今では、数多くのダイエット飲料水が販売してありますが皆さんは、どのようなものを飲んでいらっしゃるでしょうか?

また、その選び方についてもよく知ってない方が多いと聞きます。そこで、今回はダイエット飲料水の選び方について詳しくご紹介していきたいと思います。その際に気をつけてほしい注意点についても詳しく解説しておりますので、是非ともご参考にしてみてくださいね。

⒈ダイエット飲料とは?

⒈1飲み物でダイエットは可能なのか?

ダイエットによい飲み物を選ぶことは、本当にダイエットは可能なのでしょうか。結論から申し上げると、飲み物でダイエットは可能だと言えます。例えば、ジュースや炭酸飲料などには大量の砂糖が入っていますが、これをカロリーの少ない飲み物に替えるだけでも、摂取カロリーを減らすことができますよね。

また、飲み物の中には、腸内環境を整えて便秘を解消したり、お腹を膨らませる働きによって自然に食欲を抑えてくれるものもあることから、飲み物を上手に取り入れることで十分ダイエットの効果を得ることはできると考えられます。

⒈2効果的なやり方について

では、ダイエットにお勧めの飲み物には、一体どのようなものがあるのでしょうか。飲み物の紹介と共に、効果的な飲み方もご紹介したいと思います。

白湯ダイエット
白湯とは、ヤカンなどで水を沸かしたお湯のことを言います。白湯を飲むことで、内臓が温められ新陳代謝が活発になると同時に、デトックス効果によって便秘やむくみの解消が期待できると言われています。白湯ダイエットでは、基本的には好きな時に白湯を飲んでもよいとされていますが、朝起きた時に飲むと胃腸の働きを活性化し、老廃物の排出作用が高まると言われています。

炭酸水ダイエット
炭酸水とは、炭酸ガス(二酸化炭素)を含む水のことを言います。炭酸飲料も炭酸ガスが含まれていますが、糖分も多く使われているため、ダイエットとして飲む場合には必ず炭酸水(糖分なし)のものを選ぶようにして下さい。炭酸水ダイエットのやり方は、食事の30分ほど前に250~300mlの炭酸水を飲むだけ。炭酸の効果でお腹が膨れ、食事の量を無理なく減らすことができます。

お水ダイエット
最も身近な水分と言えば、お水ですよね。スーパーモデルやタレントの多くが、ダイエットや美容のためにお水をたくさん飲んでいると言いますが、お水には新陳代謝を促進し、老廃物を排出する効果が期待できます。ダイエットのやり方も簡単で、一日1.5~2ℓのお水を飲むだけ。特に飲む時間は決められていないですが、一度に大量のお水を飲むよりは、短いスパンでこまめに摂った方がよいと言われています。

ココアダイエット
ココアには、加糖のものと糖分が含まれていないピュアココアがありますが、ダイエットの強い味方となってくれるのはピュアココアの方です。ココアには、ココアポリフェノールや食物繊維、ミネラルが豊富に含まれていることから、血流の促進や便秘の解消効果が期待できます。

ココアは飲むタイミングによって得られる効果が異なるため、デトックス作用を期待するなら朝食前、食欲を抑えたいなら食事前や空腹時、脂肪の吸収を抑えたいなら夕食後に飲むのがよいでしょう。

⒉そもそもダイエットの基本ってなんなのか?

⒉1ダイエットの基本要素とは?

昔から効果的だと言われているダイエットの基本要素は、下記の3つによって成り立ちます。

・食事
・運動
・筋トレ

テレビなどで見かけるダイエットは食事のみにフォーカスした内容が多いですが、本来はこれら全てをバランス良く満たすことで、綺麗な痩せ方を実現できるのです。極端な話、「体重を落としたい!」のなら、水以外の食事をなくせば実現できます。しかし、それでは病的な痩せ方しかできませんし、痩せたあとの容姿も不健康で、美容面では大きなマイナスでしょう。

ダイエットを美しさに役立てるなら、3つの要素を満たした『健康的な痩せ方』が欠かせません。これらの要素を掘り下げて説明しますので、ダイエットに挑む前にぜひご覧ください。

⒉2ダイエット中の食事内容について

まずダイエットと切って離せない要素が『食事』であり、基本ながらも勘違いしている人が多いポイントです。

ダイエットに欠かせないとされる食事制限ですが、あらゆるものを無理に制限しろという意味ではありません。特定の食品のみを摂り続けたり、食事内容を極端に減らしたりするのは逆効果です。「ダイエットしたいからとりあえず食べない!」っていうのは女性にありがちな間違いであり、ダイエット中の食事においては下記を意識してください。

・摂るべき栄養を含む食品はきちんと食べる
・制限すべき栄養が多い食品を少なめにしておく

食事内容の制限が効果的なのは事実ですが、極端な方法よりも上記のようなバランスの良さが大切です。

⒉3体重を落とすための運動を始めよう!

綺麗に、そして健康的にダイエットを成功させたいなら、『体重を落とすための運動』が必要です。ただし、この運動は後述する筋トレとはベクトルが異なります。体重を落とす運動の場合、『有酸素運動』が該当します。体を動かせばどんな方法でも痩せると思われがちですが、運動の内容によって結果が異なるのです。「有酸素運動ってなに?」と気になる場合、下記のポイントを押さえた運動だと考えれば問題ありません。

・軽めの負担がかかり続ける(およそ20分以上が目安)
・酸素を取り込むことが容易(呼吸が辛くならないペースを維持)
・筋肉に対するダメージが少ない(体が痛くなりにくい負荷)

有酸素運動と聞けば何となく辛そうですが、上記が全て該当するスポーツならほとんどの人が実行できるので、運動という言葉を重く受け止めないようにしましょう。

今日から始められるダイエット向きな有酸素運動とは?

有酸素運動の種類は非常に多いですが、その中でも『続けやすくて効果も高い方法』を3つほどご紹介します。

ウォーキング

歩くという行為は負荷が小さいもののダイエット効果が十分で、多少体が弱かったり運動が苦手だったりしても、安心して取り入れられます。慣れてきたら歩くペースを早歩きに変更すれば、さらに効果が出るでしょう。

ランニング

ウォーキングに比べて若干体力や筋力が必要ですが、歩くのに比べて足腰が強くなるため、日常生活から他の運動まで恩恵が幅広いです。「歩くよりちょっと早いかな?」くらいのペースを維持するとダイエット効果も高めでしょう。

エアロバイク

設備が必要ですが、天候に左右されず続けられる上、負担が少ないわりにダイエット効果も高いです。近くにジムがあればそちらに通ったり、通販でコンパクトなモデルを購入したりすれば継続しやすいでしょう。

このほかにも『息切れが発生せずに長く続けられる運動』は概ね効果的で、どうしても仕事が忙しくて運動ができない場合は「通勤で歩く距離を増やしてみよう!」とするだけでも全然違いますね。

⒉4筋トレがダイエットに役立つワケ

女性のダイエットに無縁そうな『筋トレ』ですが、実は『太らない体作り』に欠かせないのはご存じでしたか?筋肉を付けると標準体型や肥満体型に比べ、基礎代謝が高くて太りにくくなります。それに加えて体温の上昇による冷え性の改善など、女性にもうれしいのが筋トレなのです。人間は激しい運動や仕事をしなくてもエネルギーを消耗しており、その消費量が多いほど太りにくくなります。

筋肉は動かすためのエネルギーがたくさん必要なので、普通の人と同じ生活をしたとしても肥満を回避できるのです。勘の良い人ならすでに理解しているかもしれませんが、筋肉が基礎代謝を上げるということは『筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、効果的な脂肪燃焼が実現できる』のです。筋力を付けるための運動は無酸素運動と呼ばれていますが、どちらもダイエットに必要なのはよく分かったと思います。

女性は男性に比べて筋肉に無頓着な人が多いので、この機会に効果的なトレーニング法を学んでおきましょう。

⒊ダイエット飲料を選ぶコツについて

⒊1ダイエットドリンクの機能と役割とは?

ダイエットドリンクはカロリーを抑えたり、満腹感を得させることで食欲を抑えたりする役割があります。でもそれだけではありません。食事を控える分の栄養をしっかり補充できるのも大切な機能です。 体重が気になる女性は、普段から偏食=栄養不足になりがち。

自己流の食事制限を続けてきた結果、内臓の働きや筋力が低下し、かえって代謝が悪くなっていたり、元気が続かない、お肌が荒れているなんてこともあるからです。 無理なく続けやすく、安全性の高いダイエットドリンクには下記のような特徴があります。

・1回量のカロリー目安は50~180kcalまで
・置き換えるのは1日1食
・他のダイエットとも組み合わせが可能

⒊2ダイエットドリンクの選び方

Processed with VSCO with c7 preset

自分に合ったダイエットドリンクを選ぶには、自分の性質や体質を理解することが大切です。

冷え性が気になる方

未精製の穀物から作られる自然派のダイエットドリンクがおすすめです。精製された白砂糖よりは未精製の黒砂糖の方が体を冷やす作用は弱く、白米より玄米、大豆より小豆・黒豆の方が、体を温める機能が大きいといわれています。また、ホットで楽しめるドリンクも良いでしょう。

食べることが好きな方

おいしいものが大好きな方は、とにかく味にこだわって選びましょう。「効果はあるけれどおいしくない」では、続けるのがストレスになってしまいます。ぜひいろいろなドリンクを試してください。自分の好きな味や食感かどうか、直感で選ぶことをおすすめします。

飽き性の方

味に変化がつけられるよう、幅広い食べ物・飲み物に混ぜられるものがおすすめです。ヨーグルトやスープに混ぜたり、おかずにふりかけたり、毎回違う方法で楽しめると長続きしやすくなります。

ダイエットで肌荒れする方

栄養素が高く、特にビタミンCやコラーゲンなど美容成分が豊富に含まれているドリンクを選びましょう。美肌の大敵・便秘を解消できる食物繊維が含まれているものもおすすめです。

年々痩せづらくなってきた方

年齢に応じて基礎代謝が低くなり、痩せづらい体質に変わってきているのが原因です。基礎代謝を高めてくれる代謝酵素、特に野菜や果物が豊富に含まれるドリンクを選びましょう。

費用が気になる方

初回○%引きなど、お得感は魅力ですが、長く続けるにはコストも重要です。 継続してからの1食分の価格をチェックして、納得できるものを選びましょう。

⒋おすすめのダイエット飲料の紹介!

⒋1ブラックコーヒー

ブラックコーヒーに含まれる「カフェイン」は、代謝を上げて消費エネルギーを多くします。しかも、カフェインには脂肪を分解する効果もありますので、脂肪を燃焼されやすくなって落としやすくなるんです。また、ブラックコーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールも含んでいます。クロロゲン酸は、がん・動脈硬化・老化などを予防する抗酸化作用や、肝臓で脂肪を燃やしやすくする効果があるんです。

ブラックコーヒーの飲んでダイエットする場合は

・入浴や運動をする前の30分~1時間前に飲む
・カフェインの効果の持続時間は3~4時間のため、3~4時間おきに飲む
・クロロゲン酸は焙煎に弱いため、浅煎りのコーヒーを選ぶ

といった3つのポイントを意識して飲むようにすると、より効果的なダイエットができます。

⒋2緑茶

緑茶には、ダイエット効果で有名な「カテキン」がたくさん含まれています。最近ではカテキン緑茶というお茶まで市販されていますよね。カテキンは、体に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があり、食事で脂っこい物を食べた時に緑茶を一緒に飲むと、脂肪がたまりにくくなるといわれています。また、カテキンに体脂肪を分解する力もあります。そのため、運動をする前に緑茶を飲むと脂肪が分解されて燃えやすくなり、運動の効果がアップします。

ちなみにカテキンもポリフェノールの一種なんです。

⒋3ミネラルウォーター

ダイエットをしてもなかなか痩せられない。逆に太りやすいという方は、血流が悪く代謝が落ちていることが原因の一つだと考えられます。血液の水分が少なくてドロドロしたような状態になって、血流が悪くなるんですね。そんなドロドロになった血液に有効なのが「ミネラルウォーター」です。ミネラルウォーターを飲めば水分補給できるので、サラサラした血液に変わっていきます。サラサラの血液に変われば、血流が良くなって代謝が上がって痩せやすい体になります。

⒌ダイエット飲料の注意点

⒌1ダイエット中の飲み物の注意点

水分を取り過ぎない

水分を取りすぎると、人によってはむくみ・たるみの原因となることがあります。胃などに水分が溜まったままになって、体を冷やす可能性もあります。食事でも水分は含まれているので、飲み物での水分摂取量は、1日に1~1.5リットル程度を目安にしましょう。また、トイレは我慢せず、行きたくなったら行くようにしましょう。

摂取の目安量が異なる飲み物
・豆乳…1日200~250ml程度(イソフラボン摂取量1日70~75mg程度)
・コーヒー…1杯150mlで1日3~4杯程度(カフェイン摂取量1日400mg)

一気に飲まない

1日に1~1.5リットル程度を目安に飲むとお伝えしましたが、一気にまとめて飲むのではなく、何回かに分けて飲みましょう。胃が一度に吸収できるのは250ml程度とされていて、それ以上の量を一気に飲んでも体は吸収しきれないでしょう。30分間隔程度でコップ1杯(約200ml)の水分を分けて摂るのが良いでしょう。

⒍まとめ

ダイエットを行う際に、置き換えで飲料をご使用している方も多いですがしっかりとバランスの良い食事も取ることも大切です。その際には、適度な運動も心がけあくまでもダイエット飲料は補助的なものだということを覚えておくようにしましょう。

最後にこの記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

関連商品


ビスリム

希少糖入のダイエットティー

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です