女性にとって、綺麗な歯は大変大事な要素の一つですよね。

今回は、そんな綺麗な歯を保ちたい方に必見の内容となっております。歯を綺麗に保つには、ホワイトニングという方法があり、そのほかにも多岐に渡り様々な種類の治療方法が存在してますが、今回はそのホワイトニングのメリットやデメリットまた、そもそもなぜ歯は黄ばんでしまうのか?

また、虫歯になる原因等についても詳しく解説していきますので、是非ともご参考にしてくださいね。

⒈自宅でできる予防歯科・ホワイトニングとは?

⒈1オフィスホワイトニングとの違い

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。あくまで目安です。効果には個人差があります。自費診療のため医院によって価格設定が大きく異なります。

ホームホワイトニングの良いところは、何より自宅でできる気軽さと費用対効果ですね。ホームホワイトニングは自宅でテレビを見ながら、本を読みながら、何かをしながらで歯を白くできます。費用については、初回にマウスピース代がかかりますが、以降はホワイトニングジェル代だけなので経済的です。即効性はありませんがオフィスホワイトニングよりも白さが持続します。時間がかかっても良いので、白さを定着させたい方にはおすすめの方法です。

⒈2ホームホワイトニングの流れ

自宅でのホワイトニングが中心となりますが、初回は歯科医院に行く必要があります。

初回診察~マウスピースの受取

虫歯や歯周病が見つかれば先に治療を行う必要があります。問題がなければマウスピースの型を作成します。早いところでは当日受取ができますが、通常は数日かかりますので後日受取りに来院する必要があります。受け取りの際に、ホワイトニングの効果を高めるために歯石除去も行います。

自宅でのホワイトニング

マウスピースにジェルを塗布し、歯につけたまま2時間ほど置きます。自宅や外出先問わず、つけている最中は飲食、喫煙は禁止です。またホワイトニング期間中は着色しやすい食べ物や飲み物の飲食、喫煙は控えましょう。これを毎日続けましょう。我慢が必要です。だいたい2週間ほどで効果が見られます。その後は自分の納得のいく白さになるまで、好きなだけ続けることができます。

定期通院

歯がしみる、喉が痛いなど、問題がある場合には無理に使用せずに歯科医師に相談しましょう。最低でも半年に一度、薬剤を新しくもらうタイミングで通院し、経過を診てもらうことも大切です。

⒈3ホームホワイトニングの注意点

下記の場合、ホームホワイトニングが出来ない可能性があります。歯科医師に相談してみましょう。

歯並び、噛み合わせに問題がある
歯並びが悪かったり噛み合わせに問題がある場合、形にあったマウスピースを作れなかったりうまくはまらなかったりする恐れがあります。また矯正中はホワイトニングが出来ない場合があります。

強い歯ぎしり(ブラキシズム)
歯ぎしりや噛みしめ癖がある場合、マウスピースを傷つける恐れがあるためホームホワイトニングには向きません。

知覚過敏のある歯
ホワイトニングの薬剤がしみてしまい、続けることが難しくなります。

妊娠中・授乳中
胎児や乳児への安全性が確認できていないため、ホワイトニングジェルの多くは妊娠中や授乳中の使用を禁止しています。はっきりとした悪影響はわかりませんが、避けたほうが良いでしょう。

神経がない歯、人工補綴物
根管治療や虫歯により神経が失われた歯は白くなりません。またインプラントやクラウンなどで補綴された人工歯にも効果がありません。

全身疾患がある
糖尿病などの全身疾患がある場合、ホワイトニングを行えない可能性があります。要相談です。

⒉そもそも虫歯になる原因や黄ばみの原因とは?

⒉1歯の黄ばみの7つの原因

歯が黄ばむ原因は食事や飲み物、タバコなどだけではありません。コーヒーやたばこが原因と思って対処しても白くならなかったという方もおられます。ここでは、実際によくある歯の黄ばみの原因を7つご紹介します。

飲食物による着色

普段の生活の中で、食べたり、飲んだりした物が歯に付着することで起こります。食事や水分補給は人間として生活する上で不可欠なものですので、一番多い歯の黄ばみの原因です。着色の原因になりやすいものとして、以下のものがあります。

ポリフェノールやタンニン、カテキンが入っている飲み物

紅茶、コーヒー、赤ワインなどがあり、これらを摂取することでポリフェノールがステインになったり、タンニンやカテキンなどの成分が歯に付着し黄ばみになります。着色料が濃い食べ物、着色料が含まれている調味料カレー、ソース、醤油、ケチャップなどがあり、これらの合成着色料が歯に付着し黄ばみになります。その他、うがい薬のイソジンに含まれるヨウ素でも着色する場合があります。

虫歯がある

虫歯が原因で歯が茶色くなる場合もあります。虫歯菌が出す酸によって、歯のエナメル質や象牙質が溶けていく「脱灰」が原因で歯が茶色くなっていきます。

先天的なもの

生まれつき歯の色が黄色くなっている方もおられます。もともと歯の色は人によって生まれつき違うものです。その中でも、遺伝だったり、エナメル質が少なかったり、病気や薬の影響で歯が黄ばんでいるように見えることがあります。

神経が死んでいる歯

歯の中の神経である歯髄が死んでいたり、虫歯などの治療で抜いていると歯が黄色く見えることがあります。歯髄を取ると、歯に栄養分がいかなくなり、ちょっと黒くなることがあります。

タバコの喫煙

タバコのヤニが歯に付着して起こります。

加齢によるもの

年齢を重ねるとともに歯が黄色くなってくる事があります。歯も弱くなっていきますし、毎日の食事の中で歯のエナメル質が減っていくことが原因です。

斑状歯(はんじょうし)

以前は、幼少の頃に虫歯治療として高濃度のフッ素が配合された虫歯の進行止めを塗ると、歯に黒い斑点や白い斑点などができるという事がありました。現在は虫歯止めを塗る事がなくなってきていますので、斑状歯が原因による歯の黄ばみは少なくなってきていると考えます。

⒉2虫歯はどうしてできるの?

歯を磨いても、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?人によっては、まったく磨いていないのに「虫歯は一本もないよ。」という人もいます。その差は虫歯菌が口の中にいるかどうかの影響が大きいです。虫歯菌の中でも最も悪い菌はミュータンス菌といいます。ミュータンス菌は生後10ヶ月~36ヶ月くらいの間に、保護者(主に母親)から感染します。

保護者の口の中に、大量のミュータンス菌がいると、より感染していきます。そのとき、砂糖をたくさん摂った場合、更にミュータンス菌は、より大量に歯面に定着していきます。

さらにいったん口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは、菌量を減らすことはできません。ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それが歯の表面にねじ込むようにして、歯に張り付いてしまうためです。ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜を、バイオフィルムといいます。

プラークに棲む細菌が酸を出して歯を溶かす=虫歯

日本人の約90%以上が虫歯にかかっています。再石灰化が不可能なレベルに達した虫歯(象牙質に至った虫歯)は自然のままでは元には戻りません。治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。虫歯になるメカニズムを知って、予防に努めてください。

⒉3虫歯の進行

虫歯の進行状態はC1~C4の4段階に分類されています。みなさんも学校や歯医者さんで、「シーワン」という言葉を聞いたことがあると思います。これは、虫歯の進行を表す記号です。しかし最近ではCO(「シーオー」Caries Observation=経過観察)といって、ごく初期の虫歯は、削らずに観察しながら再石灰化を促す治療が行われています。

CO 経過観察
表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりしますが、見た目はほとんどわかりません。削らずに再石灰化を促して、経過観察をします。

C1
エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ孔があきます。自覚症状はなく、専門家の目で発見されます。この段階では経過観察になる場合と治療する場合があります。

C2
象牙質まで虫歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が出てきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。

C3
虫歯が歯髄(神経)まで進行。炎症(歯髄炎)が起き、激しい痛みに襲われます。炎症が進行すると、歯髄は腐って死んでしまいます。

C4
歯は歯根だけになってしまいます。歯髄は死んでしまったので痛みは感じなくなり、歯根の先に膿がたまります。こうなると治療は難しくなります。

⒉4飲食の回数と虫歯の関係

お口の中は食事によって急激に酸性化し、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出します。しかし、30~40分経過すると、唾液の力によって酸が中和され、唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に戻ります。飲食をたびたびすれば、お口の中は酸性になっている時間が長くなり、虫歯ができやすくなります。

⒊ホワイトニングのメリット・デメリットについて

⒊1メリット

歯が白く美しくなる!

当然ですが、ホワイトニング治療を行うと、歯が白く美しくなります。これは、ホワイトニング処置によって、歯が持つ本来の白さを取り戻すことができるからです。私たちの歯は、本来、半透明の綺麗なエナメル質に覆われています。そこに、歯石が付着したり、汚れが歯の表面に入り込むことで、黄ばんでいってしまうのです。その汚れを除去し、掻き出し、歯のエナメル質を新しく作り変えることで、元々の白さを取り戻していくのです。

虫歯や歯周病にかかりにくくなる!?

ホワイトニング治療では、歯面の汚れを綺麗に取り除きます。また、エナメル質の表面が新しく作り変えられ、歯の強度が増すのです。すると、歯垢や歯石が付着しにくくなるため、結果として、虫歯や歯周病といった病気にもかかりにくくなるのです。つまり、ホワイトニング治療というのは、単なる審美治療に留まらず、お口の病気も予防できるというメリットも含まれているのです。

笑顔が増えて、自分に自信が持てる、毎日が楽しくなる

ホワイトニング 笑顔日本人は、自分の歯に対してコンプレックスを抱いている人が少なくありません。歯並びが悪かったり、歯の色が汚かったりすると、できるだけそれを隠そうとしてしまうものです。それは自ずと、笑顔が減っていくことにもつながります。そこで、歯を白くするホワイトニング処置を施せば、自分の歯を人に見られることが恥ずかしくなくなります。

口角を上げて、きちんと笑うことができるようになるのです。やっぱり、嬉しい時や楽しい時は、何も気にせず、心から笑いたいですよね。それを可能にしてくれるのが、ホワイトニング治療なのです。

⒊2デメリット

ホワイトニング治療は一般的な歯科治療と比較すると高いかも!?

ホワイトニング治療のデメリットとして、まず第一に挙げられるのがコストの高さです。基本的に、ホワイトニングは自費治療となります。ですので、総額で数万円の治療費がかかることも珍しくありません。もちろん、その費用に見合っただけの治療結果が得られるのですが、高額な費用をデメリットと捉える人は多いです。

自分でやるホワイトニングは誤った処置で歯を傷める可能性もある!?

ホワイトニング治療では、過酸化水素という、少し強めの薬剤を使用します。この薬剤の濃度が濃すぎたり、あるいは、作用させ過ぎると、かえって歯の審美性を低下させることもあるのです。サロン・クリニックで処置してもらうオフィスホワイトニングでは、こうした心配はないでしょう。けれども、自宅で行うホームホワイトニングでは、処置法を誤ると、歯を傷めてしまう可能性もあります。

歯を傷めると、見た目が悪くなるだけではなく、知覚過敏という症状が現れることもあるのです。ただし、歯医者さんの指示通りに処置していれば、こうした問題が起こることはまずありませんので、ご安心ください。

効果を感じにくいこともある!?

ホワイトニングは、歯を白くする治療です。それなのに、ホワイトニング処置をしても、歯が白くならなかったら、皆さんどう思いますか?まず最初に考えるのが、歯医者さんのミスですね。きちんとした処置を施してくれなかったため、歯が白くならなかったと考えるのが普通でしょう。

けれどもこうしたケースでは、患者さんの歯自体に問題があることが多いです。歯の性質によっては、ホワイトニング剤が作用しにくい場合があります。また、患者さんの歯の色は、ひとりひとり異なります。そこで歯の色が、イメージしていた「白」に到達できなかった時、「ホワイトニングは意味がなかった」と考えてしまうのです。

正直これは、歯医者さんにもどうしようもないことです。こういった認識の相違が生じないよう、事前に、歯医者さんや専門家に相談しておくことが大切です。同時に、ホワイトニング治療には、こうしたデメリットもあることを知っておいてください。

⒋まずは市販品で試すのも?

医薬部外品でホワイトニングが出来るものも販売しています。

歯科医に行くのが面倒、とりあえず様子を見たいという方はこちらを試してみるのもありかもしれません。

リリーホワイト

スウェーデンの予防歯科からヒントを得た予防歯科ホームホワイトニング商品。

ポリリン酸ナトリウムを含む有効成分がじわりと白い歯に導いてくれます。

リリーホワイトの詳細はこちら

⒌まとめ

ホワイトニングの治療は、今では普通に誰もが行っている治療の一つです。ここまで、ご紹介したメリットやデメリットをしっかりと参考にしていただき、今後ホワイトニングを受けようと考えている方は、是非ともご参考にしていただけましたら幸いです。

関連商品


リリーホワイト

5,980円


どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です