ボディークリームで痩せることができるって本当なんでしょうか?

今回は、そんなボディークリームの知られざる効果や意外に知らない正しい使い方等について詳しく解説していきたいと思います。これまで、ボディークリームを何気なく使っていた方には是非とも今一度、見直していただきたい内容となっておりますので、是非ともご一読いただければと思います。

塗った瞬間ひきしめ小顔!芸能界で重宝されてきた魔法のリフトアップジェルが遂に一般販売解禁!【PR】

短期間減量&スーパーメリハリボディになれる!?最新のダイエット用プロテインがすごいと話題!?【PR】

ボディークリームとは?

ボディクリームの正しい使い方

まずはじめにボディケアの必要性について説明します。冬は肌の乾燥が気になる方が増えてくるので自然とボディケアをする方が増えますが、夏は汗をかくということから乾燥があまり気にならなくなるため使用頻度が減りがちです。

実は夏も紫外線をうけてのダメージや冷房による隠れ乾燥で肌はいたんでいます。美肌や乾燥を防いで潤いのある肌を維持するには毎日のケアが大切なのでぜひ毎日行ってみてください。

ボディクリームを塗る大前提として清潔な肌に塗るというポイントがあります。汚れている肌に塗ってしまうと菌が繁殖してしまう可能性もありますし効果がうまく発揮されないこともありますので、必ず清潔な肌にぬるようにしましょう。

塗るタイミングは?

一番ベストなタイミングはお風呂上がりです。先程紹介したとおり清潔な肌という点と、体が潤っているという好条件からお風呂上がりが一番良いとされています。お風呂上がりは蒸発がはやいのでできるだけ早く塗りはじめるのがポイント。

またバスタオルで雫をすべてふきとらず、ある程度残しておくようにしてください。体が潤っている状態でクリームを塗ることで浸透率があがりますし、折角水分を保持している状態なので蒸発しないようにクリームで蓋をするようなイメージです。ですのですべて洗い終わったあとそのままお風呂場でクリームを塗るのも良いといえます。

塗る場所は?

ボディクリームは顔を除くすべての場所に塗ることができます。顔は体よりも皮膚がかなり薄い場所になるので、顔専用のものを使うようにしてください。またボディクリームの種類の中でもホホバオイルやシア脂などの油分が多めの商品の時は皮脂腺(胸元や背中)は避けるようにしてください。

油分が多い部分にさらに油分を足してしまうと、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。皮脂腺が多い場所に塗るときはヒアルロン酸やコラーゲンといった水分が多くはいっている商品を使用するようにしてください。

塗る量は?どのように塗るの?

片足、片腕、お腹、おしりなど1部位につき巨峰1粒分くらいの量が理想です。もちろんカサカサしているところには多目に塗ってもかまいません。まずは両手のひらにクリームを伸ばしていき塗りたい場所の下の位置を両手で包み込むようにします。

それからリンパを流していくイメージでゆっくりと下から上へ向かって塗り込んでいきます。一度にすべてを塗ろうとせずに一列塗り終わったら隣の列を塗っていくイメージで確実に塗りのこしの無いようにぬっていきます。またシワのある手の甲やひざ、ひじなどはシワに沿って横塗りしていき、曲げたときと伸ばしたときと2回塗ります。

ボディクリーム効果的な使い方

基本的な使い方が理解できたところで、ボディクリームをもっと効果的に使う方法を紹介します。

ボディクリームパック

そのなの通りクリームをパックがわりに使います。乾燥が気になる部分にたっぷりとボディクリームをのせラップを巻き、その上にホットタオルをのせて蒸していきます。ホットタオルの温かさがなくなったら終わりなのでとても簡単にできるパックになります。ホットタオルで蒸すことで浸透率があがり潤いのある肌へ導いてくれます。

シェービングクリームに応用

シェービングクリームのかわりにボディクリームを使用する方法です。通常シェービングあとは肌がダメージをうけてカサカサしがちなのですが、ボディクリームでシェービングするととてもしっとりした仕上がりになります。夏はとくにシェービング回数が多くなるので使う価値ありです。

ヘアクリームに応用

ボディクリームは体にぬれる成分ですから実は髪にも良いのです。お風呂上がりに髪を少し乾かしてボディクリームを全体に薄く揉み込みます。全体にしっかり揉み込めたらさらにしっかり乾かして完成です。

話題!10キロ減も可能?『18DAYSダイエット』が簡単すぎる!!【PR】

ボディクリームとローションの違いは?

ボディクリームとローションの違いについて

ボディクリームとローションの大きな違いは、「油分」と「水分」のバランスです。クリームのほうが油分が多めで、水分が少なめになっています。そのためテクスチャーも固めで、密度が高いものが多いです。一方、ボディローションは油分が少なめで、水分が多め。だからテクスチャーはサラリとしていて、みずみずしい使用感のものが多くなっています。

こうして水分と油分の配合割合が違うクリームとローションでは、テクスチャーの使用感だけでなく、保湿力も大きく違ってきます。自分の肌の乾燥状態に合わせて、じょうずに使い分けることが大切です。

ボディクリームの特徴

油分が多いボディクリームは、ローションよりも保湿力が高くなっています。乾燥がとくに気になる季節、乾燥が進みやすい肌質の人はクリームのほうをを選ぶのがおすすめ。また、肘やかかとなど部分的に乾燥が気になっているときに、部分使いとして使用するにも適しています。

ボディクリームのデメリット

ボディクリームはテクスチャーが固いため、ローションよりも伸びが悪いです。部分使いとしては使いやすいのですが、広範囲に伸ばすとなるとなかなか広がらずに、白くムラになって上手に塗れない…そんな人も多くみられます。

伸ばしにくいとどうしても何度も肌をこすってしまいます。摩擦は肌への負担になるので、できるだけ避けたい行為です。だから「保湿力が高いほうがいい」と単純にクリームを選ばずに、そこまで乾燥がひどくないなら、摩擦が少ないローションのほうを選んだほうがいいのです。

ボディローションの特徴

サラリとしたテクスチャーのボディローションは、伸ばしやすいし、つけ心地も良くて使いやすいです。軽いつけ心地なので、暑い季節でも使用しやすいともいえます。紫外線の肌への負担を考えて、夏場でも保湿ケアをしたいならローションのほうがいいでしょう。保湿力はクリームに敵いませんが、まだそこまで乾燥していないとき、体全体をケアしたいときなどはローションのほうがオススメです。

クリーム+ローションの併せ技も!

高い保湿力が欲しい!けど、伸ばしやすいほうがいい!というときには、クリームとローションを混ぜて使用するという小技もあります。クリームだけを使用するよりもベタつきが少なくなるので、ベタベタが苦手な人にもおすすめの使用法です。クリームとローションの配合割合は商品のテクスチャーによっても違いますので、ベストの配合率を見つけてくださいね。

上手な保湿ケアのポイントとは?

ボディへの保湿ケアは、お風呂上がりに体を拭いてから塗り始める人がほとんどです。しかしじつは、「体を拭く前」に塗るのがポイント。肌に残った水分と、クリームやローションに含まれている油分が混じり合い、乳化されて伸びやすくなるのです。さらに水分と油分を肌に閉じ込めやすくなるので、保湿力もアップします。

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

おすすめのボディークリーム商品のご紹介!

ボディクリームの選び方

ボディクリームは肌を保湿してくれるクリームですから、一番注目したいのは保湿力。高い保湿力とうたっていても実はそうでないものも売られているのが現状ですから、自分の目でしっかり見極める事が大切です。

体は顔に比べて皮脂が少ないため、どうしても油分が必要になります。ですのでオリーブ油やシア油などの油分が入っている商品を選ぶのが大きなポイント。見極めるコツは「テクスチャーがサラサラしすぎていないか」です。

油分が入っているという事はどうしてもベタつきが付きものなので、あまりにサラサラしているクリームは油分が少なく、保湿効果が期待できない可能性があります。また保湿成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンなども入っているかチェックしておきましょう。

頑固なカサカサに悩まされている方は、尿素が入っているものを選びましょう。角化症や乾燥肌などの治療にもつかわれている尿素は、皮膚が水分を保つのに欠かせない成分。しっかり水分を保持してくれるので、どんなカサカサ肌もすべすべ肌へ導いてくれること間違いなしです。

そしてアトピーやアレルギー体質などの敏感肌の方は、アルコーフリー・無着色・無香料・パラベンフリー(防腐剤)などの刺激が少なめなものを選択するようにしてください。どれだけ肌が潤っても、痒みや痛みを感じるようだと肌トラブルにつながってしまうので気をつけましょう。このように見極めるポイントはたくさんあるので、購入する前に成分をしっかり確認することをオススメします。

ラリン / ボディソフレオーシャン

シルクのような柔らかいテクスチャーで、伸びも良いのでコスパも抜群。ホホバオイルやビーワックスなど植物由来のオイルを使用しているため、お肌にも優しいのが特徴です。

海を想像させるオーシャンの香りでサッパリしたい夏にも使えると口コミでも評判を呼んでいますから、甘い香りや濃いめの香りが苦手な方には特にオススメ。肌の調子を整えるアロエベラも配合されているので、季節を問わず愛用したい商品です。

ジュリーク / ボディクリームローズ

オーガニックコスメが有名なジュリークのボディクリームですので敏感肌の方に特にオススメ。甘すぎない天然ローズダマスクの香りでリッチな気分を味わうことができます。人工的につくられたローズの香りとは違い、リラックスできるような心地よい自然の香りだと口コミで人気が出ています。ホホバ種子油やカミツレエキスなど天然由来の保湿成分が配合されており、冬でもしっかり保湿してくれて柔らかな肌へと導いてくれる商品です。

ローラメルシエ / ホイップトボディクリーム タルト オ シトロン

ホイップのような軽いテクスチャーでクリームの中では比較的さらっとした付け心地なので、ベタつきが嫌という人に特にオススメの商品です。バニラやクリームブリュレなど何種類もの香りがあり、一番ナチュラルな香りがこのタルトオシトロンになります。体にい良いとされるグレープシードオイルやマカデミアナッツのオイルなども使用されており、まさにお肌にご褒美のデザート感覚なクリームと言えます。

キールズ / クレム ドゥ コール ボディ クリーム

調剤薬局として誕生したキールズが長年かけて作り上げたスキンケア用品の1つです。160年以上もの歴史を持つキールズは薬草などから薬やお茶を作ってきました。今回のボディクリームは、シアバター・スイートアーモンドオイル・アボカドオイルと誰でも知っている自然の成分を使用しているため安心して使用できるのも大きなポイント。成分にこだわる方にはとてもオススメのクリームです。

無香料&べたつかないと人気があるのですが、金額が高めなのでコスパは悪いとの反応も。しかし、使い心地はとても良いとの声が多かったです。

花王 / キュレルクリーム

有名ブランドから出ているキュレルは元々アトピーなどの肌が弱い方でも使える商品をコンセプトに開発されています。ですから敏感肌の方にオススメしたいクリームです。アルコールフリーはもちろん、弱酸性・無香料・無着色と赤ちゃんにも使えるほどの優しいクリームになっています。アレルギーテストもクリアしているので安心して使えますね。購入しやすい金額でコスパも良く、口コミではかなりの高評価。リピ率が高いのもうなづけます。

THE BODY SHOP / ハニーマニア

ボディクリームの種類が豊富なBODY SHOPの中でもトップの人気を誇るハニーマニア。ハチミツはもちろんココアバター、シアバターも配合されて高い保湿力を持っています。女性に好まれる甘い香りが魅力で、さらにパラベンフリーなので肌に優しいという点も高い評価を得ています。クリームと紹介されていますがボディバター寄りの商品なので、少しベタつきが気になるようです。

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

まとめ

ボディクリーム自体で痩せることはできませんが、それを普段のダイエットと組み合わせることでより効果を発揮するのは間違いありません。これまで、ボディクリームをただの保湿用として活用してきた方は今一度、その効果やクリームの選び方を見直す必要があると思います。

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

資金源はビットコイン!?莫大な費用をかけ、肥満研究所で開発された痩身錠ビットシェイパーで強制減量できると話題【PR】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です