くびれは、女性ならば誰しも欲しがるボディポイントですよね。

もちろん、誰しもが最初から手にしているものではないかもしれません。

しかし、しっかりとしたトレーニングを積んでいけば、誰でも手に入れることができるはずなんです。

ここでは、くびれを手に入れるためのおすすめの方法を運動メインのトレーニング方法と道具を使った方法とにわけて紹介します。

くびれができると、どんなメリットがあるの!?

着れなかった服が、着れるようになる!

くびれがない人というのは、体重はそれほどなくても、お腹がぽっこりとでてしまったりして、見た目的にも若干恥ずかしかったりいますよね。

そのせいで、ついついチュニックなどのようなくびれ部分が隠れるような服を選んじゃいますよね。

しかし、くびれを作って、見せても恥ずかしくないウエストになれば、どんな服でも好きな服を着られるようになっちゃいます。

同様に、水着を着ることにも抵抗がなくなり、ラッシュガードなんて着なくても全然平気です。

もちろん、見せるだけの意味だけでなく、くびれがあった方が似合う服や、ぴったりした服、単純に締め付けなども感じず、気楽に過ごせると思います。

特に女性の場合には、服の選択肢が増えるということは、人生の選択肢が増えるのと同じくらいの効果があると思います。

男性の目線をゲット!

女性なら、少なからず男性からの視線は気になるものですよね。

そして、残念なことに統計的に男性はウェストのくびれを気にしているものです。

ぽっちゃり人気というのもありますが、理想としてはウェストのくびれがある人を好みます。

さらには、痩せてはいるけどくびれもなく、メリハリのない体よりは、ちょっとぽっちゃりしていても、お尻の前にくびれていると、そちらの方を男性は好むものです。

それくらい、男性はくびれに注目しています。

さらには、くびれがあれば体の線にメリハリが生まれるので、全体的に細く見えるともいわれています。

考えてみてください!

ウェストのサイズが同じ女性でも、バストやお尻も細いと全体的に寸胴に見えてしまいますよね?

ところが、くびれがあるとそれだけでスタイルがよく見えるので、多少の太さも気にならない不思議さがあるんです。

バストアップにもつながるかも!?

これはよく言われることですが、バストのサイズが同じでも、くびれがある場合には見た目的に、バストは大きく見えるものです。

ウェストがくびれていることでバストが強調されてしまうのです!

サイズ的にはそれほど大きくなくても、くびれがあれば、バストが豊かに見えるというわけです。

一部の例外はありますが、男性はバストの大きさ(大きすぎは禁物かもしれない)にも注目しています。

姿勢がよくなるので、若く見える!

姿勢がよくないと、老けて見えるのをご存知ですか?

そして、姿勢がよくない原因が、意外にも腹筋をうまく使えてなかったり、たるんでたりする場合があるんです。

逆にいうと、腹筋に力がなかったり、ウエストがくびれていない人に、姿勢がよくない人が多いのです。

つまり、体を鍛えて、しっかりとしたくびれを作れば、体幹がしっかりしてきて、姿勢がよくなるというわけです。

その結果、さきほどあげたように姿勢が良くなってきて、見た目も若くなってきるのです。

姿勢が悪いとたしかに、老けて見えますし、なんとなく不健康ですよね。

 

くびれの作るためのに大事な筋肉とは?

くびれのポイントは、3つの筋肉

ウェストのくびれを作るために、ひたすら腹筋を行なっている人いませんか?

もちろん、一生懸命腹筋することは大事ですが、なんのために、どの筋肉のために運動をしてるかを知っておくことはもっと重要なことです。

しかも、残念ながら普通の腹筋運動をしただけでは、腹筋は鍛えられますが、ウェストのくびれを作ることはできないのです。

なぜならば、腹筋は1つの筋肉からできているわけではないからなんです。

腹筋には以下の3つがあるのです。

  1. 腹直筋
  2. 腹斜筋
  3. 腹横筋

普通の腹筋運動で鍛えることができているのは、体の正面の腹筋といわれる、腹直筋なんです。

もちろん、格闘家やボディビルダーのような「シックスパック」と呼ばれるような、綺麗に割れた腹筋を作るのであれば、この筋肉を鍛えればいいことになります。

ところが、ウェストのくびれを作る場合には違うのです。

ウエストのくびれを作りたいのであれば、腹斜筋と腹横筋を鍛えなければなりません。

重要なのは、腹斜筋と腹横筋!

①腹斜筋:横側に面している筋肉

腹斜筋はお腹の横と斜めにかけてある筋肉です。

さらに腹斜筋はその場所によって、外腹斜筋、内腹斜筋の2つに分かれています。この2つの筋肉が同時に動くことで、体をひねる動きが可能になっています。

外腹斜筋・・・肋骨から骨盤にかけて斜め下方向へつながっている筋肉。骨盤や内臓を支え、腹部にとって、コルセットのような働きをしています。

内腹斜筋・・・外腹斜筋の奥にあり、骨盤側から肋骨にかけて伸びています。外腹斜筋と反対方向には知っている筋肉。体幹を支え、腹腔という壁を形成します。

②腹横筋:一番内側のインナーマッスル筋

腹斜筋のさらに奥に存在しており、その名の通り筋繊維が横に走っています。

ベルトのような形に形成している筋肉で、お腹を引っ込めるたりするときに使う筋肉となっています。

笑ったりしたときにも、動く筋肉なので、だいぶ中の方にある筋肉となります。

薄い筋肉ではあるのですが、この筋肉を鍛えることで、コルセットで体を支えたように安定してきて、くびれを形成するのにも役立ってくれます。

 

くびれるためのおすすめのトレーニング方法:正統派編

サイドクランチ:腹圧をかけてトレーニング効果アップ!

サイドクランチは、横向きに寝た状態で腹斜筋を鍛えるトレーニングとなっています。

ちょっと、筋トレをやったことのある人であれば、体験したことはあるのではないでしょうか?

初心者向けのトレーニングですが、きっちりくびれをつけるまでやるのであれば、そこそこ大変で、かつとても効果的なトレーニングです。

やり方はとても簡単です。

<サイドクランチの手順>

①体の右側を下にして、床に横向きで寝ます。

②右肘を床につけて、上半身を起こしたまま、左手は左腰にあてます。(注意:右ひじは方肩の真下にくるようにします)

③息を吐きながらお腹をへこませます。

④左の脇腹を縮めるように上半身を持ち上げて3秒キープします。(注意:頭から動かさないように頭を固定します)

⑤息を吸いながら元の姿勢に戻します。

⑥手順3~5を5~10回2セット行います。

⑦右の脇腹でも、同じように5~10回2セット行います。

一見すると、とても簡単で地味なトレーニングなのですが、普段から腹斜筋を使っていないと、脇腹にはかなり効いてくるトレーニングでくびれに効きそうな感じが伝わると思います。

寝る前の1分ストレッチ:ツライ腹筋運動が向いていない人向け

くびれを作るのに、腹筋運動をするのが、ツライという人!

必ずいますよね、楽して痩せたいという人たち!

もちろん、楽して、くびれを作ることは不可能ですが、ハードな腹筋運動をしなくても、くびれを作れるということは知っておいても損はないですよね。

それに普段から運動していない人だと、ハードに運動しちゃうと、一気に腰を痛めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

効率的にくびれを作っていくのであれば、ストレッチだも、十分に効果的です。

ちょっとした時間さえあれば、ストレッチくらいならば誰にでもできますよね?

ここでオススメするのは、寝る前に1分間でできるストレッチになります。

<寝る前の1分ストレッチの手順>

①うつ伏せで寝転がります。

②十分に息を吸いながら、腕の力を使って上半身を少しずつ起こしていきます。

③無理の無い範囲で上半身を起こす

④自分が気持ちが良いと感じたとこで、カラダの動きを止めて5秒間静止してください。

⑤それからカラダを右にひねって5秒間静止、

⑥左にひねって5秒間静止を繰り返し

⑦息を吐きながらゆっくりとカラダを元に戻してください。

ねじりのポーズ:連続的に腹斜筋を鍛える

本気で、くびれを鍛えていくなら、何と言っても腹斜筋です。

連続して腹斜筋に負荷をかけることで、かなりのスピードで腹斜筋をトレーニングしていけます。

その名も、「ねじりのポーズ」です。

このねじりが、腹斜筋に大きな負荷を生んでくれますが、かなり負担もあるので覚悟してくださいね。

さらには、このトレーニングをすると、お尻が痛くなります。

そうならないためにも、お尻の下にクッションなどを敷いて対応しましょう。

手順は以下です。

<ねじりのポーズの手順>

①床に座って長座を姿勢をとる

②両膝を曲げて両手を床に付け、お尻の横の位置に置く

③息を吸いながら両足を上げて両手でバランスをとる

④あごを引き背筋を伸ばし、息を吐きながら両手を前方へまっすぐ伸ばす

⑤両手を伸ばしたまま上半身を右へひねって5秒キープする

⑥上半身を正面に戻す

⑦両手を伸ばしたまま上半身を左へひねって5秒キープする

⑧上半身を正面に戻す

⑨手順5~8を左右3回ずつ行う

 

くびれるためのおすすめのトレーニング方法:道具編<SIXPAD(シックスパッド)>

SIXPADの特徴

腹筋を集中的に鍛える。

クリスティアーノ・ロナウドのCMが記憶にも新しい、SIXPAD(シックスパッド)ですが、このSIXPADは世界でも最新式の6つのウイングによって、腹筋にぴったりフィットして、直接EMS(電気刺激)によって鍛えてくれる健康器具です。

CMやクリスティアーノのイメージがあまりにもキャッチーなために、なんとなく信用されていない感じですかね?

でもその認識は大いに間違っていますよ。

クリスティアーノ・ロナウドだけでなく、日本のJリーガーから野球、バレーボール、バスケットなど、幅広いスポーツ選手に愛されていますし、それだけでなく、多くのスポーツトレーナーたちからも愛用されています。

バッキバッキの腹筋を作るイメージですが、このSIXPADは、腹筋だけでなく、ウエスト、太もも、腕など幅広く鍛えることができます。

このSIXPADは張ってしまえば、何をやってもいいので、いろんなことの手間を煩わせず、「ながらトレーニング」ができちゃうので楽チンですよ。

SIXPADの口コミ

①ボコボコの腹筋目指すならコレ!

シックスパッドを使ってボコボコの腹筋を目指すなら確実に自分もおすすめします。
しかし、痩せたい!くびれを作りたい!という人はまず減量を行ってからシックスパッドを使ってください。減量も有酸素運動ばかり取り上げられていますが自分も競技上幾度も増量減量をしてきました。しかし、減量において最も重要なのは『食事制限』です。食事7・運動3で確実に痩せます。
また、減量を効率的に行うのであれば腹筋よりも、脚の筋肉全体・背中の筋肉を全体を鍛えることをおすすめします。
理由は簡単で人体の筋肉の大部分は背中&脚が占めており、筋肉が大きい。筋肉が大きいということは必然的に消費エネルギー・代謝が上がり脂肪や糖を消費しやすく痩せやすい体になるからです。それに比べて腹筋なんてホントに微々たる大きさの為痩せるにはまず脚や背中と言われています。(@Amasonレビュー https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2BPFRVHJBYS8P/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00ZWKZY4A)

②店頭でまずは試してから!

類似品や効果が不安だったので、正規代理店の店頭で試させてもらいました。
BMI30の皮下脂肪の多い自分ですが、強制的に動かされている感じを実感できたので、
その場で買ってしまいました。
付属のサポーターは幅が少し足りない感じで、同じものをもう一枚用意して
ボタン部分を空けて上部と下部を固定した方がいいです。
特に、お腹の出ている人は(汗)
それ以外で、特に不満はありません。
悪意あるレビューも見られますが、まずは店頭で試して欲しいですね。
正規代理店は、店頭で試せます。(@Amazonレビュー https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1Z5PP53NRWPLC/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00ZWKZY4A)

食事にも気を付けて。今流行りのプロテイン「Weight Down Shot」とは?

Weight Down Shotの特徴

ダイエットプロテインは最近のトレンドですが、特にお勧めなのはWeight Down Shot。
まずうれしいのが1食につき53kcalで低カロリーなところ!
それなのにココア味でとっても甘いんです。ダイエットしてなくても飲みたくなるプロテインです♪

もちろん、成分はダイエット特化。
大豆たんぱく&ファイバーで整腸効果を促しながら必要なたんぱく質を摂取出来ます。
それ以外にもコラーゲン・チアシードも配合。肌と満腹感も同時に補えます。

価格も1食300円台なのでとっても経済的!
複数買いだと最大40%OFF!さらにシェイカーもついてきます。
現時点、ネット限定販売なので今のうちに購入してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

くびれは、女性なら誰もが憧れるボディポイントですよね。

くびれるだけで、ここであげたように今まで着れなかった服を着れるようになったり、姿勢が綺麗になることを若く見えたりと、くびれること以外にもいろいろなメリットが待っています。

やるべき運動も楽なものから、キツイものまでいろいろありますので、まずは無理なく自分のペースで続けれるものを選びましょう。

大事なのは続けることです。

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です