海外でも人気のダイエットについて今回は、詳しくまとめてみました。基本的なダイエットの知識やダイエット中に食べて欲しい食べ物についても触れてますので、ぜひともご参考にしていただきましたら幸いです。

また、ダイエットで何回も失敗した経験がある方はしっかりと、その原因についてもこの機会に考えてみてくださいね。

⒈ダイエットをする上で大事なこと

⒈1そもそも痩せない原因とは?

「ダイエットをしているのに痩せない」「体重が減らない原因がわからない」と思った経験はありませんか?ダイエットは正しい行動を続けていれば、誰でも絶対に痩せます。それなのに痩せないということは間違った行動をしてしまっているということです。せっかくの努力を無駄にしないためにダイエッターにありがちな痩せない原因をチェックしてみてください。

摂取カロリーを記録していない
どんなダイエットであっても摂取カロリーを把握できていなければ効果的に減量をすることはできません。面倒くさがらずにやりましょう。

朝食を食べてない
摂ったカロリーをその日のうちに消費するのが基本。となるとあとは寝るだけの夜に食べるよりも、たくさんの消費行動を取る前の朝にしっかりと食事をするべきです。

食べるものが偏っている
ダイエット中に限らず栄養素はまんべんなく取りたいところ。ひとつのものを食べるような古い方法ではお腹がいっぱいになっても足りない栄養があるために脳がもっと食べろ、と食欲を増進させてしまいます。

食卓以外でものを食べることがある
テレビ、パソコンの前。職場のデスク、キッチンのつまみ食いなどなど。物を口にする場所が多いひとはそれだけ管理が難しくなり痩せにくくなります。何かを食べるときは食卓のみ!と心に決めましょう。

飲み物のカロリーを気にしていない
いくら食べ物のカロリーを気にしても飲み物のカロリーを記録できていないようでは痩せません。基本的に水かお茶を飲むようにして飲み物からはカロリーを摂らないようにしましょう。

噛む回数が少ない
噛む時間を長く作るだけで、満腹感に良い影響があります。満腹感は「胃がいっぱい」だから得るのではなく、「食べ始めてからの経過時間」をもとに満腹中枢が判断します。よく噛まずに飲み込んでしまうと満腹感を得る前に食べ過ぎてしまいます。

ご褒美にスイーツを食べる
ご褒美は食べ物以外にしましょう。新しい服、新しい髪型、行きたかった場所などダイエットのモチベーションにまた繋がるものを選ぶべきです。スイーツを食べるならば1日の摂取カロリー以内に収まるときにしましょう。

食事制限しかしていない
食事制限だけのダイエットで結果が出るのは最初の1ヶ月くらいです。運動をしないと筋肉量が少なくなり基礎代謝が落ち、痩せにくい身体になってしまいます。

筋トレをしていない
筋トレの大切さをほとんどのひとは理解できていません。特にダイエットを始めたばかりのひとにとって筋トレは厳格な食事制限と同じくらい良い効果があります。

睡眠時間が少ない
寝ている間にもちゃんとカロリーを消費しています。そして睡眠時間が少なくなるとレプチンの分泌が減り、食欲を我慢できなくなります。

体重を計る時間が決まっていない
体重は1日の中で1〜2kg増減します。ダイエットが機能しているかどうかを判断するために体重の正しい推移を知ることが必要です。正しい推移を知るためには毎朝、排尿後すぐに体重を計り記録するようにしましょう。このタイミングが最も影響を受けづらい計測方法です。

コンビニによく行く
コンビニは高カロリー食品の宝庫です。コンビニに用事があるときは目的の商品の棚以外の棚には目もくれずレジに直行しましょう。

⒈2環境とメンタル管理について

ダイエットはメンタルで決まる

ダイエットを成功させる上で必要な知識は色々あります。体重の測り方や、脂肪燃焼のメカニズム、消費カロリーの計算など。しかし、それらは理論であり、実行する本人が行動に移せなければ意味がありません。

ストレスを無くす事が最善

太ってしまう人のほとんどが何らかのストレスを抱えていて、そのストレスを解消するための代替行為として食べ過ぎになっていることが多いのです。なので、食べ過ぎを止めるためには、その根本的な原因となっているストレスを取り除くことが重要です。

環境による影響も重要

子育てや職場環境、食事環境など、環境が原因となって太ってしまう人も多くいます。ダイエットはまず環境づくりから入ることが本来は必要なことです。例えば、職場でお菓子が配られて食べないといけない、子供の残したご飯を食べてしまう、家族が買ってくるお菓子が常に部屋に置いてある…など、ダイエットを進める上で、まず環境の改善から取り組むことが重要になることもあります。

⒈3ダイエット成功の鍵

ダイエットの開始、つまり生活習慣を変えるということは、心にとって新たなストレスとなります。人間は心の余裕のない時に大きな余裕のエネルギーを使う行動はできません。

心に余裕のない状態でダイエットはできない

多くの人が仕事や家事育児で心の余裕があまり無い状態です。その僅かな余裕の範囲内でできる事をしないと、パンクして大きなストレスや反動となって返って来ます。

ダイエット失敗で食欲爆発する理由

ダイエットを続けていたがある日、糸が切れたように食欲が爆発する人がいます。単にそのダイエットを諦めて止めてしまうだけならいいのですが、今までの不満をぶつけるかのように過食に走ってしまう場合、心の余裕を失うような過度なダイエットのストレスが反動となって返って来ているのです。

自分が好きになれるような方法

そのダイエットを続けることは他人の目から見ても羨ましく、自分自身でも健康に良いことをしている、頑張っている自分が好きになれるような方法なら、ストレスを感じずにすむだけでなく、より努力を後押しする活力を産んでくれます。断食や極端な食事制限、偏食や薬に頼るような方法で、自分が好きになれますか?

⒉オススメのダイエット方法

⒉1炭水化物ダイエット

有名な炭水化物ダイエットですが体の不調も出始めるので短期間のダイエット方法です。日本人が一番食べると言われる白米は炭水化物でそれを毎日抜くのはとても辛い食事になりますが、短期間、炭水化物を摂取しなければすぐ減量出来るのも事実です。炭水化物は白米以外にも麺やパンなど主食のものが多いです。

何故、炭水化物が太りやすいのかと言うと炭水化物は体内に吸収されやすく脂肪に変わりやすいので太ってしまう原因となるのです。その為、炭水化物を抜いた食事をする事で脂肪に変わる成分が吸収されず体内に脂肪が蓄積されずに痩せれるのです。

炭水化物を食べないと無理だと言う方は炭水化物の摂取量を普段よりも減らすという方法もあります。炭水化物を一切取らないダイエットよりは効果は感じにくいかもしれません。

⒉2オーバーナイトダイエット

アメリカで大ブームを起こし日本でも今注目を浴びつつあるオーバーナイトダイエットです。かなりの短期集中ダイエットで、その成果は1週間で3kg~4kgの減量に成功するそうです。寝て起きると痩せているという不思議なダイエットなのです。

難しいダイエット方法ではないのですが1週間のうち1日だけスムージーのみを摂取するという方法です。1日の我慢が苦痛にも思えますが、1日だけなので乗り越えれば、それ以外の日は普通の食事をすれば良いのです。更に、食事にも気をつける事でよりダイエット効果が発揮できます。なるべく、筋肉が落ちないようにタンパク質が高い食事を心がけるのがポイントです。

人間には誰しもが持っている筋肉ですが、その筋肉を利用した今までにないダイエット方法なのです。1日だけの摂取ですがスムージーは体脂肪の燃焼を促し食事で筋肉が落ちるのを防ぎます。筋肉は1日中働き1日中カロリーを消費し筋肉があるからこそ代謝を良くしてくれるのです。代謝を良くすれば体内の不要な老廃物の排出に繋がり脂肪を燃焼しやすくなるからです。睡眠は約8時間以上取る事で1日約1kgは減らせる事ができます。

⒉3ヨーグルトダイエット

一時期、有名になったヨーグルトダイエットですが、今でもヨーグルトダイエットの人気は衰えていないようです。ダイエットをしている中でよくある便秘問題ですが、ヨーグルトは便秘に働きかける成分が配合されているので便秘どころか便通が良くなります。ヨーグルトを食べ続けているうちに1日2、3回トイレに駆け込む日がある程です。

朝食にヨーグルトを食べる事も体には作用してくれるので良いのですがダイエットには、夜にヨーグルトを食べるのが効果的と言われています。夜御飯を食べた後にデザート感覚として毎晩食べるのをオススメします。何故かと言うと、腸内が活発に動く時間帯が夜の22時からと言われているからです。腸内が活発に動く時間帯に合わせて食べる事によりヨーグルトに含まれた乳酸菌が大活躍となり腸内環境を整えると同時に脂肪燃焼へと繋がっていくのです。

⒉4ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエットはダイエット方法の中でも一番知られているかと思います。しかし、その反面では中々効果が現れないという意見もよく目にします。また、3週間~1ヶ月程度で効果が発揮されます。脂肪が分解されにくい体質になってしまっていると正直、1週間のウォーキングでは体重は変わりません。

⒊ダイエットにオススメの食事について

⒊1ダイエットにいい食べ物は?

ダイエットにいい食べ物は、カロリーが低いものなのは当たり前です。それプラスなにか良い点がないと、ダイエットに向いているとはあまり言えません。例えば、カロリーが低いのに栄養がある食べ物だったり、カロリーが低くて美味しい食べ物だったりです。また、最近は働く女性が多いので、ローカロリーながらも料理しやすい食べ物も人気です。

カロリーが低くて栄養がたっぷりあるものと言ったら、野菜です。野菜はビタミンや食物繊維が豊富なので、ダイエットだけでなく美容にもいい食品です。煮たり、焼いたり、蒸したりするすれば食べれるので、バラエティー豊かな料理ができます。カロリーが低くて美味しい食べ物は、おでんのこんにゃくや大根です。寒い冬は、おでんで暖まると体も心もホッとします。

カロリーが低いのに料理しやすい食べ物は鍋です。なんでも食材をいれて食べれば、栄養もありますし調理が簡単です。ダイエットにいい食べ物はたくさんあるのです。

⒊2ダイエットに悪い食べ物は?

ダイエットに悪い食べ物は、カロリーが高くて脂肪になりやすい食べ物です。その代表として、揚げ物があります。コロッケや唐揚げを自分で作ると分かるのですが、揚げ物を作る時って凄く大量の油を使います。たくさん油を使ったのに、料理をし終わると揚げ鍋には少しの油しか残っていません。それを見ると、すごい油をたくさん使ったなと恐くなります。また、ファーストフードは油の塊だと言います。

ハンバーガーは油をたっぷりと引いたフライパンの上で調理しますし、ポテトはじゃがいもをたっぷりの油の中で揚げます。また、サイドメニューであるナゲットやパイ、チキンなども油料理です。そのため、こういったものはカロリーが高い上に脂肪になりやすいです。だからダイエットに悪い食べ物なんです。それに、甘い砂糖をふんだんに使ったケーキなどのお菓子もダイエットには悪い食べ物です。

こういったものを食べてはいけない訳ではありませんが、食べるならば少しにしましょう。

⒊3バナナはいい食べ物なのか?

バナナはダイエットにいい食べ物です。それは、バナナが果物の中でも比較的、お腹にたまりやすい食べ物だからです。お腹が空いた時にバナナを食べると、お腹が少し膨れます。食べごたえがあるのがバナナの特徴です。また、バナナは食物繊維が豊富です。便秘の時に食べると、便通がよくなりやすいです。

私は以前、便秘改善のためにバナナを毎朝食べていました。そのまま食べたり、ヨーグルトをかけたり…。ミキサーで牛乳と混ぜて、バナナミルクにすると美味しいです。そして、あまり知られていないのですが、バナナにはデトックス効果があります。そのため、余分なものを排泄しやすい朝にバナナを食べると、きれいにダイエットできるそうです。朝バナナダイエットと言って、朝バナナを食べるダイエットもあるぐらいです。

これは、バナナを毎朝食べるというダイエットです。バナナだけを水と一緒に食べます。昼食は普通に食べていいので、簡単なダイエットです。

⒋まとめ

基本的にダイエットで大事になってくる項目としては、「運動」「食事」「睡眠」といったことです。普段の生活習慣が整っていたらそれほど、太るといったこともないでしょう。しかし、現代人は特に忙しく生活しているため、自分の健康に対する優先順位が低すぎます。

そのため、生活習慣も悪くなり忙しさにかまけてファーストフードばかり、食べている人は必ず太ります。しっかりとした普段からの体に対する心配りが大切です。

関連商品


ブラックインフェクション

デブ脳から痩せ脳に変換を促す
まったく新しいアプローチのサプリ

2,980円

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です