日本の災害時のバックアップ体制は、諸外国と違って意外にも行き届いています。
いわば、野垂れ死するリスクは非常に低く、しかしながら、健やかに過ごせせないという不安(心身ともに健康に生き長らえるリスク)は増大しています。
そこで今回は、皆さんが意外に知らない本当に必要なものについてお伝えしていきます。

非常時・災害時の必需品とされているものとは?

まず、一般的に言われている災害時に必要なものをあげてみます。

水と食料品

・飲料水
・給水袋(給水車から水をもらうため)
・ポリタンク
・レトルト食品、アルファ化米
・缶詰(魚・肉・野菜など)
・缶詰(果物、小豆)
・菓子類
・栄養補助食品
・野菜ジュース
・加熱せず食べられるもの(かまぼこ、チーズ)
・健康飲料粉末

調理器具

・缶切・はさみ・多機能ナイフ
・食品用ラップ(お皿に巻いて洗い物を減らす、保温や応急手当など)
・アルミホイル
・簡易食器類
・カセットコンロ
・カセットボンベ
・鍋類
・クッキングシート

清潔品

・歯ブラシ
・簡易トイレ
・トイレットペーパー
・ビニール袋
・除菌ウェットティッシュ
・虫歯予防ガム
・テラックス手袋・ハンドジェル

薬・救急用品

・常備薬・持病薬
・救急絆創膏と包帯
・マスク
・栄養補助サプリ(これが避難民にはもっとも必要

日用品

・携帯電話充電器
・予備バッテリー
・ラジオ
・使い捨てカイロ
・ティッシュ
・新聞紙(簡易トイレ、防寒対策など)
・懐中電灯
・乾電池
・マッチかライター
・敷物、レジャーシート
・軍手、皮手袋
・万能ナイフ
・毛布。ブランケット
・テーブル、椅子
・風呂敷(おむつ、生理用品、包帯、袋、防災ずきん収納)
・さらし(おんぶ紐、ロープ代わりにも)
・ロープ・ガムテープ
・寝袋、マット
・段ボール
・テント
・アルミ製保温シート
・おもちゃ(子供用)

衣類

・タオル
・着替え(下着を含む)
・予備の眼鏡、コンタクトレンズなど
・雨具(レインコート、長靴など)
・スリッパ

貴重品・書類

・筆記用具
・家族の写真(はぐれた時の確認用)
・緊急時の家族、親戚、知人の連絡先
・広域避難地図(ポケット地図でも可)
・現金(公衆電話用に10円玉、100円玉なども)
・車や家の予備鍵
・銀行の口座番号・生命保険契約番号など
・健康保険証、身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
・印鑑
・母子健康手帳
・防災手帳(緊急連絡先、集合場所記載)
・年金手帳

などなど、あげればキリがないですが、外部のサポートや、みんなで協力しあってどうにかなるものもあります。
災害時は最低限、命が守られればいいという考えもありますから、あまり大げさに考えなくてもいいかとも思います。

多くの問題はライフラインが復旧され、外部のサポートも行き届いたあとの、避難生活の時に訪れるようで、次は「命が助かった」後の諸問題に対しての備えについて述べてみたいと思います。

 

避難生活の過剰摂取は炭水化物・糖類・塩分

避難生活では、1ヶ月以上1日1~2食、ほとんどがおにぎりや菓子パンという生活を余儀なくされます。
被災地での食料不足が連日報道されと、国内はもとより世界各国からたくさんの支援物資、とくに食糧が届けられますが、保存のきく炭水化物ばかりで、しかもあまりに膨大な量が届けられます。

また、避難所生活では、光熱費をかけたくない、できれば食費を削りたいとおう思いも起こりますので、どうしても、塩分過多、ビタミン・ミネラル不足、そして揚げ物中心の食生活になりがちです。例えば、普段カップラーメンを食べない人も食べるようになりますし、水も貴重ですし、排水を減らすということから、最後まで飲むということもあるでしょう。

このようにして、多くの被災者が高血圧症になったのです。

 

炭水化物の過剰摂取にはマルチビタミンを

炭水化物を摂り過ぎると肌荒れになりやすくなります。
というのも炭水化物は消費されると糖質に変換されますが、その際に大量に必要となるのがビタミンなのです。
ビタミンが不足すると、肌荒れ、ニキビ、口内炎ができやすくなります。

「避難生活にマルチビタミンを」といわれているのは、炭水化物の過剰摂取がちになるからです。
もちろん、マルチビタミンだけで全て良しというわけではありませんので、他に必要な栄養素についても述べていきます。

 

糖分の過剰摂取には難消化性デキストリンを

糖は内臓脂肪になります。つまり肝臓に脂肪を貯め込ませることになります。
ひどくなると、糖尿病になったり、心臓病になったりします。

また、糖は血管を収縮させ、高血圧の原因となり、脳卒中や心臓発作を起こしやすくします。
さらに、肝臓では悪玉コレステロールの生産が進み身体から排出する能力も抑え込まれてしまいます。

他にも、糖は人を貪欲にさせたり、中毒にさせたりする効果や、睡眠を調節するセロトニンの放出するトリガーになったり、笑顔を奪っていく(表情によくない影響)という指摘もあります。

では、その対策として「難消化性デキストリンの摂取」があげられますが、どんな効果があるのでしょうか?

 

難消化性デキストリンの5つの作用

1.糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
2.整腸作用
3.脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用)
4.内臓脂肪の低減作用
5.ミネラルの吸収促進作用

難消化性デキストリンは、そもそも食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られました。
消費者庁から特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。
また、避難生活でなりがちな便秘にも効果があるといわれています。

ぜひ、災害時には「難消化性デキストリン」。覚えておいてくださいね。

 

塩分の過剰摂取にはカリウムを

塩分の摂りすぎは高血圧になるのはよく知られるところです。
その他にも、喉が乾いたり、むくみ、不整脈、虚血性心疾患、腎臓疾患、胃がんなどを引き起こします。

で、塩分を体内から排出するには「カリウム」があげられます。
ただし、腎臓に機能障害がある方は、カリウムを排出できないので注意が必要です。

カリウムは、野菜や果物、いも類や海藻などにたくさん含まれる成分で、尿が出る時にカリウムと同じ量の塩分(ナトリウム) を一緒に排出します。また、血管を拡張させ血圧を下げる効果もあります。

 

高血圧にはGABA

以上、述べてきたましたゆに、避難生活と高血圧は切っても切れない関係ですが、この高血圧にはGAVAがいいとされています。

GABAは自然界に存在するアミノ酸の一種で、ふだん耳にするアミノ酸(たんぱく質を構成するもの)とは異なり、体内の脳や脊髄で『抑制性の神経伝達物質』として働き、日常のイライラや興奮、精神的なストレス等を鎮め、リラックスをもたらす効能があります。

GAVAの血圧降下作用としては、血管収縮抑制による血圧降下作用、腎機能活性による血圧降下作用の2つがあげられます。

 

タンパク質不足にはプロテインを

炭水化物を過剰に摂取しがちな避難生活でもっとも不足するのがタンパク質です。
肉、野菜、魚類、乳製品などから遠のいた食生活を補うのがプロテインです。

タンパク質は筋肉だけでなく、髪の毛や皮膚、臓器や血管など私たちの体内の様々なところで、必要不可欠な栄養素です。
また、生活にプロテインを取り入れるなら、就寝前30分~1時間前と朝が効果的だと言われています。

私たちは寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されますが、この成長ホルモンはタンパク質を吸収し筋肉などを増やすわけですが、その分泌のピークが就寝後30分~3時間といわれています。これに合わせてプロテインを摂取することで、効率よくタンパク質を吸収させ筋肉量を増やすことが出来ます。

また、プロテインは美容効果もあり、肌や髪、爪の状態を良くしたり、免疫力を高める働きもあります。
さらに、避難生活で大きな問題となってる睡眠障害にも効果があります。

 

避難生活のストレスが引き起こす症状とは?

避難者の多くは、心身両面においてさまざまな健康問題を抱えています。
たとえば、PTSD症状の出現、抑うつ、不安、焦燥、怒りの増加、睡眠障害、血圧上昇、アルコール依存症、生活習慣病などがあげらます。

また、避難所では、ストレスで母乳が出ない母親が多くいて、アレルギーの子供が増加したという報告があります。

肉や魚、大豆のタンパク質や野菜・果物類のビタミン・ミネラルが圧倒的に不足している食生活ですがら、便秘や肌荒れ、免疫力の低下、さらにイライラやストレスの増大といった精神面での不調を招いていたのです。

 

旅行中の災害で一番大きいダメージはストレス

災害時に空港が孤立状態になるということは、たたおこります。
旅行中の人々は地元に帰れば元の生活に戻れますから、ある意味呑気に構えます。
しかしながら、なかなか復帰できないとわかると、翌日以降の生活に支障を来さないようにと気をまわしはじめます。

このような状態でもっとも怖いのは精神的なダメージです。
落ち着け、落ち着けと思っても、落ち着きませんし、現地の被災者と比べても、救助すべき対象から外されていますから、自分の心の持ちようは自分でケアするしかありません。

ですので、旅行中はビタミンやミネラルの入ったサプリを常備することをおすすめします。

 

ストレスにはGABA、テアニン

GAVAは高血圧対策のところでも述べましたので、今回はテアニンについて述べます。

テアニンは緑茶のうま味成分で、高級なお茶ほど多く含まれています。
テアニンを摂取するとα波が増え、脳のリラックス効果があります。
また、PMS(月経前症候群)の軽減、睡眠障害、更年期障害にも効果的とされています。

 

暑い時にはアミノ酸、寒い時にはカプサイシン

避難生活でもっともイライラするのが、温度調節ではないでしょうか?
1日の中でも暑い時と寒い時がありますし、日々の気候も変化するのが日本の気候です。

アミノ酸は、熱中症予防に効果があり、体温保持にもっとも大切な栄養素です。
また唐辛子に含まれるカプサイシンは、冷え性におすすめな栄養素です。

アミノ酸もカプサイシンも代謝を促進する効果があり、温度の変化での不調においては、ぜひ知っておきたいところです。

 

まとめ:避難民への差し入れで最も喜ばれるのはサプリだった!?

いかがだったでしょうか?

災害時や避難生活において、「命さえ守らればいい」という考え方だけでは早計だったのではないでしょうか?
「命が守られてこそ」ではありますが、被災者の多くは心身の健康に対する不安とともに暮らしております。

とはいえ、支給されるものや、サポートを受ける対象は「生存の保証」にとどまります。

栄養補助食品といえば贅沢品の部類に入るのかもしれませんが、その後の心身の健康を考えると安い買い物ともいえます。

「被災者に何か送りたい」というとき、「サプリを贈呈する」ということも一考に入れてはいかがでしょうか?

 

おススメ商品

最後に、ネットで購入して今すぐ備蓄できるおすすめ商品をご紹介します。

以下の商品は、本来はダイエットや美容系として売られている商品なので
「痩せちゃうの?大事な時に?」
と思ってしまうかもしれませんが、

サプリメントは本来「栄養補助食品」。
必要な成分を摂取することが主な目的です。

ダイエット系のサプリメントも同じで、不足しがちな成分を補うことで痩せやすい体内環境をサポートするものがほとんどなんですね。

大事なのは配合されている成分。
上記に記載した必要な成分をもとに検討してみてはいかがでしょうか。

先述したとおり、日本の場合は遅くとも1日あればおにぎりや飲料水は確保できます
しかしそればかりだと栄養は偏り高血糖などの恐れがあるので
それらを効率よく補うことが「復旧後の健康」にもつながります。

●乳酸菌と麹と酵素の恵み


https://chou-lou.net/smp/shopping/lp.php?p=717

麹酵素のはたらきで体にとって必要な成分を満遍なく摂取できます。
乳酸菌によって腸内環境も改善でき、
ストレスからの胃腸の不調もサポートできます。

●ウェイトダウンショット


https://chou-lou.net/smp/shopping/lp.php?p=283_d

支給されるものはおにぎりやみそ汁。
肉や大豆などのたんぱく質は不足しがちです。
そこでプロテインで栄養素を補うことはとっても有効となります。

●ビュースムージー(キウイ味)


https://chou-lou.net/smp/shopping/lp.php?p=737

災害時にどうしてもビタミンが不足してしまいます。
満腹感も得られて必要な栄養素をじゅうぶんに摂取できるビュースムージーは災害時にもピッタリです。
酸っぱい成分クエン酸も入っているので疲労やストレスにも有効です。
粉末を水で溶かすタイプなので、ウェイトダウンショット同様に検討してみてはいかがでしょうか。

 

●常備用サプリ


https://chou-lou.net/smp/shopping/lp.php?p=800

災害時に不足してしまう栄養が摂れる以外に、過剰摂取しがちな炭水化物(糖分)や塩分を排出する手助けをしてくれます。
それだけではなく、ストレス対策にGABAや乳酸菌を配合。
災害時だけではなく栄養が偏りがちな方には普段使いにもおすすめです。

 

 

【2018年秋最新版】地震や台風などの災害時・避難生活、非常時に本当に必要なもの、備蓄すべきものは何?

【東京23区】浸水・倒壊・火災・液状化のハザードマップと広域避難所をまとめました。

オススメ記事

災害時・避難生活、非常時の備えに最適なのはサプリ?どの栄養素が過剰になり、どの栄養素が不足するのか?おすすめ商品も一挙紹介。” への1件のフィードバック

  1. 非常に興味深い。
    今年は特に災害が多発しているので災害対策も行わなければならないと感じた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です