お肌のターンオーバーを促進させる効果的な方法についてみなさんは、知ってますでしょうか?

今回は、お肌の悩みを抱えている人に最も読んでもらいたい内容となっております。肌荒れの原因やその改善方法とうについても詳しく解説してますので、是非とも肌ケアの参考にしていただけたらと思います。

⒈お肌が荒れる理由について

⒈1肌荒れの原因とは?

ひとくちに肌荒れといってもカサカサしたり、赤みが出たり、ニキビが出来たり、痒くなったりと肌荒れにも種類があります。今回は特に女性のカサカサしてくる肌荒れの原因について説明していきます。原因は大きく4つに分類されます。

・加齢によるもの
・アレルギーによるもの
・生活習慣によるもの
・環境によるもの

⒈2加齢によるもの

まずは加齢による原因から説明します。菲薄化(ひはくか)とは皮膚が薄くなることです。表皮が薄くなることで肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こりやすくなります。菲薄化は年齢を重ねて女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少することで起こると考えられています。

コラーゲンの減少
女性ホルモンのひとつ、エストロゲンが減少することや、紫外線によるコラーゲンの破壊によって真皮層のコラーゲンの密度が低下します。また、コラーゲンの密度は年齢とともに低下していきます。コラーゲンが減少することで肌の弾性がなくなり、肌がたるむようになります。

女性ホルモンの減少
女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで肌が薄くなり、外部からの刺激に対応する力が弱くなって肌荒れが起こります。さらにコラーゲンが減少してたるみができるようになり、お肌の見た目にもシワが目立つようになります。

皮脂量の減少
30代ころから自分の力で肌の皮脂膜を作ることができない女性が増えてきます。さらに40~50代にかけては皮脂量が急激に減少していきます。皮脂膜が作れなくなると乾燥が進み、肌が荒れるようになります。

⒈3アレルギーによるもの

続いてアレルギーによる肌荒れについて紹介します。

花粉症皮膚炎
花粉症で、肌が荒れるのは花粉症皮膚炎(かふんしょうひふえん)と呼ばれる、顔や目の周りがかゆくなる症状です。普段のときよりも花粉の季節は肌荒れが起こりやすくなります。特に目、鼻、頬、口元、額などが粉っぽくなる、ひりひりする、赤みがでる、皮がむけるなどの症状が起こります。そして、もともとの肌質が乾燥肌の人や、敏感肌の人は普通肌、脂性肌、混合肌の人に比べてより肌荒れを起こしやすくなります。

遅延型フードアレルギー
食べ物からアレルギーが起こることは一般的によく知られています。アレルギーのある食品や卵、蕎麦、甲殻類を食べてすぐにアレルギー症状がでる場合は「即時型アレルギー」です。これの他に症状がゆっくりと出る「遅延型アレルギー」があります。食後数時間から数週間かけてゆっくりと肌荒れなどの不調が起こるため、アレルギーだと気がつかない場合があります。

⒈4生活習慣によるもの

日常の生活していくなかで行っている習慣によって肌荒れが起きていることもあります。順を追って解説していきます。

肌冷え 血行不良
皮膚の温度が下がる「肌冷え」も肌荒れの原因になります。表面が冷えることによってバリア機能も低下して、外気からの刺激に弱くなります。血流も悪くなるので肌がくすんで見え、透明感が失われます。

睡眠不足
睡眠不足だと肌が荒れるのはよく知られています。ポーラが行った実験によると、6時間の睡眠を取った朝よりも、3時間しか睡眠が取れなかった朝は肌からの水分の蒸散が多くなるということがわかりました。寝る時間が短いと、肌のバリア機能が低下してしまい水分の蒸散が多くなり肌が乾燥します。

過労
働き過ぎも肌荒れの原因になります。長い時間働いて、体にストレスが溜まるとコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。このコルチゾールはコラーゲンが作り出されるのを抑えて、肌のたるみや乾燥を起こしやすくします。

⒈5環境によるもの

生活している環境によって肌荒れが起こることがあります。

乾燥
肌の水分量は外気が乾燥すると合わせるように低くなります。外気の湿度が低くなることによって、肌の水分も蒸散してしまうのです。10月から3月にかけては空気が乾燥していますから、肌がカサカサしやすくなっています。

冷房暖房
冬場に暖房すると空気が乾燥します。これは温度が上がると相対湿度は下がるからです。エアコンで暖房していると加湿がされずに空気が乾燥して肌が乾きやすい状態が作られます。

紫外線
日光にあたると赤くヒリヒリとなるのは紫外線B波による炎症です。紫外線B波はコラーゲンなどがある真皮層までは届きませんが、皮膚細胞の遺伝子が傷ついてシミやシワの原因となります。紫外線A波は真皮層まで届いてコラーゲンにダメージを与えて、深いシワや肌弾力の低下、たるみなどを引き起こします。日焼け止めクリームをマメに塗るようにします。

⒉お肌のターンオーバーとは?

⒉1部位によっては違うターンオーバーの速度

ターンオーバーの速度は体の部位によって異なります。文献によって異なりますがおよそ28日~56日程度と考えておくと良いかもしれません。基底層から顆粒層まで14~42日。角質細胞となってはがれ落ちるまで14日(顔の頬部で10.2±1.8日、前腕部で20.2日±2.3日という報告もあります)。個人差はありますが約28日~56日かけて行われます。しかし他の部位、例えば手や足などの末梢は血行の関係もあり比較的遅いパーツです。

⒉2年齢によりターンオーバーの周期が変わる

ターンオーバー周期には個人差があります。一般的には加齢とともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると45日程度はかかるといわれます。年齢とともにちょっとした傷も治りにくくなっていくのはそのためです。

クリニックでのレーザー治療を例にとっても、レーザー治療後、皮膚がかさぶたになりはがれ落ちるまでに通常一週間程度ですが、50代くらいの方から遅くなる傾向があり2週間程度、さらに遅い方では3週間以上かかる方もいらっしゃいます。肌がくすむ、シミが増えた・濃くなったなどの症状が現れたらターンオーバーの機能が低下しているサインだと見逃さないようにしましょう。

⒉3正常に保つコツ

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因となります。正常に保つためにも睡眠時間や規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めないなど、基本的な日常生活習慣をもう一度見直してみましょう。ターンオーバーが遅い場合は角質が溜まりくすんだり、薄皮を重ねたようなごわつきが出てきます。

また傷跡も治りにくくなります。スキンケアとしては適度なピーリングを定期的に行なうことが効果的です。ただしホームケアではやりすぎてしまうなどのトラブルも考えられるため、美容クリニックを利用していただくことがオススメです。

逆に顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。ターンオーバーが早く乱れた肌は、核を持ったまま(不全角化)表面に押し上げられた状態となり、未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態ですので、水分を保持することが難しく乾燥したりします。ワセリンやクリームで表面を滑らかにし、丁寧に保湿と保護をして洗いすぎないようにすると正常化につながります。

⒉4真皮の線維芽細胞は細胞分裂に乏しい

ターンオーバーのおかげで表皮は生まれ変わっていますが、その奥にある真皮線維芽細胞は残念ながら細胞分裂に乏しいのです。加齢によりコラーゲンは減り、肌のハリは失われていきます。紫外線を浴び続けると、肌の弾力が低下しますので、UVケアは大切です。

日頃から日傘や帽子、サンスクリーン剤を上手に活用しましょう。また、真皮まで深い傷が出来てしまうと、元通りの修復は難しく、傷あとが残りやすくなります。日常生活ではなるべく傷を作らないように心がけ、もし傷を作ってしまったら早めの手当てをすることが重要です。そして表皮のターンオーバーをできるだけ正常に保ち、健康で丈夫な表皮を作っておくことが傷や紫外線を最小限にガードすることにも役立つのです。

⒊お肌のターンオーバーを促進させる効果的な方法

⒊1ターンオーバーと年齢の関係は?

ターンオーバーの周期(サイクル)は、個人差があり、また年齢によっても違ってきます。一般的に、年齢を重ねるにつれ新陳代謝は低下し、20歳代の女性では28日程度で行われていたものが、30~40歳代では約45日程度あるいはそれ以上といわれています。

さらに、50代、60代、70代になれば一層、ターンオーバーは遅くなります。年齢とともに傷の治りが遅くなったり、シミができやすくなったりするのは、このためなのです。また、ターンオーバーの速度は「表皮」内でも層ごとに異なり、これも身体の部分によっても違ってきます。

先ほど、ターンオーバーのメカニズムを説明しましたが、基底層から顆粒層までは14~42日程度を要するその後、角質細胞となってはがれ落ちるまで14日程度を要するこれらを合計すると、ターンオーバーの周期は28日~56日というのが、おおまかな目安です。

ここで、注意すべきは、年齢ととともにターンオーバーが遅くなるので「促進させないと!」と思ってしまうことです。年齢とともに、ターンオーバーの速度がゆるやかになって、遅くなるのはむしろ正常です。ターンオーバーの促進が必ずしもお肌の改善につながらないことを、理解しておきましょう。

私たちは、ターンオーバーを、お肌の老化の指標である「エイジングインデックス」の8つの要素の1つとして捉え、エイジングケアにとって大切な要素であると考えています。つまり、エイジングケアでもっとも意識すべきものの1つと考えているのです。

⒊2ターンオーバーを整える生活

乱れてしまったターンオーバーを正常に導くにはどうすればいいのでしょうか。まず基本となるのは、身体の内側からターンオーバーを整えること。そのために、「食事」や「睡眠」などの生活習慣を見直してみましょう。

ターンオーバー正常化のための栄養素

バランスのよい食事は特に大切。たんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく摂りましょう。また、皮膚や粘膜を丈夫にし、肌荒れや老化を予防する効果が期待できるビタミンA、抗酸化作用に優れ保湿にも有効とされるビタミンC、お肌の新陳代謝を高め、皮膚細胞を活性化するビタミンB2、B6などを豊富に含む食品を積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンEも抗酸化作用があるので合わせて摂りたい成分です。さらに、鉄や亜鉛などのミネラルもターンオーバーの改善に大切です。
  • ビタミンAを豊富に含む食べ物は、うなぎ、レバー、卵、牛乳、チーズなどです。
  • ビタミンCを豊富に含む食べ物は、赤パプリカ、黄パプリカ、ブロッコリー、ゆず、パセリ、芽キャベツ、レモンなどです。

  • ビタミンB2を豊富に含む食べ物は、牛・豚・鶏のレバー、うなぎ、キャビア、うずらの卵、納豆などです。
  • ビタミンB6を豊富に含む食べ物は、にんにく、マグロ、カツオ、酒かす、牛レバーなどです。
  • ビタミンEを豊富に含む食べ物は、アーモンド、落花生、ひまわり油、サフラワー油、コーン油、うなぎ、はまちなどです。
Processed with VSCO with c7 preset
  • 亜鉛を豊富に含む食べ物は、牡蠣(生)、ビーフジャーキー、パルメザンチーズ、煮干、ピュアココア、豚レバーなどです。
  • 鉄分を豊富に含む食べ物は、あさり佃煮 、干しエビ 、豚レバー 、鶏レバー、 パセリ、卵黄などです。

どうしても食べ物だけで栄養素が不足する場合は、サプリメントなどで補うのもよい方法です。

⒊3ターンオーバーを整えるスキンケアとエイジングケア

ターンオーバーを整える、つまり正常化の基本はスキンケアの基本と同じです。それは、「清潔を保つ正しい洗顔」、「保湿」、「紫外線対策」の3つです。食事や睡眠などの日常生活もしっかり意識しているのに、ターンオーバーが乱れてしまう場合は、この3つのいずれか、または複数に問題があるはずです。

ターンオーバーと洗顔

スキンケアの中で、特にターンオーバーと関わりの深いものが「洗顔」です。正しく洗顔を行えば、ターンオーバーの正常化に役立ちますが、誤った洗顔はターンオーバーの乱れにつながります。洗顔は、汗やほこり、酸化した皮脂などの汚れを取り除き、素肌を健やかにして、ターンオーバーを正常化するための大切な手段です。

皮脂が酸化すれば、エイジングを加速する「過酸化脂質」が肌表面に増えます。また、ホコリなどの汚れをそのままにしていれば、表皮常在菌のバランスが崩れ、肌荒れやニキビの原因にもなります。こうした肌トラブルを防ぐために、肌の表面に押し上げられた古い角質を洗顔で落とすことは、極めて大切です。しかし、刺激の強い洗顔や洗いすぎで、お肌を傷付けたり、セラミドを流しすぎたりすると、ターンオーバーを早めてしまうのです。

⒌まとめ

ダイエットでも大事なことですが、お肌ケアには普段の食事が大きく影響してきます。もちろん、その他にも前述した通り様々な原因はありますが、その第一の原因としてみんな口を揃えて言うのが普段の食事です。

いつまでも、若々しい肌を保ちたいなら普段から食事にちょっぴり気をつけてくださればと思います。最後に、この記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

関連商品


リシャッフル

新ブーム到来!?芸能人も愛用している炭酸美容ミスト

2,980円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です