ダイエットで成功しないのは、よく遺伝だとか、体質だからとか諦めている方がいませんか?

坂上忍が大絶賛!?『バイキング』や『グッディ!』などで特集されたと噂の麹と酵素ダイエットを実践しただけでスルスルと体重が落ちていく。。!?

今回は、そんな方のために誰にでも成功するダイエット術について詳しくまとめてみました。また、ダイエットで失敗してしまう方の原因についてもわかりやすくまとめてみたので、是非ともご一読いただいて今後の参考にしていただけたらと思います。

⒈ダイエットで成功しない主な理由とは?

⒈1ダイエットが難しい理由

ダイエットとは目標と定めた体重まで痩せるだけではなく、それをある程度長期的に維持できて初めて成功だと言えると思います。健康のため・恋人のため・自分磨きのためなど理由は様々だと思いますが、最初は強い意思を持って続けられてもだんだんとダイエットに対する意識も弱くなり誘惑に負け挫折・もしくはリバンドしてしまう方が多いんですね。

ダイエットし始めの強い意思を持っている時は夢中で頑張るので多少辛くても耐えられることが多いですが、期間が長くなればなるほど辛くなっていきます。その理由はとても簡単です。人間の思考や行動はほぼ脳によって管理されているようなもので、あなた自身の体重についても脳が今のあなたの適正体重をある程度定めてしまっているんです。

例えば脳があなたの今の適正体重を50〜60kg程だと設定していたとして、その体重がダイエットにより大幅に落ちた場合脳が勝手に飢餓状態だと判断し元々の通常設定の体重に戻そうと体に命令してくるわけです。元々私たち人間も本能的に生きるための栄養をより多く摂り脂肪として蓄えるのは当たり前のことであり、体重を減らすということは体の命令に逆らうということになるんですね。

自然の摂理に逆らうようなものですので、なるほどなかなか意思だけでは成功できないはずです。

⒈2成功している人と失敗する人

要はダイエットで体重を減らし過ぎると脳が拒絶反応を起こし「何か食べて正常な体重に戻せ」と命令してくるわけです。そのため、なんとか目標体重に到達してもそれを維持するのは並大抵のことではありません。ダイエットに成功し理想の体型を維持し続けている人はそんな体の反応と日々戦い続けているのでしょうか?違うと思います。

中にはずっと辛い思いを我慢し続けている強者もいるかもしれませんが、ほとんどの方は我慢ではなく自分の体とうまく付き合っていく方法を熟知しているのです。逆に考えれば、ダイエットを失敗・挫折してしまう人は、圧倒的に「知識」と「経験」が少ないとも言えます。食事制限をするにも、適切な食材や自分に合った食生活を計画しなければいけません。

運動して痩せたい時、どういった運動が健康にもダイエットにも最適か難しいところです。サプリなどを使う場合も、成分などに関する知識がしっかりあるという人は少ないです。映画の俳優や有名芸能人には専属のトレーナーが付いているという話はよく聞きますが、「知識」や「経験」がしっかりあるプロのトレーナーに任せているから、無理のない体重管理もできているというわけですね。

こういった「知識」の部分から、無理のないダイエット計画を立てて実行することができず、結果的に失敗してしまうというわけです。最近では一般の人でもダイエット目的でジムに通ったりトレーナーに付いてもらい、ダイエット成功する人も増えています。プロに管理・計画してもらうことによって、自分に合った食生活や環境を理解し把握できるからです。

⒈3失敗を糧に知識をつけよう

上記で説明したようにダイエットを失敗してしまう理由は知識不足や経験不足による場合も多いです。しかしこの知識や経験というものは、失敗を繰り返すことで得ることもできます。一人で初めてのダイエットから大成功した!という人は意外と少ないです。今は雑誌やネットなどで様々なダイエット方法が紹介されています、それらをそのまま実践しても自分に合わなかったということも多いでしょう。

しかしその失敗で得た知識と経験は必ず役に立ちます。お金をかけてジムなどに行くのも良いでしょう、有名なジムで優秀なトレーナが付いてくれれば結果が出るのも早くお金を払う価値は十分あります。そういった時にも自分の今までの失敗の経験を伝えればよりスムーズに最適なダイエット計画を立ててもらえるはずです。

その場合は、まず無料のカウンセリングを受けてみて、色々と相談してみましょう。お金をかけたくない場合でも無料カウンセリングだけ受けてプロの話を聞くのはためになると思います。タダで有益な情報や知識を手に入れるチャンスですので、有効に活用しましょう。

⒉ダイエットに失敗するのは体質や遺伝が原因なのか?

⒉1肥満遺伝子をチェック

ダイエットというのは簡単なものではなく、中々上手くいくようなものではありません。遺伝子検査で自分の肥満遺伝子を調べることで、太りやすい傾向や原因を調べることが出来ます。「遺伝子」は、 親から受け継いだ「体」の設計図のようなものです。その遺伝子の中には、太りやすさの原因となる肥満遺伝子も含まれます。

肥満遺伝子を調べることで自分の体質が分かるので、陥りやすいダイエットの失敗やどのようなダイエットや運動をすれば確実に痩せられるのかがわかるのです。全く運動をせずして減量はできないので、適度な運動は必ず行いましょう。

肥満遺伝子によって脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンは、満腹になると食事の量を減らしカロリー消費を促すように脳に伝えます。


しかし、レプチンがうまく作用しない場合、食事の量を増やしてカロリー消費を減らすようにと脳に伝達してしまうのです。
つまり、肥満遺伝子の奥に隠れているレプチンの作用がダイエットの成功に関係しているのです。

人の体形は千差万別で、同じ食事をしていても脂肪がつきやすい人もいれば、どんなに食べてもなかなか太ることが出来ない人もいます。これらはすべて食事量ではなく、もともとの体質が影響しているのです。一人ひとりの体質や体型が違うように、痩せる方法も異なるのです。自分に一番合ったダイエット方法を知るためには、遺伝子を検査することが効果的なのです。

⒉2さまざまな遺伝子のかたち

肥満遺伝子は、リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型などのネーミングで分類されています。リンゴ型は、内臓脂肪が増えてお腹が出る肥満で、洋ナシ型はお尻から太ももに皮下脂肪がつく肥満のタイプです。バナナ型は、通常は太りにくい「逆肥満遺伝子」ですが、いったん太るとどんどん太りやすく、全体に大きくなってしまう肥満のタイプです。日本人の97%はこのいずれかの肥満タイプに当てはまると言われています。

肥満遺伝子検査をすると、自分の肥満の原因が判ると同時に、より効果的なダイエット方法や運動を知ることができるのです。しかし、ダイエットを成功に導くには、肥満遺伝子を知るだけでなく、正しい食事制限とトレーニングや運動をすることが必要です。そのうえで、遺伝子レベルのダイエット方法を知り、レプチンを正常に作用させれば、よりダイエットの成功に近づけるでしょう。

⒊ダイエットする上で大事なこととは?

⒊1ダイエットをする上で意識をしておきたいこと

ダイエットを行うことで重要なのは当たり前のことを当たり前のように実行することが大切です。どういうことかというと、ダイエットというのは摂取カロリーより消費カロリーの方が上回れば、成功するのも時間の問題です。脂肪を燃焼する上で重要なのは、摂取カロリー(食べる量)を減らし、消費カロリー(基礎代謝量や運動による消費カロリー)を上げることができれば簡単にやせることができるのです。

ダイエットで成功するために重要なのは食事制限をしっかり行うことが要になります。それを疎かにしていると、ずっとダイエットを行っても痩せることはできません。痩せるためには、まず食べる量を積極的に減らしてみることをお勧めします。食べる量の中でもっともカロリーが高いのは炭水化物です。

人間の食事の内容のカロリーの内訳で、もっともカロリーが高いのは炭水化物です。この炭水化物をいかに減らすことができるかが、ダイエットで成功するために最も重要な要素を示します。置き換えダイエットを行うにしても、筋肉トレーニングを行うにしても、まずはこの炭水化物をいかに減らすことができるかを考えるようにしてください。

そうすることによって、どんなダイエットでも成功する確率が格段に上がります。さて炭水化物といえば何があるでしょうか?まず代表的なのは、ご飯です。ご飯といえば私達日本人の主食です。まずはこのご飯の量を減らすことを意識してみください。そして次は、お菓子類やチョコレート類などの糖分などを減らしてみることを意識してみましょう。

糖分は炭水化物と同じカロリーが高いもので、慢性的に摂取していると脂肪が蓄積されてしまう元となってしまいます。ですので間食を控えることを意識してみましょう。

それらができれば、ダイエットの基本ができたといっても過言ではありません。後は置き換えダイエットなり、筋肉トレーニングなり、自分の実践しやすいダイエット法を選んで、実行するようにしましょう。”

⒋ダイエットに適した食事とは?

⒋1食べて痩せる「野菜」

ブロッコリー

ブロッコリーには食物繊維が多く含まれています。ブロッコリーから食物繊維をしっかり摂れば、腸の働きが活発になって代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなります。もし、あなたが便秘に悩んでいるなら、食物繊維で腸の働きが活発になれば、便が排出されるようになって便秘の解消にもなりますよね。便秘を解消できれば、体のむくみなども一緒に解消することもできます。

また、ブロッコリーにはカルシウムを多く含まれていますので、カルシウム不足で起きる肥満を予防・改善できるんですよ。そのためブロッコリーは、食べれば食べるほど痩せる「マイナスカロリー食材」といわれているんですよ。

セロリ

セロリはほとんど水でできているので、ブロッコリーと同じように「マイナスカロリー食材」の仲間。食べれば痩せるといわれています。セロリには「カリウム」と「食物繊維」が含まれています。カリウムは体にたまった余分な水分を排出する効果があるので、塩分の摂り過ぎで起こる体のむくみを解消することができます。また、食物繊維で腸を元気にさせて代謝を上げることもできますね。

アスパラガス

アスパラガスも、「マイナスカロリー食材」の仲間です。また、アスパラガスには「アスパラギン酸」というアミノ酸の一種を含んでいて、代謝の促進、疲労回復、スタミナ増強、水分代謝の促進、などの効果があります。アスパラガスを食べれば、代謝がアップして水分の摂り過ぎによるむくみも解消、さらにマイナスカロリー効果を加わって痩せることができるわけです。

キャベツ

キャベツは、よく噛んで食べる必要があります。カサもありますので、食べればお腹が膨らみやすく消化にパワーを使うので、「マイナスカロリー食材」の仲間になります。また、キャベツには食物繊維が多く含まれていますので、腸の働きを活発にして代謝を上げることができます。キャベツは、スーパーに行けばいつでも売られています。ぜひ、ダイエット中はキャベツを痩せる食べ物として食べていただけたらと思います。

⒋2食べて痩せる「きのこ類」

エリンギ

エリンギには食物繊維が多く含まれていますので、腸の働きが活発になって代謝のアップや便秘やむくみの解消が期待できます。また、エリンギはお腹が膨らみやすいので、食べ過ぎの防止もできます。しかもエリンギはカロリーが低いですし、いろんな食べ方ができますので、本当にダイエットをする方にはありがたい食材です。

えのき茸

えのき茸は最強のダイエット食材といえるほどの効果を持っています。えのき茸は、「エノキタケリノール酸」や「キノコキトサン」という成分を含んでいます。エノキタケリノール酸は脂肪を燃やし、キノコキトサンは脂肪の吸収を抑えるので、ダイエットに抜群の効果を発揮してくれるんですね。また、えのき茸にはカルシウムの吸収を助ける効果もありますので、ほかのカルシウムを含んだ食べ物と一緒に食べると、よりダイエット効果が期待できますよ。

なめこ

なめこといえば、あの独特な「ヌメリ」ですが、ヌメリの成分である「ムチン」は、疲労回復や整腸作用があります。さらに食物繊維も豊富ですので、さらに腸が元気になって代謝が上がります。なめこはカリウムも含んでいることから、体にたまった塩分を排出でき、むくみを解消できますよ。

⒌まとめ

ダイエットで成功しないのは、やり方が悪いからであって遺伝等はあまり関係ないです。ここまで、解説してきたことをしっかりと取り組んでいただきこれからのダイエット生活に生かして頂けたらと思います。

坂上忍が大絶賛!?『バイキング』や『グッディ!』などで特集されたと噂の麹と酵素ダイエットを実践しただけでスルスルと体重が落ちていく。。!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です