イソフラボンでダイエットできることを皆さん知ってましたか?

イソフラボンというと豆乳に多く含まれているのですが、そのイソフラボンを摂取することでダイエットを効率的にすることが可能です。今回は、そんなイソフラボンのダイエット効果とその方法について具体的に解説していきたいと思います。

これまで、続かなかったダイエットもきっとイソフラボンなら続くと思いますので、是非とも試してみてくださいね。

⒈イソフラボンとは?

⒈1イソフラボンの働き

昔から、豆腐や味噌、納豆をはじめ、きなこ、おから、湯葉など さまざまな大豆食品を通じて私たち日本人の健康を支えてきた大豆。 健康に良いといわれる大豆には、どんな栄養素がつまっているのでしょう。 大豆は、「畑の肉」とよばれるほど良質のたんぱく質が豊富で、人の体に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

その他にも、脂質・食物繊維・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンE・ビタミンB1などさまざまな栄養素を含むことから、大豆は自然のバランス栄養食として昔から重宝されてきました。

また、大豆は最新の栄養学でも特に注目されています! アメリカ国立大学研究所が発表した、がん予防に効果があると考えられる食品「デザイナーフーズ」のうち、大豆は最も有効とされる8種類の野菜の中に挙げられているんですよ。

これだけでも、大豆が体にいいといわれてきた理由がわかりますが、実はそれだけではありません。ひみつは、大豆の中に含まれる「イソフラボン」という成分にあるんです。

⒈2健康成分「イソフラボン」とは?

イソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールの一種で、その含有量は大豆一粒にわずか0.2~0.3%ほどしかない貴重な成分。ポリフェノールとは、植物に含まれる色素や苦味、渋み、あくなどの成分で、健康づくりや美容のためには、とても大切な成分と言われています。 昔から日本人は、山の幸、海の幸をバランスよく摂取してきました。

でも、欧米スタイルの食生活に変わってきてたことで、これまで慣れ親しんできた「味噌」、「豆腐」、「納豆」などの大豆食品が食卓に並ぶことが少なくなるなど、 残念ながらイソフラボンの摂取量は減ってきています。

⒈3取りすぎは良くない!イソフラボン!

大豆イソフラボンは良い働きがある反面、過剰摂取は子宮内膜症や乳がんの発症と再発リスクを高めることが示唆されています。美容や健康意識の高い女性は、大豆製品を日頃からとり入れようと心がける人が多いですが、摂りすぎにも注意が必要です。

⒉イソフラボンのダイエット効果とは?

⒉1大豆イソフラボンと生活習慣の改善でダイエット!

女性の方はいつまでも美しく、綺麗なスタイルをキープしたいですよね。「2人目妊娠してから体重が戻らなくなった」、「20代の時は痩せていたのに」、「今は何をしても太る」。そういう声を集めるととんでもない量になりそうですね。美肌とともに、女性の悩みとしてはあげられるのがダイエットです。そんな、ダイエットにも大豆イソフラボンは効果的です。

⒉2更年期の女性が肥満になる原因

若い頃と生活リズムは変えていないのに太る。というのは、実は正解。更年期の女性は20代の女性と同じ生活をしていても太ります。それは、超ざっくりいうと、女性ホルモンが体内から減少する為です。女性ホルモンと言っても総称で、実は個体ごとに名称があるので、ダイエットのために必要な女性ホルモンん紹介と共に、更年期女性が肥満になる原因をご紹介します。

エストロゲンの減少により基礎代謝が低下

更年期以降の女性は女性ホルモンの一つ、エストロゲンが減少しますが、これが1つ目の肥満になる原因です。エストロゲンには、脂肪燃焼効果と満腹中枢刺激効果があります。簡単にいうと、エストロゲンはご飯を食べればせっせと燃やし、満腹だと脳に指令を与えてくれているんですね。

更年期以降の女性は、このエストロゲンが体内から減少してしまう為、食べたものは燃えずにどんどん溜まっていき、満腹だとわからずに食べ過ぎてしまうということですね。

プロゲステロンの増加により脂肪を蓄える体となる

更年期の以降の女性は”プロゲステロンが増加しますが、これが2つ目の肥満になる原因です。プロゲステロンはいわば、太るホルモン。プロゲステロンが分泌されると水分を溜め込んでむくみやすくなったり、大腸の動きを低下させ便秘になったり、脂肪を溜め込もうとしたり、脂肪が溜る体になってしまいます。

⒉3大豆イソフラボンのダイエット効果

大豆イソフラボンは植物エストロゲンの一つといわれていて、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンが急激に減少する更年期以降の女性は、意識して摂取するとよいでしょう。

これは、私の実体験ですが。どれだけ運動しても痩せなかったわたし。それを友人に相談してみると、「生理前に豆乳を飲むと痩せるらしいよ」と友人が教えてくました。実際、半年ほど生理前から豆乳を続けてみると、生理時期に必ず2kgほど太っていたのが、太らなくなっていました。

理由は、もちろん大豆イソフラボン。生理前には脂肪細胞を小さくしたり、脂肪を燃やす働きがあるエストロゲンが減少し、代わりに体に栄養分を蓄積しようとするブロゲステロンが増加するため、体重が増えたりしていたのですが、エストロゲンが減少する時期に豆乳で大豆イソフラボンを摂取した為、脂肪を燃焼させるというエストロゲン本来の働きが持続しいつもよりも体重が増えなくなったということですね。

大豆イソフラボン+カロリー計算でダイエット

大豆イソフラボンだけではもちろん、肥満は改善できません。肥満になる原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回っている状態をいうので、食生活を見直してカロリー計算をはじめてみましょう。

基礎代謝量や体重、運動量などで個人差があるため、一概にはいえませんが、一般的に更年期の女性の摂取カロリーは1500~1800kcalといわれています。成人女性の平均摂取カロリーは1800~2200kcalなので、更年期の女性は若い頃と同じように食べていては肥満になってしまうということがわかると思います。

消費カロリーを増やすために運動も大事ですし、摂取カロリーを減らすためにカロリー計算も大事です。大豆イソフラボンの摂取と共に、ダイエットの基本も忠実に守りましょう!

⒊イソフラボンダイエットのメリット・デメリット

⒊11日あたりのイソフラボン適正量

食品安全委員会で発表された、イソフラボン摂取目安量の上限値は1日あたり75mgです。
※サプリ等の人口的に作られた健康食品から摂取する場合の上限値は30mgです。
極力、サプリ等ではなくて大豆製品からイソフラボンを摂取する様にする事が望ましいです。

■大豆製品のイソフラボン容量目安

豆乳200ml・・・・・約50mg
豆腐1丁(300g)・・・約60mg
納豆1パック(50g)・・約35mg
味噌汁1杯・・・・・・約20mg

ミネラル酵素グリーンスムージーを豆乳で割って飲む場合は約50mgの摂取となる為、1日あたりの上限値内で充分収まります。私が飲んでいたキッコーマンの調整豆乳の場合は、200mlあたり43mgのイソフラボンが入っています。ちなみにどれくらい摂取すると過剰摂取になるのかと言うと、食品安全委員会で発表された『1日あたり150mg以上摂取する事。』が基準となります。

⒊2イソフラボンダイエットのメリット・デメリット

イソフラボンは今いろんな場所で見かけるようになりました。一番多く含まれているのが、大豆製品です。大豆はもちろんのこと大豆の加工品にも豊富に含まれています。調味料でいえば、醤油や味噌にも含まれていたり、加工食品では納豆や豆腐や油揚げなどよく食卓にのぼるものが多いです。

イソフラボンが注目されているのには、豊富な栄養素がメリットといえます。特に女性にとっては、年齢とともに減少してしまう女性ホルモンを補う働きがあります。女性ホルモンが減少してしまうと、体に大きな変化が生まれてきます。若い女性にとっては、妊娠や出産など女性ならではの機能の低下につながってしまいます。

また中高齢になると、更年期障害の症状が悪化したり、肌や髪の毛などハリが無くなってします。このように女性らしい体には、イソフラボンのように女性ホルモンの働きを据える成分が重要になります。

しかしイソフラボンの摂取にはデメリットもあります。それは過剰摂取です。日常の食生活の中でイソフラボンは摂取しやすい成分です。1日当たり75mgが上限となり、それ以上は過剰摂取に当たります。過剰摂取してしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、生理の周期が乱れたり生理痛が重くなったりしてしまいます。

それだけでなく婦人病のリスクが高くなり、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病にかかりやすくなります。

⒋イソフラボンで脂肪燃焼することができるの?

⒋1イソフラボンはダイエットの味方

大豆や大豆製品に多く含まれているイソフラボン。このイソフラボンがお腹の脂肪を落とすのにとても効果的だということをご存知でしょうか。イソフラボンと言えば、肌の調子を整えるなどの美容効果や、健康効果を発揮するイメージがありますが、あまり脂肪燃焼のイメージを持っていない人もいるのではないでしょうか。

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きを持っていることで有名で、身体にとって様々な嬉しい効果を持っています。イソフラボンを効果的に摂取するためのサプリメントなどがたくさん販売されているので、これらを利用しても良いですし、ダイエット用のイソフラボンサプリメントも人気を集めています。

⒌イソフラボンのサプリメントについて

⒌1イソフラボンのサプリメント

イソフラボンは、大豆や大豆製品から摂取することができますが、仕事などで忙しく、毎日の食事からは必要な量を摂取できない方もいることでしょう。

近年は、イソフラボンの美容や健康効果が注目され、さまざまなメーカーからイソフラボン入りのサプリメントが販売されています。そのため、いざイソフラボンのサプリメントを購入しようと思っても、どの商品を選んだらよいのかわからない、と言う方も多いのではないでしょうか?

そのような方のために、こちらのカテゴリーでは、イソフラボン入りのサプリメントの特徴について解説していきます。

⒌2エクエル

女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンですが、体内で作用しない可能性もあります。そこで、同様の働きをもつ「エクオール」という成分を加えたのがこの「エクエル」です。イソフラボンのみを摂取するよりも効果が得られやすく、健康・美容ともにサポートしてくれます。

口コミ

更年期が近づくにつれて落ち込み気味だったのですが、エクエルを飲み始めてから回復していきました。肌の状態も良くなり、ノーメイクの日のケアは化粧水で十分なくらいです。

病院に行っても治らなかっためまいが治り、感激しました。今年はまだ乾燥肌トラブルもなく、これもエクエルを飲んでいるおかげだと思います。

引用元:http://www.isoflavone-nav.com

⒌3大豆イソフラボン+亜麻リグナン

大豆を加工する際に、苦みがあるとして取り除かれる胚芽部分には、イソフラボンが多く含まれています。この部分に着目したのがこのサプリです。女性の更年期障害に効くとされる「亜麻リグナン」も配合されています。

口コミ

ホルモンバランスの乱れからか、顎にニキビができるようになったのですが、このサプリを飲み始めてからは少し良くなりました。

サントリーなので安心して飲み始めました。周りの同年代女性と比べて明らかに元気なのでうらやましがられています。

引用元:http://www.isoflavone-nav.com

⒌4大豆イソフラボンプラス

体内吸収率の高いイソフラボンの他、身体のバランスを整える「アマニリグナン」や気分の変化を穏やかに保つ「ギャバ」が配合されています。更年期障害の軽減だけでなく、美容効果も期待できるサプリです。

口コミ

更年期障害が気になり出したのでこのサプリを飲み始めましたが、それ以来特に更年期らしい症状は現れていません。大豆が苦手な自分でも飲みやすいです。

イソフラボン以外にも健康にいい成分が含まれているのも良いですね。更年期で少しイライラしていましたが、穏やかな気持ちで過ごせるようになりました。

引用元:http://www.isoflavone-nav.com

⒍まとめ

イソフラボンの効果がお分かりいただけましたでしょうか?

イソフラボンがここまで、ダイエットに効果的だとは思いもしなかったと思いますが、これから是非ともイソフラボンをダイエットにしっかりと取り入れて理想の体型を手に入れてくださいね。

最後に、この記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です