女子だとスタイルで一番きになるのがやっぱり脚の太さですよね。

今回は、そんな脚の太さを解消するべくその原因と、脚痩せにおすすめのダイエット方法や食事の仕方等について詳しくまとめてみました。是非とも今まで、脚の太さにコンプレックスを抱いていた人は試してほしい内容となっております。

⒈セルライトとは?

⒈1セルライトについて

セルライトとは、主に女性の太ももの裏側や外側、お腹などにあらわれる、ボコボコとしたオレンジの皮のような皮膚の凹凸の変化です。セルライトと通常の脂肪は、構成するものが同じです。そのため、医学的にはセルライトは特殊なものではなく、ごく普通の脂肪とされています。しかし、通常の脂肪とはその形態が違って見え、ボコボコして触ると硬く感じられます。

セルライトの種類
セルライトは、4つの種類に分けることができます。セルライト除去のためには、自分がどの種類かを知っておくと、適切なケアができます。

脂肪型セルライト

運動不足や食生活の乱れによって生じた肥満が原因で、血液やリンパの流れを阻害し、老廃物が脂肪細胞の中に蓄積し、膨張することによって生じます。一番多い種類で、全体の50%を占めるといわれます。一般的なダイエットによってセルライト解消の効果が期待できるため、比較的解消しやすいタイプといえるでしょう。

むくみ型セルライト

むくみや冷え性などの体質の人がなりやすいため、女性に見られることが多い種類です。脂肪の周辺に老廃物や水分がたまることによりつくられます。全体の35%を占める、よく見られる種類です。むくみや冷えのある部位をマッサージするなどして代謝を促進することで、セルライトの解消が期待できます。

線維化型セルライト

脂肪細胞の周囲にコラーゲン線維が沈着し、ボコボコ感が強く現れるセルライトです。全体の10%を占めるといわれています。強く固まっているため、解消するには美容医療の専用機器が適しています。

筋肉質型セルライト

身体を鍛えていた人が運動をやめた場合など、急激に筋力が低下することでつくられるセルライトです。一番少ない種類で、全体の5%ほど見られます。除去がとても難しいタイプで、エステと自宅でのセルフケアを併用するなどして、解消には長い時間が必要になることが多いです。

⒈2セルライトができる原因

セルライトは、皮下脂肪がつくことであらわれます。医学的にはセルライトと通常の脂肪に違いはありません。形状が違うように見えるのは、通常の脂肪組織は線維組織という硬い筋に、いくつかの脂肪細胞が囲まれているのに対し、セルライトは線維組織が異常に増えて、脂肪細胞が線維組織によって分断され細かく分かれている状態であるためです。大きくふくらんだ脂肪細胞に一部の皮下組織が引っぱられるために、セルライトはボコボコとして見えると考えられます。

セルライトは脂肪なので、単純にやせれば目立たなくなると考えられます。しかし、内臓脂肪などに比べて皮下脂肪は燃焼しにくいため、セルライトがなかなか消えないと感じる可能性があります。

⒈3セルライトの治療方法

自宅でのセルフケアでは解消しにくいセルライトもありますが、クリニックでの治療は高い効果を期待できます。専門の医療機関での治療の流れと治療方法について解説します。

治療の流れ

専門の医療機関で治療をする場合、まずカウンセリングで治療内容の希望や服用中の薬、アレルギーなど、体の状態の問診があります。その後、専門の医師による診察で、脂肪吸引やセルライト除去、食事療法・運動療法や薬の処方など、適した方法を判断します。治療の方法が決まったら、どの部位のセルライトをどのくらい、どのように除去するかについて、説明があります。治療の後はアフターケアとして、回復を早めるケアを行う場合があります。

セルライト除去手術

セルライトが気になる部位に小さな穴を開けて、カニューラと呼ばれる吸引管を使って脂肪を吸引します。セルライトはやや浅い層に存在し、通常の脂肪よりも固いため均一に吸引するには困難をともないます。注意深くセルライトを壊しながら吸引していきます。痛みを感じないよう、手術は局所麻酔で行います。

衝撃波治療

衝撃波は、医療の分野においては結石を砕くなどの用途で使われています。これをセルライトに当てると、線維組織の結びつきを弱めて肌をなめらかな状態にしてくれます。また、リンパによるむくみの改善を促すことから、セルライトの改善につながります。完全な除去ができる治療ではありませんが、改善を実感し満足する人が多いという報告があります。

超音波のウルトラアクセント

超音波の激しい振動作用により脂肪の細胞膜だけを傷つけて、その機能を失わせていきます。また、同時に高周波がリンパの代謝などを促します。比較的早期に一時的な効果が現れることが多い方法で、徐々に脂肪をためにくくしていきます。

エステサロンのセルライト解消法

エステサロンでのセルライト解消法でよく見られるのが、エンダモロジーという方法です。エンダモロジーとは、電子制御された2つのローラーで皮膚を巻き込み、それを広げ戻すとともに吸引圧をかける装置です。セルライト部のリンパと血流の流れを改善することで、セルライト自体の改善を行う効果があります。医療機関でも手術と併用して高い効果を発揮しています。

⒉脚痩せにおすすめのダイエット方法

⒉1なぜ足が太くなるのか?

お腹に脂肪がつきやすい欧米人に対し、日本人は下半身に脂肪がつきやすい、いわゆる〝洋ナシ型〟の方が多いと言われています。これには、日本独自の文化が関係していると言われています。と言うのも、椅子やソファーに座るのが当たり前な欧米人と比べ、日本人は昔から床に座るのが主流となっていますよね。

最近は正座をする機会も減っていますが、それでも床に直座りをする生活様式は変わっていないため、どうしても骨盤が歪んで下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。

また、下半身を圧迫しやすい体勢のため、血液やリンパ液の流れが悪くなりむくみが生じることや、むくみを放置することでセルライトが増えることも足が太くなってしまう原因と考えられます。

⒉2運動で脚痩せダイエット

マッサージをして脚のむくみを解消しつつ、より綺麗な脚を目指すためにはやはり運動が欠かせません。ここでは、運動による脚痩せダイエットの方法をご紹介します。

スクワット

スクワットによって太ももやふくらはぎが鍛えられると、筋肉がついて返って太く見えてしまうのでは?と思うかも知れませんが、ムキムキの筋肉を作るにはかなりハードな筋トレと、それに伴う食事管理(たんぱく質を多く摂るなど)が必要となるため、通常ダイエットのために行う分では筋肉の肥大化を心配する必要はありません。

それよりも、下半身に適度な筋肉がつくことで、脚が引き締まるだけではなく全身が痩せやすくなる効果があります。

ウォーキング

重力によって脚には血液などが溜まりがちになりますが、ウォーキングをすることで足裏やふくらはぎが刺激を受けると、そこがポンプ代わりとなって溜まった血液などを送り出し、むくみを解消することができます。

筋トレ

スクワット同様、筋肉をつけることで体を引き締める効果が期待できるだけではなく、筋肉量が増えることで基礎代謝が高まり、痩せやすい体を作ることができます。

ストレッチ

筋トレが難しいという方は、ストレッチでも構いません。筋トレのように筋肉がつくわけではありませんが、関節や筋肉を解すことで血行が促進され、むくみを解消してくれます。

⒊脚痩せするための食事

⒊1美脚になるための食事

美しい脚になるために理想的な食事はあるのでしょうか?残念ながら、足を細くすることに特化した「効果的」な食材はありません。しかし、美脚に導くためのポイントはあります。

脂肪太りタイプの食事ポイント

このタイプの方は、コンスタントな運動と摂取カロリーのコントロールが必要です。脂肪や糖分の過剰摂取を控えて野菜を多く取る、など食べ物の種類にも気をつけましょう。

筋肉タイプの食事ポイント

どちらかといえば健康的と言える筋肉タイプですが、スポーツをやめた後は脂肪太りタイプになりやすいため、食事に気をつけて適度なカロリー摂取を心がけましょう。

むくみ太りタイプの食事ポイント

気をつけたいのは塩分です。塩分の摂り過ぎは血行やリンパの流れを滞らせてしまうので、むくみの原因になります。そのため、調味料は素材の味がしっかりわかる程度の味付けで、できれば添加物や精製されてないものを使ってください。また、体内の水分をスムーズに循環させるためには十分な水分も必要です。水分不足はむくみの原因になることから、コップ1杯の水をこまめに&ゆっくりと飲む習慣を身につけましょう。

実は、下半身は上半身の6倍脂肪を溜めやすいのです。ダイエットで摂取カロリーを単純に減らしたとしても、下半身の太さはあまり変わらないだけでなく上半身が痩せたことによって下半身の太さが目立ってしまいます。

⒊2行いたい運動習慣

正しい姿勢で正しい歩行を

正しく歩くには、まず正しい姿勢がとれていなければなりません。正しい姿勢としてもっとも大切なのは、要となる「骨盤」が立っていることと、「肩甲骨」が寄っていることです。具体的なフォームの取り方は以下のとおりです。

①おへその下に力を入れてお腹を凹ませ、骨盤をまっすぐ上へ立てます。
②猫背や前肩にならないよう、肩甲骨を体の中央に寄せ、胸を開いて背筋を伸ばします。

この姿勢ができたら

③ヒザ裏を伸ばしたまま歩きましょう。一歩踏み出した状態を横から見た時に、脚の形が「人」という字になることをイメージしてください。
④腕は前には振り出さず、後ろに引くだけで歩きましょう。二の腕を後ろに引くことで肩甲骨が動き、背中の大きな筋肉を使えるようになります。
⑤かかとで地面を押して踏み出し、必ずかかとから着地するようにします。かかと、ボシキュウ、ショウシキュウの順番で着地するようにするとヒザや股関節への負担も軽減され内腿の引き締め効果に繋がり骨盤も開きにくくなります。つま先は、まっすぐ前に向けて歩きましょう。

足を細くする生活習慣のポイント

どのタイプの方でも共通して押さえておきたいポイントは、摂取カロリーと代謝カロリーのバランスと血行の促進です。また、スムーズな代謝を行えるようにするためには、数十種類の栄養素をバランスよく摂ることが大前提です。特に、代謝を高めるビタミン、ミネラル、酵素を意識的に摂るために、野菜や海藻類を積極的に食べましょう。さらに、良質なタンパク質を含んだ肉や魚もしっかり食べて、糖質を含む炭水化物は控え目にしてください。

以上は、美脚に限らず代謝のいい体をつくるための食事ポイントになります。しかし、あまりストイックになって無理をするとストレスが溜まり、ヤケ食いを招いたり、挫折しやすくなってしまいます。無理のない範囲で、できるところから挑戦してみましょう。

⒋脚痩せにおすすめのサプリメントのご紹介!

⒋1コレスリム

「脂肪燃焼タイプ」の脚痩せサプリ「コレスリム」です。メラメラ燃えてくる感じで力が湧いてくることを体感できるダイエッターの中でも人気で注目のサプリです。コレスリムの中に配合されている注目の成分はなんといっても「L-カルニチン」L-カルニチンは、脂肪燃焼のサポートや基礎代謝の向上にはかかせない成分です。オリンピックで活躍するアスリートが愛用している成分としても有名です。

⒋2アシスラ

「むくみ解消タイプ」の脚痩せサプリ「アシスラ」です。脚痩せサプリ第3位に輝いたアシスラは、なんと“脚痩せのためだけ”に開発されたサプリなんです。アシスラをはじめて効く方も多いと思いますが、美容マニアの中では密かに人気のサプリだとか…!アシスラで脚痩せできる理由は、カリウムを効率よく摂取できることによって、むくみの原因でもある身体の中にたまった水分や塩分を排出できるからです。

上でもいった通り、むくみの大きな原因は、塩分の過剰摂取があります。塩分は、水分を引きつける特性があるので、塩分が身体にとどまっている限り、身体はむくみ、脚痩せはできません。さらに現在女性はカリウムが不足しています。脚痩せサプリ「アシスラ」は、そんなむくみの原因でもあるカリウム不足を解消するために開発されたのです。

アシスラのカリウム配合量は他のサプリと比較してもトップクラスですので、むくみ解消や脚痩せの効果が激しく期待できます。

⒌まとめ

ダイエットでも同じことですが、脚を細くしたい方にも運動や食事といった普段の生活習慣の重要性は同じことが言えます。サプリメントはあくまでも、補助的なものなのでしっかりと、そのあたりを意識してこれからのダイエットに取り組むようにしてくださいね。

関連商品


恋する美脚リンパウェーブスパッツ

下半身痩せに特化したダイエットサポートスパッツ

2,980円


塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です