夏に限らず、すべての季節において紫外線はあるものでしっかりと対策をしていないと思わぬシミや肌荒れにつながってしまう恐れがあります。

今回は、そんな紫外線に対する対策や美肌ケアについて詳しく解説するとともに、これからの季節肌を守るために必要なおすすめアイテム等をご紹介してますので、是非とも参考にしていただきご使用していただけたらと思います。

⒈日焼け後の美肌ケアって意味あるの?

⒈1日焼けと美白の関係とは?

美白とは「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」または「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」ということで、肌を白くすることではありません。つまり、美白の基礎は日焼けをしないこと。しっかり日焼け止めを塗って、シミやそばかすを防ぐことが第一です。

日焼け止めと美白を例でたとえると、バレーボールの前衛と後衛。日焼け止めはブロックする前衛の選手になります。つまり、日焼け止めをしないで美白だけをするということは、ブロックに飛ばず、強いアタックをレシーバーだけで受けるのと同じこと。紫外線に負ける確率は高くなるのです。日焼けすると肌が赤く炎症を起こすだけではありません。じわじわとそのダメージは蓄積していきます。

⒈2シミができるまでのメカニズム

日焼け(紫外線を浴びる)すると、最初に活性酸素が発生します。活性酸素が大量に発生したことにより体の中で異常を知らせる伝達物質が働きます。その伝達物質がメラノサイトを刺激しチロシナーゼという酵素が活性化します。チロシナーゼは無色の物質を酸化させメラニン(褐色)を作って肌の表面へ送ります。この一連の流れが、シミができるまでの話です。

つまり、日焼けした段階で急にメラニンが出来上がるわけではないので、焼けてしまった日にこそ美白ケアは重要だということがわかりますね。

⒈3まずは日焼けしないことが大事

美白ケアも大切ですが、とにかく日焼けしないようにしましょう。日焼け止めのUVカット力は完全ではありません。日傘や帽子、UVマフラーやサングラスなど物理的にカットすることが一番いいのです。それでも、どうしても露出してしまう場所には日焼け止めを塗って、定期的に塗り直しましょう。

⒉日焼けが引き起こす病気とは?

⒉1紫外線が身体に影響を起こすわけ

紫外線にはA波(UV-A)、B波(UV-B)、C波(UV-C)とあり、波長が短いほど人体に影響があるとされています。波長が短いのはC波、B波、A波の順ですが、一番波長が短いC波は、オゾン層で遮られ地表には届かないとされています。ただ近年のオゾン層の破壊により、C波の影響も危惧されています。

紫外線が原因で起きる病気は、UV-Bを長い年月浴びる事によって発症するものが多くなります。細胞のDNAは、UV-Bによって傷つけられてはそれを修復するという事を繰り返している間に、突然変異を起こし、がんなどを発症してしまうのです。

⒉2紫外線が関係する病気や症状は?

紫外線が関係する病気や、病気ではありませんが紫外線で身体に大きな影響を与える症状もあります。これについても注意が必要なので、先に説明していきます。

膠原病

膠原病である全身性エリテマトーデスの原因は、まだ解明されていません。顔などに、特徴的な紅斑ができたり、皮膚に水疱ができたりしますが、これが紫外線によって悪化する事が分かっています。また同じ膠原病である皮膚筋炎も、紫外線により皮膚症状が悪化します。

免疫機能低下

皮膚の表皮にあるランゲルハンス細胞は、異物が身体に侵入した場合その情報を、身体を守るリンパ球の1つであるT細胞に伝える役目があります。でもランゲルハンス細胞が長時間紫外線を浴びると、ダメージとなり正確な情報が流れず、身体が病原菌などに感染しやすくなってしまいます。

⒉3原因となる病気は?

紫外線が原因となるのは、主に皮膚と目の病気になります。シミやシワなども紫外線の影響によるものですが、その他の病気について説明していきます。

日光皮膚炎
日焼けはこれに当てはまります。日焼けについては「春から注意が必要!紫外線から肌を守ろう 」で詳しく書かれていますので、ご覧ください。

慢性光線過敏症
日光アレルギーとも言われます。紫外線が当たった場所に、粟粒大の紅斑ができます。先ほど書いた全身性エリテマトーデスも、日光過敏症も起こします。その為、日光過敏症以外にも症状がないか調べ、エリテマトーデスとの鑑別が必要になります。

良性腫瘍(脂漏性角化症)
老人性のイボと言われる事もありますが、原因は老化と紫外線だとされています。顔や首手の甲など露出し紫外線が当たる部分に、多くできます。境界がはっきりした、少し隆起している黒褐色のできものです。良性の腫瘍ですが、手術で摘出する場合もあります。

日光角化症
顔や手の甲など紫外線が良く当たる場所にでき、皮膚の表面がカサカサになります。日光角化症は、皮膚の浅い所にある為転移しないとされ、有棘細胞癌の前がん状態だと言われています。でも素人目には、この判断は不可能なので、詳しく検査をする必要があります。

皮膚癌

悪性黒色腫
患者は8.6%と皮膚癌の中では一番少ないですが、3つの中で最も悪性度が高く、早期の段階で転移する為注意が必要です。足の裏にできやすいのは、日本人特有のものです。紫外線が強い所に住む白人に多く見られ、黄色人、黒人の順になる為、紫外線の影響が大きいと言えます。

有棘細胞癌
基底細胞癌に次いで多いとされ、27.8%を占めます。悪性度の高いがんとされ転移も見られます。40歳代から増え、顔面など露出した部分に好発します。北海道より九州に患者が多い為、紫外線と関係があるとされています。小丘疹から腫瘤となり、潰瘍となる場合もあります。

基底細胞癌
皮膚癌の中で一番多いとされており31.5%を占めます。顔面に発生しやすく、50歳代から多くなります。黒い腫瘍で、進行すると潰瘍になります。紫外線が当たり難い場所にもできますが、紫外線と無関係ではないとされています。

白内障
白内障の大きな原因は加齢です。海外では、紫外線の強い地域に住む人に白内障が増えており、紫外線も要因となります。また水晶体の皮質が混濁する皮質白内障は日本人に多く、紫外線の影響が大きいとされています。水晶体が濁り、目がかすむ症状が出ます。

翼状片
翼状片は北緯および南緯40°以内の紫外線が強い地域や屋外労働者に多い、紫外線の影響が大きい病気です。眼球が乾燥した所に、長期に渡り紫外線が当たる事で、発症すると考えられています。結膜が増殖して黒目に侵入し、目がゴロゴロするなどの症状が出ます。

雪目(電気性眼炎)
雪目は、スキー場や海水浴などで、強い紫外線を浴びることで角膜が傷ついて起こるものです。目がゴロゴロしたり、痛みで目が開けられなくなる事もあります。白内障や翼状片などと違い、急性の病気で感染防止のためにも早い治療が必要です。

⒊日焼けしないようにするためには?

⒊1どんな場所でも気をつける

日焼けをしないためには、とにかく紫外線を「肌に直接当てないこと」に尽きます。日焼けの原因である紫外線は5月から8月が最も多いと言われ、季節によって多少その量は変動しますが、基本的に一年中降り注いでいます。季節を問わず、年間通しての日焼け対策をしましょう。

また、紫外線は地面の反射や空気中のホコリなどが原因で散乱するため、日傘や帽子の着用、日陰にいるなどして直接日光を浴びる事がなくてもその影響を受けてしまいます。建物内や車の中など屋内でも、屋外に比べ紫外線の影響は少なくなりますが、全く影響がないわけではありません。頭上からの対策だけでなく反射する紫外線、屋内での影響も意識したあらゆる場面・方向からの日焼け対策をしましょう。

⒊2おすすめの対策7つ

様々な手段で対策をしていても、間違った方法で行っていては意味がありません。日焼けしないための、より効率的な日焼け対策のポイントをお伝えします。

①シーンに合った日焼け止めをこまめに塗る

日焼け止めで大切なのは、SPF・PAの高低以上に2〜3時間毎のこまめな塗り直しです。汗や皮脂の影響で落ちる可能性があるので、定期的に塗り直しましょう。使用量が極端に少ないと、塗残しやムラに繋がります。必ず適量(顔全体だと約0.8g、500円玉大)を顔全体に広げるようにしましょう。

通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF 35・PA++程度、長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50・PA+++以上など、シーンに合わせて選びましょう。

②UVパウダーを重ねる

素肌にそのまま使用することはもちろん、日焼け止めやファンデーションの上に仕上げとして重ねることで肌を守り、さらさらの肌状態を長時間持続させてくれます。さっと塗り重ねることができるので、メイク直しにも役立ちます。

③紫外線が多い時間に出歩かない

できるだけ、紫外線が多く降り注ぎ、日焼けしやすいといわれる時間帯の外出を避けることをおすすめします。一日の中で紫外線が強い時間帯は、午前10時~午後2時、だといわれています。この4時間で1日の全紫外線量の約50%が降り注ぎます。午前10時~午後2時の間は、可能な限り出歩かないようにしましょう。

どうしてもこの時間帯に出歩かなければならない場合、肌の露出をできるだけ減らし、日陰を歩くようにしましょう。日陰は日なたの50%程度の紫外線量になります。

④肌を露出しない

紫外線を肌に直接当てないためには、衣類・小物を使用し、肌の露出を減らすことです。外出する際は黒のように色の濃い長袖を着用することがおすすめです。さらに、生地が厚く、目が詰まったものは、より紫外線を通しにくいとされています。しかし、こうした衣類は、真夏には熱中症などの恐れがあるため、気温などに応じて選ぶようにしましょう。

⑤美白化粧品で肌をうるおし整える

肌が乾燥してうるおいがなくなると角質層が硬く厚くなり、日焼けによるシミの原因となるメラニン色素が肌に残りやすくなります。肌にたっぷりとうるおいを与えて、健やかな肌をつくりましょう。乾燥した肌をうるおすと同時にシミの予防もできる美白※化粧品の使用がおすすめです。

⒋おすすめの美肌ケア方法とは?

⒋1スキンケアとは?

スキンケアとは、すこやかな素肌を保つため、化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用して、肌のお手入れをすることを指します。皮膚を清潔にして、肌が乾燥したり、肌荒れしたりするのを防ぐことを目的とします。

基本的なスキンケアの役割

基本的なスキンケアの役割は、外から受ける影響(乾燥・摩擦・紫外線など)から肌を守り、肌のうるおいを保つことです。その中でも各スキンケア製品によって役割は異なります。

クレンジング
クレンジングの役割は、メイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とすことです。そのため、メイクを行った日は必ずクレンジングを行う必要があります。

洗顔
洗顔の役割は、空気中のほこりや汗、皮脂などの水溶性の汚れを落とすこととされています。洗顔料の場合はメイクの有無に関わらず、基本的に毎日使用する必要があります。

化粧水
化粧水の役割は、肌に保湿成分や美容成分を与えて、次に使う美容液やクリームをなじみやすくするために、肌を整えることです。水分を含んだ化粧水を丁寧になじませることで、そのうるおいが次に使うアイテムのサポートをすると言われています。

美容液
美容液の役割は、それぞれの肌が必要としている美容成分を角質層に届けることです。一般的に、美容成分がぎゅっと凝縮されて配合されていることが魅力と言われています。肌悩みに合わせて、しっかり選ぶことが必要です。

乳液
乳液の役割は、水分と油分を補って肌を柔らげることです。一般的に、人は20代前半ころまでは皮脂の分泌量が多いため、保湿美容液や保湿化粧水を使用していれば、乳液やクリームを塗らなくても保湿できる場合もあります。しかし、化粧水のみで美容液を使わない方や、もともと肌が乾燥しやすい方など油分を補うべき方は、きちんと使用しましょう。

クリーム
クリームの役割は、主に油分を補って肌を柔らげることです。乳液よりも油分量が多い傾向にありますので、油分が不足しやすい方や、皮脂分泌量が低下しやすい30代後半以降の方におすすめのアイテムです。

⒌まとめ

紫外線は、すべての女性の敵でありしっかりと対策をしておかないとシムにつながってしまいます。ここまで、解説した内容を今一度思い返してもらい、今後シミやソバカスを作らないような肌にしてださいね。最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

関連商品


スノーFFFクリーム

塗った瞬間白く!美白そっかんクリーム。
UVカットもしてくれるので化粧下地にも。

3,980円


【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

世界の重肥満者30万人も体験!?【世界初!?】脳に働きかける話題のカプセルが日本に初上陸!!【PR】

もぅ下半身太りで悩まない!履くだけで-8センチ足が細くなった方法公開します!☆ミ【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です