皆さんは、グラブリジンという美容成分をご存知でしょうか?

最近は、様々な美容効果をもたらす成分が開発されており、それに伴い多くの商品がリリースされてます。その中でもどれを選んでいいのかわからないと言った時はございませんか?

今回は、グラブリジン配合のおすすめの商品を紹介するとともにその活用方法や美肌には何が必要なのか?
と言った素朴な疑問まで細かく解説していきます。

⒈グラブリジンとは?

⒈1グラブリジンについて

グラブリジンとは、甘草やその同属植物の根から抽出した油溶性エキス、イソフラボノイド系イソフラバンです。 甘草はマメ科の多年草で4000年以上前から薬用植物として栽培され、アジア・地中海地方・北アメリカなどに自生しています。 このグラブリジンは女性の肌悩みに効果があるといわれているそうです。

⒉グラブリジン配合のおすすめ商品!

⒉1スリムアップスリム

本品には甘草由来グラブリジンが含まれます。甘草由来グラブリジンは体脂肪の増加を抑えることが報告されており、体脂肪が気になる方及び肥満気味の方に適しています。

1日の摂取目安量
1日2粒目安。水またはお湯とともにお召し上がりください。

栄養成分表示(2粒あたり)
エネルギー3.3kcal、たんぱく質0.16g、脂質0.28g、炭水化物0.044g、食塩相当量0~0.0001g

原材料名
食用油脂、甘草抽出物/ゼラチン、グリセリン、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)

機能性成分配合量(一日の摂取目安量あたり)
甘草由来グラブリジン3mg

⒉2ディアナチュラゴールド

本品には甘草由来グラブリジンが含まれます。甘草由来グラブリジンは体脂肪の増加を抑えることが報告されており、体脂肪が気になる方及び肥満気味の方に適しています。

1日の摂取目安量
1日2粒目安。水またはお湯とともにお召し上がりください。

栄養成分表示(2粒/520mgあたり)
エネルギー/3.34kcal、たんぱく質./0.16g、脂質/0.28g、炭水化物/0.044g、食塩相当量/0~0.0001g

原材料名
食用油脂、甘草抽出物/ゼラチン、グリセリン、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)

⒉3グラボスリム

本品には3%グラブリジン含有甘草抽出物が含まれます。3%グラブリジン含有甘草抽出物は、肥満ぎみの方の、体脂肪の増加を抑える働きがあることが報告されています。本品は、肥満ぎみの方、体脂肪が気になる方に適した食品です。

1日の摂取目安量
2粒。水などと一緒にかまずにお召し上がりください。

栄養成分表示(2粒あたり)
エネルギー/6.06kcal、たんぱく質/0.2g、脂質/0.53g、炭水化物/0.14g、食塩相当量/0.0002g

原材料名
食用油脂、ゼラチン(豚)、甘草抽出物(甘草・食用油脂)、グリセリン

機能性成分配合量(一日の摂取目安量あたり)
機能性関与成分名:3%グラブリジン含有甘草抽出物 100㎎

⒊シミに効果的な美肌成分とは?

⒊1美白成分の働き

これらの美白成分が持つ作用は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

・メラニン生成抑制作用(シミやくすみの元となるメラニンを作らないようにする働き)
・メラニン還元作用(既にできてしまっているシミやくすみを薄くする働き)

また、メラニン生成抑制作用は、さらに次の2つに分けられます。1つはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素の活動を抑制する方法。もう1つは、メラノサイトに指令を出す情報伝達物質の働きを阻害する方法です。

⒊2美白成分の種類

下記の表は、先に挙げた厚生労働省認可の美白成分を、その働き別に分類したものです。

メラニン生成抑制作用

①メラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する成分

ビタミンC誘導体
アルブチン
コウジ酸
エラグ酸
ルシノール
リノール酸
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
マグノリグナン
プラセンタエキス

②メラノサイトに指令を出す情報伝達物質の働きを阻害する成分

カモミラET
トラネキサム酸
t-AMCHA
メラニン還元作用
ビタミンC誘導体

⒊3美白化粧品の選び方

美白化粧品は、どのように選ぶのがよいのでしょうか。「今はシミやくすみはないけれど、予防のために美白したい」という場合には、メラニン抑制効果のある美白成分を含んだ化粧品、「すでにできてしまっているシミやくすみを消したい」という場合には、還元効果のある美肌成分を含んだ化粧品を選びましょう。

医薬部外品として厚生労働省の認可を受けた美白成分の入った美白化粧品は、効果も期待できますし、安心感もあります。また、医薬部外品として認められているということは、シミやくすみ、そばかすなどのお肌に対する改善効果が、臨床的に実証されていることを意味します。美白化粧品を選ぶ際には、成分を確認して、厚生労働省認可の美肌成分が入っているものを選ぶのが、もっとも安心で効果を期待できるといえるでしょう。

⒊4美白化粧品の注意点

ただし、気をつけなければならないのは、あくまで医薬部外品だということです。医薬部外品の美白化粧品は、その美白効果が、誰にでも必ず認められるというものではなく、「効果が期待できる」という程度のものです。医薬品のようにその効果が完全に認められているわけではないのです。また、肌タイプによっては、刺激を受けてしまう場合もあるので、使用中のお肌に異常が表れた場合には、すぐに使用を停止しましょう。

⒋美容系サプリメントについて

⒋1美容サプリメントとは?

私たちが日々行っているスキンケア、しかし、理想の肌への道程はそう簡単ではありません。有名な成分が入った高級化粧品を使っても、肌の表面をケアするのがやっとではないでしょうか。美容サプリメントの基本的な目的とは、体の内側からケアし、キレイな肌を作り出すシステムを構築することにあります。つまり、まずはダイエットと同様になりますが、基本となる栄養素をしっかり補う事からはじめましょう。

細胞にしっかりと栄養が届くようになれば、肌だけではなく、髪の毛や爪も一緒に美しくなります。このシステムを構築した上で、さらに目的に合わせたサプリメントを摂ると、効果的になるでしょう。

⒋2美容に必要な栄養素

美肌を実現する為に特に必要な栄養素を紹介しています。

ビタミン
全13種類あるビタミンですが、中でもビタミンB群と呼ばれる8種類のビタミンは、肌や粘膜の健康を維持し、健康な肌を作る上で欠かせない成分です。

ミネラル
ビタミンと同様に、基礎栄養素となるミネラルには、コラーゲンの生成に欠かせない亜鉛や、皮膚の健康を保つ硫黄、肌の老化を防ぐセレンなど重要な成分が多くあります。

アミノ酸
肌だけではなく、臓器や血液、ホルモンなどの構成の基礎となるのがアミノ酸です。コラーゲンの生成はもちろん、肌の天然保湿成分もアミノ酸を主成分として作り出されているものです。

コラーゲン
肌の真皮の土台となるコラーゲンは、絶えず生まれ変わりを続けていますので、コラーゲンをしっかり摂取することは、ハリのあるキレイな肌を作り、ターンオーバを活性化する事にも繋がります。

ヒアルロン酸
私たちの体内で、驚異的なチカラを持って水分を保有しているヒアルロン酸は、加齢とともに合成される量が減少しますので、潤いのある肌の為に、不足しないように心がけましょう。

核酸
DNAとRNAという遺伝子から構成されている核酸は、細胞が生まれ変わる際に非常に重要な役割を担っていますので、積極的な摂取を目指しましょう。

レスベラトロール
サーチュイン遺伝子を活性化することが確認された唯一の成分であり、強力なアンチエイジング効果も持っていますので、肌を老化から守る為に重要です。

⒌美肌を保つために必要な事とは?

⒌1肌の老化を促す4つの原因

1つ目は紫外線です。日光に含まれる紫外線は肌のダメージとなりメラニン色素などを生成してシミの原因を作ります。 2つ目は皮膚の乾燥です。加齢に伴い水分や皮脂が減り肌の潤いが失われシワの原因となります。

3つ目に細胞の酸化です。体内に取り込まれた酸素から活性酸素というものが出来ますが、脂質と結びついて細胞を酸化させます。これによりコラーゲンを硬くして皮膚の弾力を奪ってしまいます。 最後4つ目は新陳代謝の低下です。加齢によって女性ホルモンの分泌が減り、コラーゲンの生成がうまく行われず、新陳代謝の低下を招いてしまいます。皮膚が薄くなることで、外界からの刺激をさらに受けやすくなってしまうということです。

いつまでもみずみずしく健康な肌を目指すには、紫外線のカット・肌の保湿をしっかり行うこと、そして何よりも食生活を見直して体の中から美肌を目指しましょう。

⒌2肌を保つためにオススメの8つの栄養素

肌を丈夫に、また美しく保つためには以下の食材がおすすめです。

<肌の酸化を防ぐ>
・ビタミンC(緑黄色野菜や果物)
・ビタミンE(ナッツ類)
・リコピン(トマト・スイカ)

<新陳代謝をよくする>
・ビタミンB2(レバー・卵)
・ビタミンB6(ナッツ類・レバー・青背の魚)

<細胞に潤いを与え肌のハリを保つ>
・ビタミンA(レバー・卵・緑黄色野菜)
・コラーゲン
・コラーゲン生成を助ける亜鉛(牡蠣・牛肉)

⒌3美肌をサポートする、野菜の調理法

最近、調理器具も発達し、ご自宅で調時間にて蒸し料理を食べられるようになってきていると思います。ご自宅で蒸し用の器具をご活用されている方も多いのでないのでしょうか?

調理方法として短時間で高温加熱にて野菜を調理することにより、他の調理方法よりも栄養価の損失を防ぎ、美味しく野菜本来の味わいをお楽しみ頂くことができ、美肌活動をされている方には一石二鳥です。また油を使わずに調理するので女性にとっては、嬉しいカロリーダウンも期待できるのが特徴です。調理法だけでなく、切り方や大きさにも注意するとさらに効率よく栄養を摂取できますのでご参考にして頂ければと思います。

⒍美白クリームの上手な使い方

⒍1美白クリームの使い方

美白クリームだけで美白を行うのでも問題はありませんが、美白美容液を使って美白成分を肌に浸透させたところで美白クリームで蓋をすることになるので、美白成分をしっかりと肌に閉じ込めることができます。また、お肌全体に美容液、美白クリームを塗った後、消したいシミやくすみの場所に美白クリームをのせてあげると、シミやくすみがピンポイントで薄くなります。

さらに全体につけることにより、お肌の透明感を上げることもできます。このような感じで、美白クリームは美容液同様に美白にはかなり優れた効果を発揮してくれます。美白美容液と同じようにハイドロキノン(シミを薄くする美白成分)やアルブチン(シミを予防する美白成分)、ビタミンC誘導体(シミ予防、お肌のターンオーバーを助ける成分)などの美白成分が配合されたものが多く、シミ、くすみへの美白対策がしっかりと行えること間違いなしなのです。

⒍2肌の敏感な人でも美白クリームは使える?

しかし、肌を守るためのクリームとはいえ、ハイドロキノンなどの少々強い美白成分が配合されているものもあり、肌が荒れてしまう可能性もあるので、購入する前にはパッチテストを行いお肌に問題がないか調べてから使う必要があります。

基本的にはお肌の弱い人には美白成分の入った美白クリームはお勧めできませんが、最近ではお肌の弱い人でも使える美白クリームが販売されているので、興味があれば探してみるのも良いかもしれません。

皮膚科で処方される美白クリーム

また、特殊な物として、皮膚科でもらえる美白クリームがあることをご存知でしょうか?皮膚科で美白クリームをもらう場合には言えばくれるというわけではなく、医師の診察が必要になってしまいますが、シミ、くすみ対策を治療目的で行うため、市販されている美白クリームよりも少し濃度の濃い物を手に入れることができます。

皮膚科でもらう美白クリームはあくまでも治療薬なので、顔全体に伸ばす市販のクリームとは違い、部分的につけていくものが多いようです。


皮膚科といえど、シミ、くすみを消すための治療は自由診療、つまり自費で行う場合が多く、薬をもらうだけでも2,000円位からという少々お高めな薬を購入することになります。

ただ、ハイドロキノンを使用したクリームを出してくれるところが多く、市販のハイドロキノン配合クリームは濃度が1~5%であるのに対して、皮膚科で出される美白クリームはハイドロキノンが4~10%とかなりの高濃度のものを購入することができます。ハイドロキノンはシミ、くすみを薄くすることで有名な成分ですが、心配なのがその刺激の強さ。

特に皮膚科で出される高濃度のハイドロキノンを配合した美白クリームは、シミは消せても他の支障が出て来かねません。くれぐれも医師や薬剤師に言われたことを守り、使用するようにして下さい。

市販されているハイドロキノン配合クリーム

市販されているものの中にも、皮膚科で処方されるものとは濃度に違いがありますが、ハイドロキノン配合の美白クリームがあります。市販のものは濃度が1~5%と皮膚科のものより低めですが、ゆっくり継続してシミ、くすみにアプローチすることができます。美白肌を目指すなら、ハイドロキノンの濃度が2~4%程度であれば、トラブルが少なく安心して使えると言われています。

⒎まとめ

いかがでしたでしょうか?

美白効果のあるグラブリジン配合クリームがここまで効果的だとは、ほとんどの方が知らなかったのではないでしょうか。また、ここでご紹介した美肌を保つための方法についても是非とも取り入れてほしい方法です。

最後にこの記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

 

関連商品


スノーFFFクリーム

シミにもきく美白クリーム

3,980円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です