憧れの小顔を手に入れるためにどのような努力が必要なのでしょうか?

今回は、自宅でも簡単にできる小顔マッサージについてわかりやすく解説してます。今まで顔の大きさにコンプレックスを持っていた人には是非とも実践してほしい事ばかりなので、参考にしていただけたら幸いです。

⒈小顔マッサージとは?

⒈1小顔マッサージの効果的な時間

まず、小顔マッサージをするならいつが効果的なのでしょうか?せっかく小顔マッサージをするのなら、効果が一番期待できる時に行いたいものです。効果を持続させるために、小顔マッサージは1日2回をオススメします。1日2回のマッサージをするタイミングは朝のメイク前、そしてお風呂上がりが効果的です。朝いちばんに行うことでリンパの流れがリセットされるので効果抜群です。お風呂上がりは血行が良いのでバランスを整えやすいです。

効果的な小顔マッサージの時間その①朝のメイク前

寝起きは、1日の中でもっとも顔がむくんでいる時間ともいわれています。朝にマッサージをすることで、リンパを流してむくみをとることができます。また小顔効果が期待できるだけでなく、目もパッチリと開き、肌の調子も整うのでメイクの仕上がりやノリがよくなるというメリットもあります。しかし何も付けずにマッサージを行うと、肌に負担がかかってしまうので、洗顔後に化粧水や乳液をつけてから行うようにしましょう。

また、時間に余裕のあるときは、蒸しタオルをした後にマッサージするとさらに効果的です。

効果的な小顔マッサージの時間その②お風呂上がり

夜にマッサージを行うならこの時間が一番オススメです。お風呂で体全体が温まることで、血行がよくなりより高い効果を期待することができます。また1日のむくみを解消することもできるので、翌朝のむくみの軽減にもつながります。

そしてこれは少し余談ですが、バスタイム中のクレンジングオイルでのマッサージには注意が必要です。クレンジング時に小顔マッサージをする人もいるようですが、マッサージ用のオイルでないものでマッサージをすることは、かえってお肌の負担になってしまいます。色素沈着や毛穴の黒ずみの原因にもなってしまうので、小顔マッサージはお風呂上がりに化粧水や乳液をひたしてからゆっくりと行いましょう。

⒈2小顔マッサージのやり方

マッサージ1【頬骨をリフトアップして小顔に!】

肌に負担にならないように、化粧水や美容液などを付けて滑りを良くしておきます。頬骨の下に人差し指と中指をおき、頬骨に沿わせるようにしてぐっと引き上げていきます。これを5回くり返します。頬骨の一番出ている部分に親指の腹を当ててプッシュアップしていきましょう。

初めの頃は痛く感じますが、頬骨当たりの筋肉のコリが解消するにつれて、痛みがなくなっていきます。強すぎる刺激は逆効果になってしまうので、優しく皮膚を押し上げながら、頬骨周りのコリをほぐしていきましょう。頬骨はリンパが滞りやすい場所。優しくマッサージすることで顔全体をリフトアップし、小顔効果を実感できます。

頬骨まわりが硬いとほうれい線やマリオネットラインの原因にもなるのでしっかりマッサージしておきましょう!

マッサージ2【スッキリフェイスラインで小顔に!】

先ほどのマッサージと同様、滑りやすいように化粧水や美容液をつけておきます。ひとさし指をあごの先端におき親指を耳にひっかるような形をつくります。ひとさし指をフェイスラインに沿わせるようにして、あごから耳にもちあげていきます。耳のつけ根まできたらぴったりと密着させたまま、首の後ろへとリンパを流していきましょう。

同様に5回、あご先から耳にかけてマッサージを行います。小顔のためには、たるんだフェイスラインは絶対NG!キュッと引き締まった憧れのフェイスラインも、毎日欠かさずマッサージすることで手に入ります。効果を実感しながらゆっくりとマッサージしていきましょう!

⒉小顔になるために必要な事

⒉1なぜ小顔に憧れる人が多いのか?

シュッと引き締まった小顔はやっぱり格好良い。なぜなら、それだけでとても知的に若々しく見えるから。また、顔全体がすっきりして見えるだけでなく、小顔だと全身のバランスも整って見えるから不思議。顔の印象だけでなく、全体の印象すら変える力が小顔にはあるのです。

⒉2顔の大きさは骨格が大事

そもそも小顔に見える条件というのは、ただ単に生まれ持った骨格からなる「顔の大きさ」だけではありません。小顔の条件はフェイスラインが引き締まってすっきりしていること。それだけで顔の印象がまったく違ってきます。むしろ、骨格以外の原因から小顔ではなくなってしまうことが多いのです。

⒉3顔が大きくなる原因とは?

実は何気ない日常生活の中に、顔が大きくなる原因が多く潜んでいます。男性の多くは、慢性的なむくみや、顔の筋肉の衰え、体重増加や、顔の歪みなどが主な原因。なぜ顔が大きくなってしまうのか、ここからはその理由をくわしくお伝えします。

顔のむくみ

顔のむくみはリンパの流れが悪くなることで、余計な老廃物や水分がたまってしまっている状態。顔が大きく感じたり、目が腫れぼったく感じたりするなど、とくに朝に気になることが多いですが、なかには慢性的にむくんでしまっている方も。放っておくとたるみを引き起こすこともあるので注意が必要。

むくみの原因は、お酒の飲み過ぎや、塩辛いものなどの塩分の過剰摂取が挙げられます。とくに外食や飲みが多い男性こそむくみやすいのです。また、睡眠不足や運動不足などによって代謝が下がることもむくみの原因に。不規則な生活ほどむくみを引き起こします。

たるみ

顔のたるみは、肌の奥にあるハリを保つコラーゲン繊維やエラスチン線維がダメージを受けたり、減少したりすることによって起こります。原因は加齢によるものだけでなく、紫外線や乾燥によって引き起こされます。とくに男性は女性と違い、日常的に日焼け止めなどを塗る習慣が少なく、紫外線の影響を多く受けているため、たるみやすいのです。

また、顔の筋肉の衰えも関係します。体はトレーニングをする男性も多いですが、顔の筋肉は無頓着な方も多いはず。表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなり、たるみが進行するため、注意が必要です。

脂肪の増加(太った)

30歳をすぎたあたりから気になってくる代謝の衰え。年齢とともに代謝が下がり、若い頃と同じ生活をしていると、何となく太りやすくなったと感じる方も多いのでは? 脂肪は、顔だけが増加することはないため、体全体にも影響が少なからず出ているのですが、毎日見ていて一番わかりやすい部分が顔なのです。

体重や体のラインが変わらないのに顔だけが大きくなったと感じるならば、それはむくみやたるみ、歪みが原因の可能性大。ですが、一番顔が大きくなったと感じるのは、やはり体重増加によって顔に脂肪がつくこと。小顔キープのためにも適度な運動を心がけ、シャープなフェイスラインをキープしましょう。

顔の歪み

実は顔の大きさにとても影響するのが、顔の歪み。元々の骨格の歪みも関係しますが、その多くは日常生活の癖からなるもの。まずは鏡や携帯のカメラで自分の顔をチェックして、眉や目の高さ、口角の位置やほうれい線の長さが左右違っていたら要注意。

顔と頭にある骨は15種類23個から構成されており、この骨が本来ある場所からズレることで、その上にある筋肉のバランスが崩れ、血行不良に。そうすると、老廃物がたまりやすくなり、顔が大きくなってしまうといわれています。

⒉4小顔の作り方

4つの原因を挙げましたが、当てはまると感じるものはありましたか? ここからはむくみ、たるみ、歪みに合わせて今日から簡単にできる小顔の作り方をレクチャーします!

リンパマッサージでむくみすっきり!

まずは、リンパを流し、顔にたまった老廃物や余分な水分を排出しましょう。リンパには心臓のようなポンプ機能がないので、マッサージでリンパの流れをスムーズにすることがむくみ改善に効果的です。

朝にやりたい! 簡単リンパマッサージ

まずは、首を左右に各3回程度大きく回し、水分を流れやすくするところからスタート。
①鎖骨を指で挟むようにし、内側から外側に向かって左右各10回ほどさする
②両手で顔を包み込むように顎から耳の下に向かってさすり上げる


③小鼻の横から耳の前に向かって流す
④目の下から耳の前に向かって流す
⑤耳の前から耳の下をとおり首の横を通って鎖骨に流す
②~⑤の流れを約1分間行うだけでもむくみの解消につながります。

ポイントは、やさしくゆっくり行うこと

顔のむくみでとくに重要なリンパ節は3つ。耳の前にある「耳下腺リンパ節」、耳の下から鎖骨にかけてある「頚部リンパ節」、そして、鎖骨にある「鎖骨下リンパ節」。この部分をとくに意識して行いましょう。また、リンパマッサージはやさしくゆっくり行うことがポイント。力の入れすぎは逆効果なので注意してくださいね。

表情筋トレーニングでシェイプアップ!

たるみの原因の1つである表情筋の衰え。これは日々のちょっとしたエクササイズで鍛えることができます。とくに小顔になったと実感するためには、顔の下半分を鍛えること。頬や口、顎回りのフェイスラインにアプローチをすることがオススメです。

あいうえおエクササイズ

やり方はとっても簡単。上を向き、顔全体が引っ張られるのを意識しながらゆっくり「あ、い、う、え、お」と口を動かすだけ。この時、口の形をゆっくりと大きく動かし顔の筋肉が動いているのを感じながら行うことがポイント。このエクササイズを10回行いましょう。行った後は顔の筋肉に適度な疲労感を感じるはずです。

ポイントは、普段使われていない表情筋を意識して行う事です。

日本人の一般的な生活では約3割の表情筋しか使っていないといわれています。まずは、日々あまり使われていない表情筋を動かすことが大切。上記のエクササイズは、表情筋の70%とつながっている口輪筋や、フェイスラインに関わる頬筋を簡単に鍛えることができます。

頬骨による顔の歪みを整えて小顔に

顔の歪みが原因で頬骨が横に張りだすと、顔が大きく見えてしまいます。また、頬骨の歪みを放っておくと頬に肉がつきやすくなるため、歪みは早いケアが必要です。

頬骨すっきり! セルフ小顔矯正

①机などで肘をつく体勢になる
②手のひらの付け根の部分を頬骨のくぼみの下にグッと入れるように当てる
③頭の重さを手の付け根に伝えるように顔を下にゆっくり下げる
④そのまま10秒キープ。(×3回)
⑤こめかみに手の付け根を当て、顔をプレスするようなイメージで、内側に向かって力を加える(×3回)

⒊小顔におすすめのアイテムとは?

⒊1かっさプレート

かっさマッサージは、テレビや雑誌などで取り上げられる機会が増えているので注目されていますね!もともとは中国圏に伝わる伝統的な民間療法です。かっさプレートとは、牛の角や天然石、陶器などで作られた専用の板のような道具で、いろいろな形をしたプレートがあります。かっさプレートを使って、身体の不調な部分をこすって治療していきます。

日本では小顔や足痩せのためのイメージが強いですが、顔や足だけでなく、背中や腕など全身をマッサージできます。かっさは、「刮痧」と書き、「刮」(かつ)は削る、「痧」(さ)は滞って動かなくなった血流、という意味があるそうです。かっさは経路に沿ってマッサージしていくので、血行改善やリンパにある老廃物が効率良く流れ、ツボ刺激や凝りをほぐすのにも効果的です。

レビューでも評判が良く、特に、ほうれい線が消えたという口コミは多いです。その効果は、手のマッサージを超えるものがあり、凝りをほぐして流すにはうってつけです!滑りも良く、気持ち良くマッサージできます。そして、かっさは思ったよりも力をかける必要はありません。撫でるくらいでマッサージができます。水分補給は必須です。

かっさマッサージの゙流す”効果を上げるには、マッサージ前と終わりに、コップ一杯の水or白湯を飲みましょう。そして、凝りや老廃物を゙流す”先は、鎖骨のリンパへ流すこともお忘れなく!鎖骨のリンパ節は全てのリンパが合流しており、老廃物が流れ出る最終地点です。

⒊2ReFa CARAT(リファカラット)

小顔アイテムといえば小顔ローラー!昔からいろいろな物がありますが、近年ではリファカラットが有名ですね。リファカラットは、株式会社MTGという日本の会社が開発した商品です。美容と健康をテーマにしたケアグッズの開発をメインに行っている会社です。

他のローラーと違うところは、エステティシャンの手技のような深く、つまみ流す動きでマッサージができること、ハンドル上部がソーラーパネルになっていて、そこから光を取り込み「マイクロカレント」という微弱電流を発生させる機能がある、防水仕様で濡れた顔やバスタブ内でも使える点などです。

価格は定価25,704円(税込)とお高めですが、顔だけでなく全身にも使え、頭の部分にマッサージしても気持ちが良いです!その上、お化粧の上からでも素肌でもOKで、TVや読書の時などいつでも手軽に使用できるのも良いですね。

⒋まとめ

小顔になるには、食事の面も大変大事な要素になります。その他にも運動なども効果的でしょう。今回ご紹介した小顔マッサージも是非とも取り入れて効果を実感してほしいですね。最後にこの記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

関連商品


VIVIANA

プロも認めるリフトアップジェル。マッサージ方法も掲載中

4,200円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です