あなたは、紫外線に対してどのようなイメージを持っていますでしょうか。

 

もしかすると、「皮膚ガンになる」「シミができる」などといった悪いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

実際に今では地球温暖化のせいかどんどん紫外線は強くなってきているので、紫外線対策というのはとても重要になってきています。

 

そこで今回はあなたに、紫外線対策をするにはどのような方法が効果的なのかについてお話しします!

 

夏と冬の紫外線について

ではまず初めに、夏と冬の紫外線にはどういった違いがあるのかということについてお話ししていきます。

 

夏と冬の紫外線には、一体どのような違いがあるのでしょうか。

 

夏の紫外線

 

まずは、夏の紫外線からです。

 

おそらく、夏といえば紫外線というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

これはやはり夏は日差しが強く、直接ジリジリと焼けるような感覚を覚えることからでしょう。

 

あなたは、夏の紫外線が冬の紫外線に比べて2倍もの強さを持っていることを知っていましたか?

 

これは日照時間がとても大きく影響しています。

 

夏は基本的に夜の7時になってもまだ明るいですよね。

 

もしかすると、地域によっては夜の8時ごろまで明るいといったところもあるでしょう。

 

つまりこれは、それだけ長い時間太陽が当たっているということを意味しているのです。

 

やはり太陽に当たる時間が長ければ長いほど、それだけ紫外線に当たる時間は長くなりますよね。

 

なので、夏の紫外線は冬の紫外線よりも2倍ほどちよさが違うということなのです。

 

冬の紫外線

 

次に、冬の紫外線についてお話ししていきます。

 

冬の紫外線は、今お話しした夏の紫外線よりは比較的弱いものとなっています。

 

これはもちろん、夏よりも冬の方が日照時間が短いということが大きな要因ですよね。

 

またそれだけでなく、紫外線というのは夏よりも冬の方が弱くなります。

 

なので、日照時間に関わらず紫外線自体が弱くなるから、冬の紫外線は夏の紫外線に比べて弱いということですね。

 

しかし、このようなこと言いましたが実は冬の紫外線も侮れないのです!

 

これは後ほどお話ししていきますが、冬の紫外線は思っていたよりも私たちの体に大きく影響するのですよ。

 

紫外線について

 

ここまでは前置きとして夏と冬の紫外線の違いについてお話ししましたが、そもそも紫外線って何なのかと思われた方もいるかもしれません。

 

そこで、ここでは紫外線というものが一体何なのかということについてお話ししていきます。

 

実際によく耳にする紫外線というのは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

紫外線とは

 

紫外線というのは、太陽から放たれた日射の中でもオゾンと酸素分子、または成層圏で吸収され地表までは到達しないものと言われています。

 

なぜ地表まで到達しないのかというと、これは私たちの住む地球にはオゾン層と呼ばれる層があるからです。

 

しかし今はまださほど問題ではありませんが、後々地球温暖化が進むにつれてオゾン層がどんどん破壊されていき、紫外線は地表近くまできてしまいます。

 

もし紫外線が地表までたどり着いてしまうと、私たちの地上に生息する生物の体に悪影響を及ぼしてしまうことにつながってしまいます。

 

今でももうすでに、私たちの体にも悪影響を及ぼしていますよね。

 

それは一体何なのかということですが、これは冒頭でも少し触れた紫外線によって引き起こされるガンやシミなど、肌を通じて起こる病気などが挙げられます。

 

なので、紫外線対策というのは年々強化されてきているのです!

 

なぜ夏と冬の紫外線の強さが変わるの?

 

では、一体なぜ夏と冬の紫外線では強さが違うのでしょうか。

 

これは季節による太陽の位置が大きく関わっています。

 

というのも、夏の場合太陽の位置が地球の真上にくるように高く上がりますが、冬の場合太陽の位置が低いからです。

 

夏であれば太陽は高く上がりますが、それだけ真上に位置するのでオゾン層を通過するまでの距離が短いのです。

 

なので、ほぼ直接紫外線を浴びることになってしまうということです。

 

しかし冬は、太陽の位置は高くありませんがそれだけオゾン層を通過するまでの距離は長くなるのです。

 

なので、夏は冬に比べて紫外線の強さが2倍ほどあるということですね。

 

紫外線が私たちの体に及ぼす影響

ここまでは、実際に夏と冬の紫外線の違いや紫外線そのものの強さ、またそもそも紫外線というのは一体どのようなものなのかということについてお話ししました。

 

それでは、ここからは実際に紫外線が私たちの体に与える影響についてお話ししていきたいと思います。

 

先ほどからも少し紹介していますが、実はこれらだけが体に与える悪影響ではなかったのです!

 

皮膚ガン

 

まず1つ目に挙げられるのは、皮膚ガンです。

 

これは先ほどからもずっとお話ししているように、紫外線を浴びることで皮膚ガンを発症する確率がどんどん高くなっていくのです!

 

なので、紫外線を浴びる際に最も注意しておきたいことですね。

 

白内障

 

2つ目に挙げられるのが、白内障です。

 

実は、世界保健期間によると白内障を引き起こすうちのおよそ20%は紫外線が原因だと言われています。

 

なので紫外線が多い地域の方は、とても注意が必要になってきます。

 

免疫力の低下

 

3つ目に挙げられるのが、免疫力の低下です。

 

実は、紫外線というのは白内障だけでなく免疫ry区の低下にもつながってしまうのです。

 

よくあるのが、紫外線を浴びた時に引き起こされるヘルペスがその代表的な例ですね。

 

また紫外線を浴びることで疲れが出るといったこともあります。

 

肌の老化

 

何と言っても、紫外線に肌の老化は切って離せない関係にあります。

 

これは一体どういうことなのかというと、紫外線に浴びることでシミやシワにつながってしまうということです。

 

これは、紫外線によってメラミン色素が過剰に作られてしまうからです。

 

なので長時間紫外線を浴びることでシワやシミなどの肌老化につながるということです。

 

紫外線対策方法について

今紫外線を浴びることで私たちの体にどのような影響を及ぼすのかということについてお話ししましたが、これだけでも紫外線の恐ろしさがわかりますよね。

 

それでは、そんな紫外線を対策していきましょう!

 

今回紹介する紫外線対策方法は、クリームを使った方法です。

 

一体どのようにして紫外線を対策するのでしょうか。

 

クリームを使って紫外線対策!

 

今回はクリームを使った紫外線対策法を紹介するのですが、実際にどのようなクリームを使うのでしょうか。

 

これについては、日焼け止めクリームが挙げられますね。

 

日焼け止めクリームというのは、日焼け止めを促進するだけでなく紫外線もカットすることができるクリームとなっています。

 

なので外へ出る際は日焼け止めクリームをするのが、紫外線を予防するのにはとても有効であるということです。

 

クリームを使う注意点

 

しかし、ただ単にクリームを塗れば良いというものではありません。

 

基本的に夏場の季節で効果的とされる日焼け止めクリームの数値は、SPFが50ほどのものと言われています。

 

ではこの数値の日焼け止めクリームを冬の季節にも塗ると良いのかと言われると、そうではありません。

 

冬は先ほどにもお話ししたように、夏よりも紫外線が弱くなっています。

 

なので冬に夏と同じ数値の日焼け止めクリームを塗ると、かえって肌に負担を与えてしまう原因に繋がります。

 

なので、冬はSPF数値が20程度のものを使用するようにしましょう。

 

忘れがちな部位まできちんと日焼け止めクリームを塗ろう

 

そして2つ目に挙げられる注意点は、実は忘れがちな部位まできちんと忘れずにクリームを塗るということです。

 

この忘れがちな部位というのはどこかというと、これは主に耳の後ろや首筋が挙げられます。

 

なので日焼け止めクリームを塗る際は、きちんと忘れがちな部位まで確認して塗りましょう。

 

クリームで紫外線対策をした方の評価

それではここで、実際にクリームを使って紫外線対策をした方からの評価を紹介します。

 

ここまではクリームが効果的ということをお話ししましたが、実際このようにクリームを使って紫外線対策をした方はどのように評価したのでしょうか。

 

クリームで紫外線対策をした方の評価(高評価)

 

何気なくドラッグストアをぶらついていて見つけました。SPF50で美容成分が入っているクリームという事で、気になり購入。大正解でした!
クリームではあるものの、やや乳液よりの柔らかいテクスチャーで伸ばしやすく、しっとりします。
これからの季節にぴったりだと思います。
この容量でお値段もプチプラなので大満足です。
顔だけでなく、首からデコルテまで惜し気なく使っています。
香りはやや漢方?っぽい香りですが、私には気にならない程度でした。
沢山入っているので、なかなか無くならないかと思いますが、無くなったらリピしようと思います。

 

今年こそは手の甲を焼きたくなくて、日焼け止めを兼ねたハンドクリームとして使おうと購入しました。
普通の日焼け止めと違い、しっとりしてキシキシせず、使い心地が良かったので、試しに顔にも使用してみると、これが予想以上の好感触でした!!
化粧水と乳液を付けてから使用しています。
長時間乾燥しないからか、化粧崩れがほぼなくなりました!
化粧直しの時も使用しています。
今のところ焼けていませんが、これだけしっとりしていて日焼け止めっぽさがないと、本当にSPF50もあるのかなぁとちょっと心配ですね。なので屋外にいる時間が長い日は、この上から金のアネッサを重ねています。

 

これももちろん必需品☆塗ったら毛穴も目立たないし、何より日焼け止め兼保湿
保湿力はハンパないです。しかもこの量でこのお値段?ありがたいじゃないですか。首までたっぷり付けて、日焼け防止出来てます。

 

クリームで紫外線対策をした方の評価(低評価)

 

私には合いませんでした。
手軽にオールインワンも良いかなと思って買いましたが、乾燥を感じてしまいました。
なので、夕方家に帰って来て化粧を落としてから夜のスキンケアまでの繋ぎに使おうとおもったら、ピリピリと刺激を感じてしまいました。
まだたっぷり残ってるのに残念です。

 

評価が高いので購入してみました。
普通のクリームのようなテクスチャーで伸びが良いですが、SPF50ということで、日焼け止めより塗るのが楽ですね。
ぎしぎししたり乾燥したりしないです。
化粧下地としては、毛穴や色ムラカバー効果は皆無なので、別の下地も併用しています。
ただ、匂いがちょっと気になります。
容器も、スパチュラを使えば良いのですが面倒なので…チューブタイプだとなお良いかなと思います。
楽なのですが、特筆すべき点も特には無いのでリピートはしないです。

 

普段通りのスキンケアをしっかりとした後、日焼け止め兼下地として使用しています。
日焼け止め効果が高く、保湿もしっかりしてくれるものを求めての、こちらです。

紫外線対策は・・・
真夏に海山で使ったりしていないので何とも言えませんが、普段使いには十分だと思います。

保湿も申し分ないし、惜しげなくたっぷり仕えていいのですが、
つけたときの少し薬臭い感じが気になります。

あと、私的には、蓋はワンタッチではなく、普通のねじ込むタイプが良いんですよね。
持ち歩くわけではないのですが、保管時にかごにポンポン入れてしまうもので(^^;)
斜めになって中身が漏れ出てしまいます。

 

このように、クリームを使って紫外線対策をする方の評価には個人差があるということがわかります。

 

しかしこれは肌の体質が関係しているので、大切なことはあなたに合った肌体質のクリームを使用するということです。

 

自分がどういう肌なのかについては、専門の医師に相談するとわかりますよ!

 

なので気になる方は、ぜひ一度足を運んでみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は夏と冬の紫外線の違いや、実際に紫外線を浴びることで私たちの体にどのような影響を及ぼすのかということについてお話ししました。

 

紫外線というのは、何気なく浴びているだけでも皮膚ガンや肌の老化に繋がってしまいます。

 

なので日焼け止めクリームを使うなど、きちんと紫外線をシャットアウトする必要があります。

 

年々紫外線の強度は強くなってきていますが、あなたはもう対策済みでしょうか。

 

紫外線は夏だけでなく、冬の季節にも十分あたっています。

 

紫外線対策をして、肌へのダメージを防ぎましょうね!

関連商品


スノーFFFクリーム

夏・冬の紫外線対策にも。美白そっかんクリーム。

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です