乾燥肌に効果的なクリームっていっぱいあるけども、どれがいいのか迷ってます。といった方のために今回は、おすすめの乾燥肌改善に効果的なクリームをまとめてご紹介してみました。

また、乾燥の原因についても詳しく分かりやすく解説しているので、是非とも参考にして乾燥肌の改善に役立ててください。特に女性には必見の内容となってます。

そもそも肌が乾燥する原因とは?

顔の乾燥には種類があるの?

顔の乾燥は大きく分けて2種類あります。空気が乾燥する冬などの時期だけに起こる乾燥と、生活習慣や肌に合わないセルフケアなどの負担が積み重なった乾燥です。いつもと同じお手入れをしているのに、冬になると顔が乾燥してしまう…という方も多いかと思いますが、これは空気が乾燥していることによる一時的な肌の乾燥と言えるでしょう。

一方、冬に限らず春や夏でも顔の乾燥が気になるという方は、生活習慣や肌に合わないセルフケアなどによって肌が乾燥している可能性があります。

顔が乾燥する原因とは?

まずは顔が乾燥する原因を確認しましょう。「乾燥するのは冬だけだから保湿をしっかりすれば大丈夫!」と、思っている方も、生活習慣など他にも乾燥の原因があるかもしれません。それに気づかず顔の肌が乾燥したままだと、かゆみやかさつきなど、肌悩みを引き起こすことになるかもしれません。乾燥の原因を知って、顔の乾燥対策をしましょう。

季節的な乾燥の原因とは?

季節的な乾燥の主な原因は、空気が乾燥し、肌の水分が逃げてしまうことだと言われています。冬は気温が下がり、空気中の水分も減少します。水分は乾燥しているところへ流れやすいと考えられているので、空気中の水分が減ると、肌の水分が逃げて顔の肌が乾燥しやすくなるのです。

いつもと同じお手入れをしているのに冬になると頬や口元がカサついたり、粉をふいてしまうという場合の多くが季節的な乾燥で一時的なものだと考えられます。さらに冬は寒さで体が冷え、血行が悪くなることで、体のリズムが乱れて皮脂が減ることがあります。肌の表面を覆う皮脂が減ると、その分肌の水分が蒸発しやすくなります。

また、顔はいつも外気と触れているのに、体と違って服で覆うことがないので、体に比べて水分が逃げやすいと言われています。季節的な乾燥とはいっても、一時的なものと思い込んでお手入れを怠ると、乾燥状態が慢性化する可能性もあります。そうなる前に乾燥の原因を知り、乾燥対策を行うことが大切です。

生活習慣やセルフケアなどによる乾燥の原因とは?

肌が乾燥する原因のひとつとして、肌に合わないセルフケアや生活習慣、加齢などの積み重なりが挙げられます。乾燥の原因と考えられる具体的な行動を紹介しますので、いつもの行動を思い返してみてください。

自宅での間違ったスキンケア方法について

顔の皮膚はからだに比べて薄いと言われていますが、その中でもまぶたは最も薄い部分です。そのため、少しの負担や肌に合わないセルフケアによって乾燥・肌荒れを引き起こすことがあります。主な原因となる、自宅でのスキンケア方法をみていきましょう。

熱いお湯で洗う
あまりに高温のお湯で洗顔をすると、顔に必要な皮脂も落ちてしまい、肌が乾燥しやすくなります。特に冬は、つい温度が高めのお湯で洗ってしまいがちですが、できるだけぬるま湯でクレンジング、洗顔をするように心がけましょう。

顔を洗うとき・拭くときにゴシゴシこする
顔は皮膚が薄いため、洗顔時にゴシゴシと強くこすったり、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いたりすることで、肌の負担となり、顔の乾燥につながることがあります。

乾燥肌におすすめのクリームのご紹介!

①アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)

ポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌向けスキンケアブランド DECENCIA(ディセンシア)の保湿クリーム「 アヤナス クリーム コンセントレート 」です。通常のセラミドよりもすぐれた浸透力をもつ保湿成分「ヒト型ナノセラミド」を配合しており、 うるおいがお肌の奥までしっかりと浸透します。

またその低刺激さと高い保湿力で、肌にふっくらとしたハリ・ツヤを与えながら、 小じわ・たるみ・ほうれい線などに対するエイジングケアにも効果的なのが嬉しいポイントです。

②ヒフミド エッセンスクリーム(小林製薬)

保湿力の高い天然型セラミドを配合したヒフミドシリーズのクリーム「 ヒフミドエッセンスクリーム 」です。ぜいたくに配合された3種類のヒト型セラミドがお肌にしっかりうるおいとハリを与えて、たるみや開き毛穴の原因となる乾燥を対策。同時に、乾燥による小じわを目立たなくすることもでき、保湿ケアとエイジングケアの両方を行えるクリームです。

③モイスチャライジングクリーム(エトヴォス)

お肌に優しい低刺激処方ながら、効果的な美容成分のみを厳選して使用しているブランド・エトヴォスの「 モイスチ​ャライジングクリーム 」です。

・5種類のヒト型セラミド
・ヒアルロン酸
・天然保湿因子(NMF)

…などといった高保湿成分を配合しており、潤いが足りないお肌もしっとり保湿してくれるアイテムです。シリコン・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・着色料フリーでお肌に優しく使えるのもうれしいポイント。

④クラウンセル クリーム(クラウンセル)

美容サロンから生まれた保湿クリーム「 クラウンセル クリーム 」は、ヒト型セラミド…水分を保持、rリノレン酸…コンディションを整える、ヒアルロン酸…弾力を保持、などの保湿成分を配合。水分と油分のバランスを整え、 うるおいが続く乾燥知らずの美肌へと導きます。潤いを与えるだけでなく、 肌のバリア機能を整えてくれる優秀アイテムです。

⑤ハーバルフェイス モイスチャークリーム(マークス&ウェブ)

ボタニカルな原材料にこだわるブランド・マークス&ウェブが提供する高保湿クリーム「 ハーバルフェイスモイスチャークリーム 」。アーモンド油・スクワラン・シア脂を配合しており、 真冬の乾燥しやすい素肌もなめらかな肌触りへと導きます。ナイトクリームとして塗るマスクのようにたっぷり塗れば、しっとり吸いつくような肌を実現できます。

⑥しっかりうるおうボディーローション(レシピスト)

リーズナブルだけど、肌にいいものだけをぎゅっと配合したスキンケア&ボディケアブランド、レシピストの「 しっかりうるおうボディーローション 」。

シアバターやアルガンオイルなどの保湿成分が、 全身をうるおいで満たしてカサつき知らずのうるすべ肌へと整えます。とろみがあり少し重めのローション。 伸びも良く、肌のすみずみまで広がるのでマッサージにもおすすめです。

⑦「母の安らぎ」ボディクリーム(クヴォン・デ・ミニム )

南フランスの小さな町で生まれたブランド、クヴォン・デ・ミニムの「 <母の安らぎ>ボディクリーム 」です。シア脂やグレープシードオイルをはじめとした天然の植物素材を使用して作られており、しっとりなのにべたつかず優しい使い心地でしっかり保湿してくれるアイテムです。

⑧ニベアクリーム(ニベア)

プチプラながら高品質で、さまざまに使えると人気のニベア「 ニベアクリーム 」です。高級商品にも負けない成分と高い保湿力で注目が高まっています。スクワランやホホバオイルなど 保湿成分を多く配合しているにもかかわらず、大缶でも ドラッグストアやスーパーで500円前後で買えるコスパの良さが大きな特徴。足や腕などを中心に、全身をやさしく潤してくれますよ。

⑨越冬クリーム(ビーハニー)

木枯らしが吹くとこのクリームを買いに走るファンも多い「 越冬クリーム 」。 はちみつ配合でとことん保湿にこだわっており、乾燥の激しい冬を乗り切るために開発されたクリームです。配合されたコラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分が肌の奥まで浸透し、寝る前にたっぷり塗って寝れば、翌朝までしっとりが続きます。

⑩高保湿ボディクリーム(ケアセラ)

ロート製薬が提供している乾燥肌向け高保湿スキンケアブランド、ケアセラの「 高保湿ボディクリーム 」です。7種類の天然型セラミドや3種類の植物エキスを配合しており、カサカサが続く しつこい乾燥肌にもうるおいをもたらしてくれます。

乾燥肌のクリーム選びのポイントとは?

乾燥肌さんはどのようなクリームを選べば良いのでしょうか。乾燥肌さんが化粧水を選ぶときは、以下の3つのポイントに注意しましょう。

乾燥肌のクリーム選びのポイント、高保湿な セラミド配合のクリームを選ぶ、軽度の乾燥なら「保湿力+目的」で選ぶ、使いたいパーツに合ったものを選ぶ、これから、それぞれを詳しく解説していきます。

高保湿なセラミド配合のクリームを選ぶ

乾燥肌さんには、高保湿・高浸透成分である「セラミド」を配合したクリームがおすすめです。乾燥肌の方は『水分』と『保湿成分』を補う必要がありますが、保湿成分の中で もっとも高保湿な成分が「セラミド」なのです。

なかでもオススメは「ヒト型セラミド」!
またセラミドの中でも、 後ろに1・2・3…と数字がついた「ヒト型セラミド」配合のものが特に肌に優しくおすすめですよ。

軽度の乾燥なら「保湿力+目的」で選ぶ

セラミドは保湿成分の中でも高価です。そこで「 乾燥が和らぐ季節」や「 軽度の乾燥肌」の方は、セラミドに次いで高保湿でお財布にやさしい成分である、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、などが入ったクリームがおすすめです。

セラミド配合アイテムと同程度の価格で、 保湿にプラスして美白やエイジングケアもできるクリームが多くありますよ。保湿成分を見つつ自分の目的を明確にして化粧品を選ぶと良いですね。

使いたいパーツに合ったものを選ぶ

クリームには「フェイスクリーム」と「ボディクリーム」がありますが、顔用と体用はそれぞれ別々に選びましょう。というのも、顔は身体に比べて吸収率が高い部位のため、 ボディ用のアイテムは顔に使うと刺激が強すぎることがあるのです。肌トラブルを起こさないよう、使いたい部位に合わせたアイテムを選ぶことが大切です。

使い方をしっかり確認しよう!
顔用のクリームを身体に使うのであれば問題はないのですが、効果が感じにくいかもしれません。「兼用」と表記がある商品ならば、部位に限らず使うことができますよ。

まとめ

乾燥肌にはしっかりとした原因がるので、その原因から改善するのが一番効率的です。クリームはあくまでも補助的なものだと意識して活用してくださいね。また、最後の方で紹介したクリームの選び方についてもとても大切なので是非とも参考にして購入してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です