ダイエットでなかなか結果が出ない方は、その原因の一つに骨盤のズレがあげられるかもしてません。

今回は、そんな骨盤のズレがどのようにダイエットや健康に影響を及ぼしているのかについて詳しく解説していきます。ぜひとも今まで、骨盤で悩んでいた方は、参考にしていただけたら幸いです。

⒈骨盤のズレが及ぼす影響とは?

⒈1体に及ぼす影響とは?

女性なら誰もが美しく女性らしいメリハリボディを手に入れたいと願ってやまないはず。そんな私たちが最近よく耳にするキーワードは、「骨盤のゆがみ」ではないでしょうか。骨盤がゆがむと女性の体にどのような影響が生じるのかお伝えしていきます。骨盤は体の中心にあり、ボディ全体を支える土台のような役割をして、脊柱(背骨と首)、股関節(下半身)、肩甲骨(肩)と繋がっています。

繋がっているということは、骨盤の状態がそのまま、背骨と首、下半身、肩にも影響を及ぼします。つまり、骨盤がよい状態ならその他のボディパーツの状態も問題なく、逆の場合は以下のような悪影響を与える可能性があります。

新陳代謝の低下、冷え
骨盤がゆがんでいると、体幹部の筋力が低下していきます。体幹部の腹筋や背筋などの筋肉が弱くなると新陳代謝が低下します。逆に体幹部の筋力が維持されていると代謝が上がり、冷えなどの症状も改善します。

疲れ、下半身のむくみ
骨盤を支える体幹部の筋力が弱くなると、全体的に疲れやすくなります。全身を支える筋力が乏しいので、下半身に負担がかかりむくみやすくなります。

姿勢の悪化、老け姿勢、ボディラインのたるみ
骨盤を支える筋力が弱くなると、姿勢が悪くなります。猫背やO脚ばかりでなく、背中が丸くなり実年齢より老けた印象を与えがちに。また、痩せていてもボディ全体がたるみ、メリハリのないスタイルになってしまいます。

肩こり、腰痛
骨盤がゆがんでいたり姿勢が悪いと、体が硬かったり、筋力が低下し血流が悪くなることが一因で、肩こりや腰痛が慢性化しやすくなります。

生理不順、生理痛
骨盤は一日の中や月経の周期によって開閉を繰り返しています。この骨盤の開閉が妨げられると、生理不順や生理痛に繋がります。

便秘
大腸のぜん動運動が鈍ると、便の押し出しが滞り便秘になるのですが、これは、偏った食事や運動不足による筋力低下が原因です。

骨盤の状態が改善すると、自立神経やホルモンといった目に見えない部分のバランスも整ってきます。血液やリンパの流れも改善し、カラダ全体の循環がみるみるよくなるのです。そんなカラダが手に入れば、後は自然にどんどんキレイに変身します。あなたもぜひ骨盤ダイエットにチャレンジしてください!

⒈2“骨盤のゆがみ原因”チェックシート

日常に潜む姿勢やクセがゆがみの原因。いくつ当てはまるか、今すぐチェックしてみましょう?

  • 座るときはついつい脚を組んでしまう
  • よく横座り(女性座り)をする
  • 横向きで寝る or うつ伏せで寝る
  • パソコンを右か左に向いて操作することが多い
  • 就寝時間が不規則 or 睡眠が浅い
  • 電話を手で持たず、肩と耳に挟んで会話することが多い
  • バッグを同じ手で持つ、同じ肩にかける
  • デザインが好みだだと、痛い靴でも我慢して履いてしまう
  • 気が付くと片足重心(休めの体勢)で立っている

【1つ】
1つしか当てはまらないあなたは、骨盤がゆがみにくい生活を心がけていて、ボディバランスは良いようです。きっと日々自分の体と向き合っているのでしょう。いつまでも自分ケアを忘れないようにしましょう!

【2~4つ】
あなたは、今のところ骨盤はそれほどゆがんでいないようです。ただ、今の生活のままでは骨盤ゆがむのは時間の問題! 最近疲れやすくはないですか? それは姿勢の悪さや生活習慣が原因で、使っていない筋肉があるからです。今すぐ骨盤ケアをはじめれば重度のゆがみにはなりません。

【4つ以上】
あなたは既に骨盤がゆがんでいる可能性があります。まずは日常生活に潜んでいるクセを治すことから早速はじめましょう。また、このままほおっておくと、骨盤のゆがみだけでなく、首や肩に痛みが生じることも。コリをほぐしたり、ストレッチなどのボディコンディショニングも早急にはじめた方がよいでしょう。

⒉ダイエットと骨盤の関係

⒉1骨盤は矯正できるのか?

骨盤矯正という言葉がとてもポピュラーになりましたね。骨盤矯正をすることでダイエットになると考えられ、骨盤矯正に関するダイエット方法がいくつも取り上げられています。しかし、そもそも骨盤矯正は可能なのでしょうか。

骨盤は靭帯や筋肉によって固められており、可動域がかなり狭く骨盤が大幅に動くことは考えられず、骨盤を矯正しようにも簡単に矯正できるものではないという見解も出ています。しかし一方で骨盤がずれることによって悪い影響が出ているとも考えられ、修正・矯正が必要と唱えている方もいます。どちらが正しいものなのかは信頼度や実際に自分の身体に施術を受けたり、エクササイズをやってみるなど自身で感じてみる必要があります。

⒉2骨盤とダイエットのメカニズム

骨盤は人間の身体の中で最も大きい骨である大腿骨と、身体を支え二足歩行で歩く上で1番重要になっている背骨の間にある部分です。上半身と下半身を繋いでいるとても重要な骨と言えます。

そして内臓を守る役割をしているのですが、骨盤が歪んでしまうことで内臓が下がると考えられており、それが原因でぽっこりおなかになってしまったり、筋肉のバランスが崩れセルライトが皮下に溜まってしまったりすると考えられています。その他、血液やリンパ液の流れが悪くなり老廃物が溜まりやすくなってしまうため、むくみが発生し下半身太りの原因になってしまっています。

しかし矯正することにより骨盤が正しい位置に戻って内臓の働きが良くなります。さらに筋肉のバランスや血液の流れ、リンパ液の流れが良くなることで基礎代謝が上がり、身体全体の代謝が上がるので少しの運動でも歪んでいた時よりも消費量が多くなるため、ダイエットに繋がると考えられています。

注意点について
骨盤を矯正するだけでダイエットになり体重が落ちるというわけではないので、きちんと痩せたいという方は食事制限と運動を基本にすることをオススメします。

⒊ダイエットする上で大事なこととは?

⒊1ダイエットで最も大切なこととは…

ダイエットはメンタルで決まる

ダイエットを成功させる上で必要な知識は色々あります。体重の測り方や、脂肪燃焼のメカニズム、消費カロリーの計算など。しかし、それらは理論であり、実行する本人が行動に移せなければ意味がありません。

ストレスを無くす事が最善

太ってしまう人のほとんどが何らかのストレスを抱えていて、そのストレスを解消するための代替行為として食べ過ぎになっていることが多いのです。なので、食べ過ぎを止めるためには、その根本的な原因となっているストレスを取り除くことが重要です。

環境による影響も重要です

子育てや職場環境、食事環境など、環境が原因となって太ってしまう人も多くいます。ダイエットはまず環境づくりから入ることが本来は必要なことです。例えば、職場でお菓子が配られて食べないといけない、子供の残したご飯を食べてしまう、家族が買ってくるお菓子が常に部屋に置いてある…など、ダイエットを進める上で、まず環境の改善から取り組むことが重要になることもあります。

⒊2成功の鍵

ダイエットの開始、つまり生活習慣を変えるということは、心にとって新たなストレスとなります。人間は心の余裕のない時に大きな余裕のエネルギーを使う行動はできません。

心に余裕のない状態でダイエットはできない
多くの人が仕事や家事育児で心の余裕があまり無い状態です。その僅かな余裕の範囲内でできる事をしないと、パンクして大きなストレスや反動となって返って来ます。

ダイエット失敗で食欲爆発する理由
ダイエットを続けていたがある日、糸が切れたように食欲が爆発する人がいます。単にそのダイエットを諦めて止めてしまうだけならいいのですが、今までの不満をぶつけるかのように過食に走ってしまう場合、心の余裕を失うような過度なダイエットのストレスが反動となって返って来ているのです。

自分が好きになれるような方法
そのダイエットを続けることは他人の目から見ても羨ましく、自分自身でも健康に良いことをしている、頑張っている自分が好きになれるような方法なら、ストレスを感じずにすむだけでなく、より努力を後押しする活力を産んでくれます。断食や極端な食事制限、偏食や薬に頼るような方法で、自分が好きになれますか?

⒊3メンタル管理法

太ってしまった原因となっているストレスを解消する方法を、食べること以外で解決していること。ストレスを感じない心の余裕の範囲内でのできるダイエットをしていること。そのダイエットで変わっていく自分が好きになれるような方法であること。誰かが応援してくれて、無理なく実行可能な環境であること。一生その方法を続けても健康面・生活面で問題のないダイエット方法であること。

この5つのポイントを押さえていれば、必ずこれから始めるダイエットは成功します。私達もそんなダイエット指導を行う身であるからこそ、心からおすすめできるし、頑張る人を真剣に応援できるのです。

⒋骨盤矯正におすすめの方法

⒋1セルフでできる骨盤矯正

治療院やストレッチ・マッサージサロンで骨盤矯正を行ってくれるケースが多いです。ここでは一人では難しい施術を行ってくれるのがメリットです。骨盤矯正に特化していたり、口コミで信頼できそうなお店を選ぶのが良いでしょう。このようなお店を頼ることができない場合に、有効活用できるストレッチ方法をお伝えします。お店での施術前に行っていただいても、効果をアップさせることができます。

1日3分で簡単にできるもので、3つのストレッチを各1分ずつ行うだけなので、寝る前や時間のあるタイミングに行うことができます。ぜひ今日からお試しください。

⒋2前太ももにアプローチするストレッチ

エクササイズ方法

横向きに寝て両膝を手で押さえます。そこから卍字状になるように、両脚を90度に曲げます。上の方の足を同じ側の手でつかみまず。下側のヒザも同側の手で押さえストレッチしていきます。(これにより骨盤が適正な位置でストレッチされます)30秒を目安に。片足ずつ交互に行ってください。ポイントはお腹とお尻に力を入れて、伸ばし呼吸は止めないことです。

⒋3おしりのストレッチ

デスクワークなどで普段椅子に座りっぱなしの方や立ち仕事が多い方はお尻の筋肉が緊張して骨盤が歪みやすくなります。また、おしりのストレッチは腰痛や坐骨神経痛の予防にもなるので継続的に行うことで痛みを予防することもできます。

エクササイズ方法

仰向けで横になります。右足のかかとを左ひざの上に乗せます。左手で右ひざを持ち、左肩の方へ向けて引きましょう。この時、右足のかかとが左ひざから離れないように意識して行うことがポイントです。自然な呼吸で30秒間伸ばし、左右行いましょう。

⒋4太ももの「外側」に効果的なストレッチ

エクササイズ方法

仰向けに寝ます。片方の足を伸ばし、反対の足を組むようにして伸ばした方の足の外側へ伸ばしましょう。伸ばしているほうの足をできるだけ内側にいれてストレッチしてください。この時カラダが傾かないように注意して30秒を目安に左右ストレッチを行い、ももの外側が伸びていることを感じてください。

⒌おすすめの骨盤エクササイズツール

⒌1エクササイズツール

骨盤矯正の効果を出すために、ツールを活用することをおすすめします。骨盤を矯正していくためには、歪んでしまった骨盤をほぐしてゆるめ、正しい位置へ整え、ゆるめた骨盤を締める一連の流れが必要です。そこで、ここでは骨盤矯正をサポートするおすすめグッズを2つご紹介します。それぞれの特徴を活かしてご活用ください。

ストレッチポール

ストレッチポールを活用したエクササイズを行うことで、骨盤の歪みをとり、正しい位置へと導きます。ストレッチポールはカラダを緩めるだけではなく、エクササイズを行うことで骨盤を締めて固定することもできるために、骨盤矯正をサポートする画期的なツールといえるでしょう。エクササイズで骨盤をゆるめ、正しい位置へ整え、その後トレーニングでしっかりとカラダの内側から締めていきましょう。

トコちゃんベルト

骨盤輪を固定・支持する骨盤ケア用品です。出産などでゆるんでしまった恥骨結合を外から締める形で、骨盤を矯正していきます。ゆるんでしまった骨盤を引締める効果はありますが、歪んでしまった骨盤を引締めても、あまり効果はありません。ゆえに産後ママ対象の骨盤矯正ツールとなります。使用頻度については、お腹を引き締める意識が持てるようになったら外すイメージで、ベルトに依存しないように徐々に頻度を下げて使用することをオススメします。

⒌まとめ

骨盤のズレがダイエットに大きく影響していたことがお分かりいただけましたでしょうか?

普段何気なく、生活している中にも骨盤のズレの影響で体調が悪かったり、ダイエットがなかなか成功しなかったりといった大きな影響を、地味に与えているのが骨盤のズレです。しっかりと改善して健康的な生活を過ごせるようにしてくださいね。

関連商品


セルキューン

3D着圧設定で骨盤サポート。

2,980円


坂上忍が大絶賛!?『バイキング』や『グッディ!』などで特集された麹と酵素ダイエットを実践しただけでスルスルと体重が落ちていく。。。!?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です