最近はやりのボディミストをご存知でしょうか?

女性の間で流行っているボディミストには様々な種類があります。今回は、そんな数あるボディミストの中でもおすすめの商品をご紹介いたします。男性ウケするボディミストから女子に人気のボディミストまで色々紹介しております。

⒈ボディミストとは?

⒈1ボディミストについて

香りの成分だけでできているのが香水ですが、ボディミストには香りの成分の他に美容成分が含まれていて保湿効果があり、それが香水との一番の違いです。 いい香りがするだけでなく、髪や肌に栄養や潤いを与え、ケアまでしてくれるという便利なアイテムなのです!ボディミストは香水よりも香料が弱いため、ほのかな香りが特徴です。

⒉ボディミストの効果について

⒉1ボディミストの効果とは?

まずは簡単にボディミストの効果を紹介します。単に「香水よりも匂いが弱いだけ」ではないので、しっかり確認しておきましょう。

やわらかい香り

まず第一には、香水よりも匂いが柔らかく、持続時間も短めです。これにより香水だと匂いが強すぎて周りの目が気になってしまう人にもおすすめで、夏などの匂いが気になる季節に何度も付け直すことができます。

美容成分が入っている

ボディミストの香水との違いで一番大きいのが「美容成分が入っていること」です。ボディミストは「香りのある体用の化粧水」というニュアンスのアイテムなので、肌の乾燥が気になる時にも積極的に使うことができます。

⒉2ボディミストの上手な使い方

ただ単にボディミストを吹きかけるだけよりもポイントを抑えることによって、ボディミストの特徴を活かすことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

・肌の乾燥した部分に吹きかける
・タバコなどで臭いが気になる衣類に吹きかける
・効果時間が短いのでこまめに吹きかける
・ルームスプレーとして使用する
・肌の乾燥した部分に吹きかける

せっかく美容成分が含まれているボディミストですから、乾燥対策にも使っていきましょう。人によって乾燥する場所は違いますが、首や肘、膝、髪の毛などが乾燥しているかなと思ったら吹きかけておくと良い匂いをさせながら乾燥ケアをおこなうことができます。

タバコなどで臭いが気になる衣類に吹きかける

衣類からタバコの匂いがしているとあまり好印象とは言えません。しかしコートなどのアウターはなかなか洗濯できないので、ボディミストを吹きかけておけば優しく匂いをごまかすことができます。

効果時間が短いのでこまめに吹きかける

ボディミストは美容成分が入っていることで香料が少なく、持続時間が短いです。およそ1~2時間ほどしか持続しないので、こまめに吹きかけることが大切です。一見面倒にも思えますが、慣れてくると途中で香りを変えたり、汗のにおいが気になるたびに重ねても匂いが強くなりすぎないというメリットもあります。

ルームスプレーとして使用する

ボディミストはルームスプレーとして部屋のカーテンや空気中に吹きかけることもできます。誰かが家に来るときや睡眠前に吹きかければ良い香りがして居心地も良くなります。

⒉3ボディミストの付ける場所

香水は首元や手首が基本ですが、ボディミストは香りがやわらかく美容成分が入っているものが多いので様々な場所につけることができます。

・髪の毛の内側
・衣類の上
・腕全体
・お腹
・足元

匂いを付ける目的だけでなく、乾燥が気になるだけと言う理由で付けるのもおすすめです。

⒊ボディミストの注意点は?

⒊1ボディミストの使い方の注意点

香り付けに乾燥ケアと、とても優秀なボディミストですがいくつか注意してほしい点があるので合わせて確認しておきましょう。

・香りが弱いからといって付けすぎない
・付け過ぎたら優しく拭き取る
・香りが強めのボディミストは顔に使用しない
・商品記載の注意事項を読む
・商品ごとに記載された適量を把握する
・香りが弱いからといって付けすぎない

いくら香りが弱いと言ってもつけすぎれば強くなりすぎますし、肌にとっても良いことはありません。細かくは商品の説明欄も参考にしていただきたいですが、1回で1~2プッシュが基本です。

付け過ぎたら優しく拭き取る
もし「付けすぎたかな」と感じたら、水を軽くかけたり、濡らしたタオルなどで優しく拭きとると良いでしょう。

香りが強めのボディミストは顔に使用しない
香りが強めのボディミストと言うのは香料が多く含まれています。顔などのデリケートな部分は肌荒れを起こす可能性があるので、なるべく避けたほうが安心です。もしどうしても顔に匂いをつけたい場合はごく少量にすると良いでしょう。

商品記載の注意事項を読む
様々な部分に使えるからこそ、商品ごとの注意事項は理解しておく必要があります。成分によっては紫外線と相性が悪いものなどもあるので、新しくボディミストを買ったら一度は目を通しておきましょう。

商品ごとに記載された適量を把握する
含まれている成分や1プッシュで出る量も商品によっても変わってくるので、商品ごとの適量を守るようにするとより安心して使うことができるでしょう。

⒋おすすめのボディミストランキング!

⒋1ポール&ジョー ボーテ ヘア&ボディミスト

60ml ¥1620。可愛らしい猫や、気品のあるクリザンテームのお花が印象的な化粧品ブランドのポール&ジョーボーテの髪にもボディにも使えるミストです。自由気ままなパリジェンヌをコンセプトにしたポール&ジョーボーテは若い女性にも大人気です。また、特徴としてはフランス・プロヴァンス地方のセンチフォリアローズから採取したローズ水を贅沢に使った甘いローズとオレンジのフレッシュな香りをプラスした華やかでいて女性らしいフレッシュフローラルの香りです。

⒋2フェラガモ インカントニューブルームボディミスト

150ml ¥1944。フェラガモのロングセラー、インカントシリーズの香りをそのままボディミストにしたものです。髪にもボディにも、シュッと一吹きすれば保湿成分で潤いとフレッシュな香りをチャージできますよ。こちらは一番人気の「charms」。パッションフルーツ、ハニーサックル、ジャスミン、ホワイトムスクなどの豊潤でいてエキゾチックな香りです。

また、「shine」とネーミングされたパイナップルやパッションフルーツに、フリージア、シダーウッド、アンバーのフルーツと花の香りがキラキラと優しく香ります。インカントニューブルームミストは全4種類。ボトルも細身のデザインで持ち運びがしやすいと好評です。

⒋3kuschel J(クシェルヨット)フレグランスボディミスト

85ml ¥1728。清潔感漂う石鹸のシャボンの泡のような清楚な香りの「シャオムドゥーシェ」、アイリスとホワイトシダーの上品なフローラルの香りの「シャインリーベ」、そしてジャスミンのみずみずしさとリーフグリーン、フルーティーアップルの香りがロマンティックに香る「シェルグラン」の3種類の香りです。

また、特に「男子ウケが良さそう!」と人気なのが「シェルグラン」です。プラスチック素材でありながら、洗練された美しさとキュートさを兼ね備えたパッケージデザインは一目惚れで購入したという口コミも!

⒋4パルフェターム サボンサボン フレグランスヘア&ボディミスト

100ml ¥1200。とにかくボトルがコンパクトでいてキュートで可愛いと女子に評判です。サボンに香りと、保水力の高いヒアルロン酸や5種類のセラミドを配合し、しっとりとお肌を保湿してくれるほか、香り持続成分も配合されています。また、「ブルームアリア」はシトラス&フローラルのフェミニンな香りに清潔感のあるサボンの香りをプラス。ふわっと上品な女性らしい香りを漂わせられます。

⒋5ボディファンタジー

50ml¥535。遊び心満載の香りを楽しむ18種類のラインナップは迷っちゃいそうです。プチプラで、可愛い手にフィットするボトルは持ち運びにも便利で嬉しいですね。お気に入りを何本か買って、気分で使い分けてもいいかもしれないですね!

⒌ボディミストのメリットとは?

⒌1ボディミストのメリット

保湿・美容成分が含まれている

先ほどもお伝えしたように、ボディミストには保湿や美容成分が含まれています。髪やお肌につければ、乾燥を防止してくれたり、UV防止効果のあるミストも出ているので紫外線からも守ってくれますよ。

香りの種類が豊富

爽やかな香りから甘い香り、自然な香りまで多種多様に揃っています。香水では表現が難しいナチュラルな香りもたくさんあります。思わず、集めてみたくなる理由もこの香りの豊富さにあるのかもしれません。

価格が安い

香りに引き続き、ボディミストを気軽に使えるポイントの一つですね。ドラックストアやショッピングモールなどに行くと、600円ほどで購入できるものから5,000円以上のものまでお値段もさまざまです。色んな香りを揃えて、気分によって変えたりできるのもボディミストならではです。

こまめに付け直しができる

販売されている容器もバックや化粧ポーチに入るくらいコンパクトで持ち運びが便利なものが多いですし、香りも強くなりすぎないのでお化粧直しの感覚で軽く付け直しができるのもいいですね。

香りが変えられる

香りが比較的に薄く、持続時間は短いながら気分で香りを手早く変えられるので、シーンに合わせて香りの使い分けがしやすいのもボディミストの魅力ですね。

⒌2ボディミストと香水の違いって?

ボディミストは美容成分が入っているなどのケアを目的として作られているのに対し、香水は香りという目的のもと作られています。

香水とは、香料をアルコールに溶かして蒸留水で濃度を調節することにより、香りを装うことが出来るようにした液体です。香水の中でも順序をつけると、バルファン(約5〜12時間)、オーデパルファム(約5〜12時間)、オードトワレ(約2〜5時間)、オーデコロン(約1〜2時間)の順になります。ボディミストはコロンの次くらいです。香りの濃さによって持続時間も違います。

香りだけではなく、ボディミストと違う部分もあります。夏季など長時間直射日光を浴びるようなときに香水をつけていると、含まれている成分で紫外線と反応してシミができやすくなったり、肌が荒れる恐れがあります。それに比べボディミストは、肌につけても安心の成分で作られています。ボディミストは、化粧水+香りなので持続時間は短いですが、お肌にも優しく利点のたくさんあるアイテムです。

⒌3ボディミストは男性にもおすすめって知ってた?

今は男女兼用のボディミストもあるくらい香りをケアする事はマナーと考えられている時代でもあります。ニオイが気になる時も、香水だと香りが強すぎたり、苦手な方も多かったり、男性はお仕事中などはスーツを着ている方がほとんどだと思うのでせっかくのスーツが汚れてしまうという心配もあります。そんな男性の方へ香水ではなくボディミストがおすすめだという理由としては、大きく分けて2つあります。

1つ目は、ボディミストはニオイケアだけでなく肌にハリや潤いを与えてくれるので良いという点、もう1つは、ミストタイプなので香りも強くなくて、なおかつスーツも汚れません。普段の生活ではもちろん、ビジネスシーンでも活躍してくれるアイテムなんです。そんな手軽さもまたいいですね。お仕事で使うカバンの中やデスクの中に潜ませておいたりしても、魅力がアップするので周りからの嬉しい反応が返ってくるかもしれませんよ。

⒍ボディミストを自分で作ってみよう!

⒍1ボディミストの作り方について

世界に1つだけしかない自分だけの香りってとても魅力的ですよね。市販で売られているアイテムもたくさんの香りがあってとてもいいけど、自分の大好きな香りで手作りするのもとても素敵です。

そこで、ご自宅にあるアロマオイルで簡単に作れるボディミストをご紹介します。香りの強さも調節できるのでたくさんの用途で楽しめておススメです。大好きなアロマオイルを使って自分だけのボディミストを手作りしちゃいましょう。

作り方

【材料(30ml分)】

・無水エタノール 5ml
・精製水 25ml(ミネラルウォーターでも可能)
・エッセンシャルオイル 5〜6滴

  1. 無水エタノールにエッセンシャルオイルを垂らして混ぜる
  2. 混ぜた中に、精製水をいれスプレーなどに移したら出来上がり

スプレーした時に、香りを確かめエッセンシャルオイルを足しながら香りを調節してあげて下さい。保存期間としては、防腐剤などが入っていないため1〜2週間くらいで使い切ってあげる事をおススメします。保存法も、直射日光の当たる場所は避けてください。

⒎まとめ

ボディミストの使い方や付ける際のメリット・デメリットについてお分かりいただけたでしょうか?

ボディミストは、本来女性向けで開発されましが今では男性でも普通に付けている方も多いです。今回ご紹介した商品も男性が使っても普通におすすめできる商品ですので、ぜひともご活用くださいね。

関連商品


le hydrater bonbon(ル イドラテ ボンボン)

ぺこのボディミストで有名なbonbonからボディミルク登場!

1,980円


コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です