気になる下半身の太り具合がどうしても解消されなくてお悩みの方はいませんでしょうか?

そんな方のために今回は、おすすめの下半身痩せダイエット方法について詳しくまとめてみました。そのほかにも短期間で効果が出るダイエット方法等についても触れていますので、ぜひともお試しいただく価値はあると思います。

⒈そもそも太る原因とは?

⒈1太りやすい原因は?

ダイエットをするにあたって、『太りやすい』『太りにくい』というのはとても重要です。あなたは太りやすいですか?との質問に、日本人のおよそ7割以上の人がハイと答えるそうです。そもそも、太りやすい原因とは何なのでしょうか。基本的に太りやすい人は、運動をする習慣がないなど『代謝が悪い』ことが多いです。

他にも太りやすい原因は、『脂肪細胞が多い』ということもあげられます。脂肪細胞は幼少の頃の生活習慣などが関わっていて、一度増えると減らすのは難しいと言われています。中年になってから太りやすくなったという人は、脂肪細胞が肥大化した可能性があります。そして特に最近の若い世代に多いのが、『食べる量が少なすぎる』ことです。

食べる量が少なすぎると、体は飢餓を感じて代謝をおとす上、脂肪として蓄えるようになるのです。

太りやすい食べ物とは?

太りやすい食べ物と聞いて、何を思い浮かべますか?唐揚げやスナック菓子、ケーキなどじゃないでしょうか。確かにこれらは『太りやすい食べ物』と言えます。太りやすい食べ物の特徴として、まず『少量でカロリーの高いもの』があげられます。それは『油脂類』です。バターやマーガリン、サラダ油やオリーブオイルなどのことですね。

健康面での働きは様々ですが、カロリーの面だけで見ればどれも同じということになります。それから『一度にたくさん食べられるもの』も太りやすい食べ物と言えるでしょう。それはずばり『炭水化物』です。米やパン、麺類などは主食となる食べ物で、1食あたりの食べる量も多いですね。特に米は味付けも日本人の好みに合っているため、ついつい食べ過ぎてしまいます。

そして砂糖の入った甘いものも手が止まらなくなりますよね。これらを踏まえると、小麦粉(炭水化物)、卵(タンパク質・油)、砂糖の入った洋菓子は太りやすい食べ物と言えますね。

⒈2食べ方は関係あるのか?

ダイエットをしていると、ついつい『食べ物』に目がいきますよね。しかし『太りやすい食べ方』があるのをご存じですか?ダイエットを効率良く行うなら、食べるものだけでなく『食べ方』にも注意が必要なのです。ダイエットの基本は3食しっかり食べることです。朝食を抜くなどはもってのほかですね。

それから、早食いは太るもとです。満腹中枢は食事を始めてから20分以上経たないと働かないと言われています。つまり早食いをすると満腹感を感じにくくなってしまうのです。これではついつい食べ過ぎてしまいますね。

⒈3体質改善できる?

太りやすい体質だから、とダイエットを諦めていませんか?太りやすいのは、体質改善できると思います。ただし、体質改善をするには『長い時間』と『努力』が必要になります。即効性のある方法はありませんので、根気よく続けることが大切です。太りやすい人は、基礎代謝が落ちていることが多いです。基礎代謝とは何もしていないときに消費するエネルギーのことです。わたしたちの体は寝ているときでもカロリーを消費しているのです。

この基礎代謝が高ければ高いほど、痩せやすいと言えます。ですから太りやすいのを体質改善するためには、『筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる』ことが最も大切になります。そして『酸素を増やして代謝を助ける』ことも忘れてはいけません。筋肉を鍛える=筋トレ=無酸素運動ですが、そこにウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせるとより良いと思います。

⒉下半身痩せに効果的なダイエット方法について

⒉1下半身痩せダイエットとは?

下半身とは、腰から下にあるお尻や太もも、ふくらはぎなどを総称した言葉です。お腹周りや腕、背中などがある上半身に比べ、下半身は日常的に動かすことが少ないため脂肪が付くと落ちにくいと言われていますが、その下半身を引き締めるダイエット方法が下半身痩せダイエットです。

ダイエットを経験したことがあるなら、一度くらいは「ダイエットをすると本当は痩せてほしくない胸や顔の脂肪から減っていくため、やつれて不健康に見えてしまう」という悩みを抱えたことがあると思いますが、そのような悩みも下半身だけに重点を絞ったダイエットならクリアできるのではないかと思います。

たるみのない綺麗な足になりたいという方や、弛み切ったお尻の筋肉を引き締めたい方、上半身とのバランスが悪くずん胴に見えるのを何とかしたいという方は、全身に作用するダイエットよりも下半身痩せダイエットを行った方がよいでしょう。

⒉2下半身太りの原因とは?

女性は男性に比べて、下半身太りになりやすいと言われています。その原因の1つが、筋肉が少ないため足がむくみやすいことです。私達の体は心臓から全身に流れる動脈を通じて酸度や栄養が供給され、全身から心臓に戻る静脈を通じて、二酸化炭素や老廃物を運んでいます。そして、心臓から最も遠い位置にある足は、ふくらはぎの筋肉をポンプ代わりにして心臓まで血液を送り返しています。

しかし、男性に比べてふくらはぎの筋肉量が少ない女性は、上手く血液を送ることができずに足がむくみやすくなってしまうのです。また、女性は冷え症の方も多いため、血の巡りが悪いのも下半身太りになりやすい原因と考えられます。冷えやむくみが生じると、滞った老廃物が脂肪と結びつき、セルライトを作ってしまいます。

そして、セルライトは一度できてしまうとさらに脂肪を取りこんでだんだんと大きくなってしまうため、より下半身太りが起こりやすくなってしまいます。

⒉3効果的な運動について

下半身痩せダイエットには、筋トレのような無酸素運動よりもウォーキングなどの有酸素運動が効果的だと言われています。これは、無酸素運動の場合、運動によってエネルギーとして使われるのが筋肉にあるグリコーゲンという糖質なのに対し、有酸素運動では酸素を多く摂り込むことによって脂肪の燃焼を活発に行うことができるためと言われています。

つまり、下半身を引き締めるためには、息が上がるようなハードな運動よりも、呼吸を乱すことなく長時間行うことができる運動の方が適しているという訳です。このようなことから、しっかりと深呼吸をしながら行うストレットやヨガなども、下半身痩せに効果があると言われています。

ジョギングやランニング

息が上がってハアハアしてしまうスピードでのジョギングやランニングは、有酸素運動としての意味が殆どないためか下半身痩せに有効とは言えませんが、呼吸を行いながら少しゆったりとしたスピードで走るジョギングやランニングは、下半身痩せに効果があると考えられます。

これは、有酸素運動を行うことで脂肪の燃焼効率が上がるという点と、足腰を鍛えることで筋力がつき心臓へ血液を送りかえすポンプ機能が向上すれば、むくみや冷えなどを改善することができるからです。また、筋肉がつけば代謝も上がるため、より痩せやすい体へと変化するので、下半身痩せを目指すにはジョギングやランニングは適した運動と言えるでしょう。

リンパマッサージのやり方

セルライトを防ぐためには、リンパマッサージを行うのが効果的です。しかし、リンパマッサージと言うとエステサロンへ行ってエステティシャンに施術してもらわなければいけないと思ってはいませんか?実は、リンパマッサージはセルフケアで行うことができます。とは言え、やみくもにマッサージをすればよいわけではなく、正しい順番ややり方があるので、ここではその方法をご紹介しましょう。

①オイルやクリームなどを足裏からももの付け根まで塗りましょう。

②ますは足裏を解します。足裏は重力の関係で多くの水分や老廃物が溜まっています。ここを丁寧に解すことでリンパマッサージの仕上がりに差が出てくるので、しっかりと行いましょう。

③次に足首から膝裏に掛けてマッサージをします。足首は親指で少し強めに押し、たまったリンパ液をしっかりと流します。一方、ふくらはぎは強く刺激はせずに指の腹で下から上へと擦るように行いましょう。そして、膝裏までリンパ液を流したら、膝裏はまた親指で少し強めに刺激します。

④膝裏まで来たら、いよいよ太ももです。太もものマッサージは片方に10分程度掛けてゆっくりと丁寧に行います。マッサージは手の平全体でつまむようにして持ち上げるように行って下さい。この時、強い力でつまむと皮膚を傷めるだけではなくセルライトに余計な刺激を与え、より肥大化してしまう恐れがあるため、力加減に注意をしましょう。

⑤太もものマッサージが終わったら、鼠径部(ももの付け根)にあるリンパ節を親指で刺激し、最後に足首からももの付け根まで擦り上げるようにして終了です。

⒊短期間で痩せる方法とは?

⒊1短期間ダイエットについて

短期間と言っても、人それぞれ期間は違いますが、ここでは1週間から始まり、2ヶ月程度までを短期間ダイエットとしてご紹介しております。長期的なダイエットの方が、体への負担は少なく、緩やかに痩せる事が可能ですが、すぐにダイエット効果を感じないために、続かないという方も多いのは事実です。

また、短期間ダイエットのメインは食事方法の改善や制限などにありますが、運動なども取りいれていくことで、見た目も変わり、引き締まった体も手に入れる事ができます。

おすすめの方法

短期間でダイエットする方法としておすすめの方法は、置き換えダイエットです。置き換えダイエットは、普段の食事を低カロリーな食品などに置き換える事で、摂取カロリーが低くなりますので、高い確率で痩せると評判で、しかも短期間で効果が現れます。

置き換えダイエットの方法として、3食のうち1食か2食をダイエット食品などの低カロリー食品に置き換えますが、短期間でより効果を出すには、2食置き換えると効果を実感しやすくなります。ダイエット食品は、通販やドラッグストアで購入できるダイエットシェイクや低糖質などの食品があります。また、おからや豆腐などの低カロリー置き換えダイエットに最適です。

ダイエット食品は、カロリーは低いけども、栄養面がしっかりしているので、片寄った食生活にならないのがメリットですが、普通の食事よりも値段が高いのがデメリットです。プロテインシェイクなどは高価なものもあります。そのため、短期間の間に痩せてダイエットを終わらせるのがおすすめです。置き換えダイエットでは、酵素ドリンクも人気が高いです。

⒊2食事制限をするなら?

食事制限は、短期間ダイエットには効果的で、早くて数日でも痩せれるので「友人と海に行く約束をしたけど、ここ最近食べ過ぎて太ってしまったから、すぐに痩せないといけない‥」など、急に必要とするダイエットでも有効なダイエット方法です。食事制限を取り入れて行っている方は、短期間で痩せたいという方が多く1週間で3kg~5kgほど痩せていたり1ヶ月で7kgから10kg痩せたという人もいました。

しかし、食事制限のダイエットは停滞期というのがあり行い始めは体重が落ちやすいものの1ヶ月後、2ヶ月後は変化を感じられない事がある為今すぐにでも痩せたいという方が向いているダイエットです。

短期間ダイエットの食事制限は色々な方法がありますが、より大きなダイエット効果を得たいなら、毎日、朝一食のみという方法が早く痩せることができますが、始めて行う方は非常に辛いダイエット方法になりますので、朝だけだと空腹に耐えれないという方は18時以降の食事を控えるという方法もあります。

⒊3集中断食は効果的なのか?

短期間ダイエットでは、断食をするという方法もあります。当然ですが、短期間だけでも絶食すれば、体重は自然に落ちていきます。しかし、体重は減るけども断食はあまりおすすめしません。まず、断食すると我慢と常に戦わなければいけません。なにも食べれない空腹が襲い、ついつい反動的に食べてしまうという事もあります。また、いきなり栄養が入ってこなくなった体は、脂肪を体にためておこうと働きがあるため、太りやすい体質になります。

それに、適切な服飾をしないと断食を終えたらリバウンドする確率は高くなります。短期間ダイエットに断食するのはあまりいい事ではありませんが、もし断食をして一時的にダイエットするなら1~3日程度で集中的に行った方が良いでしょう。

⒋ダイエットにおすすめのサプリメントのご紹介!

⒋1シボヘール

臨床データに基づき消費者庁に届出をした機能性表示食品の支持率は現在、急上昇中。その機能性表示食品の中でも圧倒的なコストパフォーマンスで使用者とダイエット成功者を続出中なのが「シボヘール」です。もちろん効果を認められている実力派なのでダイエット成功者も続出中です。

⒋2メタバリアS

富士フイルムがダイエットのために本気で開発し、機能性表示食品として科学的根拠を消費者庁に提出済みのサプリメントがこのメタバリアS。余分な糖質は中性脂肪として蓄積されてしまうのですが、メタバリアSが糖の分解と吸収の抑制、腸内環境改善をしてくれるので続ければ続けるほど無理なく健康的にダイエットすることが可能です。

⒋3セルリッチスリム

メリロート配合で「リンパのつまりを改善」します。摂取カロリーカットの効果もあるとのことなのでダイエッターにはたまりませんね。

⒌まとめ

短期間でダイエットを成功させるには、しっかりとした自己管理が必要となります。個人の意思が極端に弱い人だと絶対に成功しません。いくらサプリメントの効果が絶大なものでもそうした普段の食事や運動ができてないと、失敗に終わってしまいますのでくれぐれも生活習慣だけは管理できるようにしてくださいね。

理想のからだを目指して頑張りましょう。

関連商品


セルリッチスリム

下半身痩せ専用のサプリメント

2,980円

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です