ヒアルロン酸がどれほど肌に必要なのか、知っている方も多いと思いますがそもそもヒアルロン酸がどのような効果があるのか、具体的に知っている方は少ないと思います。

今回は、そんなヒアルロン酸配合のトレンド商品についてご紹介するとともに、ヒアルロン酸が及ぼすデメリットにも着目して解説していきたいと思います。ヒアルロン酸配合の商品をお使いの方は、是非とも今後のためにも参考にしてくださいね。

⒈ヒアルロン酸とは?

⒈1ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。

保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで水6リットル)といわれています。人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。

⒈2ヒアルロン酸の働きとは?

ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持やクッションのような役割で細胞を守っているのです。

・肌の保湿性や粘弾性の維持
・肌のシワやたるみの予防
・肌や関節軟骨機能維持
・老眼や眼精疲労の改善
・体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能
・卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や更年期障害の改善にも期待

⒈3ヒアルロン酸と年齢について

ヒアルロン酸は加齢とともに減っていきます。赤ちゃんの時にはぷるぷるしていた肌も、年齢を重ねるごとに体内のヒアルロン酸の量も少なくなっていきます。ヒアルロン酸は赤ちゃんのときが最も多く、20代まではそれほど影響はありませんが30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の 50%まで減少し、60代になるとヒアルロン酸の量はかなり減少し、赤ちゃんの頃と比べると4分の1(25%)まで少なくなります。

このように加齢によるヒアルロン酸の減少は、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のハリも低下させ乾燥肌やシワ、シミ形成の原因になってしまいます。肌のほかにも、体の様々な器官で水分調整ができずに老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなります。

⒈4ヒアルロン酸と肌の関係性について

肌における真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種ですが、ムコ多糖類は水分を保水する力があることで、肌のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きを行います。

加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリといった弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、肌のハリもなく衰え、シワやたるみが目立ってきます。このようにヒアルロン酸は肌にとても必要な成分であるといえます。 また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれています。

⒉ヒアルロン酸の効果はどれぐらい?

⒉1肌に潤いを与える

女性の肌のアンチエイジング、美肌、と言ったスキンケアの分野で活躍しているのがヒアルロン酸です。皮膚には細胞がたくさんあって、その細胞と細胞の間に存在しています。

皮膚の細胞間のヒアルロン酸は、肌のハリと弾力、保湿をしてみずみずしい肌を作る、この働きをメインとして美しくて女性らしい肌に貢献しています。皮膚は大きく分けると、表皮・真皮・皮下組織、この3つの層でできています。ヒアルロン酸は真皮の部分に存在していて、線維芽細胞が生成しています。

そしてコラーゲンと弾力繊維として存在するエラスチンが網目状に絡んでいるところの隙間を埋めるように、ゼリー状になって美しい肌作り、ダメージを受けた肌の修復に貢献しています。

このように細胞間にヒアルロン酸がたっぷりとある状態だと若々しい肌となり、まるで赤ちゃんの肌のようにしっとりして弾力のある状態になるんです。

しかし、残念なことに肌の中にあるヒアルロン酸は赤ちゃんの時をピークとして年齢と共に減少してしまいます。これはどの女性も同じメカニズムで、線維芽細胞も衰え始めてしまい、保湿力が落ちて各種美容成分の生成も衰えてしまうので、30代、40代になるとアンチエイジングや年齢肌用の化粧品を使う必要が出てくるのです。

⒉2女性の生理や更年期障害の緩和

ヒアルロン酸は女性の美肌の味方なのと同時に、女性らしい体つくりにも貢献しています。主に生理や更年期障害などの女性ホルモンにも関与しています。

・排卵を促す、助ける
・月経周期を整えようとする
・女性ホルモンのバランスを正常化
・更年期障害の諸症状を緩和
・生理痛を緩和

ヒアルロン酸は細胞間で言わば潤滑油のような役割をしているので、女性の子宮や生理に関連するホルモンバランス、自律神経などにも深くかかわっています。女性が更年期障害になったとき、さまざまな症状が出ます。それも加齢とともにヒアルロン酸が少なくなっていることで酷くなることがあります。

⒉3体中の関節の働きを滑らかにする

ヒアルロン酸は女性の生理にも関与していると述べた通り、体中のいろいろなところに存在しています。ヒアルロン酸の存在があるから滑らかな動きと潤いのある肌があると言っても良いくらいです。しかしどうしても年齢と共に減少していくので、体中の関節にも影響が出てきます。中高年になるとひざやひじが痛くなることが多くなります。このほとんどは特定した原因がなければヒアルロン酸の減少によるものだと言われています。

ヒアルロン酸の減少が影響している関節の痛みには、痛い部分に直接ヒアルロン酸を注射して補うと炎症や痛みを軽減することができます。このようにヒアルロン酸は体中のいたる所に存在していてさまざまな役割を担い、日々女性の体に貢献しています。

⒊ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

⒊1ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射は効果が長い

サプリメントではヒアルロン酸の体内保有量が増えることはなく、化粧品も肌のうるおいを保つのに一時的な効果しかありません。しかし、ヒアルロン酸注射の効果は注入する部分や個人差もありますが、数か月~数年と長い期間、効果が持続します。この期間に注入したヒアルロン酸はゆっくりと体内に吸収されていきます。一回の注射で数か月~数年効果があるので、何度も注射に行けない忙しい方には嬉しいです。

ヒアルロン酸の種類が豊富

ヒアルロン酸注射に使われる薬剤は1種類ではなく、製造会社や硬さ、効果時間が違うなどさまざまな種類の薬剤があります。なので、シワの深さや注射を打つ部分の肌の状態によって、最適な注入剤を使い分けることができます。自分にぴったり合った注入剤を使うことで、すぐに元に戻ってしまったなどのトラブルを防ぐのに役立ちます。

後から修正できる

注入後、数日経過してから「薬剤の量が多くて皮膚が膨らみすぎてしまった」「均等に注入されず、表面がでこぼこしてしまった」などの症状が出ても修正することができます。具体的には、ヒアルロン酸を分解する薬剤を注入することで、分解して除去可能です。仕上がりが気に入らない場合でも後から修正できるのは安心感があります。

アレルギー反応の発生が少ない

ヒアルロン酸は体内で生成される成分なので、アレルギー反応は発生しづらいとされています。しかし、アレルギー体質で心配な方は、皮内注射と呼ばれるアレルギーテストを行うことによって、事前にヒアルロン酸のアレルギーがないか調べることができます。

⒊2ヒアルロン酸注射のデメリット

すぐ元に戻ってしまう

ヒアルロン酸注射をしたのに、数日後には元に戻ってしまうケースもあります。これは後日、再度注入することによって解決することがほとんどです。しかし、悪質なケースだと、質の悪い薬剤を使用したりわざと量を少なくして追加料金を取ったりする場合もあります。実際に行ってみた人に話を聞いてみる、クチコミで気になる情報を確認しておくなど、事前に徹底してリサーチすることにより、悪質なケースを避けることのできる可能性が高くなります。

顔の腫れや内出血

針を注射する際に誤って毛細血管を傷つけてしまい、内出血であざができてしまうケースがあります。また、内出血の量が多いと顔がパンパンに腫れてしまうこともごくまれにですが報告されています。腫れも内出血も平均1週間程度でよくなりますが、外見が気になる方はコンシーラー等の化粧品を使って隠すことができます。

多少の痛みがある

顔に注射をするので無痛というわけにはいかず、針を刺す際にはチクリとした痛みがあります。ただ、注射針は年々進化していて、極細で先の丸いものが使われているため、我慢できないほどの痛みが発生することは少ないといわれています。

しかし、注射の部位や注入する量によって個人差がありますので、注射がどうしても苦手な方や最初の注射で耐えられない痛みを感じた方には、部分的に麻酔を打ってから注入してくれる医院もあります。そのあたりは病院によっても大きく変わってくるので、あらかじめ情報を集めたり相談しておいたりすると対応してくれるかと思います。

塞栓症のリスク

非常にまれな確率ではありますが、注入したヒアルロン酸が誤って血管内に入ってしまうと血流障害が起こり、組織の壊死等を引き起こしてしまう場合もあります。これは、先の丸い特殊なマイクロカニューレと呼ばれる針を使用する事等でリスクを減らす事が出来ます。ヒアルロン酸注入の治療を安全に受けて頂くためにも、解剖学のしっかりした知識があり、症例数の多いドクター選びが重要です。

⒋おすすめのヒアルロン酸配合の商品

⒋1オーガランド・W低分子ヒアルロン酸&コラーゲン

美容のみならず健康の為にも必要な成分「フィッシュコラーゲン」や、潤い成分をサポートする「ツバキ種子エキス」、肌の乾燥を防ぎ身体のスムーズな動きを手助けする「低分子化ヒアルロン酸」などを配合しています。

オーガランドでも自慢のロングセラー商品で、累計出荷個数は、813,000個を突破。美容面でのサポートをはじめ、年齢が気になる人の健康維持の為にも、おすすめのサプリです。飲む量は1日2粒を水などと一緒に飲みます。購入できるのは公式サイトをはじめ、楽天市場、AmazonもOKです。

⒋2DHC・ヒアルロン酸

コラーゲンよりも代謝回転が速いと言われているヒアルロン酸。DHCのサプリには、潤いとハリを保持するヒアルロン酸を1日あたり150mgも配合されています。

加えてバリア機能のある「スクワレン」を170mg、潤いを守る「ライチ種子エキス」を10mg、美容のビタミンである「ビタミンB2」を2mgプラスされており、みずみずしくハリのある美しさを身体の内面からサポートしてくれるそうです。飲む量は1日2粒を水などと一緒に飲みましょう。公式サイトでも目安量を守るよう注意書きがあります。購入できるのは公式サイトと、楽天市場、Amazonなどです。

⒋3ディアナチュラ・ヒアルロン酸

1日の摂取目安量の2粒に「ヒアルロン酸」60mgや、美容が気になる人には嬉しい「低分子コラーゲン」60mg、潤いをサポートする「ホエイパウダー」4mgが配合されています。いきいきと健康な日々をおくりたい人におすすめ。

さらにビタミンC、Eもプラスされており、香料・着色料・保存料すべて無添加なので安心です。無理なく続けられるように飲みやすい粒状で、簡単に開閉できるワンタッチキャップボトルが採用されています。1日あたり2粒を目安に飲むようにしましょう。購入できるのはアサヒグループのディアナチュラの公式サイトです。

⒋4キユートピア・ヒアロモイスチャー240

肌の潤いをキープする美容成分のヒアルロン酸が、1日の摂取量である4粒に240mgと、たっぷり入ったサプリメント「ヒアロモイスチャー240」。肌の乾燥を緩和し、透明感のある肌に導いてくれるそうです。

母体はマヨネーズで有名な食品メーカーのキューピー。実は長年ヒアルロン酸を研究してきた、国内有数のメーカーです。高品質だと各国から認められており、原料として世界20ヵ国以上に輸出されています。飲む量は1日4粒で、販売はキューピーアヲハタのネットショップです。

⒌まとめ

ヒアルロン酸といっても様々な摂取の仕方があることがお分かりいただけたと思います。

今回は、肌に必要なヒアルロン酸について解説してきましたが普段使っている洗顔料などにもヒアルロン酸が含まれていたりするので、しっかりと成分を確認してからご使用することをお勧めします。中には、からだに悪い影響を及ぼす成分もありますので、ご注意くださいね。

 

関連商品


リシャッフル

話題の炭酸ミストで簡単美肌。

2,980円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です