スキンケアで一番大事なことは、皆さんなんだと思いますか?
また、ハイドロキノンと言われている成分を皆さんはご存知でしょうか?

今回は、そんな美肌に敏感なオシャレ女子のために「ハイドロキノン」の危険性と正しい使い方や美肌になるために知っておきたい、知識事項等について詳しくまとめてます。是非ともご参考にしていただき、試していただきたい内容です。

⒈ハイドロキノンとは?

⒈1ハイドロキノンについて

ハイドロキノンはイチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分です。ハイドロキノンには還元作用があり、写真の現像やゴムの酸化防止剤としても使用されてきました。還元作用とは酸化を抑える作用のこと。人間の体は歳を重ねると老化現象により、さまざまな不調が現れますが、これも、体が酸化する(錆びる)ことが原因のひとつとされています。

ハイドロキノンはアメリカではもっともポピュラーな美容成分とされていますが、日本では管理の難しさから医師の処方の元、使用することが許されていた成分でした。しかし、2001年の薬事法の規制緩和により化粧品にも使用できるようになりました。つまり、それだけ作用の強い成分であるといえます。

ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)そのものに働きかけ減少させる効果を期待することができます。最大の特徴はこれからできるシミを予防するだけでなく、すでにできているシミにも効果が期待できるという点。メラニンは紫外線などの刺激によって酸化され、黒く濃くなる性質を持っています。ハイドロキノンは還元作用により酸化を還元し、メラニンの色を薄くする働きもあるのです。

⒈2効果が期待できるシミのタイプ

ハイドロキノンの効果を得ることのできるシミにはどのようなタイプのものがあるのでしょうか?

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類
・炎症後色素沈着
・肝斑(かんぱん)
・そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
・日光黒子(老人性色素斑)

しかし、ハイドロキノンの効果が期待できるのは皮膚の表面(表皮)にできてしまったものだけです。肌の奥深く(真皮)にまで及んだ色素沈着には効果を期待することができません。また、肝斑は紫外線や老化など原因がはっきりとしたシミの種類ではないので、原因によっては効果が期待できないこともあります。

そばかすも肝斑と同じように紫外線や老化で引き起こされるものではなく、遺伝的要因が原因となって引き起こされるタイプのシミなのでハイドロキノンで消えるということはありません。しかし、そばかすは紫外線の影響により濃くなる性質を持っているので、ハイドロキノンの作用により薄くなる可能性はあります。

⒉ハイドロキノンの危険性について

⒉1発がん性はあるのか?

ハイドロキノンには、発がん性が報告されています。ただし、これはアメリカ食品医薬品局におけるラット実験で、ヒト試験ではありません。この実験では、ラットに高濃度のハイドロキノンを「内服」させたところ、発がん性が認められたということでした。ガンは、遺伝子情報が壊され、異常増殖することによって悪性腫瘍化する病気です。

細胞の中の遺伝子が破壊されてしまい、ガン細胞化することがあるのですが、このような働きをさせてしまう物質を「変異原性物質」と言います。ハイドロキノンは、変異原性物質である可能性が高いのです。人間の体は何もしなくても、毎日5000個のガン細胞を作り出しています。

これらは、免疫細胞の働きにより退治されてしまうことがあるのですが、免疫細胞が弱っていたり、一度に多数のガン細胞ができてしまうと、処理しきれずに蓄積したものが腫瘍になってしまうことがあります。

このため、ハイドロキノンに内服薬はありません。ガンに対する実験は、再発実験をのぞきヒト試験は行われないのが普通ですので、ラットなどの実験動物の結果を基にするしかありません。

肌に塗る(外用薬として)の実験結果は、まだありません。高濃度ではなく、薬事法で定められている2%ならどうなるか、という実験も、発がん性に着目したものはありません。

⒉2ハイドロキノンは安全か!?

完全に安全か、そうでないのかに関しては、今後の実験結果を待つしかありません。日本でハイドロキノンが化粧品に配合することを認可されてから、まだ14年(2015年現在)しかたっていません。ただ、その間、ハイドロキノン使用による白斑その他の皮膚障害の報告はないようです。

注意点

気を付けたいのは、ハイドロキノンとトレチノインの効果を混同している方が多いということです。トレチノインは、肌のターンオーバーを早め、ピーリング効果もある成分なので、皮がむけてくることが多くあります。この作用は肌のターンオーバーを促すための作用なので、トレチノインの効果ともいうことができます(この反応は、治まります)。

この反応をハイドロキノンの反応だと間違えて覚えていらっしゃる方がいます。ハイドロキノンにはターンオーバーを促す効果はありません。ハイドロキノンで肌が剥けてきたとしたら、それは炎症です。何らかの肌トラブルが起こっている可能性があります。炎症が同じところで繰り返されると、細胞に異常が起こる場合があります。増殖機能が暴走してしまうと、ガンに発展する可能性も0%ではありません。

このような事故を防ぐために、以下のことに気を付けてください。

異常を感じた時はすぐに使用をやめること
「そのうち治るかな?」は危険です。ハイドロキノンは、効き目も副作用も強い薬だということを、頭の片隅に置いて使用してください。なお、異常を感じた時は医師に相談するとよいでしょう。

使用期限を過ぎたものは、使用しないこと
ハイドロキノンは不安定な成分です。酸化もしやすく、酸化すると肌に刺激を与えます。何ともなかったのに、使うと炎症が起きるようになったりするのは、ハイドロキノンの酸化が原因かもしれません。ハイドロキノンを使用したクリームは、必ず使用期限が書いてあります。温度変化によっても変質しやすいので、冷蔵庫での保管をおすすめします。

休眠期間を必ず守ること
ハイドロキノンには、使うのを休まなければならない期間があります。刺激の強い薬でもあるので、決められた期間使ったら、必ず最低2週間は使用を休まなければなりません。この期間は、絶対に守ってください。強すぎる薬を連続投与するのは良いことではありません。帰って害になります。注意点に気を付けて、美白を目指してくださいね。

⒊ハイドロキノンクリームの正しい使い方とは?

⒊1ハイドロキノンクリームとは?

その名の通り、ハイドロキノンを配合したクリームのことです。ハイドロキノンには、シミのもととなるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの産生を抑える働きがあり、シミに高い効果があるとされています。

一口にハイドロキノンクリームといってもその種類はさまざまで、製品によって配合されているハイドロキノンの濃度は異なり、市販されているものは1%~4%程度の濃度のものとなっています。

ハイドロキノンクリームは、すでにできているシミにアプローチするために使用されることが多く、シミや色素沈着だけでなく、ニキビ跡の改善やシワなどのケアにも使用されています。

⒊2正しい使い方

ハイドロキノンは非常に刺激の強い成分なので、間違った使い方をすると肌トラブルを引き起こすこともあります。ハイドロキノンクリームの正しい使い方をご紹介します。

パッチテストを実施
絆創膏にハイドロキノンクリームを塗り、二の腕など皮膚の薄い部分に張り、24時間程度放置します。赤みや炎症など肌に異常が起きなければ使用しても問題ないといえます。

ハイドロキノンクリームは洗顔後の清潔な肌に塗布
洗顔直後は角質層に水分が多く含まれるため、ハイドロキノンの浸透性が高くなり、効果が出過ぎる場合があるので、洗顔後20分程度置くか、化粧水や乳液などでケアをした後に塗り込むようにするようにしましょう。

綿棒などで塗るのがおすすめ
シミができていない部分にハイドロキノンクリームが付着すると白班ができるなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、シミのみにきちんと塗れるよう綿棒などを使って塗るのがおすすめです。

⒊3注意点について

ハイドロキノンクリームを使用する際にはさまざまな注意点があります。

紫外線対策を必ず行なうこと
ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質がある成分です。日光を直接浴びなくても紫外線は室内に入ってくるので、外出しない場合でも紫外線対策は必ず行なうようにしましょう。

使用期限を必ず守ること
ハイドロキノンは非常に酸化しやすい物質なので、開封後、長期間放置すると劣化してしまいます。酸化したものを使用しても望むような効果を得ることはできない可能性が高いので使用期限は必ず守りましょう。

シミが薄くなってきたら使用を中止すること
長期間同じ部位に使用し続けると、肌を弱くなってしまう可能性があります。このように、ハイドロキノンにはさまざまな注意事項があります。満足のいく効果を得るには正しく使用するということが何よりも重要です。使用上の注意をよく読んでから使用するようにしましょう。

⒋美肌になるにはどんなことが必要なのか?

⒋1もともと肌には奇跡の再生力がある

美肌のためにスキンケアは必要不可欠なものだと思っていませんか。もちろんスキンケアは大切です。でも、ここで言うスキンケアとは、「洗顔」をして、「化粧水」を塗って、というような一般的な方法ではありません。肌には高価な化粧品やエステに頼らなくても、美しさが保たれる「機能」がもともと備わっています。それなのに、なぜか私たちは毎日こんなにも肌の手入れをしています。これらは本当に必要なのでしょうか?

実は私たちが普段、当たり前のようにしているスキンケアそのものに、肌が本来持っている、美しさを維持するための「機能」を、破壊してしまう原因がありました。今までのスキンケアをつづける限り、本当の意味での美肌はありえません。

もともと肌には奇跡ともいえる再生力があります。たとえば切り傷ができても、自然とふさがっていきます。これは肌の「シミ」や「シワ」、「くすみ」「乾燥」なども同じです。それは年をとるごとに、年々衰えていきますが、生きているかぎり無くなることはありません。

⒋2スキンケアが素肌の美しさを破壊していた

肌は新陳代謝によってリニューアルされるはずなのに、乾燥やシミ、シワ、くすみなどが消えないのはなぜでしょうか。その理由は2つあります。ひとつは従来のスキンケアが「新陳代謝」を無視していたこと。もうひとつが従来のスキンケアが肌の「バリア機能」を破壊してしまうことです。

「新陳代謝」を無視したスキンケア

雑誌や本で紹介されているスキンケアの方法は、自分に合った化粧品の選び方や、スキンケア用品の正しい使い方が紹介されていますよね。どうやって外から水分を補い、それを保つかという話ばかりで、どうしたら「新陳代謝」を上手に働かせることができるか、その機能を促進させることができるかは、ほとんど紹介されていません。

化粧品で外から水分を補って、肌を過保護にしていると、肌の機能は働くチャンスがないので、どんどんその機能が失われていきます。そして、美肌を保つために化粧品に依存するようになり、それが必要不可欠になっていくのです。

従来のスキンケアが肌の「バリア機能」を破壊するメカニズム

界面活性剤さらに、ほとんどの化粧品の中には、「界面活性剤」という成分が含まれています。これは化粧品の中の「水分」と「油分」を混ぜあわせるためです。さらに界面活性剤はもう1つ重要な働きがあります。肌の奥に化粧品の水分や成分をしみ渡らせるために、肌の「バリア機能」を壊す働きがあります。そうしないと、肌の表面で水分や油分がブロックされてしまうからです。

ところが、「バリア機能」を壊された肌は、化粧水などの潤いを保つことができず、さらに上から保湿のために「クリーム」を塗ることになります。これでは本末転倒です。またスキンケアのために洗顔は欠かせませんが、ここにも問題があります。洗顔をすると、皮膚の表面の古い細胞がはがされてしまうのです。この古い細胞が「バリア機能」だとお話ししました。

従来のスキンケアは肌の「新陳代謝」を無視して、損なわせてしまいます。さらに肌の「バリア機能」を破壊して、トラブルの原因を作ります。これでは、本当に肌のためだと言えるのでしょうか。

もともとスキンケアのルーツは乾燥の多いヨーロッパにあります。その憧れから日本でもブームが起こりました。しかし、それ以降、むしろ乾燥肌や肌のトラブルが増え続けているのは、ただの偶然でしょうか。私たちはそろそろ、スキンケアの本当の意味を考えなおす必要があるのかもしれません。

⒌まとめ

美肌に効果的な「ハイドロキノン」も使い方を間違えたら、思わぬことになりかねません。しっかりと、用法用量を守ってご使用するようにしてくださいね。また、最後の方でも前述したように美肌には生活習慣や普段の食事などが大変大きな影響があります。普段からしっかりと正しい生活習慣と食事を心がけることも重要です。

関連商品


スノーFFFクリーム

即効性のある美白クリーム。
紫外線対策にもなるので夏冬問わず使用でき、使い続けることで地肌も白に近づけることができます。

2,980円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です