気になるムダ毛が日焼けで目立たなくなるって本当?

女子の悩みでもあるムダ毛の処理に関して様々な方法がありますが、今回は最近話題の日焼けでムダ毛が処理できる方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。ムダ毛で悩んでいる女子には必見の内容となっているので、ぜひとも今後の参考にしてくださいね。

⒈日焼けでムダ毛は目立たない?

⒈1日焼けをすればムダ毛は目立たなくなる?!

体毛の濃い男性にとって、黒くて目立つムダ毛は悩みの種です。特に体毛の濃さに悩む男性は、色白で童顔の人が多いです。僕も肌の色が白くて童顔なのですが、黒くてモジャモジャした体毛や、ひげ剃り後の青ひげが全く似合わず恥ずかしい思いをしていました。よく「日焼けをして色黒になれば体毛の濃さも目立たなくなる」という話しを聞きますが、日焼けをすると本当にムダ毛が目立たなくなるのでしょうか?

確かに日焼けをして色黒になると、黒いムダ毛は目立たなくなります。黒い毛が目立つのは、肌の色が白いことも影響します。黒くこんがり焼けた肌ならムダ毛も目立たなくなるし、ムダ毛が生えていてもワイルドなイメージがあるので「カッコ悪い」という印象は薄くなります。でも、ムダ毛が目立たなくなるほどの肌の色にするためには、相当の日焼けが必要です。

それこそガテン系の仕事で一日中太陽の下で仕事をするか、日焼けサロンで定期的に日焼けをするレベルです。サラリーマンなどデスクワークの男性が、ムダ毛が目立たなくなるほど黒く日焼けをしたら不自然です。また、ひげが濃くてひげ剃り後に青ひげになってしまう人の場合、日焼けをして色黒になることによって逆に青ひげが目立ってしまうこともあります。

⒈2日焼けは肌のダメージが大きい

日焼けは肌のダメージが大きすぎます。特に、もともとが色白の人は、肌が焼けにくく黒くなりにくいです。そういった人が無理に日焼けをしてしまうと、肌が荒れたり肌の老化を早めてしまいます。シワやシミの原因になるのはもちろんですが、肌荒れして髭が剃りにくくなってしまい、今よりも髭がゴツゴツして汚い印象になってしまいます。

カッコ悪いムダ毛を目立たなくしたいのに、シミやシワができたり、逆に髭がゴツゴツしてしまったらイヤじゃないですか?

⒈3日焼けをするくらいなら脱毛した方が良い

日焼けをしてムダ毛を目立たなくするのであれば、除毛クリームなどでムダ毛を処理してしまったほうが効果的です。日焼けすることよりもお金がかからず、処理した後もキレイになるし、お手軽簡単にできるのが特徴です。

日焼けといっても維持するのにはお金もかかるし時間もかかります。もともとムダ毛が目立つ肌の色だったのだから、日焼けを怠れば、すぐに肌の色はもとに戻ってしまいます。その労力をかけるなら、除毛クリームでムダ毛を処理した方が遥かにラクです。目的は、ムダ毛を目立たせなくすること、カッコ悪い印象をなくすことですよね?

そのためには、日焼けでごまかすよりも、カッコ悪いもとであるムダ毛をなくしてしまう方が断然おすすめです。脱毛サロンやクリニックで脱毛を受ける手段もあります。脱毛の方が最終的にはムダ毛がなくなるのですが、ムダ毛をなくすまでにお金と時間がかかります。今すぐに、ムダ毛をなんとかしたい!目立たなくしたい!というのであれば、除毛クリームでムダ毛を処理するのが一番です。

除毛クリームは、クリームを塗るだけでムダ毛を落とすことができる、処理した後の肌がキレイになる、ムダ毛のない状態が持続するというメリットがあります。クリームを塗って流すだけでムダ毛が完全に落ちるし、カミソリや毛抜きのように毛穴に負担がかからないので赤く腫れることもありません。永久脱毛ではないので、ムダ毛を処理した後に再び生えてきますが、徐々に生えてくるので、以前のようなモジャモジャ状態になるまで結構目立ちません。

日焼けでムダ毛を目立たなくすることは現実的ではありません。もし、ムダ毛を目立たせなくしたい!カッコ悪さを解消したい!というのであれば、まずは除毛クリームを試してみてください。ムダ毛のないスッキリした状態は、本当に解放的ですよ!

⒉ムダ毛処理の方法について

⒉1家庭用脱毛器

毛を生えなくする「脱毛」が、自宅でできる機械です。自分でするのが面倒でなければ、ベストな処理方法だと思います。ただし、オススメできる機種は限られています。

オススメの理由

・脱毛が完了すれば、いつでもスベスベ
・自己処理が不要になるので、楽チン
・費用が安い
・1台あれば何カ所でも、何人でも脱毛できる
・満足するまで使える
・恥ずかしい部位も、自分でできる
・こまめに使えば短期間脱毛も可能

悪いところは?

・自分でやるのは、ちょっと面倒
・背中などは自分でできないので、誰かに頼むしかない

この先30年で掛かる費用

ナンバーワン脱毛器「ケノン」の場合、本体6万9800円、電気代が数百円、アフターローション数百円(体の化粧品は100均で十分♪結構優秀ですよ)すると7万5千円未満。1年間ちゃんと使えば、以降はムダ毛の処理にお金が掛かりません。

⒉2脱毛サロン

毛を生えなくする「脱毛」処理をするサロンです。2~3ヶ月ごとに1年間~通えば、満足できる状態になると思います。特にワキはキャンペーンで、すごくお得に「毛のない状態」にできます。

オススメの理由

・毛を生えなくしてしまえば、その先はもう処理不要
・いつも毛がないスベスベ肌に
・毛を薄くするだけでも毛が目立たなく、処理もほとんど不要に
・技術と知識をしっかり教育されたスタッフが施術するので安心
・何十年も自己処理を続けるより、費用が安くつくことも

悪いところは?

・通うのが面倒
・時間がないと通いづらい
・部位によっては、見られるのが恥ずかしい

この先30年で掛かる費用

ワキはキャンペーンで超お得に。(たとえばミュゼなら別部位の脱毛もついて、満足するまで通っても2,400円)他の部位は、毛が目立ちにくく処理がずいぶん楽になるまで1年間で、小さな部位なら1万5千円。全身脱毛なら10万円。とことんツルッツルにしたいなら、2~3年間で、小さな部位なら3万円~4万5千円 。全身脱毛なら20~30万円。以降はムダ毛処理が不要になるので、処理にお金が掛からなくなります。

⒉3電気シェーバー

ボディー用の、ムダ毛処理のための電気シェーバーです。皮膚への負担が少ないので、「肌」をキレイに保つことができます。自己処理するなら、ほとんどの部位にオススメできます。

オススメの理由

・肌への負担が少ないので、何年先もキレイな肌を保ちやすい
・毛を目立たなくするなら、これで十分
・思い立ったらスグ処理できる
・費用が安い

悪いところは?

・仕上がりはツルツルにはならない
・毛がまた目立ち始めるまでが早いので、こまめな処理が必要
・産毛や細かい部分のムダ毛には不向き
・運転音が大きい

この先30年で掛かる費用

1台で5年間使うとして、本体5千円。内刃と外刃を1回ずつ交換したとして、3千500円。電気代が数百円。すると5年間で約9千円、30年間で5万4千円かかります。

⒉4ムダ毛用トリマー

ムダ毛処理用の、小型のスティック状バリカンです。広い範囲や太い毛には向いていませんが、細かい部位や細い毛の処理にはとても便利です。持ち運びもできますので、1本持っておくと良いかもしれませんね。

オススメの理由

・下準備なしでいつでも処理できる
・外出先にも持ち運べる
・細かい部分や産毛を上手に処理できる
・比較的、肌に優しい
・音も小さいので、周りをあまり気にせず使える

悪いところは?

・太い毛にも使えないことはないが、向いてはいない
・刃が小さいので、広い面積は時間が掛かる
・処理した毛が散らかる

この先30年で掛かる費用

1本の寿命が10年として、本体3千500円。替え刃1千円を3回交換で3千円。充電式乾電池エネループ4本+充電器で2千円。すると10年間で合計8千500円。30年間で2万5千500円。全身に使うわけではないので、トリマー処理以外の方法での処理(費用)も必要ですね。

⒊そもそも抑毛とは?

⒊1意外と知られていない脱毛・除毛・抑毛の違い

脱毛・除毛・抑毛は根本的に意味が違います。これらの意味をしっかり知っておかないと、本当は脱毛したのに、除毛クリームを購入してしまったり、これで脱毛できると思っても実は抑毛ローションで、効果があまり感じられなかったりなどのトラブルを招きかねません。脱毛・除毛・抑毛のそれぞれの意味や違いをしっかりと覚えておいてくださいね。

⒊2脱毛とは?

脱毛とは「毛を抜く」ということです。毛抜きを使って抜いてもそれは「脱毛」ですし、ストレスなどで毛が抜けてしまうことも「脱毛」ですよね。

エステでの脱毛となると、光脱毛を採用しているところが多く、これらは脱毛後もムダ毛が生えてくる可能性があります。医療レーザー脱毛や一部エステでも導入されている美容電気脱毛は、毛が生えてくる組織である毛乳頭を完全に破壊するので、永久的な脱毛が可能です。

家庭用脱毛器も光脱毛を採用している機種が多く、手軽に出来る分、永久的な脱毛は無理なようです。

⒊3除毛とは?

除毛とは、皮膚の表面に見えている毛だけを取り除くことを言います。カミソリやシェーバーで剃るのも除毛に当たります。除毛剤や除毛クリーム、またはリムーバーと呼ばれる商品というのは、化学物質によってたんぱく質を分解・除去することで除毛するタイプのクリームです。「毛を抜く」わけではありません。そして、毛の周辺の肌への影響も十分に注意しなければいけません。

⒊4抑毛とは?

抑毛とは毛の成長を抑制し、毛を細く目立たなくすることです。よく、「脱毛クリーム」として紹介されている商品なんかは、ほとんどがこの抑毛効果のあるローションやジェル、クリームを指しています。抑毛は毛根に抑毛効果のある成分が働きかけ、徐々に効果を発揮するタイプのものです。抑毛ローションを塗ったからと言ってすぐに効果が現れる訳ではないので、注意が必要です。

濃いムダ毛に根気よく塗っていると、ムダ毛が薄くなるなどの効果は認められますが、その効果も個人差があります。全く効果が出ないと言う人もいますので、こればっかりは使ってみないと分からない部分があります。

⒋おすすめの抑毛ローション商品をご紹介!

⒋1ジョモリー

肌の露出が増える夏場、毛の処理に敏感になってくる季節…。特にムダ毛の量が多い方や太い方ならなおさらですよね。そんな方におすすめなのが、普段使っているボディソープのかわりに使うだけで、しっかりムダ毛ケアしてくれる優れものの固形石鹸「ジョモリー」です。

パパイン・ブロメライン・イソフラボンといった成分が毛を細く生えにくくしてくれるから、日ごろのムダ毛ケアの手間をぐっと短縮!さらに、ヒアルロン酸やプラセンタ等の美容・保湿成分に加え、肌を引き締めてくれる植物エキスやタンニンなどの消臭成分まで配合しているんです。

そして、それらの成分が壊れないように丁寧に凝縮させているから、しっかり浸透!泡でケアできるから、普段はケアしづらい脚や背中も楽々すべすべにできます。

⒋2シーズンズ アフターケアトリートメント (ハード)

こちらの商品、実は「ハード」と「ソフト」があるのですが、おすすめは断然「ハード」!除毛・脱毛処理を繰り返す、濃いムダ毛に悩む方のために開発された商品です。人気の秘密は、女性ホルモンと構造が似ているプエラリアミリフィカを配合し、濃いムダ毛の抑毛に高い効果が期待できながら、なめらか肌に整えるパイナップル酵素(ブロメライン)と、女性らしい透明感のある肌に導くザクロエキスも配合することで、除毛・脱毛を繰り返す肌もつるんとした肌をキープしてくれること。

インターネットだけでなくドラッグストアでも購入できるので、いつでも気軽に手に入る点もポイントですね。エステサロンなどで高価な抑毛ローションを購入していたけれどこちらに乗り換えたという方もいるほど、コストパフォーマンスが高い商品です。

1回の使用でお肌がすべすべになるなど、保湿効果だけでもこの商品の価値があると認められているようです。ひげ剃り後のヒリヒリした肌にも即効性が強く、赤みがすぐに引いたという男性愛用者のコメントも目立ちます。剛毛に悩む女性だけでなく、青ひげに悩む男性にもおすすめしたい1本です!

⒋3NEWコントロールジェルME

最近の子供は一昔前と比べるとおしゃれにとても気を使っていますよね。小学生低学年からムダ毛を気にする子も多く、ムダ毛のことで学校でからかわれたりイジメに発展することも。でも子供にカミソリを使うことには抵抗があるというお母さんが多いのではないでしょうか。

「NEWコントロールジェルME」の特長は、天然植物成分が主成分ということです。小さなお子さんから使用できるので、愛用者の中には親子で使っているという方も多いようです。日本を代表する自然派化粧品の研究家でもある薬剤師が監修しているという点も安心ですね。

万が一お肌に合わない場合や効果が感じられない場合、購入から60日以内なら全額返金保証があります。開封後でも使用後でもOK(容器が必要になるので取っておくようにしましょう)。売ったら終わりではなく、アフターフォローもばっちりという点も、商品への自信の表れではないでしょうか。

「剃ってから使う」「使用量よりも使用回数と使用期間が大事」というポイントを押さえることで、より効果を実感しやすくなるでしょう。家族でツルピカ肌を目指す方に!

⒌まとめ

抑毛に関しては、抑毛ローションが一番効果的であることがお分かりいただけたと思います。また、ムダ毛に日焼けはあまりおすすめしないので、もし気になる方がいる場合は、ここでご紹介した他の方法を試してみてくださいね。

最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です