リンゴ酸という成分をご存知ですか?

名前からして、リンゴに入ってる成分でしょ!?って思うと思いますが、それだけではないんです。

いろいろなフルーツに含まれているだけでなく、最近では歯磨き粉にも配合しています。

ここでは、リンゴ酸がなぜ色素沈着を解消するのか、そして、歯に美白にどう貢献しているのかを紹介するとともに、オススメの歯の美白方法を紹介していきます。

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

リンゴ酸で色素沈着を解消!本当に可能!?

そもそもリンゴ酸は何者!?

リンゴ酸の名前の由来は、名前のとおりリンゴから見つかったことです。

リンゴ酸はリンゴのみならず、野菜や果物などに含まれています。

口に入れた時に一瞬ピリッとした酸っぱい味がする特徴があります。

リンゴ酸は、ヒドロキシ酸に分けられる有機化合物で、クエン酸と一緒に含まれていることが多いといわれています。

体内に摂取しても安全なことから飲料に酸味をつけたり、食品などの酸味料としてさまざまな用途に使用されています。

リンゴ酸は多くの食べ物にふくまれています。

リンゴはもちろんのこと、パパイヤ、梅、梨、ナツメ、トマト、イチゴなどに含まれています。

リンゴ酸は、色素沈着だけでなく、疲労回復を早めたり、クエン酸と一緒にとれば胃腸の動きを活発にすることもできます。

リンゴ酸が歯を白くしてくれる!?

リンゴ酸は、体にももちろん良いのですが、注目すべき点は、歯の色素沈着や黄ばみを解消することです。

結果的に、歯を白くしてくれるのです。

そのため、多くの歯磨き剤や洗口液などにも用いられています。

コーヒーや紅茶などによる色素沈着となっているステインを落とすことができます。

どのように行なっているかというと、歯と黄ばみや汚れの隙間に浸透することで、ステインを浮き上がらせ、キレイに除去するのです。

リンゴ酸のメリットは、漂白剤や研磨剤のように歯やエナメル質に負担をかけないことです。

ちょっとスーパーやドラッグストアを見渡せば、リンゴ酸を含んでいることをアピールしている商品を簡単に目にすることでしょう。

リンゴ酸に弱点はあるの!?

リンゴなどのフルーツに含まれているリンゴ酸やクエン酸には、長い時間直接歯に接触すると歯を溶かしてしまうという危険性があります。

これが、リンゴ酸などの唯一の弱点といえるでしょう。

この弱点は結構やっかいで、歯の表面にあるエナメル質は、酸に非常に弱いのです。

そのため、リンゴ酸が歯を白くさせるからといっても、リンゴ酸などのフルーツを直接ホワイトニングに使用するのは注意が必要です。

もちろん、商品として発売されているものに入ってるリンゴ酸は気にする必要はありません。

商品にふくまれているリンゴ酸は、PHなどをしっかり調整して、歯や歯茎に影響がないように作っています。

安心してお使いできます。

塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

歯の色素沈着の原因を知り、効果的に除去につなげよう!

なぜ歯に色素沈着しちゃうのか!?

代表的な色素沈着として、例えば、紅茶や緑茶などがあげられますよね。

紅茶の成分には、色素や渋みの元のカフェイン、タンニンが含まれています。

紅茶を飲むことで、カフェインやタンニンなどの成分が唾液の中のカルシウムのような金属イオンと結合します。

そうすると歯面をおおう膜にくっついて、そこにとどまることで歯の黄ばみやステインの原因となるのです。

これらのタンニンなどは緑茶などにも入っていますが、量としては紅茶が最も多くふくまれているといわれています。

また、カフェイン成分はコーヒーなどの中にも入っています。

しかし、コーヒーよりも、紅茶の方がより着色しやすいといわれています。

そのため、紅茶を日頃多く飲む人や、長い期間飲んでいる人ほど着色汚れが目立ちやすいのです。

緑茶はタンニンが少ない方ですが、それよりもお茶の中でさらにタンニンが少ないものを探すなら、ほうじ茶、麦茶、そば茶から選ぶことをオススメします。

どんな歯だと色素沈着しちゃうのか!?

①歯磨きが甘い!!

歯の症状なので、当然、歯磨きが、下手くそな人や適当な人は、歯に色素沈着がおきやすいと考えられます。

そんな人に特に多いケースは、歯と歯茎の間に汚れが目立つことです。

よくない例はこんな人です。

  • 1日に1回しか歯磨きをしない
  • 食後に歯磨きをしない
  • 歯と歯の間を丁寧に磨かない

こんな人は、茶渋がつきやすく、色素沈着の原因になります。

本来は、簡単に磨くだけだとしても、10分ほどかけて各歯を磨くことが大切です。

エナメル質を傷つけてしまわないように、力はあまりかけずに歯ブラシを軽く当てるようにしましょう。

むしろ、傷つけてしまうと、その傷口から着色汚れが入り、ステイン・茶渋がつくようになってしまいます。

②エナメル質が薄いのかも!?

欧米人と比べて、日本人は生まれつき歯を覆うエナメル質が薄い傾向にあるといわれています。

さらには加齢とともにそれがすり減ってしまうことも原因の1つです。

エナメル質が薄いと、着色汚れにとどまらず、無色透明であるエナメル質をすけて、象牙質の黄ばみも見えてしまうのです。

つまり、別に汚れていなくてもエナメル質が薄いことで歯が黄ばんで見えるてしまうということです。

③色のつきやすい食事をしている

色のつきやすい食事というものがありますので、以下の食事に十分注意する必要があります。

緑茶、紅茶

緑茶、紅茶は、コップや急須に茶渋がつくほどです。

これはタンニンが含まれているからで、飲みつづけると歯にも茶渋がつきやすくなります。

タンニンは渋み成分で、一度歯面に付着すれば歯磨きだけでは落ちませんので注意が必要なのです。

これ以外にもウーロン茶なども同じような事態になります。

チョコレート チョコレートにふくまれている「カカオマスポリフェノール」も汚れを付着させてしまいます。

ポリフェノール自体には、抗酸化作用があるので、アンチエイジングなどの美容目的にはプラスです。

しかし、とりすぎると歯の黄ばみの原因になるのです。

赤ワイン 赤ワインにも、ポリフェノールが含まれているので、色素沈着には問題です。

アンチエイジングによいので、健康に良いと言われていますが、歯にとっては、着色の元となるタンニンが入っているので、ダメです。

また、アルコールが含まれていることにより、表面のエナメル質が溶けやすくなっているのも問題です。

カレー カレーは見た目を考えれば、気にすべきなんですが、結構見落としがちで、気にせず食べてしまっています。

カレーも着色しやすい食べ物の代表です。

カレーに含まれているターメリック(ウコン)は天然の着色料として知られているのです。

カレーが黄色っぽいのも、そもそもターメリック(ウコン)が入っているからです。

食事後、すぐに歯磨きをすれば着色しなくなるので、しっかりとした歯磨きが必要です。

コーヒー コーヒー独特の香りや苦みのもととなっているクロロゲン酸もポリフェノールの一種なのです。

これは動脈硬化であったり、糖尿病の予防のメリットがあるといわれています。

しかし、その一方で色素着色しやすいというデメリットも合わせもっているのです。

そのため、コーヒーを毎日飲む人は茶渋がつきやすい傾向があるので、飲んだら歯磨きするなどの対応をしましょう。

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

リンゴ酸でホワイトニングして色素沈着を吹き飛ばす方法

歯科クリニックで歯の着色をキレイにする方法

コーヒー、紅茶などの茶渋には歯のクリーニングから

コーヒーや紅茶などによって、歯に色素沈着してしまうと、すべてを自分で落とすことは困難です。

歯医者でクリーニングしてもらうことで、細かな所まできれいに着色を落とすことができます。

かなり効率的かつ効果的な治療ができるので、前歯の表面だけであれば一度で色素沈着をかなり落とせます。

子供の着色も落とすことができる

子供は歯磨きが不十分なことが多いので、乳歯の前歯に簡単に着色してしまいます。

年齢が低ければ、無理にとる必要もありませんが、新しい歯に生え変わっているのであれば、しっかりクリーニングする必要があります。

頑固なヤニによる色素沈着を落とすなら、超音波

タバコのヤニは歯に強力に付いているので、超音波振動によって落とす必要があります。

全てを取り去るには何度かに分ける必要があります。ただし、その間にまたタバコを吸えばまたすぐにヤニが付いてしまいます。

詰め物の着色には研磨

前歯にプラスチックなどの詰め物をしている場合には、着色しやすくなってしまいます。

しかし、歯科で研磨すればキレイになります。

ところが、プラスチック自体による劣化で色が着色している場合には、詰め物をつけなおす必要があります。

オフィスホワイトニングを行えば、一気に着色可能

歯の中に入り込んだ着色は簡単なクリーニングだけでは落とせないこともあります。

そんな場合には、オフィスホワイトニングを行うことでより短期間に、確実に汚れを落とすことができます。

ホワイトニングと同時に、細かい着色をホームホワイトニングで行うこともオススメの方法です。

歯科クリニックで着色しにくい歯にしてもらう方法

傷を修復するトリートメント

さきほども紹介しましたが、歯の表面に細かい傷が少しでもあれば、歯は色素沈着しやすくなります。

一般的なクリーニングで汚れを落としたとしても、新たに着色してしまいます。

傷を修復するトリートメントは、表面の傷を修復するだけでなく、着色しにくい歯にしてくれるのです。

すべての歯科でおこなっているわけではないので、事前に調べておきましょう。

セラミックは着色しにくい

表面が細かいセラミックに変えるのがベスト!

通常の歯に詰めてあるプラスチックだと、歯に比べて表面が荒いのです。

そのため、歯ブラシや歯磨き粉によって傷がつき着色しやすくなってしまいます。

そこで、プラスチックをセラミックに変えてしまえば、表面が細かくなりますし、その結果、傷がつきにくくなり、着色しにくい歯に変わってくれます。

自宅で歯の着色を効果的に落とすこともできるの!?

美白用の歯磨き粉には歯の表面の汚れを落とす研磨剤が入っています。

さらに、ステインを浮き上がらせる成分も含まれており、これらのダブル効果で着色を落とすことが狙いですが、実際にはこれだけではなかなか白い歯にはなりません。

売っている商品は、どれも若干の成分違いであり、ほとんど大差はありません。

自らの歯磨きで、すべての汚れを落とすのは難しく、歯科クリニックでのクリーニングと合わせることで、色素沈着しないように維持していくことが、最良です。

絶対にやってはいけないのが、歯を白くしようとするあまり、荒い研磨剤の入った歯磨き粉などを使うことです。

そうすることで、一時的にはキレイになるかもしれませんが、歯の表面に傷がつく可能性もあるため、すぐに色素沈着しやすくなってしまいます。

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

リンゴ酸で色素沈着するならユアホワイト!

自然な白さをリンゴ酸で取り戻す!

ユアホワイトは、着色汚れをすっきり落としてくれる、なんとタブレットです。

リンゴ酸が、歯のいたるところにも行き渡っており、着色汚れを浮き上がらせてつきにくくしてくれます。

口コミからみる評判

・手軽にできるトゥースケア!

毎日コーヒーを飲む人にも好評のようで、長く手軽に使えるとの評判です。

使いはじめて、比較的早く効果を実感できた人もいるようです。

ユアホワイトの詳細はこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直のところリンゴ酸だけで、色素沈着をおこなうのはかなり難しいかもしれませんが、歯科クリニックでのホワイトニングとあわせて、リンゴ酸入りのホワイトニング歯磨き粉を使うと効果はグンと増すのも事実です。

歯の健康を保つためにも、歯科クリニックのホワイトニングをおこないつつ、家ではしっかりとしたリンゴ酸のような成分をふくんだ歯磨き粉で、ブラッシングをしましょう!

それとともに色素沈着しないような食べもの選びや、歯ブラシのタイミングなどを工夫していきましょう。

ユアホワイトの詳細はこちら

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です