みんさんは、「フェイシャル」って言葉聞いたことありますでしょうか?

今回は、知らない方のために最近話題の「フェイシャル」について詳しく解説していくともに、その具体的な効果や内容についてわかりやすくまとめてみました。是非とも、アンチエイジングや小顔に憧れている人は試してほしい内容です。

⒈「フェイシャル」とは?

⒈1フェイシャルってどんな仕事?

フェイシャルとは、エステのなかでも特に顔の肌の悩みを解消するために行うメニューのこと。ボディや脱毛とともに総合で行うサロンと、フェイシャル専門で行うエステサロンがあります。目的は主に以下の3つに分類されています。

・トラブル解消:ニキビなどの肌トラブルを解消したい
・スキンケア:もっと美肌にしたい
・フェイスライン:顔のスリムアップをしたい

基本的にエステティシャンが自分の手で、クレンジング、パック、マッサージを行います。いわゆる‘手技’と言われるものですね。 最近の傾向としては、「フェイスライン」に特化した、筋肉や骨格に働きかける手技が人気です。また、香りやインテリアでお客様にリラックスや癒しを提供し、心と体両面からアプローチをするサロンが増えています。

⒉フェイシャルの効果について

⒉1フェイシャルエステの効果とは?

脚痩せ、お腹痩せなどの痩身、ムダ毛をなくして全身をツルツルにする脱毛……。エステにも色々と種類がありますが、フェイシャルエステは、顔周りを中心に行うエステ(施術)です。初めて人に会った時、最も印象に残るのが顔であり、また顔は体の中でも常に人に見られる部分なので、エステの中でもフェイシャルエステが気になる人は多いようです。

痩身や脱毛と違い、フェイシャルエステに通う人の目的は様々です。美を維持するアンチエイジングのために。仕事が忙しく、ボロボロになってしまったお肌を整える応急処置に。小顔・リフトアップのために。ニキビなどで悩んでいる人は肌質改善のために。頑張る自分のご褒美にリラクゼーション目的で。このように、フェイシャルエステはいろいろな楽しみ方があります。

美白効果

まず美白効果があります。クレンジングやパック、ホワイトニングなどでお肌のくすみを取り除いてくれます。初めてのエステで一番気づきやすいのが、このくすみ解消効果だと思います。お肌がワントーン明るくツヤッとするのです。エステの翌日、「あれ?なんか今日肌キレイだね!」と職場で褒められてエステにハマってしまった♪という人も少なくありません。

肌が暗く感じられるくすみは、20代後半辺りから突然気になり出します。肌が若々しく元々くすみが気にならない人だと、このワントーン明るくなるという変化はあまりわからないかもしれません。しかし、くすみが気になりだしている人なら、エステを受けた直後に効果を感じられる可能性は十分にあります。

また、特別な化粧品を使ってお肌を整えてもらえるので、紫外線を浴びてしまった時に通常より元通りの肌色に戻るのが早くなったり(年をとると黒く焼けたお肌がなかなか元の肌色に戻らなかったりします)、シミを作りにくくしてくれたりなどの効果も期待できます。

美肌効果

ニキビ肌や乾燥肌のような荒れたお肌を整え、健康的でトラブルのない肌へと改善していく効果があります。粉ふきやツッパリ感、敏感肌や皮脂の過剰分泌…これらの肌トラブルの原因の多くは乾燥です。フェイシャルエステは、浸透力と保湿力の高い特別な化粧品を使い、乾いたお肌をたっぷり水分で満たし、乾燥を解消することで肌質改善を目指します。

乾燥も20代の中頃から徐々に気になり始める肌老化です。日々乾燥に悩みがある人なら、その場でエステの効果を実感できるでしょう。またニキビについては、特別なクレンジングで毛穴をキレイにしつつ、肌質を改善することで新しいニキビを作りにくくしてくれます。

ニキビは原因が幅広い事と、肌サイクルにより沈静に時間がかかることから、エステ後すぐに劇的な変化を感じることはありませんが、ターンオーバーが一周し、肌が丸っと入れ替わりきる約1ヶ月~2ヶ月後くらいには、効果実感を期待できるでしょう。エステ前にカウンセリングがありますから、お肌に合わせたケアをしてもらえます。

小顔効果

プロのハンドマッサージにより、弛んだ顔のお肉をリフトアップしてもらえます。凝った顔の筋肉をほぐし刺激することで、血行がよくなり、二重あごやむくみ、たるみが解消されます。施術後の引き締まったフェイスラインに、「私ってこんなに小顔だったんだ!」とビックリする人も居ます。たるみは見た目年齢にかなり影響しますし、目に見える変化なので施術後の効果も感じやすいでしょう。

顔の筋肉は意外にこっているので、エステで行うマッサージは自宅で行うような優しいものではなく、結構ハードなマッサージです。エステのようなマッサージを真似て下手に自分で行おうとすると、逆に変なシワができてしまう危険があります。さらに、効果の継続も自宅のマッサージとは比べ物になりません。

アンチエイジング効果

美肌効果と小顔効果とで、同時にお肌にハリが生まれ、シワが解消されていくことが期待できます。

リラックス効果

良い香りのアロマオイルなどを使ったマッサージを受けるので、心身ともに癒されます。ストレスは私たちが思う以上にお肌に悪影響を及ぼしています。エステでリラックスすることは美容に大変効果的なのです。美肌効果や小顔効果は二の次で、仕事でストレスがたまるとエステに癒されに行くというリラックス目的で利用している人もたくさんいます。こだわりのアロマや化粧品で気持ちの良いマッサージをしてもらえるのは、女性にとって最高の贅沢ですね。

⒉2どのくらいの頻度で行くのが良いのか?

初めてエステを体験して続けたいなと思った時、気になるのは「どのくらいの頻度で通えばいいのだろう?」ということですよね。これも、エステの効果同様に、お肌の状態や目的によって個人差があるので一概には言えないのですが、一般的には1ヶ月に1度くらいの間隔で通うのが良いとされています。これは正常なお肌のターンオーバーが約1ヶ月だからです。

ターンオーバーの周期が乱れている場合、通い始めは1、2週間に1度くらいの感覚で通うのも良いと思います。徹底的にケアをしてターンオーバーの乱れを整えるのが目的です。ある程度お肌が安定してきたら、1ヶ月に1度のペースにしていきます。ただ、ニキビが広範囲に広がっていたり、かゆみを伴う程に乾燥して荒れていますと、施術が逆に刺激となってしまうことも考えられます。お肌の状態をみて、エステティシャンの方と相談してください。

⒊アンチエイジングについて紐解く

⒊1エイジングケアは早めの対策が肝心

エイジングケアという言葉を聞くと、年齢層が高い方がするというイメージが強いのではないでしょうか。ですが、エイジングケアは健康的で美しく、綺麗な肌をつくるための対策なので20代でも早めの対策を始めておくのがおすすめです。アンチエイジングのためのスキンケア法は、まずお肌の汚れをクリーンにすることから進めていきましょう。

クレンジングはしっかりと。メイク残りは絶対NG

エイジングケアの第一歩はしっかりクレンジングをしてお肌をクリーンにすること。メイク汚れが残っていると、雑菌が繁殖して肌トラブルになりシミやシワにつながってしまいます。さらにお肌のターンオーバーを妨げることで、どんなにいい化粧水や美容液を使っても浸透しにくくなってしまうのです。保湿力のあるミルクタイプのクレンジングで潤いを残しながらメイク汚れをしっかり落としてくださいね。

もこもこ酵素洗顔で角質をすっきり

エイジングケアに使う洗顔料は、毛穴の汚れを優しく取り除いてくれる酵素洗顔がおすすめです。たっぷりの泡を立てて、お肌を守るように優しく洗っていきましょう。小鼻の汚れは軽くマッサージをするイメージで。ぬるま湯ですすぎ残しがないように洗い流し、柔らかい清潔なタオルで顔を抑えます。

⒊2化粧品は肌悩みに合わせたものを

お肌をクリーンにしたら、お次はエイジングケア化粧品の出番。あらゆるエイジングケア化粧品が販売されていますが、まずはシミやシワ、たるみやくすみなどといった自分の肌悩みに合わせたものを選びましょう。

シミが気になる方
シミに効果的なエイジングケア化粧品は、ビタミンC誘導体が高濃度で含まれているものがおすすめです。ビタミンC誘導体は、メラニンを還元してくれるので出来てしまったシミにもしっかりアプローチしてくれますよ。

シワが気になる方
浅いシワであれば、保湿力を重視したエイジングケア化粧品がおすすめです。中でもセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどといった成分が高濃度で配合されているものが良いでしょう。

くすみが気になる方
古い角質が原因であるくすみには、AHAが含まれたピーリング剤を使うといいでしょう。ピーリングをしたあとは、クリームや乳液でしっかり保湿をしてあげることを忘れずに。

たるみが気になる方
年齢を感じやすいたるみには、維芽細胞を活性化してハリを与えてくれるレチノール、ビタミンCが含まれたエイジングケア化粧品がベスト。優しくマッサージをしてたるみを上に引き上げるイメージで馴染ませていきます。

【どの肌悩みにも紫外線対策が必須!】
自分の肌悩みに合わせたエイジングケア化粧品を使うのも大切ですが、どの肌悩みに対しても1年中紫外線対策が必須です。紫外線はアンチエイジングの大敵!日傘や日焼け止めクリームなどを利用して、紫外線対策を。

⒋小顔効果があるマッサージとは?

⒋1フェイスマッサージの効果とは?

フェイスマッサージといえば美顔と小顔にする効果のイメージが強く、フェイスマッサージさえすれば即その効果を得られると勘違いされている方が少なくありません。が、エステサロンなど専門家に言わせればそれは少し間違えた概念ということのようです。というのも、そもそものフェイスマッサージの効果はタッピングなどによるリラクゼーション効果だというのです。

とはいえ、やはり顔の内部にあるリンパなどを刺激する事により、結果的には新陳代謝を促す効果はありますので全部が全部間違いであるとはいえないのですが。その証拠といってはなんですが、都内には常に待ちがあるという小顔専門ケアのフェイスマッサージを施す専門店もあります。

こちらはマッサージというよりも矯正に近いので、エステで感じる気持ち良さには程遠い強烈な痛みがあるとか。女優やモデルなども隠れて通うほどだといいますから、勇気のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?痛いというだけあって、1回すればかなりの間小顔になれますし、その効果によって肩こりの不調なども緩和されるそうですよ。

⒋2方法は?

フェイスマッサージの方法は、基本的にさする、なでる、軽く叩くといったものとなります。これらをリズミカルに行う事で程よい刺激が皮膚表面下に与えられ、顔の中にある筋肉やリンパなどの新陳代謝が活発になります。

そこで今回は、セルフケアを中心にフェイスマッサージの注意点をお話していきたいと思います。自分でする場合には、顔の皮膚は薄いのであまり刺激を与えすぎないように注意する事が必要です。というのも、この力加減を間違えてしまうと皮膚表面下にある毛細血管や筋繊維が破れてしまう可能性があり、肌に赤みや色素沈着、たるみの悪化などをもたらしかねないのです。

また、毛穴の汚れを落とすクレンジングを同時に行うのはあまりおすすめ出来ません。というのも、マッサージをしている間に毛穴に汚れを押し込んでしまう場合があり、逆に肌のダメージを増やしてしまう可能性があるのです。クレンジングはクレンジングとして別に行うのがいいでしょう。

リンパの流れを良くする

顔の小顔化や老け顔とむくみ防止をしたいならば、顔の中にあるリンパを流す事がとても効果的です。リンパは身体全体に流れているのですが、血液と違い自然には流れていません。筋肉などに沿って動くので、表情筋などのいわゆる顔筋を動かさないと流れが滞ってしまうのです。

リンパをマッサージする際は、リンパが皮膚表面下すぐにあるので、あまり強く押しすぎるのは赤みを帯びさせたり腫れさせたりする為、逆効果となります。指先や手のひらを温かみを感じる程度に包み込んで、乗っている肌を支えるくらいの力がちょうどいいとされています。

また、リンパを流すのは子宮収縮を促す為おすすめされていませんが、首より上は比較的影響が少ないとされていますから妊婦さんも大丈夫です。安定期を越え、主治医にも相談のうえ電気治療などを省けば比較的安心して施術を受ける事が出来るでしょう。顔に限らず、リンパは滞らせておくと疲労感などの悪影響を与えます。ほどよく解消していけるといいですね。

⒌まとめ

小顔やアンチエイジングに効果的な「フェイシャル」は、是非とも綺麗になりたい方には、受けてほしいエステです。また、これらのエステにはもちろんお金がかかりますので、しっかりと自身の生活状況を鹹味した上で行くようにしてくださいね。

関連商品


VIVIANA

プロも使ってるマッサージジェル。引き上げマッサージのやり方の動画も公開。

4,280円


飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

資金源はビットコイン!?莫大な費用をかけ、肥満研究所で開発された痩身錠ビットシェイパーで強制減量できると話題【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です