女子が気になる脚の太さについては、永遠の課題だとも言えます。

今回は、そんな気になる脚に効果的なサプリメントをご紹介するとともに、脚痩せに効果的なトレーニング方法や食事の仕方等について詳しく解説していきます。是非ともご参考にしていただき実践してみてくださいね。

⒈脚痩せサプリとは?

⒈1脚痩せダイエットに必要なサプリの効果

全身を痩せるのと、下半身だけ痩せるのでは、サプリに求める効果は変わってきます。下半身を痩せさせるには、浮腫ませない、代謝を上げるこの2つの効果が必要になってきます。というのも、下半身が太くなっている場合はほとんどが浮腫みとセルライトだからです。

特に女性は筋肉が付きづらく代謝が悪くなりやすい上、デスクワークや立ち仕事であればどうしても浮腫みが発生してしまいます。また、ホルモンバランスの影響で生理前は体が溜め込みモードになって浮腫みやすくなりますし、スイーツが好きな女性も糖質のせいで浮腫みが発生しやすくなります。

浮腫みが発生すると、それだけで下半身が太くなるだけでなく、血管と脂肪細胞の間に水分の隙間ができて、そこに老廃物などがくっついてセルライトに変化していきます。浮腫みやセルライトがある状態だと、血管と脂肪細胞の間に隙間があるので血液から酸素が届きません。そのため、どんなに運動しても代謝を上げても全然脂肪が燃えてくれないんです。

下半身ダイエットをするには、まずは浮腫みを解消して脂肪細胞が燃えやすい状態にしつつ、さらに代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい体にすることが必要です。単純に、代謝を上げる、脂肪を燃やす、カロリーカットする、などのダイエットサプリなどでは思ったような脚痩せ効果が得られない可能性が高いんですね。

⒈2どんなサプリがいいのか?

では具体的にどんなダイエットサプリがいいのでしょうか。おすすめ順に3つご紹介したいと思います。

⒈3きゅきゅっと小町

きゅきゅっと小町はとにかく余分な水分を排出することに特化したサプリです。メリロートやカリウムで浮腫みを解消しつつ、L-カルニチンで脂肪燃焼も促すので、下半身ダイエットをしっかりサポートします。しつこい浮腫みに悩んでいる方におすすめです。

⒈4きゅきゅっとスリム

きゅきゅっとスリムは赤ブドウの葉やトウモロコシのヒゲ、メリロート、明日葉、カリウムの5つの成分が水分の巡りをよくして浮腫みをしっかり解消してくれます。また、ショウガやキトサンなど冷えを解消したり代謝をよくする成分も配合されているため、下半身の脂肪をジワジワ燃えやすくしてくれます。ヒアルロン酸やコラーゲンで美肌効果も期待できるので、下半身ダイエットしながらキレイになれちゃう嬉しいサプリメントです。

⒈5Su.Ra.Ri

Su.Ra.RiはリラクゼーションサロンRe Ra Kuの加藤梢さん監修の浮腫み解消サプリで、浮腫みに悩む女性のために作られました。メリロートや明日葉エキスなど浮腫み解消効果のある成分と、ヒハツや生姜などの代謝をアップする成分が全部で23も配合されています。ダイエットだけでなく美容効果も高いサプリなので、美容も意識したい方におすすめです。

⒉ダイエットサプリメントのメリットとデメリット

⒉1持ち運びが簡単!

普段頑張っているご褒美としての旅行で、自分だけが食べたい物を我慢するのはいやですよね。ダイエットサプリメントなら、手軽に持ち運ぶ事が出来るので、心置きなく旅先の美味しい物を楽しめます。旅行先だけではなく仕事場にも簡単に持ち運べるので、うっかり飲み忘れるといった心配もありません。ダイエットサプリメントは、メンタル面でも大きなメリットがあります。

身体に負担がないというのはとてもいい事なのですが、あまりにも手軽すぎると、ついついダイエットをしているという意識が無くなりがちです。決められたタイミングでダイエットサプリメントを摂る事で、今自分はダイエット中なんだ!と思い出すので、姿勢を正したり、ドカ食いを制限したり出来るでしょう。

会社でランチの前後などにダイエットサプリメントを摂るようにするとダイエット中である事を宣言出来るので、周りの人達からの協力も得られやすくなります。過去に私も、それがきっかけでダイエット仲間を増やす事が出来たという経験があります。自分独りではなかなか難しい事でも、仲間や周囲からの協力があれば、より強い意志を持ってダイエットを成功させる事が出来るのです。

過酷なダイエットを続けていると、お肌が荒れたり、体力が落ちて風邪をひきやすくなってしまいます。それは、無理な食事制限を行う事で身体に必要な栄養素が不足するからです。一般的にダイエットの敵とされている油分や肉類もある程度は必要で、不足するとお肌がカサついたり、筋肉量が落ちたりしてしまいます。

ダイエットサプリメントなら、極端な食事制限をする必要はありませんので、普段の食事からビタミンやミネラル類が不足する心配もありません。また、ダイエットサプリメント自体にもビタミン類や食物繊維など美容にうれしい成分が含まれている商品もあるので、美しく痩せる事が出来ます。

⒉2ダイエットサプリのデメリットは?

毎日たった数粒飲むだけという手軽さで目指すスタイルになれる、いいことづくめのダイエットサプリメントですが、実はデメリットもあります。

ある程度の時間がかかります

ダイエットサプリメントのデメリットの一つ目に、効果が現れるまでに時間がかかる事が挙げられます。日本では、サプリメントは医薬品ではなく食品に分類されます。ですので、病院で医師から処方される医薬品のように、何かの症状に対して即効性があるわけではないのです。普段の食事からはなかなか摂取出来ない特定の栄養素に特化した成分を配合することで、痩せやすい体質に導いてくれるのがダイエットサプリメントです。

短い期間で落とした体重は、短い期間でリバウンドしやすいという特徴があります。したがって、ある程度の期間を想定して体質を改善しながら、少しずつ理想のスタイルに近づいていくという健康的なダイエットに向いているのが、サプリメントを活用したダイエット法なのです。

過剰摂取による健康被害

デメリットの二つ目として、ダイエットサプリメントによる健康被害があります。ごく少数になりますが、どんな成分でも体質的に合わない人がいます。また、早く大きな成果を得たいために、定められた用量を超えて過剰な摂取を長期間続けると、重篤な症状が出てしまう事があります。

どんなサプリメントにも言えるのですが、もしも体質に合わない場合は他のタイプの商品に切り替える、メーカーから推奨されている用法・容量をきちんと守るようにしましょう。

正しい知識を身に付けて始めましょう

三つ目に挙げられるのが、ダイエットサプリメントを始めるにはある程度の知識が必要だという点です。元々食べる量が少ないのにカロリーカット系のダイエットサプリメントを飲んでも、大きな効果は期待出来ません。運動が出来ないほど体重の重い人が燃焼系のダイエットサプリメントを摂っても、あまり意味はありません。

例えば、体重が重い人の場合、まずは酵素系ダイエットサプリメントで身体の中の酵素を増やしたり、腸内環境を整えるダイエットサプリメントで便秘を改善しておきます。それからカロリーカット系のダイエットサプリメントで体重を落とし、身体が少し軽くなってから燃焼系のダイエットサプリメントと運動を組み合わせるのが効果的とされています。

このように、自分の体質や生活習慣を把握し、必要なダイエットサプリメントを選ぶ知識が必要になってきます。

⒊脚痩せのサプリ以外の方法について

⒊1脚の筋肉太りを解消して脚やせする

よくある勘違いとして「部活を辞めたら脚が筋肉太りした」という意見がありますが、運動量が減ったことにより「筋肉が細くなり」、「脂肪が増えている状態」である可能性が高いです。要は<1:脚の脂肪太り>と状態として一緒です。

確認方法としては指で太ももなどを掴んでみてください。皮膚だけでなく、プニッとしたお肉がつかめれば「脂肪」です。このような状態の場合は<1:脚の脂肪太り>の対処法を参照してください。一般的に女性はホルモンの関係から筋肉が太くなりにくいですが、筋肥大系のトレーニングを継続することで、男性には及ばないとしても筋肉は太くなります。

また、常にハイヒールなどを履いていたり、悪い姿勢で歩くことで「ふくらはぎなどの一部分の筋肉」が発達することもあります。原因を断つ為には「筋肥大系のトレーニング」を止めたり、ヒールを履く日を減らす必要も根本解決としては必要な場合があります。

・ストレッチ系エクササイズ
・マッサージ

⒊2脚の水太り(むくみ)を解消して脚やせする

立ち仕事やデスクワークが長時間に渡る方に多い状態です。病気(肝臓や腎臓の障害・心不全・下肢静脈瘤など)が影響したむくみの場合もありますが、多くの場合では「立ち仕事」など生活習慣が関係しています。根本的な原因としてはふくらはぎなどの筋力不足があげられます。

ふくらはぎなどのポンプ機能を強化する目的で負荷の軽めの筋トレ系のメニューを取り入れつつ、ストレッチやマッサージなどで筋肉の老廃物の代謝を促すことが対処法となります。

・ストレッチ系エクササイズ
・筋トレ系エクササイズ
・マッサージ

⒊3その他(最近運動を始めた人など)

・進学して部活に入った。
・ジムに通い始めた。

など思い当たる方は一時的に太くなっているように感じることもありえます。元々運動をあまりしていなかった方は特に脂肪がありつつ、運動により筋肉を使うと筋肉が一時的に太くなります。対処法としては<1:脚の脂肪太り>と同じで、有酸素運動中心のメニューに組変え、運動後のマッサージなどのケアを行う事が大切になりますが、部活などで筋トレを先輩や顧問の先生からやらされてしまうこともあると思います。

その場合はマッサージやストレッチなどで老廃物を流してあげる事を中心に行いましょう。ジムなどに行っている方はウォーキングマシンやサイクリングマシンを軽めの負荷で行なったり、マシンを使うにしても軽めの負荷で回数を繰り返せるような内容に切り替えましょう。

・有酸素運動系エクササイズ
・ストレッチ系エクササイズ
・マッサージ

⒋脚痩せに効果的なトレーニング法

⒋1ウォーキング

激しい運動をするのは逆に筋肉をつけすぎてしまったり痛める原因となりますが、ウォーキングは無理をすることなく続けられ、かなり効果的な方法といえます。ちょっとした距離でも車を使っている人は歩きに変えてみたり、ウォーキングの時間を作るのでも良いと思います。歩く時に背筋を伸ばし、腹筋を意識して大股で歩いてみましょう。

脚の筋肉も意識して早歩きをするだけでもかなり効果があると思います。ウォーキングをする事で脚やせだけではなく全体的にダイエット効果があるといえます。

⒋2足首運動

足首を細くする事で、よりメリハリがある脚になります。まず床に仰向けになりましょう。両手は手のひらを下にして、足首は自分の方に手前に倒しそのまま10秒ほどキープしましょう。次は逆に足首を倒し甲を伸ばし10秒ほどキープしましょう

⒌ダイエット時の食事の仕方とは?

⒌1食事の基本は食べる順番

これまでは、脂質や糖質を抑えた低カロリーの食事をすることがダイエットの基本、と考えられてきました。しかし、「そもそもなぜ太るのか」でもお伝えした通り、最近の研究では血糖値の上昇が肥満と深い関わりがあることがわかっています。

中でも、私達が生きていく上で欠かすことのできない「三大栄養素」のうち、摂取することで血糖値の上昇を招くのは、糖質だけだと言われていることから、糖質を制限する「糖質制限ダイエット」というものが一時期流行をしました。とは言え、糖質も私達に欠かせない成分であることから、摂取量を抑えてしまうのは色々な問題もあります。

そこで考えられたのが、「食べる順番」です。つまり、血糖値を急激に上げるのを避けるためには、糖質は食事の最後に食べるのがよいのです。ちなみに糖質とは、炭水化物から食物繊維を抜いたもので、主にパンやご飯、麺類などのいわゆる主食と呼ばれるものです。なお、血糖値の上昇を抑える食べ方の順番は、食物繊維、たんぱく質、炭水化物と言われています。

食物繊維が豊富な野菜を食事の最初に食べることで、血糖値の上昇を抑えるだけではなく、脂質や糖質の吸収も抑える効果が期待でき、次にたんぱく質を摂ることで筋肉量を減らさずにダイエットを行うことができるのです。

⒍まとめ

ダイエットも同じですが、決してサプリだけでやせることなどできません。あくまでもサプリメントは補助的なものと捉えてくださいね。ダイエットで大事になるのは食事と運動と睡眠でしょうか。しっかりとそれらを抑えた上でサプリメントを使用するともっと効果的な効果が得られること間違いなしです。

関連商品


セルリッチスリム

期間限定販売中の脚痩せ補助サプリメント

2,980円

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です