あなたは、これまでに梅毒という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。

 

梅毒と聞くと、どのようなことを思い浮かべますか?

 

実は最近ではこの梅毒という言葉が話題になっており、多くの方がこれに悩まされているのが現実にあるのです。

 

とは言っても、そもそも梅毒というのは何なのか。

 

また梅毒を予防する方法にはどのようなことが挙げられるのかがわからない方も多いはずです。

 

そこで今回は、この梅毒という言葉をテーマに予防法などをお話ししていきたいと思います!

 

梅毒について

では、ここから本題の方に移っていきたいと思います。

 

今回は梅毒という言葉をテーマにお話ししていくのですが、あなたはこれまでにこの梅毒という言葉を耳にしたことがありますでしょうか。

 

もしかすると、一度もこの梅毒という言葉を耳にしたことがないという方もきっといるかと思います。

 

そこでまず初めに、ここでは梅毒というものが一体何なのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

一体この梅毒というのは、どのようなものなのでしょうか。

 

梅毒とは

 

ではこの梅毒というものが一体何なのかについてお話ししていきますね。

 

梅毒はもともと梅毒トレポネーマという名称で、性的な接触によって引き起こされる病的な症状のことを指します。

 

この梅毒の恐ろしいところは、放置しておくと心臓や脳に被害を引き起こして最終的には死に至るほど危険な病気であるということです。

 

死に至るほど危険な病気だと、誰もがこの梅毒にかからないようにするのではないかと思った方もいるかと思いますが、実は最近では梅毒にかかってしまう患者が多くなっているのが現実なのです。

 

なので、近年では無視ができないほど重要視されている病気であるということです。

 

発症に気がつかない!?

 

そんな命の危険にさらされるほど危険な梅毒ですが、実はこの病気は発症になかなか気づかない方が多いのです。

 

というのも、梅毒というのは期間によって症状が軽くなったり消えたりするからです。

 

これがどういうことを意味するのかというと、もし梅毒にかかってしまっても症状に気がつかないため治療に遅れてしまったりすることが多くあるということです。

 

なので梅毒にかかってしまった方の中でも治療が遅れてしまったケースも多くあるのです。

 

梅毒の潜伏期間は?

 

では実際に、この梅毒にかかってしまった際これが体内に潜伏する期間はどれくらいなのかについて見ていきましょう。

 

梅毒の潜伏期間はひとそれぞれ違うと言われていますが、基本的には3週間から6週間と言われています。

 

そしてこれらの潜伏期間を経て様々な症状を引き起こすということですね。

 

これだけ見ても、梅毒が非常に恐ろしい病気であることがわかります。

 

梅毒の症状は?

では次に、梅毒にかかってしまった際に引き起こされる症状についてお話ししていきます。

 

3週間から6週間の潜伏期間を経て引き起こされる梅毒の症状は、一体どのようなものなのかが気になりますよね。

 

実はこの梅毒の症状には大きく3つの期間があり、i期とii期間、そして晩期があります。

 

それでは、1つずつその症状を見ていきましょう。

 

i期の症状は感染させやすい症状!?

 

まずはi期間です。

 

この期間に引き起こされる症状は、基本的に他の人に感染させやすい症状となっていることが大きな特徴となっています。

 

では具体的にどのような症状になっているのかということですが、i期の症状は感染が起きた部位である陰部や口唇部、また口腔内や肛門などにシコリができ始めます。

 

しかしこの時期の症状は比較的軽く、自然に軽快していくことが多いのだそう。

 

とはいえ、やはり他の人に感染させやすい時期であるということには注意が必要となってきます。

 

ii期の症状は主に発疹?

 

では次に、ii期の症状についてです。

 

ii期の症状は主に発疹で、足の裏を中心に体全体へと病原体が血液内に運び込まれる期間になっているのが特徴です。

 

血液内に運び込まれるということもあり、この時期では赤い発疹を引き起こすということです。

 

この発疹は治療をしなくても数週間で消えるので、梅毒が治ったと勘違いしてしまう方も多いです。

 

しかし実はこれは一時的に消えただけで、また何度も繰り返し発疹が引き起こるのですよ!

 

つまり病原体は殺菌されておらず、体内に梅毒が存在している状態であるというのです。

 

この期間で梅毒を治そうと思うと、抗菌薬が必要になってきます。

 

またこの期間できちんと治療をしていないと、のちに心臓や脳などあらゆる体に障害をきたしてしまうことにつながってしまうとても重要な期間になっています。

 

晩期の症状は体全体への障害

 

そして最後が、晩期による梅毒の症状です。

 

この期間の症状は、先ほどにお話ししたi期やii期の症状とは全く違うということが大きな特徴です。

 

この期間は梅毒に感染してから数年が経過すると引き起こされ、まず皮膚や筋肉、そして骨に腫瘍ができ始めます。

 

この腫瘍はゴム状になっているのが特徴です。

 

そしてこのような腫瘍ができた後に、心臓や脳、または血管など体のあらゆる箇所に病変が引き起こされ、最悪の場合死に至る可能性が高くなってしまいます。

 

このように、梅毒は期間によって症状が違うということが大きな特徴であるのに加えて、症状に気付きにくいということもあり気づいた頃にはすでに重大な症状を引き起こしている可能性があるということなのです。

 

梅毒に感染した妊婦の胎児への影響は?

ここまでは、梅毒というものが一体どのような病気なのか。

 

またこの病気を引き起こしてしまうとどのような症状が引き起こされてしまうのかについてお話ししました。

 

いかがでしょうか。

 

ここまでのお話でも、梅毒というのは非常に重大で危険な病気であることがわかりましたね。

 

それではここで、梅毒に感染してしまった妊婦の胎児への影響についてお話ししていきます。

 

胎児に感染することはあるの?

 

もし妊婦の方が梅毒に感染してしまった場合、胎児への影響はどのようになっているのか気になった方はいませんか?

 

やはり血管から体全体を通して感染していく梅毒ですから、とうぜん胎児に対して何かしら影響があるはずです。

 

では具体的にどのような影響を及ぼすのかというと、もし妊婦が梅毒に感染している場合、胎盤を通じて胎児に感染していきます。

 

そして恐ろしいのが、このように梅毒に感染してしまった胎児は死産になってしまうか早産、また新生児死亡、その他奇形として産まれてくることがあるということです。

 

なので、妊婦の方は非常にこの梅毒に対して注意を払わなければいけないということです。

 

梅毒を予防するにはどうすれば良いの?

梅毒に感染してしまった場合、早急に治療を行うことが大切となっていきます。

 

しかし一番良いのは、やはり梅毒に感染しないことですよね。

 

実はあなたの生活の仕方次第で、この梅毒というものは予防をすることができるのです。

 

そこでここでは、この梅毒を予防するにはどのようなことをすれば良いのかについてお話ししていきます。

 

コンドームをつけよう

 

まず1つ目に挙げられる予防法としては、コンドームをつけることです。

 

やはり性的な接触というのは非常にデリケートなものですから、コンドームは必須となってきます。

 

梅毒は主に生殖器などの粘膜が触れることで感染しやすくなります。

 

なので、コンドームをつけましょう。

 

無防備な性行為はやめよう

 

次に2つ目は、無防備な性行為を行わないようにすることです。

 

これは今お話ししたコンドームを着用することに加えて、デリケートで粘膜が触れ合うような行為をしないことが挙げられます。

 

やはり梅毒というのは、粘膜が触れ合うことで引き起こされやすくなります。

 

なので、粘膜が直接触れ合うような環境を作らないようにすることが重要になってくるということですね。

 

多数の関係を持たないようにしよう

 

そして最後は、多数の性的な関係を持たないようにすることです。

 

多数の方と性的な関係を持ってしまうと、それだけ性感染症に感染しやすくなります。

 

なのでパートナーは1人にし、多数の関係を持たないようにすることが大切となってきます。

 

もしも梅毒に感染してしまったらどうすれば良いの?

ここまでで、今回のお話のキーワードとなる梅毒というものについては少し理解していただけたかと思います。

 

しかし、どれだけ予防をしても感染してしまったなどといったこともあります。

 

そんな、もしも梅毒に感染してしまった場合はどうすれば良いのかということについてもここではお話ししておきます。

 

一体、どのような措置をとれば良いのでしょうか。

 

まずは医師に相談をする

 

「梅毒に感染したかも」

 

と思うようなことがあれば、まず医師に相談することが大切となってきます。

 

やはりこのような性感染症に関しては、医師に相談して適切な治療を受けることが一番安全です。

 

また医師に相談することによって、梅毒を殺菌するための抗菌薬での治療が可能になります。

 

なのでもし梅毒に感染してしまったなと感じたら、まずは医師に相談するようにしましょう。

 

どうしても医師に相談する勇気がない場合は…

 

とは言っても、やはり医師に相談するのには勇気がいるという方もいるもしれません。

 

確かに、医師の方に診断されると不安が募りますよね。

 

一番安全なのは医師に相談することですが、どうしても医師に相談をする勇気がないという方はあるアイテムで簡単に検査をすることができます。

 

そのアイテムというのは、性病検査キットと呼ばれるものです。

 

性病検査キットって?

 

一体この性病検査キットというのはどんなものなのかというと、これはどうしても医師に相談しに行く勇気がない方が自分で性病に感染しているかを検査することができるキットとなっています。

 

自分1人で検査できるということから、医師に相談する際の勇気も少しはなくなり比較的リラックスして性病検査ができるようになります。

 

このキットは合計6項目の性病を検査することができ、その中に梅毒の検査をするキットが含まれているということが大きな特徴です。

 

また梅毒に限らず、様々な性病に感染しているかどうかを検査することができるということも特徴ですね。

 

性病検査キットの価格は?

 

では気になるこの性病検査キットの価格はというと、こちらはamazon価格で10,590円となっています。

 

6つの性病の検査ができるということからも、この価格は非常にお得なのではないでしょうか。

 

実際にこの性病検査キットには男性用と女性用があり、発送される際は中身が見えない外装で発送してくれるというサービスもあります。

 

もし今回のお話のような梅毒などといった性病に完成んしているかどうか不安な方は、ぜひ一度このアイテムを試してみてはいかがでしょうか!

 

性病検査キットって本当に検査ができるの?

とはいえ、やはり自分で行うものであるだけあって本当にこの検査キットで検査ができるのかどうか不安に思う方もいるかもしれません。

 

そこでここでは、実際にこのアイテムを使った方からの口コミレビューを少し紹介したいと思います。

 

性病検査キットは簡単に検査できる!?

 

とても簡単、速い、そして次回の検査用に安価なコースまで紹介しており、
安心この上ありません。

ユーザーの事を良く考えられておられるかと思いました。

一番抵抗のあった血液採取も、素直に説明書どおりに行えば拍子抜けするほど簡単、そしてほぼ全くと言っていいほど
痛みは無かったです。

また次回もお世話になりそうです。

 

信頼できそうなので購入しました。迅速に発送されてきました。
尿採取と、血液採取と、海綿体の菌を採取する綿棒の三つの検査でした。
血液はシートにしみこませる方式で指に傷をつける針でわずかに出血させ、それを6箇所にしみこませます。
痛みも少なく、よく読めばそれほど時間はかかりません。
ネットのマイページで結果が見られたり、検査結果も早かったり、やってよかったと思います。

 

このように、実際に性病検査キットを使った方からの評価としては、比較的高いものであるということがわかりますね。

 

安心して検査ができるというだけでなく、検査結果もわかりやすいということは高く評価できる1つの材料なのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、性病の1つである梅毒についてお話ししました。

 

梅毒は粘膜が直接触れ合うことで簡単に感染してしまう病気のことを指し、最悪の場合死に至るほど危険であるということがわかりましたね。

 

しかし実際にこの梅毒を予防する方法はあり、きちんとパートナーのことも考えてコンドームをつけるなど、直接粘膜が触れ合わないようにすることが大切であるということです。

 

もしも梅毒に感染してしまった場合はきちんと医師に相談し、適切な治療を受けて大切な体を守りましょうね!

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です