あなたは、東京で花見をするならどこにいきますか?
今回は、東京周辺でお勧めのお花見スポットを大公開いたしました。連日大人気のお花見スポットばかりですので是非とも今年は、行ってみてくださいね。また、お花見の際にはくれぐれもゴミの後始末に気をつけて楽しいひと時を過ごしましょう。

東京周辺で花見にお勧めのスポットを大公開!

目黒川

約4kmの目黒川沿いには約800本の美しい桜が咲き乱れます。休日に桜を眺めながら川沿いをのんびり歩きたいですね!約4kmも続く桜並木は関東近郊でも人気の観光名所です。特に、春が溢れるほどに咲き誇り、大勢の花見客でいつも混雑しています。充実したショップなどショッピングも楽しめる場所なだけあって、デートにも最適ですよ。

4月上旬に開催される「中目黒さくら祭り」では、桜をバックにダンスパフォーマンスなどが行われ、歩いているだけでもお花見気分が楽しめます。

上野恩賜公園

言わずと知れた東京の桜の名所、上野恩賜公園!四季折々の自然を楽しむことができる上野恩賜公園の春は、約800本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇ります。動物園や美術館なども近くにあるので、大人から子供まで一日中春の休日を満喫することができます。さくらまつり期間中は、上野のお囃子保存会による大黒舞と寿獅子、草花市、青空骨董市も開催されます。

隅田公園

隅田川の吾妻橋・桜橋間は江戸時代からのお花見名所。スカイツリーと桜を同時に楽しむことができる贅沢お花見スポットです。隅田公園に約1000本の桜があり、屋形舟から両岸の桜並木を眺めることも可能です。

風情溢れる観光スポットですね。満開の時期には桜祭りも開催され、向島芸妓茶屋や多くの模擬店が出店されます。夜になるとライトアップした夜桜を眺めることができるほか、隅田川両岸や屋形船から風情ある花見が楽しめます。

六義園

東京・駒込にある六義園の桜!六義園は関東で数少ない国の特別名勝に選ばれており、とても歴史の深い場所です。ライトアップの期間中は、開園時間が21時まで延長されて美しい夜桜を楽しめるほか、さくら茶屋で軽食を楽しめます。せっかくのお花見だから飲食もたのしみたいですよね。

国の特別名勝にも指定されている「六義園」。3月下旬になると庭園中央部にあるシダレザクラが見所を迎え、儚げな美しさを誇っています。これは必見です。

赤城南面千本桜

赤城南面千本桜。「日本のさくらの名所100選」にも選ばれ、毎年多くの観光客が訪れる前橋市を代表するお花見の名所です。樹齢60年近いソメイヨシノが1キロ以上続く市道に沿って約1000本植えられています。

その桜が一気に咲いたときは、まさに絶景です。隣接の「みやぎ千本桜の森」内には「世界の桜ゾーン」という37種の桜約500本と15万株(6,000㎡)の芝桜が楽しめるスポットもあります。

桜まつり期間中は、郷土芸能・地元の新鮮な農産物の市場や、ステージパフォーマンス、大道芸など色々なイベントが行われます。夜間はぼんぼりの点灯とライトアップもされるので、夜桜も楽しめますよ。

八重洲さくら通り

八重洲さくら通りは、東京駅八重洲口という都心に位置しながら約150本のソメイヨシノを見ることができるサクラの名所です。ライトアップされる夜桜も美しく、多くの仕事帰りのサラリーマンやOLがお花見を楽しめる癒しスポットとなっています。

4月上旬には「桜まつり」も行われ、日本橋プラザビルや八重洲センタービルではアルコール類が販売されます。露店も数多く出店されて、様々なイベントが行われます。

六本木ヒルズ 毛利庭園・さくら坂

六本木ヒルズでは日本庭園「毛利庭園」で開発前から存在した桜の木を楽しむことができます。また、六本木けやき坂通りと平行する六本木さくら坂では、開発と共に生まれ育ってきた桜並木を楽しめます。お花見の時期になると毛利庭園もさくら坂も夜のライトアップも行われ、六本木ヒルズに情緒溢れる景色が広がります。

六本木ヒルズの春まつり期間中は、春まつりの屋台が登場し、六本木ヒルズ内の店舗で春にちなんだイベントやメニューが展開されます。家族でおでかけするのにもぴったりです。

井の頭恩賜公園

一年を通して関東のおでかけスポットとして人気の「井の頭恩賜公園」!園内には約500本の桜の木があり、そのうち250本が池の周辺に植えられているんだとか。

西園では多くの品種の桜を楽しむことができ、3月上旬から早咲きの桜が咲き出します。例年の桜の見頃予想は3月20日 ~ 4月10日頃です。池の水面に映る満開の桜は圧巻の美しさで、毎年多くのカップルや家族連れで賑わう人気お花見スポットです。

八重桜、しだれ桜など桜の種類もたくさんあります。それぞれ順番に咲いていくので、4月下旬くらいまでは桜を楽しめるのだとか。

県立三ツ池公園

県立三ツ池公園は神奈川県横浜市にある公園で、名前からも分かる通り、3つの池(上の池、中の池、下の池)からなる総合公園です。

桜の季節になると、およそ78種1600本以上の桜が花咲き、池の周辺を美しく彩ります。さくらまつりでは、休日を中心に近隣学校の演奏会などのイベントが行われます。売店での軽食販売もあるので、美味しいものを食べながら桜を鑑賞できますよ。

小田原城址公園

日本さくらの会から「日本さくら名所100選」に選ばれています。300本を超えるソメイヨシノが霞のように咲き誇る様子は圧巻です。小田原城本丸を中心に整備された公園のため、城跡周辺に桜がたくさん植えられています。歴史も感じられるスポットになっています。

小田原市では小田原城址公園を中心に、長興山のしだれ桜、沼代桜の馬場において「小田原桜まつり」が開催されます。期間中はぼんぼりやライトアップが楽しめ、多くのお花見客で賑わいます。

東京のお花見で絶対必要な持ち物とは?

花見の持ち物と言えばよく場所取りなどでも使用されるブルーシートは欠かせない!

ブルーシートを広げその上で飲み食いしながらお花見をする方が多いと思います。ですが経験したことがある方なら分かると思いますが、お花見会場は平らな所は少なく凸凹のアスファルトなどが多いです、なのでブルーシートを引いただけの上に長時間座っているとお尻が痛くなってきます。そこで、役に立つのがダンボールです。

凸凹の地面の上に先ずはダンボール引いてその上にブルーシートを広げます。こうすることでクッション性ができ長時間のお花見でもお尻が痛くなることはありません。また、そのお花見場所近くにゴミ箱があるとも限りませんのでダンボールでお手製のゴミ箱を作って置くと、ティッシュなどのちょっとしたゴミを捨てる際にとても便利になります。

さらに、クッション性を高めたいと思っている方はレジャーシートそのものにクッション性がある商品もあるので、それと合わせて使用すると良いのではないでしょうか。

お花見会場はポケットティッシュが必須です!

毎年のことですがお花見会場には人が沢山集まります。そうなると公衆トイレのトイレットペーパーが無くなる可能性が非常に高いです。実際に無くなっている所が多いと思います。私は無いものだと思いポケットティッシュを持参しています。日頃、ポケットティッシュを持っている方は良いのですがそうでない方は気を付けて下さい。

その他の必需品

割り箸・紙皿・紙コップ:外で飲んだり食べたりする場合は必須ですね。人数分より少し多めに用意して置きましょう。ボックスティッシュ:お花見時期はまだまだ花粉も飛んでいるので何かと重宝すると思います。

小銭:自動販売機で釣銭切れが起きることもあるので、100円玉/10円玉の小銭を用意して置いた方が良いと思います。
ゴミ袋:飲み食いすればゴミは絶対に出るので、マナーとして必ず持ち帰るようにしましょう。急な雨の際に簡易なカッパにも使えるのたくさん持っておいて損はありません。

3月の花見はまだまだ寒い!?

3月と言ってもこの時期はまだまだ寒いです。天気にもよりますが、日中が暖かくても夜になると冷え込み風も強くなってくると思います。

3月は最低気温5~6℃・4月は最低気温10℃前後でしょう夜桜を楽しむならもう一枚重ねて着られる服やマフラー・カイロなどを用意して置くのも大事だと思います。私は中にヒートテック・レギンスその上に厚手のニット・裏起毛パンツを着てダウンジャケットを着ます。さらに、ニット帽やマフラー・手袋で防寒対策しています。

女性で冷え性の方は地面からの底冷えがあるので座布団やひざ掛けを用意して置いた方が良いと思います。座布団内部に使い捨てカイロを入れることのできるものもありますので冷え性の方は一度試してみてはどうでしょうか。次の日になって風邪をひいてしまっては後がつらいので気を付けて置いて下さい。

ストーブ・ファンヒーターを使用した防寒対策をすること!

これらの対策をしても座り続けて動いていない分余計に寒さを感じる方もいるでしょう。そういう場合には、元々はキャンプや災害時などに重宝してきた野外専用ストーブ・ヒーターを使用しましょう。

動かし方は、カセットボンベを燃料にして動かすタイプや電気で動くタイプがあり、最近のものは軽量でコンパクトな野外専用ヒーターも多くあり手軽に暖房できるようになっています。

用意してあげると冷え性に悩まされている女性から喜ばれますので、男性の方はまめな配慮をしてあげて下さい。ただ、ストーブ・ヒーターを用意する前にお花見会場の禁止行為などを把握しておく必要があります。

それは、禁止事項の中に火気厳禁とされる場所があるからです!必ず確認しておきましょう。もしどこで確認したら分からない場合は、その場所の管理者に直接問い合わるのが一番早く間違いがないでしょう。

まとめ

東京で花見をする際には、是非とも今回ご紹介したスポットをチョイスしてみてください。また、最後の方でご紹介しました花見に必要な道具なんかもしっかりと備えて行く用意心がけてくださいね。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です