亜鉛がダイエットに効果的だということをご存じでしょうか?

今回は、亜鉛でダイエットする方法やその効果等について詳しく解説していきたいと思います。亜鉛には驚くべきダイエット効果がありますので、是非ともご一読いただき試してみてくださいね。

⒈亜鉛ダイエットとは?

⒈1亜鉛の効果効能

亜鉛というミネラルは私たち人間の体には必要不可欠な栄養素です。現代社会では食生活の偏りからこういったミネラルが不足する傾向にあり懸念されています。では、どうして亜鉛が体にとっては必要不可欠なのかと言えば…

一般的にいわれている効果効能としては、DNAやタンパク質の合成に関係しているといわれています。つまり、私たちの内臓、血液、ホルモン、筋肉、骨、皮膚、髪の毛、爪、といったパーツを作る上で必要な栄養素なのです。

また、亜鉛でダイエットというとぴんと来ないかもしれませんが、実は糖質代謝において非常に重要なのです。たとえば、糖質の代謝に必要なインスリンはタンパク質からできていますがこれを合成するのに亜鉛が使われます。さらにいえば、筋肉です。筋肉をつければ代謝が上がりますが筋肉細胞を作る時に亜鉛を必要とします。こういったところから亜鉛もダイエットには欠かせない栄養素であると覚えておきましょう。

免疫力アップ

免疫細胞と亜鉛が密接な関係を持っていることはご存知でしょうか?私たちの体には外敵が侵入した場合免疫システムが作動して除去を行うのですがその手伝いをしてくれます。風邪やインフルエンザなどのウイルスが侵入してきた場合それを直接除去しようと働きます。

また、それだけではなく侵入してきた外敵を一刻も早く除去しようと動き、除去を行う免疫細胞に働きかけてその力を最大限に引き出します。しかし、こういったウイルスもそうですが日常生活の外部刺激から活性酸素が発生します。

これが過剰に発生すると細胞が破壊されてしまいますのでそれを細胞にできるだけダメージを与えない程度など、活性酸素の力の調整を行ったりもするのです。このことからも体調管理には必要不可欠なのが亜鉛というミネラルなのです。

味覚の改善

あなたの味覚は大丈夫ですか?味の濃すぎるものを食べていると味覚が落ちるといいますが、亜鉛不足が原因かもしれません。舌には味を感じる味蕾という小器官が多数点在しております。亜鉛不足になるとこれの代謝がうまく行われませんので味覚障害を招く可能性があるのです。

精子をつくる

亜鉛は精子をつくるミネラルという話は聞いたことがありませんか?これは、デトロイトのウェイン・テイスト大学のプラサド医学博士(教授)が5人の健身男性(51歳から65歳)を対象にある実験を行いました。

それは、全員に6ヶ月間毎日1日1mgの亜鉛不足になるように食事を徹底管理したのです。普通に考えるとわずか1mg程度ではそこまで生命活動に影響はないと思われますが、プラサド教授によればそれでも十分生命活動に影響を与えるとのこと。

結果的に全ての男性が男性ホルモンの量が低下する結果になりました。しかも、そのうち3人はインポテッツになるという結果です。つまり、精細胞を作るにも亜鉛の細胞代謝の効果というのは必要負荷稀有なのですね。

骨の強化

亜鉛は骨を強くするともいわれています。それは、骨の細胞を作る上で亜鉛が必要になる他に、カルシウムの吸収率を高める効果もあるためです。これは、ラットの実験ですが、骨粗しょう症のラットを育てるために、まずは3ヶ月間全く亜鉛を与えませんでした。

これにより、見事、骨粗しょう症のラットが育ったのです。次に、このラットに対して1キログラムあたりの餌に1~15mg含めたものを3ヶ月間与え続けたのです。すると、骨密度がおよそ1.8倍になったのです。

つまりは、亜鉛が骨を強くするミネラルであるということがこの実験により証明されたのです。また、そのラットに1.6kgの重量を加えても骨折することがなかったことからも骨が強くなったことが分かったのです。

美肌・発毛効果

今までの話からも私たちの体を構成している細胞を作るのに亜鉛が必要になりますのでそれが欠乏した時には何らかの弊害を招きます。内臓が作れなければ病気につながりますよね。そういった理論と同じく、肌はあれますし、髪の毛も抜けおちていきます。生き生きとした肌、生き生きとした髪の毛を作るなら亜鉛は必要不可欠な栄養素なのです。

⒈2亜鉛が含まれている食べ物

それでは、亜鉛が含まれている食べ物はどんなものがあるのでしょうか?牡蠣はとても有名ですがそれ以外にも亜鉛が多く含まれている食べ物はございます。そこで、身の回りにある亜鉛がたくさん含まれている食べ物をまとめてみました。※100gあたりの含有量を表示しています。

魚介類

・生牡蠣 13.2mg
・ほや 5.3mg
・かに缶詰 4.7mg
・たいらがい 4.3mg
・たらばがに 4.2mg

肉類

・豚レバー 6.9mg
・牛肉肩 4.9mg
・牛肉肩ロース 4.6mg
・牛ひき肉 4.5mg
・牛肉テール 4.3mg

木の実

・松の実 6.0mg
・ごま 5.9mg
・カシューナッツ 5.4mg
・アーモンド 4.4mg
・バターピーナッツ 4.4mg

⒉ダイエットに必要なこと

⒉1必要な基礎知識

ダイエットとは本来、太っている人が食事療法や運動によって体重を落とすことのみを指すのではなく、痩せすぎの人が食事療法により食べる量を増やして、太ることで適正体重に戻す食事療法も「ダイエット」と言います。しかし、食事の欧米化に伴い圧倒的に前者のケースの方が多いため、現実的には「減量」を意味する言葉になっています。

ダイエットについて。現在はお金を払えばいくらでも美味しい食べ物が手に入る空前の飽食時代へと突入しています。ダイエットを全く経験したことがないという人は、かなり少数派なのではないでしょうか?誰から見ても痩せる必要のないようなスリムな人でも、ほんのちょっとした体のコンプレックスからダイエットを続けていたりすることもあるようです。

特にテレビや雑誌には、毎日と言っていいほどダイエットに関する番組や記事が特集されていますから、ダイエットに対する関心の高さがうかがえることでしょう。

以前まではダイエット=若い女性というイメージがありましたが、最近の流行として20代・30代のみならず、それ以上の年齢層に向けであったり、男性のスポーツジムブームにあるようにダイエット熱も高まりつつあります。

ダイエットは世代を越えた共通の関心事であるということができそうです。ダイエットは見た目を意識するとともに、生活習慣病などを予防するという観点からも健康を意識して取り組んでいる人が多いようです。

日本をはじめ先進国においては肥満に悩む人、ダイエットに興味を持つ人が多く存在します。雑誌やテレビ等のマスメディアやネットで様々なダイエット法が紹介されていますが、その多くがあまりにも間違いだらけで危険だという事をご存知でしょうか?

一つ面白いデータを紹介します。米国で行われた太った男性の食事量に関するアンケート調査で、たくさん食べている大食漢は肥満者全体の約3割にすぎませんでした。たくさん食べていそうなイメージがありますが…

残りの肥満者の食事量(摂取エネルギー)はふつうの人たちと同等かそれ以下だったのです。太った人の3人に2人は、たくさん食べていないのに太っているというわけです。

なぜと思いますが、この背景には日頃の運動不足が深くかかわっていると考えられます。このような人たちが痩せるためには食事を減らすことよりも、活動量を増やすことが痩せるきっかけとなります。つまりその人によって痩せるダイエット方法は変わってきます。

例えば、短期間で劇的な効果を期待させるような危険なダイエット法を勧めていたり、ダイエットサプリメントを服用し、1ヶ月間に5kg〜6kgも痩せようと試みたり、自身の基礎代謝エネルギーを下回るようなカロリーしか摂らない食品などがあります。

そのようなダイエットはリバウンドを繰り返し、以前より太りやすい体質を作ってしまう事になるのです。最悪のケースでは健康障害を引き起こし、生命の危険にさらされる事もあります。

⒊そもそも太る原因について解説

⒊1太る原因とは?

カロリーと栄養の知識が不足
食品のカロリーや体脂肪についての知識が不足していて、カロリーコントロールができていません。頭で理解をしていないと、1日に必要な摂取カロリーを超えてしまいがちになり、体重を維持をすることは難しいです。

頻繁なファストフード通いがある
料理をする時間がないからといってファストフードに頼ってしまうと、体重を増加させる原因になります。ファストフードは飽和脂肪酸が高く、繊維質の低い食事です。この場合はカロリーや栄養が脂肪へと変わりやすいです。

月に何度か食事を抜いてしまう
食事を抜くことで、空腹をいつもより強く感じます。夜に近い食事であるほど栄養吸収力が高まるため、朝食なしで夕食ありの人は太りやすいです。

きちんと噛まないで食べてしまう
若い世代ほどこの傾向が強いです。脳が満腹のシグナルを伝達するのに15~20分はかかるので、早く食べると満腹感を感じる直前まで余計に食べてしまいます。

何かしながらの間食し続ける
テレビを見ながら、パソコンをしながら、ゲームをしながらといったスタイルの食べ方は、食べる行為による消費エネルギーが少なくなり、ドンドン蓄積していきます。さらに食べている意識が薄れ、満腹感を得られにくく、いつもよりかなり多くの量を食べてしまいがちです。

暇で退屈な時間が多いから食べる
実は感情よりも退屈で食べる量が増える人のほうが、多いことが明らかになっています。いつも食べ物が近くにある環境では、ぼーっとしている時間は何か食べてしまう癖ができやすいです。

感情を食事でコントロールしてしまう
お腹が空くとイライラしやすくなることは自然な感情ですが、逆にお腹を満たすことで感情が落ち着く人がいます。特に過剰に食べたり飲んだりする習慣がある人の約75%は、ストレスが溜まり続けることを発散するために過食をしています。

35℃台の低体温である
体温が1℃下がると基礎代謝量は約12%低下します。仮に体温が36.5℃の人と35.5℃の人とでは、1日に200~500kcalもエネルギー消費に差が出てくるわけです。同じ食事をしても基礎代謝量が低いと、カロリーがうまく消費できずに脂肪に変わります。

週1回以上汗をかく運動をしない
忙しいけど充実したスケジュールの人は、合間にジムや習いごとをしている傾向があります。逆に暇でやることがない人ほど、時間があるのに運動はしない人が大半を占めます。

テレビを見る時間が圧倒的に多い
1日テレビを30分見る人と120分見る人では、120分の人のほうが体重が増加傾向にあります。ほとんど動かなくてもいいため、新陳代謝などが低下して消費カロリーも増えません。

慢性的な睡眠不足に陥っている
睡眠不足は食欲を刺激するホルモンを増加させ、満腹信号であるホルモンを減少させます。

体重を頻繁に計測していない
ダイエットする人で毎日体重計に乗る人は5.4kg痩せたのに対して、体重計に乗らない人は約1.8kgしか痩せなかったという調査結果がアメリカのミネソタ大学の研究でわかりました。常に体重や体脂肪を日々確認するだけで、それがカロリーを制限する意識に変わります。

太った友人や知人と一緒にいる
12,000人の32歳以上を調査した結果、太った友人、兄弟、パートナーを持つことによって、自分が肥満になる可能性は37~57%も上昇することがわかりました。食事による摂取カロリーと運動による消費カロリーが似てくるということです。ただ、ダイエットでは他人のせいではなく、自分の意識が大切になってきます。

⒋おすすめのダイエットサプリメントはこれだ!

⒋1シェイプビルディング

最初にご紹介するのは、ネットでじわじわと評判になっているシェイプビルディング 。肥満大国アメリカの痩身錠を参考に作られたとのこと。

脂肪分解酵素リパーゼを増加させることでダイエットを促進させるようです。酵母と亜鉛がそれをサポートしているとか。

シェイプビルディングの詳細はこちら

⒋2大人のカロリミット

大人のカロリミットに配合されている主な成分はこちら。

・大人のダイエットに注目されている「ブラックジンジャー」
・甲殻類から得られる食物繊維「キトサン」
・日本で古くから親しまれている「桑の葉」
・鳩坑品種と龍井品種をブレンドした「鳩龍緑茶」
・「インゲン豆」抽出エキス
・砂糖を壊すものという意味の「ギムネマシルベスタ」

カロリミットとは異なり機能性表示食品ではないものの、大人のダイエットをサポートするためにブラックジンジャーを配合しているのが特徴です。ブラックジンジャーは、タイでは古くから生活に取り入れられているハーブで、大人のダイエットの鍵を握る材料としてファンケルが注目している成分なんですよ。大人のカロリミットでは、素早くアプローチできるようにブラックジンジャーを表面のコーティングと粒の中の両方に配合しているのがポイントです。

⒌まとめ

ダイエットには、様々な方法がございますがこのように亜鉛でダイエットができるとは、思わなかったのではないでしょうか。是非ともここでご紹介した、亜鉛を含む食材やサプリメントを取り入れていただき理想の体型を目指してくださいね。

関連商品


シェイプビルディング

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です