ヒルドイドは、アトピー性皮膚炎による強い肌の乾燥、打撲によるあざの治療、ケガをしたあとのケロイドの予防などに用いられる医療用医薬品です。

究極のアンチエイジングクリーム

ヒルドイドの主成分は「ヘパリン類似物質」と呼ばれているもので、肌への強い保湿力のほか、血行促進、抗炎症作用などの効果が認められています。こうした薬効が、乾燥肌や加齢によるしわなど、女性が気になる肌トラブルを解消すると口コミで広がりました。

何万円もする美容液よりも美肌効果があるのですから当然のことです。

とはいえ、美容目的で皮膚科を受診して健康保険を使うのは違法行為です。
なお、美容目的でのヒルドイド使用は、全国で年間「93億円」になると推計されています。

マツキヨからヒルドイドの類似品「ヒルメナイド油性クリーム」が登場

最近ではヒルドイドと同じヘパリン類似物質含有の保湿クリームが、ドラッグストアチェーン「マツモトキヨシ」から誕生しました。
第2類医薬品なので処方箋なしで購入することができます。

ヒルドイドの副作用とは?

おだやかな作用の塗り薬ですので、副作用はほとんどありませんが、皮膚刺激感、過敏症としての発疹やかゆみなどがややります。

なお、血友病や血小板減少症など、出血性の血液の病気のある人は控えてください。

ヒルドイドのジェネリック。ビーソフテン、ヘパリンなど。

ビーソフテン(一般名:ヘバリン類似物質)は1954年から発売されている「ヒルドイド」というお薬のジェネリック医薬品です。「保湿」「血行促進」「傷痕を綺麗にする」という3つの作用を持つ塗り薬です。

また、ヒルドイドのジェネリック(ヘバリン類似物質)は日医工、ニプロ、アメル、ニットー、テイコクから発売しています。

 

ヒルドイドクリームの海外販売店はこちら

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です