美容整形というと多くの方が高いイメージをお持ちではないでしょうか?

今回は、価格が安い美容整形のところからその人気の理由や、美容整形する際の良い点や悪い点といった詳しいことまでまとめてみました。是非ともこれから美容整形しようかな、とお考えの方にはご一読していただきたい内容となっております。

⒈美容整形とは?

⒈1美容整形について

医療機関の名称として、○×美容整形外科や○×美容整形クリニックなどがあります。美容整形では、どのような治療を受けることができるのかみていきましょう。また、なんらかの病気の治療を受けたときと同様に、美容整形で治療を受けたときは、健康保険が適用されるのかを確認しましょう。

美容整形とは、身体のパーツを少しでも若くしたり、一段と美しくしたりしてバランスの整った姿形を生みだすことを目標にしている医学文分野の1つです。また、質のよい生活を患者が送るための補助的役割を目標にしている科といわれています。美容整形は、とても古い歴史があるといわれています。鼻や耳を作る治療が、紀元前のインドで実施されていたと考えられているからです。

美容整形と形成外科の違い

本来、美容整形は、形成外科のふたつある部門の内のひとつの部門とされています。もうひとつの形成外科の部門は、再建外科です。美容整形では、外見的に異常が見られない人が、少しでも若く見られたいとか、より一層美しくなりたいなどの欲求を満たすための治療を行います。

一方、再建外科で行われるのは、外見上の変形や組織の欠損、機能改善、そして、顔のケガなどに対しての治療とされています。しかしながら、明確な境界線が美容整形と形成外科の間で引かれている訳ではありません。美容整形にとって、形成外科の技術や練習は欠くことができないと考えられていますし、形成外科の目指すところは美容整形といわれています。

⒈2美容整形は保険適用されるの?

健康保険は、外傷や病気などが原因となり、あらわれた障害の治療を行うときには適応されます。しかしながら、美容のために受けた手術に対しては、健康保険は適用されないといわれています。

形成外科が看板として掲げることが可能な一般標榜科として、認められたのは昭和50年です。また、美容外科が一般標榜科として認められたのは昭和53年です。一般標榜科として認められて以降、日本形成外科学会が努力を積み重ねた結果、徐々に形成外科の治療方法や治療の対象などに対する評価が向上していきました。評価の向上に合わせて、健康保険の適用される範囲は拡がっているといわれています。

しかしながら、今のところは、形成外科で行っている治療方法や治療の対象が全て、健康保険が適応されるまでには至っていないとされています。例をあげると、先天性の変形や病気の治療やガンを切除した後の再建手術、熱傷や外傷などの治療は、健康保険が適用されます。しかし、シワをなくす手術や二重まぶたにする手術、脱毛を行う手術、そして、胸を大きくする豊胸手術などの美容目的の美容整形手術は健康保険が適用されません。

そして、レーザー治療の一部も健康保険は適用されないため、自費診療とされています。レーザー治療で健康保険が適用される疾患は、太田母斑や扁平母斑、異所性蒙古斑とされています。さらに、外傷性色素沈着や単純性血管腫などの疾患の治療として、レーザー治療を行った場合は、健康保険が適用されるといわれています。

また、医療機関によっては、一切、健康保険制度を利用していない場合もあります。健康保険制度を利用していない医療機関での治療は、自費診療のみとなっています。

自費診療の場合は、医療機関が独自で料金の設定をすることが可能となっていますので、料金は医療機関ごとで違いがあるといわれています。ですから、美容整形手術を検討している人は、さまざまな医療機関で相談して料金の比較をしましょう。もちろん、手術方法や保証制度なども比べて、美容整形手術を受ける医療機関を決めることが重要と考えられています。

そして、公的に医療費の減免が可能な制度が健康保険以外にもあります。更生医療制度や育成医療制度などです。更生医療制度や育成医療制度について詳しくは、近隣の保健所などへ問い合わせください。

⒈3美容整形の種類

美容整形では、プチ整形と呼ばれている、メスを使用せずに悩みを解消する治療から、時間がかかる手術までさまざまな種類があるといわれています。顔の悩みを解決するために、目を大きくしたり、目の下のくまを解消したり、二重まぶたにしたりする美容整形が行われるとされています。さらに、唇の厚さやあごの形、鼻の形を調整することも美容整形では可能といわれています。小顔になることもできるとされています。

そして、美容整形でたるみやくぼみ、シワを解消することで、肌の老化の改善につながると考えられています。シミやソバカス、ニキビ跡などの治療を行うことで、肌の色や質感を改善することも可能とされています。理想とするボディラインに近づくためには、脂肪吸引や脂肪融解などが有効といわれています。また、レーザーや光を使用した脱毛を行うこともできるとされています。

⒉美容整形の良い点と悪い点

⒉1コンプレックスを解消

美容整形のメリットと言えば、やはりコンプレックスの解消ではないでしょうか。美容外科を探す方の殆どの理由は、「今までの外見を変えたい」です。基本的には「ぱっちり二重に憧れて目を大きくしたい」「低い鼻を高くしたい」といった要望が殆どです。

美容皮膚科の場合などはシミ取りやあざが殆どですが、コンプレックスの解消といったらやはり瞳でしょう。実際に美容クリニックに通う事で「以前より明るくなった」と解答する方が殆どですから。自分自身のコンプレックスを解消させるだけでなく、その後の人生を大きく変えるのも、美容整形の大きなメリットだと思いませんか。

⒉2二重にするメリット

美容整形のメリットをおおまかに説明するとやはり外見をよくしたいという点でしょう。そこでここでは部位別に見ていきましょう。まず「目」です。美容外科で二重にするメリットと言えば、やはり半永久的に二重にする事ができるからです。もちろん「プチ整形」と呼ばれるものも持続性はありますが、やはりずっと二重だと嬉しいですよね。

次に「胸」です。顔だけでなく、今では女性のシンボルとも言える胸の美容整形も流行っています。実際に福岡で行われた施術のうち、豊胸はかなりの施術数と言われています。豊胸はシリコンバッグを入れる事で長期間持続するので、安心して日常生活を送れるのではないでしょうか。

⒉3現実的なデメリット

美容整形にはメリットが多いものですが、やはり現実的にはデメリットもある事が事実です。さて一体どんなデメリットかと言いますと、まず一番始めに挙げられるのが「費用」です。

絶対にどんな施術でも高額になってしまう事は否めません。基本的に保険など期待できないので、全額自己負担となってしまう事もよくある話です。長時間手術を必要とするのであれば、更に費用がかかってしまうでしょう。またデメリットは金銭的なものだけではありません。やはりご自身の身体に負担がかかってしまいます。美容外科・・・すなわち「身体にメスを入れる」=「身体を傷つける」という事になります。充分に頭の隅に置いてほしい話でしょう。

⒊安い美容整形はどこ?

⒊1湘南美容外科

安さと豊富な施術メニューで人気の湘南美容外科は、ジャガー横田さんや後藤理沙さんなどの芸能人を起用し、手軽に美容整形ができるというイメージを定着させたクリニックとして有名です。価格ランキングでは品川美容外科に次いで第2位。価格が安いこともあり、学生さんや若い女性に人気のクリニックでもあります。

一部の施術はゼロ金利・36回払いが可能な点も人気の秘密です。また、テレビ出演や顔出しなどの条件付きモニターになれば、30%~最大100%OFFとさらに安い価格で希望の施術を受けられる点もうれしいサービスです。トライアルやキャンペーン価格なども随時ありますので、事前にネットや電話などで確認しておきましょう。ただし、いつも混んでおり、医師や看護師さんが忙しそうなので質問などをしにくいという声もあります。

⒊2大塚美容形成外科

『ビューティ―・コロシアム』などの人気テレビ番組でお馴染みの大塚美容形成外科は、「日本美容外科学会」「日本形成外科学会」をはじめとした学会でも高い評価を得ています。

その割には、費用の設定が他社よりも低めに設定されています。総合ランキングでも5位になっていますので、安かろう悪かろうのクリニックとは異なり、技術面でも一定以上のレベルを保っているクリニックだと言えます。ただし医師数が多いため、非常勤の医師が担当することもあったりと少々不安になる方も少なくないようです。また、曜日や年度によって医師が変わるため、当たり外れがあるという声もあります。

⒊3共立美容外科

1989年開設で20年以上の実績がある共立美容外科は、料金そのものは極めて安いというほどではありませんが、施術によっては比較的低めに設定されています。全国主要都市16カ所にあるクリニックは、それぞれ異なったキャンペーンを実施しており、それらを上手に利用すれば安い価格で施術を受けることができます。

キャンペーンによっては、人気のわきがの施術が30%OFF、目尻のボトックス注射が60%OFFになったりしますので事前に確認したほうがいいですね。また、美容外科としては珍しくTポイントカードが利用できるはうれしいサービスと言えます。カウンセリングから施術、アフターケアまで同じ医師が一貫して担当しているので安心できます。

⒊4城本クリニック

東京、神奈川。名古屋をはじめ全国主要都市25カ所にクリニックを展開している城本クリニックは、ホームページを見ると、大々的に安さをウリにはしていないようですが、料金体系が明確なので安心して施術を受けられるという口コミの声が多く、キャンペーンは常時行っているので上手に利用すれば安い価格で施術を受けることができます。キャンペーンの内容は各院によって異なっています。

また、ホームページではたくさんの症例数が掲載されていてイメージがつきやすいのと、各院のドクターがブログをやっているので人柄がわかる点も評価されています。芸能プロダクションと提携している点も興味深いですね。

⒋美容整形の歴史について

⒋1その歴史は…

そもそも、人間が美容整形を始めたのはいつ頃からなのでしょうか?そんな歴史を見て行く前に、まずは美容整形とは一体何か、定義を見なおしてみたいと思います。美容整形とは外科学に分類されている医療になりますが、正確な言葉は美容外科になります!整形外科、形成外科と美容外科は異なる外科手術になります。

主に美を追求するための医学になりますので、火傷や外傷による体の欠損などを治療するものとは一線を画するものになります。そして、あくまでも健康な人が自分の美を追求するために行う手術なので、健康保険は適用されませんが、母斑、わきが、血管腫などは一部認められています。

形成外科は、人間の体に異常が起こった場合に行う手術で、健康上やむおえず行う医療行為になりますが、美容外科は本人の美意識の問題で行うものなので、根本的にこの2つは違うものになります。

2016年現在では、美容皮膚科というものがあり、年齢を重ねた女性が、皮膚の老化を止めて若々しい容姿を得るために様々なことをやっていますので、かなり美容整形に対して垣根は低くなっているのですが、それでも顔にメスを入れて変えてしまうことに心理的な抵抗を覚える人も少なくありません。

芸能人でも、整形疑惑を持たれる人は後をたちませんし、失敗したとかしないとか、ネット上でも叩かれたり、あることないこと書き込まれてしまうので、芸能人も大変です!そんな、賛否両論の論争が巻き起こる美容整形の歴史を振り返ってみましょう。人間が美容整形を行うようになった歴史は、紀元前600年頃のインドまで遡ることが出来ると言われています。

インドでは当時、囚人を処罰する方法として、鼻を削ぎ落とすという風習があり、この囚人が罪を償い、社会復帰をするときに、鼻を復元して元に戻す手術を行ったのが、美容整形の始まりであると言われています。医学として美容整形が発展したのは、1800年頃以降になります。1845年に、ドイツ人の医師「ディーフェンバッハ」が鼻の手術を行ったのが、近代美容整形の始まりだと考えられています。

その後、失敗をすることもある美容整形は、ヨーロッパからアメリカへと徐々に広がっていきました。第一次、第二次世界大戦が、この美容整形の技術を飛躍的に高めたと言われていて、負傷した戦士たちの体や顔などを復元する技術がこの時期に発展したのです。

1960年代になると、日本で美容整形を行う病院は100を超えていたといいますので、意外とこんなに早い時期から、美容整形を行う人たちがいたというのですから驚きます。そして日本では1966年に、日本美容整形学会が設立されています。

1970年代の終わりになると、日本でも女性が社会進出をきっかけに経済力を身に付けるようになると、コスメを購入するような気軽さで、美容整形を行うようになったと言われています。1988年、亡くなったマイケル・ジャクソンが、自伝の中で整形手術を受けた事実を告白して大ニュースとなったのです。日本に美容整形が入ってきたのは昭和初期で、ヨーロッパから輸入されました。

現代では、高須クリニックの院長が、自らも整形手術を受けることで若返り、アンチエイジングなどをアピールしてかなりこの世界に貢献しています。

⒌まとめ

美容整形すれば簡単に理想の顔や体が手に入ってしまいますが、その裏には大変大きなデメリットも存在していることを忘れてはいけません。そもそも、美容整形してまで理想の体を手に入れることが正しいのでしょうか。その点について、しっかりと個人が考えて整形を受けるべきかそうでないか判断していかなければなりません。

関連商品


アルジュエル

芸能人も使用していると噂の小顔・美肌促進ジェル

2,980円

キャンドルブッシュが脂肪を排出!?TVでも紹介されたスリムボディをゲットできるダイエットサプリ「スラミーゴ」とは?

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です