場合があります。

どんなデメリットがあるかを知っておく

注意事項とともに、当然ボトックスのデメリットもしっかりと認識しておかなければなりません。

筋肉をリラックスさせるのが目的であるボトックスですが、筋弛緩作用が余計な筋肉に影響をおよぼしてしまう可能性があり、そんな場合には思いもよらない副作用がでてることを覚悟しておかなければなりません。

その一番の心配が「眼瞼下垂」という症状です。

この症状は、眉間のしわとりのためのボトックス注射でおきる可能性があります。

さらにおでこへのボトックス注入の場合には目の開きに重さを感じることもあります。

ただし、この症状は1か月程度で気にならなくなるといわれています。

他のもデメリットとしては、ボトックス注射の成分への抗体が体内にできてしまうことにより、効果がでにくくなるということです。

通常の平均的なボトックス注射の1回量であれば問題なく、頻回で行った場合などに可能性があるので、美容目的であれば通常は問題ないはずです。

しっかりとしたクリニック選びも肝心!

ボトックス注射のレベルには個人差がありますので、ボトックス注射のレベルが低いクリニックはさけることをオススメします。

今はいろいろなサイトによって、口コミで美容外科を評判がわかるのでしっかりとチェックをしておきましょう。

ボトックス注射をするのが下手な医師の場合には、内出血がひどくなってしまう可能性があります。

ボトックス注射後には、メイクすることは問題ないので、内出血がでてもファンデーションなどを塗れば目立たなくできます。

ボトックス注射をした後は、頭痛・吐き気・めまい・高熱などや、風邪のようなだるい症状が出る人もいるので、注意が必要です。

症状がでた場合には、無理に体を動かさずに、家で安静に過ごすようにしましょう。

体調が回復しない場合には、クリニックに連絡して医師の診察などを受けるようにしましょう。

大事なのは対象となるシワと医師のテクニック選び

ボトックス注射を受けるにあたっては、気をつけるべきことは、シワの種類がボトックス注射に向いているのか?医師は経験豊富でテクニックをもっているのか?です。

例えば、目尻のシワの場合で、それが縮緬ジワであると、ボトックス注射は向いていません。

ボトックス注射よりも肌表面の乾燥を防ぐ、保湿ケアを重視したほうが効果的だといわれています。

もう一方の医師の質ですが、これはなかなか判断するのが難しいのですが、口コミサイトやホームページをチェックすることが大事になってきます。

ボトックス注射には医師の技術がかなり影響を及ぼします。

なぜならば、注射箇所に問題があったり、ボトックスを大量に注射すると副作用が発生したりするからです。

最悪の場合、注射付近だけの問題ではなく、表情筋が過度に抑制されたり、目が開きづらくなったりして、今までのような自然な表情を作れなくなってしまう場合があり、美容整形をした意味がなくなってしまうのです。

少なくとも美容整形にボトックス注射の説明や経験などを記載し、また、ホームページにおいて口コミ結果などをしっかりと記載しているクリニックを選ぶようにしましょう。

また、心配なことなどがあった場合には事前に電話などで確認するなど、納得のいった状態で施術をうけるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ボトックス注射の効果は永遠に続くものではありません。

ただし、効果が切れるタイミングをしっかりと合わせて、継続してボトックス注射をおこなっていくことで理想としたお肌バランスを維持していくことができます。。

ボトックス注射は回数を重ねるごとに持続期間が少しずつ長くなっていくといわれています。

くれぐれもA型ボツリヌス毒素の特徴をしっかり把握した上で、医師&クリニック選びをしましょう。

関連商品


アルジュエル

韓国で有名な小顔効果のある美容ジェル。

2,980円


どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です