皆さんは、気になる脂肪に効果的だと今話題の「キャンドルブッシュ」についてご存知でしょうか?

ダイエットで失敗したくない方や、これからダイエットを行おうとお考えの方また、今ダイエットを行っている方に必見の情報です。是非ともこれからのダイエットに活用していただき、その効果を実感していただければと思います。

⒈キャンドルブッシュとは?

⒈1キャンドルブッシュについて

キャンドルブッシュといえばデトックス効果を持ち、ダイエットやむくみ解消、便秘改善などに効果のある植物といった印象ですよね。自然由来の原料として、便秘改善用のお茶などにも含まれていることのあるキャンドルブッシュですが、実はキャンドルブッシュは人によって評価の別れる成分なのです。

キャンドルブッシュが使われているサプリメントも多いですが、使い方を誤ると思わぬ副作用が起こる可能性があり、国民生活センターが注意勧告を出したこともあります。

⒈2キャンドルブッシュの効果

キャンドルブッシュは便秘改善のサプリメントなどでよく使わている成分です。ゴールデンキャンドルの異名を持つため、そちらで記載されていることも多いでしょう。キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)の5つの効果を確認してみましょう。

古くから用いられてきた

女性は、男性よりも筋肉量が少ないので、どうしても排便に必要な腹筋が足りなくて便秘になりがちです。それから、甘い物を沢山食べると、糖質を分解するためにビタミンB1が多く消費されてしまいます。ビタミンB1は、腸の蠕動運動に欠かせないビタミンなので、ビタミンB1が足りなくなることでも、便秘になってしまいます。

便秘になると、腸内環境が悪化して溜まった毒素が腸壁から吸収されて血液に流れ、全身に毒素が回ってしまいます。そうなると、肌荒れや、体臭の原因にもなってしまうのです。それに、腸内に悪玉菌が増えると、脂肪を吸収する腸内細菌が増えてしまうんです。

そんな頑固な便秘を解消してくれるのが、キャンドルブッシュです。別名ゴールデンキャンドル、ハネセンナと呼ばれているアメリカ原産のマメ科の植物です。東南アジアやインドにも自生している植物です。成長すると、4m程の高さまで垂直に伸びるて上部に黄色い花を咲かせる様子が、ロウソクのように見えることから、キャンドルブッシュと呼ばれています。

キャンドルブッシュには便秘を解消してくれるだけでなく、抗菌効果もあることから、古くから皮膚病の治療や、スキンケアのために使用されてきました。

SODを補給して健康な体に

キャンドルブッシュに含まれているSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)は、活性酸素を除去してくれる酵素です。SODは、元々人間の体内に存在している酵素です。この酵素が上手く働くためにいは、ポリフェノールやビタミンなどが必要となりますが、キャンドルブッシュには、ポリフェノールやビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

紫外線や日々のストレスなどによって、活性酸素が溜まりやすい現代人にとって、酵素はとても重要です。しかも、この酵素は、年齢と共に減少してしまいますので、生活習慣病などを引き起こしやすくなります。体内の酵素が減少すると、代謝が悪くなって痩せにくくなる原因にもなってしまいます。

また、キャンドルブッシュに含まれているタンニンというポリフェノールは、渋柿などの渋み成分や、お茶を飲んだ時の着色汚れの原因というイメージがりますが、タンニンも抗酸化作用のあるポリフェノールです。タンニンには、肌のアレルギー症状を改善したり、脂肪を燃焼する効果もあります。他にも、花粉症の症状を改善する効果もあるとされています。

キャンドルブッシュには亜鉛も含まれています。皮膚や髪、爪を作るためには欠かすことのできない成分です。亜鉛が不足すると、髪がパサパサになったり、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。転んでアザができても亜鉛を適度に摂取することで、治りが早くなると言われています。亜鉛不足は、白髪の原因とも言われていますのでキャンドルブッシュで亜鉛が取れるのは嬉しいですね。

ケルセチンの凄い効果

キャンドルブッシュに含まれているケセルチンは、最近タマネギの皮に豊富に含まれている成分として注目を集めています。ケセルチンも、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種です。ポリフェノールは、どれも同じ働きをする訳ではなく、ケルセチンに関しては、抗ストレス作用があるとされています。

更には、血行を改善して血液をサラサラにしたり、活性酸素によって赤血球が傷んでしまうのを防ぐ効果などもあります。高血圧の方や、運動不足で血行不良となっている方にお勧めな成分となっています。また、関節の痛みを緩和したり、むくみを改善するといった効果や、脂肪分解、アレルギーの改善、骨粗鬆症予防まであります。

健康効果が高いことを知ると、沢山体に取り込みたくなってしまいますが、ケルセチンは一回に700mg以上摂取してしまうと腎臓障害などを引き起こす可能性があるとされているため、効果を得たいからといって過剰に摂ることはオススメしません。また、一部の抗生物質とは相性が悪いため、抗生物質を使用している場合はケルセチンを摂取しても大丈夫か確認するようにしましょう。

⒉キャンドルブッシュでダイエットするのは危険なのか?

⒉1キャンドルブッシュの摂取方法

キャンドルブッシュを摂るだけでダイエットが簡単にできそうですね。そもそもこの植物エキスはどこから摂取できるのでしょうか?ここにキャンドルブッシュを使用したオススメの食品をピックアップしましたので参考にしてください。

キャンドルブッシュティー

キャンドルブッシュを簡単に摂取できるポピュラーな食品といえば​キャンドルブッシュティー。食物繊維がたっぷりと含まれているので、頑固な便秘もすっきりと解消できるでしょう。さらにビタミンやミネラルもたっぷりと含まれているキャンドルブッシュは健康維持サポートもバッチリしてくれます!

プレミアムデトックティー

キャンドルブッシュを始め​天然ハーブをたっぷり配合した国産プレミアムデトックスティーは、エステサロンでも人気のダイエット茶なのです。食物繊維をたくさん配合しているから自然な排出ができますよ。飲みやすいラズベリー風味でリピーターも多いです。

デルバラスリムビューティ

キャンドルブッシュ50%と21種類の​天然ハーブを豊富に配合したキャンドルブッシュティーは飲みやすいテイストで寝る前に飲むだけで快適なお通じが実感できます。老廃物をすっきりと排出してくれると同時に、新陳代謝を高めたり血行を良くしてくれるので美肌サポートも期待できますよ。農薬検査を行っている安全なキャンドルブッシュを使用したティーはたっぷり容量でお手頃な値段で購入でき、継続に負担がかからないのも嬉しいポイントですね。

⒉2キャンドルブッシュのおすすめのサプリメント

手軽に摂取できるサプリメントは携帯にも便利です。モデルさんたちの間でも人気のキャンドルブッシュサプリは忙しい毎日を送っている現代人にオススメで、栄養も同時に摂取できます。

【酵素x酵母】DIET

​100種類以上の酵素や低分子の酵母ペプチドを配合したダイエットサプリは、腸内環境を整えながら体内のデトックスを行なってくれます。さらにキャンドルブッシュやキダチアロエが便秘作用をしてぽっこりお腹をすっきりとさせてくれますよ。90%以上の満足感を得ているサプリは飲みやすい小粒のサイズであるのも人気の秘密です。

⒊そもそもなぜ太るのか?

⒊1人はなぜ太るのか?

人はなぜ太るのか?肥満になるのか?答えを簡単に言えば、食事などで体に取り入れたカロリーが、仕事や家事、人が生きていく上で行う体内活動で使うカロリーを上回った場合、消費されずに余った分のカロリーが脂肪に変わって体に溜まることで太る(肥満になる)のです。摂取カロリー、消費カロリーをコントロールすることをダイエットといいます。

じゃあダイエットするには、摂取カロリーを消費カロリー以下にすればよいのか?となるでしょうが基本的にその通り脂肪はそれ以上は増えないということになりますね。ただし、摂取カロリーが消費カロリーを上回る原因、また消費カロリーが増えない原因は人それぞれ違うのです。その原因を知ることがダイエットの第一歩となります。

⒊2肥満の原因

食習慣に起因する摂取カロリーの増加
肉類、甘い物、アルコール類などの暴飲暴食、早食い、不規則な食事、食事時間帯(20時以降)など、カロリーの取りすぎ

食生活の変化
若い人を中心に、インスタント食品、冷凍食品などに食事を依存する傾向が強まり、栄養が偏る。またファーストフードなどの食文化の欧米化により、肉中心の食事になった結果、過剰の脂肪分・糖分の摂取によるカロリー過多。

加齢や運動不足による消費カロリー量の低下
よく言われている運動不足、また加齢により心肺機能などの生命維持活動が衰え基礎代謝量が低下し、消費カロリーが減る、基礎代謝量、慢性の便秘、脂肪分・糖分を含む粕が長時間大腸に留まる為に体の内に脂肪分・糖分が再び吸収され脂肪が蓄積される。また宿便だけで5kgほど溜まっている場合があります。体に有害な毒素が再吸収されることもあります。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ
ストレスを受けると自律神経や消化吸器系にも影響。産後や更年期などにもホルモンバランスが崩れたり自律神経が乱れたりし太り易い体質へ。この様な場合はダイエットを始めるより専門家や医師の診断を受けるのが先だと思います。これらが肥満の主な原因であり、人によれば原因が複合することがあります。自身の生活を思い浮かべて、当てはまることがないか確認しましょう。

⒋その他のダイエットにおすすめの方法

⒋1脂肪燃焼スープダイエット

7日間、スケジュールに従ってスープを食べ続ける短期集中ダイエット。ただし、お酒や炭酸飲料、揚げ物などはご法度です。もともとこのスープダイエットは病院で取り入れられていた食事療法で、心臓外科手術の前に安全に、かつ急速に減量をするために用いられている方法です。

このスープがダイエットに効く理由はまず、お腹一杯食べても摂取カロリーが低いことが1つ。そのカロリーは80〜90kcalと言われています。お腹いっぱいになるために2〜3杯近く食べても160〜270kcal。確かに摂取カロリーを抑えることができますよね。

またスープに入っている野菜の豊富な食物繊維もダイエットに効果的。食物繊維によって腸内環境を改善できれば便秘の改善につながります。しかしこのスープのみでダイエットをおこなうのは危険。手術前の患者さんが「確実に」体重を落とすように作られたメニューだけあって、確かにやせることはできるでしょう。しかし、やせた後に元の食生活に戻したらあっという間にリバウンドすることが予想できてしまいます。

また、このスープではタンパク質の量が圧倒的に不足しています。タンパク質が不足すると筋肉量が減る恐れがあり、体重が減ってもぶよぶよの体になってしまう可能性が。燃焼スープでダイエットしたい!という方は、極端な置き換えは控える・運動の併用などが必要です。

⒋2プチ断食ダイエット

断食と言えば一切物を口にしないということですが、この“プチ”断食は週に2日のみ、1日の摂取カロリーを4分の1に抑える短期集中ダイエット。女性なら500キロカロリー、男性なら600キロカロリーが目安です。

毎日の食事制限ではないので、ストレスや手間が他のダイエットに比べて少なくなりそうです。例えば休みの日2日間だけ半日何も食べずに過ごす方法や、2日間は朝昼晩ヨーグルトと豆乳だけにするといった方法があります。

このダイエットのポイントは胃や腸を休ませ、内臓の疲れを解消し、本来の消化吸収能力を取り戻すことにあります。良好な腸の状態で排泄力や代謝を高めることによって脂肪の燃焼効果を高める狙いがあり、ダイエットへの効果が期待できます。

これはあくまでも2日間、カロリーを抑えることで可能なダイエット法です。もし一切固形物を食べない完璧な断食を長期間続けると、ダイエットどころか健康に被害が出てしまうので絶対にやめましょう!「食べないダイエット」はNGです。

⒌まとめ

キャンドルブッシュについてご理解いただけましたでしょうか。いかにダイエットに効果的だといっても、それだけでは痩せることはできません。ですので、前述してきたことをしっかりと守って継続して続けて結果にコミットメントして頑張ってくださいね。

関連商品


ブラックインフェクション

デブ脳から痩せ脳に変換を促す
まったく新しいアプローチのサプリ

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です