男女ともに気になる歯の黄ばみは、取り除きたいと思うもの。

今回は、そんな気になる歯の汚れや黄ばみを改善するためにホワイトニングの入った歯磨き粉のおすすめ商品をご紹介してます。また、歯磨きの基本的な仕方や工夫をはじめとした歯に関するお役立ち情報も詳しくまとめてますので、是非ともご活用してくださいね。

⒈ホワイトニングとは?

⒈1そもそもホワイトニングとは?クリーニングとの違い

ホワイトニングとは元々のご自分の歯の色を白く明るくする方法です。歯のクリーニングと混同されることがありますが、クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取り、歯本来の状態に戻す事を言います。ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2種類の方法があります。

⒈2「オフィスホワイトニング」とは?

歯科医院で歯科医師の管理下の元行う方法で通院型のホワイトニングのことを言います。1回~数回の通院が必要です。一般的に歯の表面に薬剤を塗り、光を当てることによって薬剤が活性化し歯を白くしますが、光を当てないタイプの薬剤もあります。薬剤の種類や効果によって費用が大きく違い、数千円~数万円という費用がかかります。

また、歯の本数で金額が設定されている歯科医院もありますし、上・下の歯とブロックで金額が設定されている所もあります。

⒈3オフィスホワイトニングのメリット・デメリットについて

短期間で効果を得たい場合におすすめですが、その代わり後戻り(色の戻り)が起きやすいとされています。ご自分でホワイトニングをされるのが面倒くさい、という方におすすめの方法です。

⒈4「ホームホワイトニング」とは?

自宅で行う方法で、マウスピースに専用の薬剤を入れて使用します。歯科医院で歯型を取ってマウスピースを作り、専用の薬剤も処方されます。費用は数万円で、その後薬剤を必要に応じて追加購入していきます。

⒈5ホワイトニングのメリット・デメリットについて

1ヶ月程度の継続使用の為、効果が現れるまで時間はかかりますが、その分後戻りが少ないです。しっかりした効果を得たい方におすすめです。嘔吐反射が有る方はマウスピースの使用が困難な場合があります。

以上、2つの方法ですがそれぞれメリット・デメリットがあります。それをうまく利用して効率的に効果を得て白さを持続するため、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することも多いです。一般的にダブルホワイトニングやデュアルホワイトニングと呼ばれます。ご自宅でホームホワイトニングをしながら通院してオフィスホワイトニングを数回受ける事によって効果を最大限に引き出します。

ホワイトニングで思ったよりも白くならなかった方、色の戻りが早かった方はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して頂くと効果が出やすいかもしれません。ホワイトニングは保険が効かない自費診療の為、費用は各医院によって様々です。また、中にはホワイトニングを扱っていない歯科医院もありますので事前にご確認頂いた方がよいでしょう。

⒉おすすめのホワイトニング歯磨き粉をご紹介!

⒉1株式会社ファンファレ はははのは

絶対に歯を白くしてコンプレックスを解消したい!!とお考えの方に、是非ともご紹介したいのが、製薬会社と共同開発することにより、驚くほどのホワイトニング効果を実現したホワイトニングジェル「はははのは」です。

製薬会社メディカルドーズに弟子入りし、歯の黄ばみや口臭の原因・対策を学び尽くした上で、満を持して発売されたこの商品。「歯を白くする」ことにとことんこだわり、ホワイトニング効果を最大限高めるための4つのステップを編み出しました。

さらに、「はははのは」は毎日使う上で気になる研磨剤や漂白剤不使用で、子供でも使えるくらい安全性にも気を使っているんです。無添加なのにホワイトニング効果抜群だなんて、いいこと尽くしですね。

⒉2セッチマはみがき スペシャル

セッチマはドイツ生まれの歯磨き粉で、現在サンスターが生産しているホワイトニング歯磨き粉です。週に数回のスペシャルケアでしつこい着色汚れや黄ばみを落とす「スペシャル」と、毎日のケアで白く健康な歯をキープする「デイリータイプ」があります。

「スペシャル」の商品のポイントは、白さを実感できるまでの早さと値段。歯の汚れを落とす研磨力が高いので、パッケージに記載されているように、週に2~3回ご使用いただくのが適切です。

また、この歯磨き粉で特に効果が出やすい人は、タバコを吸っている方です。シリカと炭酸カルシウムという清浄剤が入っていて、これらには歯についた黄ばみを落としてくれる効果があります。もちろん、コーヒーや紅茶を飲んだステイン汚れも落としてくれますが、タバコを吸っていてヤニが気になる方が特に効果を実感できるようです。

本体の値段は普通の歯磨き粉と比べると高めですが、ホワイトニング歯磨き粉の中では比較的安い方ではないでしょうか。さらに、それが週2〜3回の使用であれば減りも遅くなるので、実際に掛かる負担はそれほど大きくはないと言えるでしょう。

これらの理由から、現状発売されているホワイトニング歯磨き粉の中で、早くかつ低価格でホワイトニングが実現できる歯磨き粉としてご紹介しました。ひとまずホワイトニングを始めてみたいという方や、しつこい着色汚れや黄ばみが気になる方におすすめです。

⒉3アパガード プレミオ

「芸能人は歯が命」のフレーズで一躍有名になった、アパガードのホワイトニング歯磨き粉です。この商品の最大の特徴は、独自成分のナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合していること。しかも、ご紹介しているプレミオは、アパガードの他の商品ラインナップ(Mプラス、スモーキン)の1.4倍もナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが配合されています。

「薬用ハイドロキシアパタイト」は、エナメル質に対する3つの作用で、虫歯を予防しながら歯を白くしてくれるのです。具体的には、①歯垢を吸着除去、②目に見えない傷を埋めて歯を滑らかにして、歯垢や着色汚れを付きにくくし、③エナメル質から溶け出したミネラルを補給してくれます。

歯の汚れは、タバコなどを吸っていなくても、ごく一般的な食生活で着色汚れがついてしまうので、それを取っての繰り返しになります。歯医者でホワイトニングをして一旦真っ白な歯になったとしても、毎日の歯磨きなくしてはその白い歯を維持することはできません。そういう意味では、歯の汚れを付きにくくするということはとても大切なことなのです。

また、ミネラルを補給することで初期むし歯(むし歯の一歩手前の状態)を再石灰化(修復)してくれる効果がありますが、これはハイドロキシアパタイトが歯のエナメル質を構成している成分と同じ成分だから可能なのです。歯は失っていく一方の場所ですので、修復できるというのはとても貴重なことですよね。虫歯を予防しながら誰にも負けない白さを手に入れたい方は、ぜひアパガードプレミオをお試しください。

⒉4オーラパール 薬用ハミガキ オーラパール

歯の黄ばみはエナメル質にできた傷が原因だと言われることが多いです。歯が白く見えるのは、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えるからなのですが、エナメル質に傷があると黄ばんで見えてしまいます。

少しずつ歯が白くなっていると実感するには、3週間くらい使ってみないとわかりませんが、オーラパールは見せかけの白さではなく、健康的な歯の白さを目指している商品。このエナメル質のミクロサイズの傷をなくして、歯の表面をつるつるにしてくれます。むし歯の原因になる歯垢も取り除いてくれるので、美しく丈夫な歯になっていきますよ。

⒊ホワイトニングの選び方

⒊1汚れ・黄ばみを落とすための成分が入っているか

市販の歯磨き粉で歯を白くする為には、「歯についている汚れ・黄ばみを落とす」ということが大切になってきます。よって、そのための成分が入っているかどうかが、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時の重要なチェック項目になります。代表的なホワイトニング用成分は以下の通りです。

・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・シリカ
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム
・PEG‐8(マクロゴール400)
・PEG‐600(ポリエチレングリコール600)

他にもあるのですが、まずはこれらの成分が入っているどうかを確認するようにしましょう。

⒊2研磨剤の粒ができるだけ小さいものを選ぶ

ホワイトニング歯磨き粉の中には舌で触れるとざらざらと感じるものがあると思いますが、研磨剤は粒が大きいほど歯を削る力が強くなります。強い研磨剤が配合されている歯磨き粉を選んでしまうと、歯の表面を傷つけてしまったり、場合によっては、さらに黄ばみが悪化してしまうこともあります。そこで研磨剤の粒子を細かくすることで、歯や歯茎への刺激を少なくしながら効果的に汚れ・黄ばみを落とせることが期待できます。

なお、研磨剤は歯を削ってしまうようなイメージを与えがちですが、研磨剤は清掃剤とも呼ばれ、JDMA日本歯磨工業会によると“歯の表面を傷つけずに、歯垢やステインなど、歯の表面の汚れを落とす”ものとされています。ですので、研磨剤入りと言ってもそれは清掃剤の事でもあったり、粒子を細かくして歯に優しい研磨剤を使っているものは、安心して使っていただけます。

研磨剤または清掃剤とも呼ばれる成分の例

・リン酸水素カルシウム
・リン酸2Ca
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・含水ケイ酸

・炭酸カルシウム
・炭酸Ca
・酸化チタン
・シリカ
・ヒドロキシアパタイト

・ピロリン酸カルシウム
・ピロリン酸2Ca
・マイクロクリスタリンワックス

⒊3価格

ホワイトニング歯磨き粉を探していると、必ず値段の差に疑問を持つ事になると思います。そして、みなさんのお声を聞いていると、値段が高い=効果が実感できるという訳では必ずしもなく、ご自分の現在の状態に合っているホワイトニング歯磨き粉かどうかも大切になるでしょう。

値段の違いが生じる理由の一つは、「成分の配合量」にあると思います。メーカーや商品によって、有効成分の配合・量は様々です。それが何%、何g入っているかを知ることはできませんが、成分表示は含有量の多い順に書くという決まりがありますので、成分表示を見て比較するというのも一つの手です。

他にも、「商品へのこだわり」などで価格は変わってきます。体に良くない成分を排除しようとすると値段が高くなりますし、こだわりを追加すればさらに値段が高くなります。例えば、後にご紹介する「リュミエールブランネージュ」はダマスクバラ花水が入っています。これは最高級で希少性が高いバラのエキスの事ですから、それだけが理由とは限りませんが、お値段が張ってしまうのは当然のことです。

一方で、ホワイトニング歯磨き粉は途中で止めてしまってはいけないので、続けられる価格で選ぶというのも大事だと思います。白さは永久的なものではなく、新たに着色も起こるため、ホワイトニング歯磨き粉は続ける事が重要です。

⒋歯の正しい磨き方について

⒋1歯磨きの基本

1か所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きしましょう。次の3つのポイントに注意することが大切です。

ポイント①
毛先を歯の面にあてる

・ハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる
・ハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる

ポイント②
軽い力で動かす

・毛先が広がらない程度の軽い力(150~200g)で磨く
・ハブラシの毛先が広がらない程度です

⒋2正しい歯磨きのポイント

歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが必要

歯垢(プラーク)は生きた細菌のかたまりで、むし歯・歯周病などの原因となります。乳白色で歯と同じような色をしており、舌で触るとザラザラした感触があれば、それは歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は、水に溶けにくく粘着性があるため歯の表面に付着し、うがいでは取り除くことができません。歯磨きの目的は、この歯垢(プラーク)を取り除いてむし歯や歯周病などにならないようにすることです。

歯垢(プラーク)のつきやすいところ

「歯と歯の間」、「歯と歯ぐき(歯肉)の境目」「かみ合わせの面」などは、歯垢(プラーク)がつきやすいところです。ハブラシの毛先を届かせるように意識して歯磨きしましょう。また、歯垢(プラーク)が残らない様に、歯磨きで気を付ける歯や順番を決めておく事もポイントです。

⒍まとめ

白い歯はおしゃれな女子には欠かせないものです。ですので、しっかりと普段からのケアができていないと黄ばんだ歯になりにっこり笑った時の顔が見にくくなってしまいます。今回ご紹介した商品を活用して是非とも毎日歯磨きを心がけてくださいね。

関連商品


リリーホワイト

本場スウェーデンで生まれたホワイトニング

5,980円

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です