皆さんは、ハーブというとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

ハーブは、あらゆる場面で活用されている植物で私たちの知らないところで大変活躍しているものです。今回は、ハーブの中でも「アンゼリカ」と言われるものについて詳しく解説しています。是非とも、ハーブが気になる方には大変参考になる内容なので読んでみてくださいね。

⒈アンゼリカとは?

⒈1アンゼリカについて

アンゼリカは、アルプス、ピレネー、ヒマラヤ、シベリアの原産で、寒冷地を好んで自生しています。古来、ヨーロッパでは悪魔を退ける神聖なハーブと考えられ、万能薬として重宝されていたといいます。

アンゼリカという名前の由来には2つの説があります。1つは、大天使ミカエルがアンゼリカを女性に授けたことに由来するというもの。もう一つは、中世のフランスでペストが流行した際に、特効薬としてこのハーブを修道士に勧めた人物に由来するという説です。花言葉は「インスピレーション」です。

⒈2アンゼリカの特徴

アンゼリカは、冷涼な環境(半日陰で湿り気のある場所)を好んで生育します。高さ1~2mほどまで大きくなり、初夏には茎のてっぺんに白や黄緑の散形花序をつけます。乾燥させた茎や根はハーブティーに使用します。アンゼリカティーには強い香りと苦みがあるため、ほかのハーブとブレンドするとよいでしょう。ヨーロッパでは、アンゼリカの茎と葉を取って砂糖漬けにし、お菓子作りの材料として使用しています。

⒉ハーブはダイエットに効くのか?

⒉1アンゼリカの効果・効能

血行促進効果
冷え性に悩んでいる方の中には血行不良が原因の方も多いです。アンゼリカには血行促進させる働きもあるため、冷え性に悩んでいる方も取り入れてみましょう。代謝を促進する働きもあるため、肌荒れを改善したり、予防する働きも期待できます。

女性の悩み解消
アンゼリカにはホルモンの分泌を調整する働きがあることから更年期の症状やPMSを改善する働きがあります。

精神安定効果
アンゼリカは不安と力の精油とも呼ばれており、精神を安定させるのに役立ってくれます。ついイライラする、不安になるという方もチェックしてみましょう。

鎮咳効果
喘息や気管支炎に並んでいる方の中には痰が絡んでしまうこともありますよね。アンゼリカには鎮咳作用があるため、呼吸器系の不調を感じている方も取り入れてみましょう。

アンゼリカの味・香り
味はやや苦味があり、スパイシーな香りが特徴です。この特徴が好きという方も多いのですが、慣れるまでは他のハーブをブレンドするなどして取り入れてみましょう。アロマとして使う際にはジャコウに似た香りを楽しめます。

アンゼリカの栽培について
初めて栽培しようと思っていることもある程度ポットで成長したものを購入しましょう。半日陰の土地の方が良く育ちます。乾燥を嫌うため、保水力のある土を作り、乾燥には十分に注意しましょう。肌の弱い方は葉の汁が触れるとかぶれることがあるので気をつける必要があります。

⒉2アンゼリカの注意点

女性に向いているハーブではありますが、作用が強く現れるため、妊娠中の方、糖尿病の方は避けましょう。また、光毒性があるため、エッセンシャルオイルなどでアンゼリカを肌に塗ってから紫外線を浴びると皮膚にダメージが加えられてしまいます。弱い紫外線でも日焼けをしたり、肌トラブルが起きる可能性があるので注意しましょう。

⒊おすすめのハーブ系サプリメント

⒊1ハーブ系サプリメントについて

巷ではハーブ系のサプリメントはたくさん販売されていますが、ハーブ系サプリメントとしての認識よりも、原料として認識しているためにハーブを利用しているという意識をお持ちの方が少ないようです。また、英語名か日本語名かによっても混乱しがちなのだと思います。実際には植物成分のサプリメントのことをハーブ系成分として利用していますが、意外に昔から家庭用の治療薬(民間薬草)として用いられているものも多いのです。

オトギリソウ(弟切草)はその代表的な例だと思います。日本では昔から、焼酎につけたオトギリソウを傷口に塗って消毒をしていました。また、気分が沈みがちの時には乾燥させたオトギリソウを煎じて飲んでいたようです。

最近では高齢の方と一緒に住むことが少なくなっているので、民間薬として利用することが減っているようですが。このオトギリソウの西洋版が「セントジョーンズワート」というハーブになります。ストレス解消のためのサプリメントとして有名になりましたので、この名前を耳にする方は多いのではないでしょうか?

また、お料理に用いられる香草もハーブになりますが、これらも香り付けのためだけでなく、消化を良くしたり、油の排泄を促す効果があるために用いられてものが多いのです。

ハーブ系のサプリメントでは薬草や漢方の原料に用いられている素材もたくさんありますが、その有効成分を濃縮しているために、どのように用いたかによって「とても良かった」と思われる方と、「かえって具合が悪くなって怖い」と思う方に分かれるようです。

実際には医薬品でも、植物成分を元にして作られているものがたくさんあるため、お薬を飲まれている方がハーブ系のサプリメントを利用する場合には、その組み合わせに注意する必要があります。とはいえ、ハーブはやはり天然成分ですので、薬のような即効性は少なく、一度によほど大量に摂取しない限りは、副作用の心配もほとんど無いのが特徴です。

時間がかかってもお薬を飲まずに体質改善をしたい方は、その成分や摂取量、摂取方法をきちんと守りながら利用すると、ハーブ系のサプリメントと上手につきあっていけると思います。

⒊2プーアルティーカプセル

プーアルティーカプセルは、黒茶と呼ばれ脂落し&ダイエット茶としても有名なプーアル茶を添加物を一切加えず粉末化したものをカプセルにしたダイエットサプリメントです。 1粒の成分は約500mlで、プーアル茶に換算してペットボトル1本分のプーアル茶成分が含まれています。

⒊3ハーブスカット

ハーブスカットは、オリーブ葉、桑葉、ヤーコン葉の3種のハーブを含み、生活習慣の管理を強力にサポートするサプリメントです。ポリフェノールたっぷりのオリーブ葉エキス末配合し生活習慣をきちんと整えてくれます。またビタミンやミネラルが多い桑葉エキス末により美肌や健康に大活躍です。

⒋ご家庭で簡単ハーブの育て方について

⒋1苗から育てると簡単

ハーブを種から撒いて苗を育てようとすると、発芽まで日数と手間がかかってしまうばかりではなく、せっかく種を撒いて毎日水をやったのにぜんぜん芽が出てこない、という経験をお持ちの方もいると思います。それで、ハーブ作りは難しいといってハーブが嫌になってしまうのは、とても残念なことです。なぜなら、ある程度成長したハーブはそれほど手間がかからないからです。

そこで、はじめての方は、ハーブを苗から育てることをおすすめします。種からハーブを育てることは、誰にとっても難しいものです。ハーブを種から育てるのは難しいとわりきって、苗を購入することから始めましょう。フレンチ系ラベンダー春に苗を購入して植えつけると夏から秋まで収穫を楽しむことができ、花も見られます。ハーブ作りに慣れてきてから、種からのハーブ作りに挑戦すると良いでしょう。

むしろ、放っておいても育つような雑草並みに強いハーブが多いくらいで、この生命力の強さがハーブティーや料理に使った時、私たちの健康に役立っているのです。もしハーブが、支柱で支えてあげて風よけを作り害虫も1匹残らず退治しないと育てられないような軟弱な植物であるのなら、生命力は弱く栄養価は少ないヒョロヒョロの植物ということになり、そんな植物をティーや料理に使っても健康への効果はほとんど期待できないでしょう。

つまり、ハーブと聞くと大切に育てなければいけない気がするのですが、実は逆で、生命力が強いので放っておいても育つくらいなのです。生命力が強く収穫量が多いので値段が安いうえ我々の健康に役立つハーブに比べ、収穫量や採取量が少ないため必要以上に高額になっている健康食品などを見ると、管理人は拒絶反応が起きます。

⒋2日当たりが大好き

多くのハーブは日当たりが大好きで、一日中日が当たる場所でよく育ちます。南向きの暖かい場所が理想的ですが、家庭では必ずしもすべて日当たりがよい場所とは限りません。しかし、前述したようにハーブは生命力が強いので、半日程度日が当たる場所であればほとんどのハーブは育てられます。

種類によっては、日陰でもよく育つハーブがあります。ミント、チャービル、チャイブ、シソ、ソレル、スイートバイオレットなとは強い直射日光に弱く、むしろ日陰の方がよく育ちます。

水やりはとてもラク

水やり多くのハーブは乾燥に強く、過湿が苦手です。もともと乾燥気味の地中海地方が原産なので、むしろ少々乾燥気味にしたほうが、うまく育ちます。地上なら、種まきから発芽までと、植え付け前後にだけ水をやれば、あとは放っておいて雨などの自然の状態に任せておいたほうがよく育ちます。

鉢植えなら、土の表面が乾いたら、たっぷり水をやるようにします。水をやればよく育つだろうと思って、毎日少しずつ水をやったのでは、根の周りが水浸しになってしまい根腐れが起き、かえって逆効果です。水やりの回数は少なくてもよいから、土が乾いたら、鉢やプランターの底から水が流れ出るくらい、一度にたっぷり水をやります。

水をやるときは、花や葉にかけるのではなく、土にかけるようにします。花や葉に直接かけてしまうと、カビなどに侵されてしまうからです。

⒋3寿命は種類によって異なる

ハーブは、種類によって寿命が違います。ボリジ、バジル、ディルなどは、一年間のうちに発芽・開花して種を残すと枯れてしまう一年草です。一方、パセリ、キャラウェイなどは、発芽して一年目は成長期間で、二年目に開花して種を残して枯れてしまうので二年草と呼ばれます。

これに対して、ミント、レモンバーム、オレガノ、フェンネル、ベルガモットなどは一度植えれば数年は生き続けます。これらのハーブは多年草または宿根草と呼ばれ、冬の間でも緑の葉が残っているものと、冬には地上部が枯れてしまうものがあります。どちらにしても、多年草(宿根草)の場合は地下の根は冬の間も生きているので、春に再び地上に芽を出します。

ハーブの多くはこの多年草で、一度苗を植えつければあとは簡単な手入れをするだけで数年間栽培を楽しめます。また、たとえ1~2年草のハーブでも、開花・結実してこぼれた種から自然に発芽して育ってくれるほど生命力の強いものが多いです。ハーブ自体とても繁殖力が強いので、大抵のハーブはこぼれ種から勝手に増えます。むしろ、あまり過保護にしない方が良いのかもしれません。

⒋4肥料はあまりいらない

ハーブはもともと、原産地の地中海沿岸のやせた土地で自生していたほど丈夫な植物なので、肥料にそれほど神経質になる必要はありません。一般的に、肥料をやや控えめにした方がよりよいハーブが育つとも言われています。

種を撒くときや苗を植えつけるときに入れておく肥料(元肥)と、成長の途中に追加する肥料(追肥)、ハーブを収穫したあとに追加してやる肥料(礼肥)とをきちんとやれば十分です。

また、土に関してですが、市販の土にある赤玉土、黒土、腐葉土などを自分で混ぜ合わせて水はけ・水もちのよい土を作るのも面白いのですが、すぐに使えるのは「ハーブの土」や「プランターの土」という名前で売られている土です。

ハーブの多くは土の酸性度が強いとよく育たないので、ハーブを育てるには石灰で土の酸性を中和する必要がありますが、市販のハーブの土はこの点がよく考えられており、中には肥料分がある程度入っているものや、土のPHが調整されているものもあります。はじめての方は、市販のハーブの土がお勧めです。ただし、やや肥料分が多めに入っているものもあるので、肥料のやりすぎには注意してください。

⒌まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハーブは日常のあらゆる場面で使えるのが、ご理解いだだけたかと思います。中盤でご紹介しましたがハーブ系のサプリメントも今は大変人気の高いものであり、多くの方々が使用しています。

その他にも食事にちょっと使用したりとハーブの用途は、多岐にわたりいろいろな場面で使えるので大変便利です。最後に、栽培方法も詳しく解説してますが、そちらをぜひともご参考にしていただき栽培してみてくださいね。

関連商品


ビスリム

アンゼリカ配合のダイエットティー

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です