自宅での冬のスキンケアは、どのような対策をしてますか?

今回は、ライフスタイルに合わせた自宅でも気をつけることができる肌ケアについて詳しく解説しています。冬場は特に、肌荒れや乾燥が目立ちますのでしっかりとご自身でセルフケアしていくことが大事です。

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

半身浴で美肌になろう!

半身浴が美容にも効果がある理由

半身浴は体の芯から温めることができるので、冷え性を改善したり、その後の寝つきがとてもよくなります。また血流を良くするので、たまった乳酸を排出しやすくなり疲労回復の効果もあります。では『半身浴=痩せる』のでしょうか。残念ながらこの方式は正解ではありません。

確かに半身浴は多量の汗をかいて水分を外に出すので、半身浴をする前と比べると若干体重が軽くなっていることが多いです。しかしそれは一時的なものなので、水分を取ればすぐに体重は元に戻ります。しかし、間接的に効果があるのも事実です。

半身浴は血行を良くして代謝を高めてくれるので「痩せやすい体」を作ることができます。つまり半身浴は即効性を求めるのではなく、長期的に見ればとてもダイエット効果があると言うことができます。

半身浴のまめ知識

健康と美容のために半身浴をしたいけど、どうも長時間湯船に入っていることが苦手な人っていますよね。確かに長時間半身浴をすると頭に過剰な血液が巡り、普通よりものぼせやすくなります。そんな時は、水に濡らしたタオルを頭の上に乗せると、頭の血液が冷やされてのぼせにくくなるんですよ。

これで、いつもよりも長時間の入浴が可能になります。そしてカラダを芯から温める効果を高めるために、お酒を少し入れるのも一つの手です。

湯船の中にコップ2杯ほどのお酒を入れると体の温まり方は普段の数倍、さらに毛穴の奥の老廃物を溶かし出す効果もあるので、健康にとっても美容にとっても一石二鳥です。(もちろん安いお酒で)

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

冬に気をつけたい!冷え性の原因をマッサージで解決!

冷え性になってしまう原因

冷え性とは、手先や足先、身体の一部などが慢性的に冷えを感じているような状態のことを言います。冬だけでなく夏場の冷房が効いた室内で汗が冷やされることでも生じます。

主な原因として、不規則な生活やストレス、食生活、運動不足などといった生活習慣の乱れによって引き起こされます。また、冷たいものを頻繁に飲むと、内臓に負担がかかったり、血行が悪化するため、冷え性の原因になります。他にもお風呂をシャワーだけで済まし、湯船に浸からないことも冷え性の原因のひとつです。

特に夏場の冷房の効いた室内と暑い屋外の行き来を繰り返していると、自律神経が乱れ、体温調節のバランスを崩してしまいます。自律神経は、血を巡らせる、内臓を動かすといった私たちが意識して動かせない部分の機能(不随意運動)を整えています。

自律神経が乱れると、これからの季節は、寒さによって身体の筋肉が硬くなってしまうので、定期的な運動によって身体をあたためて、血液の循環を良くすることが重要です。

血行不良は抜け毛のもとになる?!

特に冬は、寒さで指先や足先の血流が鈍くなりやすい季節です。このように冷えを引き起こす血行不良は、髪の成長を妨げる原因でもあります。

髪の毛の成長には、毛根部分の毛乳頭が、血液から運ばれてきた酸素や栄養を吸収して、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪が成長していきます。成長には、血液が酸素や栄養を頭皮にまで届けることが大切ですが、血行が悪化していると、栄養を十分に送り届けられなくなります。冷え性の改善は血行を良くする方法のひとつであり、その結果、抜け毛予防にも繋がります。

冷え性の種類と原因とは?

冷え性にはいくつかの種類があり、自分の生活習慣や、冷えの症状を見なおしてみると、どのようなことが原因で冷え性になったのか、ある程度判断できます。自分の身体でどの部分に冷えを感じているのか改めて見直してみるとより良い改善方が見つかるかもしれません。

末端四肢型冷え性

生活習慣が原因で引き起こされる冷え性です。運動不足や慢性的な疲労、ダイエットによる食事量の減量などによって、体内で熱をうまく作れず、全身へ運ぶことができないため、手先や足先が冷たくなっています。

下半身型冷え性

年齢が原因で引き起こされる冷え性のため、中高年の方に見られます。年齢とともに血管が細くなり、血液の循環が滞ってしまうため、足先から冷えを感じます。

内臓型冷え性

身体の内側が冷えているタイプは、年齢や性別に関係なく全体的に最も多くの人に見られます。エアコンの多用などで、自律神経の働きが鈍くなってしまい、上手く体温調節ができず、冷えを感じるようになります。

冷えを改善する方法

冷え性を改善し、身体をあたためる方法をご紹介します。冷え性の改善というと、よく半身浴が挙げられますが、他にも様々な方法があります。

①足湯

足湯は手軽に行えますが、半身浴と同じような効果が得られます。心臓や内臓への負担も少なく、全身の血液の流れを良くしてくれます。また、足湯には疲労回復やリラックス効果もあります。

【やり方】

39〜42度くらいのお湯にくるぶしから少し上(ふくらはぎの下辺り)まで、20分くらい浸かりましょう。長時間浸かっていると、逆に疲労感を感じたり、体力を消耗してしまうので、長くても30分程度にしましょう。途中で温度が下がってきたらお湯を継ぎ足し、なるべく温度が一定に保つのがポイントです。

②ツボ

冷え性に効果的な手のツボを中心にご紹介します。手のツボだと、仕事中や電車などでも周りを気にせず手軽に押すことができます。ツボを押すときは、やや強めに5秒くらいかけてしっかりゆっくりと押して、また5秒くらいかけてゆっくり離しましょう。10回繰り返し、左右1セット行ないます。

合谷(ごうこく)
押すだけで様々な効果が得られる万能のツボです。人差し指の骨と親指の骨の合流地点より、少し人差し指側にあるツボです。

陽池(ようち)
冷え性に効果のある血流の流れをよくするツボです。手の甲を反らせ、横シワの中心部分で、小指寄りの方にくぼみがあります。

指間穴(しかんけつ)
自律神経を整えたり、内臓の疲れを取り除いてくれるツボです。指の間にツボがあり、人差し指と親指を挟み、押したり、外側へ引っ張ったりします。


また、親指と人差し指の間にも「虎口(ここう)」と呼ばれるツボがあり、虎口を刺激することで指間穴と同様の効果が得られます。指の間を強く押し込み、指先に向かって引っ張りながら離してみてください。

③5本指靴下

5本指の靴下は、普通の靴下よりも、足の表面温度を上げる効果があることがわかっています。靴下によって、指の間を刺激されるので、血流が促進され体温が上昇します。足が冷たい時には、5本指靴下を履き、その上から普通の靴下を履くことで、足を温めれます。

④軽い手体操

グーパーの形を繰り返したり、反対側の指先を持って反らせたり、手首を回したりすることで、多少ですが手先の冷え性が緩和されます。また、指先が冷えているときは、人差し指と中指の間に反対側の指を挟み、挟んだら拳の形を作り、そのまま指先へと流すように動かします。縦と横の両方向すると効果的です。

⑤食べもの

食べ物でも冷え性を改善することができます。食べ物には、身体をあたためる食べ物と冷やしやすい食べ物があります。冬はなるべく、身体をあたためる食べ物を選んで、内側から冷やさないようにしましょう。

⑥眠るとき

良い睡眠も冷え性の改善に繋がります。足を高くすることで、足にたまった血液を循環させることができます。また、寝るときに足が冷えてしまって眠れない方は、湯たんぽやペットボトルにお湯を入れて足下に置いておくと良いでしょう。

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

冬に気をつけたい!エアコンの乾燥対策について

乾燥によって引き起こされる体の不調とは?

冬はエアコンの暖房をつけたりするので部屋が乾燥してしまうことが多いです。乾燥している部屋にいると、喉が痛くなったり咳きが出てしまったり、肌がカサカサになってしまったりといいことがありません……。

エアコンの乾燥対策は結構簡単に出来るものです。誰にでも出来る事なので「私には出来ない」と思っている人も一度試してみてはどうでしょうか。ここでは、そんな簡単に出来る対策をいくつか詳しくご紹介します。

洗濯物を部屋干しするだけで乾燥対策になる

簡単に乾燥対策をするのなら、部屋に洗濯物を干すのがおすすめです。それだけで加湿出来るので喉が痛くなったりしている人はぜひ試してみてください。

また、洗濯物を干すと部屋が臭くなってしまう……なんて思う人もいるのではないでしょうか?最近では部屋干しをしても臭くなりにくい洗剤があったりもするのでぜひ一度使ってみてほしいと思います。

洗濯物を干すのが嫌な時には…

洗濯物をたくさん干すのが嫌だという人は、濡れたタオルを絞ってハンガーなどにかけておくだけでもいいかもしれません。それだけで大丈夫なのかと感じる人も多いと思いますが、結構加湿してくれるものなので安心できるのではないでしょうか。ただ、大きな部屋だったりすると水分が足りなくなってしまう事も多いので別の方法と併用するのがいいと思います。

鍋でお湯を沸かして乾燥対策

鍋にお湯を沸かすのも効果的な方法です。お湯を沸かすと蒸気が発生しますよね。その蒸気で乾燥対策になるということなのです!小さな子供がいる家庭では危なくて出来ないけれど、湯気が出ている鍋をエアコンをつけている部屋に持ってくるととっても効果的なのでオススメですよ。

カーテンに霧吹きで水分を含ませる

洗濯物も、鍋でお湯を沸かすのも面倒だと言う人は霧吹きを使うといいでしょう。カーテンに霧吹きでシュッとしておくだけでちゃんと乾燥対策になります。また、カーテンだけではなく空気中にも霧吹きで水を吹きかけておくと更に効果があっていいかもしれませんね。

乾燥を気にしすぎて加湿をしすぎるのはNG

乾燥を気にしすぎてついつい加湿してしまいすぎるなんて人もいるのではないでしょうか。確かに乾燥している部屋はなんとなく嫌な感じがすると思います。でも、気にしすぎて加湿しすぎるのも実はNGなのです!

加湿しすぎてしまうとカビの原因になる!

「乾燥対策をしなければ!」と張り切りすぎてしまうのはちょっと危険かもしれません。加湿してしまうとカビの原因になってしまったりもするので適度にしておきましょう。クローゼットにしまっていたコートがカビてしまった!なんて事もあるので気をつけて。

加湿をしたら換気もしよう!

乾燥対策で加湿をしたからといってそのままにしてはいけません。「加湿をしたら換気も」を忘れないようにしてください。換気をするとカビを防いでくれるだけではなく、部屋の中の空気が入れ替わるのでホコリを外へ出してくれる効果もありますよ。

塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

まとめ

今回は、自宅でできるケアの仕方等について詳しく解説してきまいたが、出先でもしっかりと自分でケアすることを心がけてみてくださいね。その違いで、肌の荒れや乾燥具合が変わってきますので、気を配っていきましょう。最後にこの記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です