最近若者の間で言われている「インスタ映え」という言葉をご存知でしょうか?

インスタ映えするぐらい綺麗な肌を手に入れるために、どのようなケアが必要なのかを今回はその詳しい方法やおすすめのアイテムについて解説してます。是非とも参考にしていただきインスタ映えするぐらいの美肌を手に入れていただけたらと思います。

⒈美肌になるには?

⒈1女医や美肌マニアが続けているスキンケア3つのポイント

キレイな肌を保つための条件は以下の3つです。

・肌がしっかりと保湿されていること
・肌のターンオーバーが活発であること
・皮膚繊維芽細胞(ひふせんいがさいぼう)がきちんと働いていること

それぞれの理由を見ていきましょう。

肌の保湿

肌の保湿まず肌がしっかり保湿されていること、これは肌のハリやツヤに関わります。皮膚が十分に保湿されているとシワを防ぎ、若々しい肌に見せてくれる効果があります。同時に肌の保湿が十分だと、肌のバリア機能も上がり、シミやくすみの原因となる肌刺激からも守ってくれます。

肌のターンオーバー

肌のターンオーバー次に肌のターンオーバーが活発であること、これはシミやくすみの原因となり「メラニン色素」の排出を促してくれます。ターンオーバーとは新陳代謝のことを指します。古い角質を新しいものに生まれ変わらせるために必要です。いくらシワがなくハリツヤのある肌でもシミやくすみがあると、一気に老け込んだ印象を与えてしまいます。

これが正常であれば古い角質もメラニン色素とともに排出してくれるため、肌のターンオーバーを活発にすることが重要です。

皮膚線維芽細胞の働き

シワやたるみ最後に皮膚繊維芽細胞がきちんと働いていること、これは肌のハリを維持することに重要です。皮膚線維芽細胞は表皮の奥の真皮という部分に存在する細胞です。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンと言った肌の土台部分になる成分を合成しますが、加齢とともにその合成力は衰えていきます。そうなるとシワやたるみが増え、老け込んだ印象になってしまいます。ですので、この細胞の活発な働きを保つことも美肌にとっては欠かせません。

これらの条件を満たすためには、次のようなスキンケアの習慣をつけてください。

⒈2美肌のハリを維持するために

①入浴後、洗顔後はすぐに保湿ケアを行う
②空気が乾燥する時期(11月くらいから3月くらいまで)は加湿器を利用する
③肌をゴシゴシと洗わない
④十分な睡眠時間を確保する

⑤ストレス・疲労を溜めない
⑥腸内環境を改善する
⑦皮膚線維芽細胞の働きを活発にする成分が含まれたスキンケアアイテムを使用する
⑧食事に気を付ける

肌の保湿の習慣

化粧水1,2,3は主に肌の保湿に関わっている習慣です。まず、入浴後や洗顔後は肌から皮脂が失われていて、水分が非常に蒸発しやすいタイミングです。できるだけ早めに化粧水や乳液、美容クリームなどで保湿ケアを行うようにしましょう。その際は保湿作用の高い、ヒト型セラミドやヒアルロン酸、ナノ化コラーゲンなどが含まれているものを選ぶようにしましょう。

冬季などの空気の乾燥する時期に加湿器を使うのも重要です。湿度は60%を下回らないように、湿度計などを常備しておくと便利かもしれません。冬季は気を付けていないとすぐに水分が肌から失われ、カサカサになってしまいます。また入浴時や洗顔時に肌をゴシゴシ洗わないことも重要です。肌をゴシゴシと洗ってしまうと、皮脂が過剰に除去され、乾燥の原因となります。

シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成も誘発してしまうので、よく泡立てたボディソープや石鹸でやさしく洗うようにしましょう。

⒈3美肌になる方法

「体の中から美しく」、という言葉があるようにきれいな肌を保つためには食事がとても重要です。どのような食べ物に美肌効果があるのでしょうか?効果的で摂り入れやすいものを紹介します。

納豆を積極的に食べる

納豆は独特のニオイとネバネバが特徴で、好き嫌いが分かれる食品の一つですが、肌によい成分の宝庫です。納豆にはビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、といったビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は細菌の働きによって生産されるため、発酵食品である納豆には、豆乳など、ほかの大豆加工食品より多く含まれています。

⒉美肌におすすめのクリームとは?

⒉1美白クリームの選び方

効果がある美白クリームは、パッケージに以下の表記があるかどうかで見分けることができます。

「美白」
「医薬部外品(薬用)」

というのも「美白」と表記できるアイテムは国が認めた美白成分を配合した医薬部外品のみのため。これらの表記があれば、「効果的な美白クリーム」と考えることができますよ。そこからさらに自分に合った美白クリームを見つけるには、以下のポイントをチェックしてみましょう。

①目的に合った美白成分を選ぶ
②使いたい部位にあわせて選ぶ

それぞれについて詳しくご説明します。

①目的に合った美白成分を選ぶ

日焼け・シミ・くすみの原因は「過剰なメラニンが肌にとどまること」です。美白成分はそれぞれ異なる働きでこのメラニンを防ぐため、

今後のシミを予防したい
今あるシミを薄くしたい

のどちらが目的かで美白成分を選びましょう。化粧品等で取り入れやすい美白有効成分は以下の4つです。

シミを予防する(チロシナーゼ活性阻害)
・アルブチン
表示例:アルブチン、α‐アルブチン
・トラネキサム酸
表示例:トラネキサム酸、m-トラネキサム酸

シミを薄くする(メラニン排出促進)
・エナジーシグナルAMP
表示例:エナジーシグナルAMP

シミを予防+薄くする
(チロシナーゼ活性阻害・メラニン色素還元)
・ビタミンC誘導体
表示例:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、3-O-グリセリルアスコルビン酸(3GA)など

※国が認可した「美白有効成分」の一部です。

中でもおすすめの成分はビタミンC誘導体。予防効果もメラニン還元作用ももっている、優秀な美白成分です。また成分で見分けるのが難しい方は、美白用アイテムの中から「医薬部外品(薬用)」と書いてあるものを選びましょう。必ず美白有効成分が配合されています。

②「使いたい部位」に合わせて選ぶ

クリームにはフェイス用とボディ用があります。「顔・体で兼用したい」と思うこともあるかもしれませんが、ボディ用のアイテムを顔に使うと刺激を感じてしまうことがあります。逆に、フェイス用を身体に使用するなら比較的安全ですが、効き目が弱く効果は得にくくなることも。そうしたトラブルを防ぐためにも、「兼用」と書かれたアイテム以外は使いたい部位に合ったクリームを選ぶことが大切です。

⒉2美白クリームランキング

【第1位】ホワイトニングクリーム クリアリスト(サエル)

第1位は、敏感肌・乾燥肌に特化したスキンケアブランド・「DECENCIA(ディセンシア)」の薬用美白クリーム「サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(医薬部外品)」です。美白有効成分、高保湿成分、といった成分を配合しており、美白とシミ予防のダブルケアを行いながら、お肌をしっとり潤わせてくれるクリームです。

またアルコール・香料不使用で、皮膚科医立会いテスト承認済みのため、お肌にやさしく使えるのも大きなポイントです。

【第2位】美白クリーム(アスタリフト)【医薬部外品】

富士フイルムの美白ライン・アスタリフトホワイトの「美白クリーム」には、美白有効成分、保湿成分、などの美容成分が豊富に配合。日焼けやシミなどの美白対策だけでなく、お肌のハリやキメなどのエイジングケアもできるアイテムです。軽やかな感触のクリームが有効成分を閉じ込め、透明感とうるおいに満ちた肌へと導きます。

【第3位】QuSome®ホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

美白効果が高いハイドロキノンを配合した、ビーグレンの夜用クリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。ハイドロキノンのほか、ビタミンC誘導体を配合し、シミの原因を作らせないメラニンが肌表面にシミとして現れるのを阻止といった作用でシミに徹底的にアプローチしながら、透明感のある肌へと導いてくれるアイテム。

肌へのやさしさを考えてハイドロキノン配合率は1.9%と低配合ですが、独自の浸透テクノロジーによって少ない配合量でもしっかり効果を発揮してくれます。

⒊美肌に効果的な食事とは?

⒊1食事が美容と健康を支える

食事以外にサプリメントなどの健康補助食品を健康や美容に利用している方も多いようですが、サプリメントなどの健康補助食品はあくまでも足りない栄養を補うためのものです。

美容と健康の基本は、きちんとした食事であることを忘れないようにしましょう。サプリメントを過剰摂取してしまうと、栄養過多となり、逆に栄養不足の引き金になることもあります。また、一部のサプリメントには肝機能障害などの健康被害を引き起こすものもあるため、服用には十分に注意しましょう。

野菜不足を補うために野菜ジュースを愛飲している人も多いようですが、野菜ジュースに用いられる野菜には水耕栽培のものが多いです。水耕栽培の野菜は、水耕でもよく育つように化学化合物や植物ホルモンなどを投与しているため、硝酸態窒素が残留しているものがほとんどです。大量に摂取すると、チアノーゼ(メトヘモグロビン血症)を起こす可能性があるため、過剰摂取には十分注意しましょう。

⒊2積極的に摂りたい美肌食材

肌の健康を保つために、毎日の食事で取り入れたい食材と、摂取方法をご紹介します。ただし、それらだけを食べればよいというわけではありません。肌の健康を保つのに最も大切なのは栄養のバランスです。かたよらないよう、たくさんの食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

豆乳

豆乳は、必須アミノ酸をバランスよく含み、良質なタンパク質源となる食材です。女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンには、シワ・たるみの予防や、コレステロールの抑制、骨粗しょう症の予防など、さまざまなエイジングケア効果が期待されています。

パセリ

シミやそばかすの原因となる活性酸素を除去する抗酸化ビタミンであるβ-カロチンと、ビタミンC・Eを豊富に含んでいます。鉄分と、鉄の吸収を高めるビタミンCも豊富なため、その相乗効果により肌の血色をよくし、くすみを予防します。一回の食事ではなかなか多く摂取できないので、果物などと一緒にミキサーにかけてグリーンスムージーにして飲むのがおすすめです。

ヨーグルト

乳酸菌が悪玉菌の増殖を抑えることで、有害物質の発生を抑え、腸内環境を整えます。他にも、新陳代謝を促し、脂質の代謝を促進するビタミンB2や、肌のバリア機能となるセラミドも含まれています。ビフィズス菌はオリゴ糖を餌にして増殖するため、オリゴ糖が豊富なバナナやはちみつ、きな粉などと一緒に摂ると効果が高まるでしょう。

ブルーベリー

抗酸化力においては果物の中でトップクラスです。紫色素成分のアントシアニンと、抗酸化ビタミンのC・Eを併せ持ち、肌老化をはじめとした全身の老化を予防します。さらに、食物繊維もたっぷりなので、腸内環境の整えにも効果的です。ヨーグルトと併せて食べると善玉菌効果がプラスされるので、腸のエイジングケアに有効です。

レモン

レモンは、いわずと知れたビタミンC含有量トップクラスの果物です。抗酸化作用に優れ、活性酸素を除去し、メラニン色素の沈着を防いでシミやくすみを予防します。ただし、レモンに含まれるソラレンは紫外線への感受性を高めてしまうため、夕方以降に摂るのがおすすめです。

⒋美肌効果におすすめのアイテム

⒋1ホワイトニングパウダー

寝ている間に美白とうるおいを手に入れられる、ベネフィークの「ホワイトニングパウダー」。夜のお手入れ後のベタつきや、夏の汗ばんだ肌を、サラサラの心地よい質感に変えてくれます。毛穴の開きが気になる方にもおすすめですよ。

⒋2ホワイトルーセント ブライトニング スキンケアパウダー N

メイク後の仕上げにも、夜の肌ケアにも活躍してくれる、SHISEIDOの「ホワイトルーセント ブライトニング スキンケアパウダー N」。ブライトダームフレグランスの香りで気持ちもアップしそうです。薄いヴェールをかぶったようなふんわりした仕上がりで、透き通るような肌を実現します。

⒋3薬用アクネ ナイトタイムディフェンス

夜のお手入れのフィニッシュに使いたい、エテュセの「薬用アクネ ナイトタイムディフェンス」。ニキビや肌荒れを防いでくれる薬用アクネパウダーです。オイルフリーのさらっとした質感で、思春期ニキビにもおすすめのアイテムです。

⒌まとめ

スキンケアも美肌を手に入れるために大事なことですが、それ以上に普段の食事から気をつけて食べるようにすることが大事な要素ですね。今回ご紹介した方法とおすすめアイテムを是非ともご利用していただき、理想の美肌を手に入れてくださいね。

関連商品


スノーFFFクリーム

2,500円~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です