寒い時期だけでなく、環境によっては夏場でも引き起こされると言われている冷え性。

 

もしかすると、これまでに冷え性に悩まされた方は多いかもしれません。

 

今ではうつ病と同じように、この冷え性というのが問題視されてきています。

 

では、そんな冷え性というのは一体どのようなことが原因で引き起こされるのか気になったことありませんか?

 

そこで今回は、冷え性が引き起こされる原因とその対策法について紹介します!

1日3キロ脂肪溶解!ダイエットの常識を全てうち破る減量用透明コーヒー【美味】が話題沸騰中!【PR】

【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

冷え性が引き起こされる原因って?

では、ここからは本題に移っていきたいと思います。

 

今回は冷え性が引き起こされる原因とその対策法について紹介していくのですが、あなたは冷え性が引き起こされる原因等ものが一体何なのかをご存知でしょうか。

 

最近では私たちの身近にある冷え性というのは、実は私たちの生活習慣が大きく関わっていたのです!

 

そこでまず初めに、冷え性が引き起こされる原因についてお話ししていきますね。

 

自律神経が乱れている

 

まず1つ目に挙げられる原因は、自律神経が乱れているということです。

 

自律神経の乱れは、まさに私たちの生活習慣に大きく関わってきます。

 

というのも、私たちは日々の生活の中でストレスを感じたり不規則な生活を送ったりします。

 

今では何かと忙しい時代なので、特にストレスとはとても身近な存在にあるのではないでしょうか。

 

ではこの自律神経の乱れが冷え性に対してどのような影響を及ぼすのかというと、これは自律神経が乱れることで私たちの体温がうまく調節できなくなってしまうということです。

 

これは「夏場や冬場にいつも室内でエアコンをつけていると、外へ出た時の温度差が激しい」という現象も大きく関わってきます。

 

つまりこうした室温や体温の差というのが、自律神経を乱してしまうということですね。

 

そしてこのようなことから自律神経が乱れることで、冷え性が引き起こされるようになるということなのです。

 

皮膚感覚が乱れる

 

次に挙げられる原因としては、皮膚感覚が乱れるということです。

 

あなたは、普段着ている服などで肌を閉めつきすぎていませんか?

 

実は、服を着る際に下着や靴などで体をきつく締め付けてしまうと血行が悪くなります。

 

血行が悪くなると、それだけ皮膚で感じる体温が麻痺してしまうのです。

 

そうすると皮膚の感覚が乱れてしまうので、これも冷え性につながるということなのです。

 

血液循環の悪化

 

3つ目に挙げられるのが、血液循環の悪化です。

 

これは今お話ししたように、血流が悪くなることを指しますね。

 

特に今現在で低血圧や貧血などといった血管系の疾患を抱えている方は、このような血流の悪化を引き起こしやすくなります。

 

そうするとやはり体温を調節する機能が乏しくなってしまうので、これも冷え性につながるということです。

 

筋肉量

 

そして4つ目に挙げられる冷え性の原因んは、筋肉量です。

 

実は冷え性というのは筋肉量が大きく関わっており、特に女性の方は男性の方に比べて筋肉が少ないので筋肉を動かすことで働く血流量も少なく、これが冷え性につながるというのです。

 

あなたは、冷え性というのが男性よりも女性の方によく引き起こされるということをご存知でしょうか。

 

これは、このような筋肉量の違いが大きく関わっているということなのです。

 

しかしかといって男性も侮れません。

 

というのも、運動不足が冷え性につながるからです。

 

あなたは、きちんと適度な運動を行なっていますか?

 

もし今冷え性になっているのであれば、それは運動不足が大きな原因の1つかもしれませんよ!

 

女性ホルモンも関わっている?

 

そのほかに挙げられるのは、女性ホルモンとの関わりです。

 

女性が冷え性になりやすい理由として筋肉量以外に挙げられるとすれば、女性ホルモンは切って離せない関係にあります。

 

これはストレスとも深く関わっているのですが、ストレスを引き起こしたり更年期になってくると、女性ホルモンが乱れていきます。

 

女性ホルモンが乱れると、やはりこれも血流の悪化につながってしまいます。

 

ここでわかるのが、冷え性を引き起こす最大の要因というのは血流の悪化であるということです。

 

なので血流が悪化するような生活習慣をしていると、それだけ冷え性になりやすくなるということがわかりますね。

 

このように、冷え性を引き起こす原因は私たちの身近な生活習慣が大きく関わっているということがわかりました。

 

あなたがもし今冷え性なのであれば、今紹介した5つの大きな原因が当てはまってるかもしれませんよ!

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

冷え性を対策したい!

ここまでは、冷え性を引き起こす原因にはどのようなことが挙げられるのかについてお話ししました。

 

すでに起こってしまった冷え性を改善させるのもそうですが、やはり冷え性を未然に防ぎたいものですよね!

 

そこで、ここからは実際に冷え性を引き起こさないようにするための対策法を紹介します。

 

冷え性を対策するには、一体どのような方法を行うのが良いのでしょうか。

 

下半身を冷やさない

 

まず1つ目は、下半身を冷やさないということです。

 

実は、冷え性というのは下半身が冷えることで引き起こされるのです。

 

なので衣類を工夫して下半身を冷やさないようにすることが大切となってきます。

 

おすすめの衣類としては、五本指ソックスです。

 

これは足の指に沿った靴下のことですが、このソックスを使うことで足の指に無駄な隙間を作らず汗をためることができるので冷えを予防するのにはもってこいのアイテムとなります。

 

今ではどこにでも五本指ソックスが販売されているので、一足は持っていて損のないアイテムですよ!

 

風呂で冷えを軽減させよう

 

2つ目は、風呂に入ることです。

 

確かに風呂は温かいですが、これが冷え性の対策にどのように影響するのでしょうか。

 

これは、風呂に入ることで血管が広がり血流が良くなります。

 

そうすると、全身がポカポカしてきて冷えを防ぐことができるようになるというのです。

 

おすすめとしては、シャワーマッサージを行って冷え性を対策するのが良いでしょう。

 

シャワーマッサージというのは、お湯と水を交互にかけて刺激を与えることで血管を広めようというものです。

 

こちらは、特に足先にかけて行うのが効果的とされています。

 

やはり、下半身を冷やさないということが大事であるということですね。

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

食事管理で冷え性を改善!

このように、冷え性を対策する方法はとても簡単に実践できるということがわかりました。

 

しかし実は、もう1つ方法があります。

 

その方法は、食事管理をすることで冷え性を対策するというものです。

 

では、ここでは詳しく見ていきたいと思います。

 

体を温める食べ物と体を冷やす食べ物が存在している

 

食事管理が冷え性を対策するのに効果的な理由は、体を温める食べ物と体を冷やす食べ物が存在しているということです。

 

これらは東洋医学を元に発見された食べ物の分け方で、体を温める食べ物を陽材、そして体を冷やす食べ物を陰材で分けられています。

 

そしてそのほか、これらのような体を温めたり冷やしたりといった効果がどちらもない場合は平材と呼ばれています。

 

冷え性にはこの陽材の摂取が重要になっており、進んで陽材を食べることが冷え性を対策するのに効果的であるとされています。

 

では、そんな陽材というのは一体どんな食べ物なのかというと、これは根菜類であるレンコンやゴボウ、青菜類のほうれん草やブロッコリー、そして黒豆などの豆類が挙げられます。

 

つまり冷え性を対策するには、このような陽材を積極的に摂取することが大切であるということですね。

 

陰材を取らないよう心がける

 

そして冷え性を対策するのにもう1つ、重要なことがあります。

 

それは、今先ほど紹介した陽材だけでなく陰材についてもきちんと理解しておくということです。

 

ではこの陰材というのは、一体どのような食べ物のことを指すのでしょうか。

 

陰材は、トマトやナス、キュウリ、そしてもやしなどの野菜類やキウイや梨などの果物、そして魚介類の中でもしじみやカニが挙げられます。

 

これらのような陰材は、冷え性を促進させてしまうことにつながります。

 

なので冷え性を対策している間は、これらのような陰材を摂取しないように心がけることが大切となってきます。

資金源はビットコイン!?莫大な費用をかけ、肥満研究所で開発された痩身錠ビットシェイパーで強制減量できると話題【PR】

冷え性をサプリで対策!

そして、ここまで紹介した方法以外にも冷え性を対策する方法があります。

 

それは何なのかというと、これはサプリメントが効果的と言われています。

 

そこで、ここではそんな冷え性を対策させるのに効果的なサプリメントを1つ紹介します!

 

ぽかぽか気分

 

今回あなたに紹介するサプリメントは、ぽかぽか気分と呼ばれるサプリメントです。

 

このサプリメントは、柑橘類に含まれている血流を戻す効果が大きく期待できるものとなっています。

 

なので冷え性になってしまうことを防ぐだけでなく、血流が悪くなることで引き起こされた冷え性を改善させることができるようになるのです。

 

ではこのサプリメントの気になる価格はというと、こちらは通常価格で5,460円となっています。

 

少し値段が張りますが、ぜひこれを機に一度試してみてはいかがでしょうか。

世界の重肥満者30万人も体験!?【世界初!?】脳に働きかける話題のカプセルが日本に初上陸!!【PR】

ぽかぽか気分についての評価

それではここで、実際にぽかぽか気分を使った方からの評価を紹介していきます。

 

実際にこのぽかぽか気分を使った方は、どのような評価をしたのでしょうか。

 

ぽかぽか気分についての評価(高評価)

 

これまでは、夜、布団に入ってからからだがあたたまるまで時間がかかっていました。とくに足が冷たいままで、そのせいか寝つきも悪くて。でもぽかぽか気分を飲み始めてからあたたまりやすくなり、ぐっすり眠れるようになりました。目覚めもいい感じです。

 

まずはこちらの方からです。

 

この方は、実際にぽかぽか気分を利用して手足の冷えが収まったと評価していますね。

 

足が冷えて寝付けないことが悩みでしたが、飲み始めてからいつの間にか指先の冷えが気にならなくなりました。ぽかぽか気分は気になるニオイもなく粒が小さくて3粒でも一気に飲みやすいし、薄いピンクなのも気分が華やぎますね。しばらく飲んで去年との変化を実感できそうです。

 

このように、実際にこのぽかぽか気分を利用した方の評価としては、冷え性にとても効果的であることがわかります。

 

冷え性に効くサプリを調べていたのですが、何個か見たなかで成分と含有量までちゃんと記載しているのは「ぽかぽか気分」だけでした。まあまあな冷え性なのですが、思った以上にポカポカしてきてなんか嬉しいです。いいサプリに出会えました。

 

こちらの方も評価しているように、やはり含有量まで記載されているのはうれしいですよね!

 

冬だけでなく夏でも場所によっては冷房でからだがキンキンに冷えることがあるのですが、飲み始めてからずいぶん症状が改善されました。初めて飲んだときから結構じんわりとあたたまる実感がありました。ちょっとお高めですが、それだけの価値はあります。

 

やはり冷え性は冬だけでなく夏場にも起こります。

 

そこで、このぽかぽか気分を飲むことで季節関係なく体を温めることができるということですね。

 

ぽかぽか気分についての評価(低評価)

 

しかし、メリットがあればデメリットはつきもの。

 

ここでは、ぽかぽか気分を使ったのにもかかわらずなかなか効果が得られなかったという方からの評価を紹介します。

 

6月か7月に頂いたのですが、夏は暑いし秋から飲もうと思い、
9月からの一ヶ月間飲んでみました。かなり冷え性です。
特に身体がぽかぽかに感じたりとかはなかったです。
サプリなので一ヶ月では効果が得られなかったのかもしれないです。

 

こちらの方は、実際にぽかぽか気分を利用してあまり高い効果が得られなかったと評価しています。

 

やはり、効果については個人差があるものなのだということがわかりますね。

 

このように、実際にぽかぽか気分の効果には個人差があるということがわかりましたね。

 

しかし、季節にとらわれずに効果を発揮するということが大きなメリットとなります。

もぅ下半身太りで悩まない!履くだけで-8センチ足が細くなった方法公開します!☆ミ【PR】

まとめ

今回は、冷え性が引き起こされる原因とその対策法についてお話ししました。

 

冷え性が引き起こされる原因は、私たちの日々の日常生活が大きく関わっていることがわかりましたね。

 

実際に今では冷え性になってしまう方も多いことを、あなたはご存知でしたか?

 

冷え性というのは、私たちの健康を阻害してしまいます。

 

なので未然に冷え性を対策をすることで、症状を防ぐことができるようになるのでs。

 

今日から冷え性を対策して、健康な生活をしましょうね!

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です