皆さんは、夜寝る時などには加湿器をしっかりと利用してますでしょうか?

そもそも、加湿器って必要なの?と疑問に思う方もいると思いますので、今回はそんな加湿器の効果とおすすめの加湿器について詳しくまとめてみました。是非とも今まで使ってなかった方は、この機会にしっかりと見直していただきご活用いただければと思います。

もぅ下半身太りで悩まない!履くだけで-8センチ足が細くなった方法公開します!☆ミ【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】

そもそも加湿器ってどんな効果があるの?

加湿器の効果について!

寒い季節にかけてやってくるのが、お部屋の乾燥。さまざまなトラブルの起因となり、乾燥対策をしないと、大変なことに。乾燥対策をしていないお部屋では、こんなトラブルが発生します。

・鼻やのどが乾燥。
・肌のトラブル。
・インフルエンザ等のウイルスが活発になる。
・静電気が発生しやすくなる。

しっかりと乾燥対策をしておかないと、ひどい目にあいそうです。どのトラブルも身体に悪影響を及ぼすものばかりで、うんざりしちゃいますよね。鼻やのどが乾燥すると、風邪をひきやすくなるなどと余計に大変です。

お部屋の適正な湿度は40%~70%と言われています。寒い季節、暖房の効いた乾燥対策をしていない室内では、さらに20%程度にまで低下してしまいます。暖房をつけたまま寝てしまうと、翌朝のどが痛くなっていたり、髪の毛がぱさぱさになっていたり。いいことなんてありません。

加湿器のうれしいメリットとは?

加湿器はたくさんの効果を発揮してくれます。しっかりと乾燥対策をして、乾燥トラブルとさよならしましょう。加湿器の効果を確認してみると、鼻やのどの乾燥防止、美肌効果、インフルエンザなどのウイルスの活動を抑制、ホコリなどのハウスダストの飛散防止、静電気の発生防止、などなど、加湿器の効果はたくさんあります。

特にインフルエンザはかかってしまうと、長引く上に高温の熱によって、大変つらい思いをすることになります。加湿器の効果でウイルスを抑制することによって、風邪をひきにくい環境を手に入れ毎日元気に過ごしたいですよね。

また、女性にとってはとっても大切な美肌効果。乾燥した肌のままだと、化粧のノリも悪くなるうえに、化粧崩れもひどく昼までもたないということも多々あるのではないでしょうか。加湿器の保湿効果でうるおいを保った、美しい肌を手に入れましょう。

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

加湿器の種類について

加湿器にはさまざまな種類があります。加湿器の方式や、設置方式、タンク容量などなどたくさんあります。どの加湿器が自分にあっているのかわからないという方も多いはずです。この機会に、自分にあった加湿器を見つけて快適な生活をおくりたいですね。

ところでみなさんは、加湿器がどういった種類があるのかご存知でしょうか。加湿器は、大きく分けると「スチーム式」「気化式」「超音波式」「ハイブリット式」の4つの種類に分類されます。それぞれ、特徴が異なるので、加湿器の種類毎にどのような特徴があるのか一緒に確認していきましょう。

スチーム式加湿器

水を加熱し蒸気を出すタイプ。加湿能力が高く衛生的。スチーム式は、昔からよくあるストーブの上にやかんを置き、その蒸気で加湿を促す方法と似ています。

スチーム式の特徴で一番注目すべきは、加湿能力が高いというところです。加湿器の性能にもよりますが、加湿量が豊富で空気清浄適用床面積が広い機種が多く、平均で6~8畳ほどの部屋であれば全体的に加湿の効果を感じられるでしょう。

また、加熱することにより、水が煮沸され雑菌の繁殖を抑えやすいので衛生的な加湿器です。

特徴
・スチーム式加湿器は水をヒーターにより沸騰させて蒸気に変える方式で、やかんの水を沸騰させるのと同じ原理です。
・昔は加湿器といえばスチーム式というくらい、古くから販売されているタイプです。

メリット
・本体の価格が安い物が多い
・加湿能力が高く、広い面積でも十分加湿できる
・水を沸騰させて蒸気にするタイプなので、細菌などが死滅する為に衛生的

デメリット
・消費電力が大きく電気代がかかる
・噴き出し口から高温の蒸気が出るので注意する必要がある(転倒などにより大やけどする事故が毎年のように発生している)
・ミネラル分が残るので掃除が大変

※値段は上がりますが、噴き出し口の温度をスチーム式より低くしたスチームファン方式というタイプの製品もあります。

気化式加湿器

ファンなどで風を送り、水を蒸発させるタイプ。水が熱くならず安全。気化式は、ファンなどで風を送り、水を蒸発させます。その為、水を加熱する必要が無く、蒸気が熱くならないのでお子様がいるご家庭でもやけどの心配をせずに加湿器をお使いいただけます。

特徴
・気化式加湿器はフィルターに水を含ませ、ファンで気化(蒸発)させる方式で、濡れタオルを部屋にぶら下げて湿度を上げるのと同じような方式です。
・ハイブリッド式と同じく価格の高い種類なので、有名メーカーが相次いで参入した為に普及率が高く選択の幅も広いです。

メリット
・スチーム式と違いヒーターを使わないので噴き出し口が熱くならず安全
・消費電力が少なく電気代が安い
・空気清浄機のデザインに似ている物も多く高級感がある

デメリット
・加湿能力が低く、本体も大型の物が多い
・交換がいらないタイプも出てきてはいるものの、依然としてフィルターの手入れや交換が必要な物が多い
・ファンが回る音がうるさい
・本体の価格が高い

超音波式加湿器

超音波で水を水蒸気に変え、ファンなどで風を送るタイプ。消費電力が小さい。超音波式は、水を超音波振動によって細かく破砕し、ファンなどで風を送ります。比較的に安価な製品が多く、小型タイプのものが多いです。その為、手軽に持ち運べるものも多く、オフィスなどのデスクで手軽に使える加湿器が多いです。

特徴
・超音波式加湿器はタンクに入れた水を超音波によって振動させ、微粒子にしてファンで飛ばす方式で、ポコポコと水が霧のように変わっていくところは一見の価値ありです。
・他の加湿器と違い加湿装置が小型な為、スタイリッシュなデザイン性のある形の物が多いです。
・成分をそのまま微粒子にできるので、アロマを入れたり、除菌消臭効果のある次亜塩素酸水を入れたりできるのはこの超音波加湿器だけです。

メリット
・消費電力がとても少ないので電気代が安く、本体価格も安い
・小型ながら加湿能力は高く、スチーム式と違い噴き出し口は熱くならないので安全性が高い
・さまざまな形の商品があり、デザイン性が高い物が多い
・アロマや次亜塩素酸水などを入れる事ができる

デメリット
・水の中のミネラル分も一緒に飛ばしてしまうので地域によっては家具などに白い粉がつく
・他の加湿器と比べて価格は安いが壊れやすい
・清掃を怠り、水の中で細菌などが繁殖してしまうと、それらも一緒に微粒子化してしまう為加湿器病につながる可能性がある

※この点が超音波式最大の弱点といわれていますが、日頃からこまめに清掃をする事で防ぐ事ができます。細菌やウイルスに対する除菌効果がある次亜塩素酸水を入れる事で水を除菌でき、空間の除菌消臭もできるのでおすすめです。

ハイブリット式加湿器

「スチーム式と気化式」または「スチーム式と超音波式」を組み合わせたタイプ。気化式や超音波式の弱点を克服。ハイブリット式は、名前の通り二つの特徴併せ持った加湿器のことです。比較的に「スチーム式と気化式」のタイプが多く、通常のスチーム式や気化式と比べ、急速な加湿が可能となっています。

特徴
・ハイブリッド式加湿器はスチーム式と気化式の中間のような存在です。
・ベースは気化式ですが、気化式が水を含んだフィルターに風を当てて気化させるだけなのに対して、ハイブリッド式はフィルターに温風を当てる事で加湿能力を上げています。

メリット
・加湿のパワーが欲しい時は温風で、湿度を維持したい時は送風だけに切り替えられるので省エネ
・噴き出し口が熱くならないので安全
・気化式と同じく高級感がある物が多い

デメリット
・気化式と同じくフィルターの手入れや交換が必要な物が多い
・本体の価格が高い

その他、空気清浄機に気化式加湿器を組み合わせた、加湿空気清浄機も販売されています。

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

加湿器のメーカー別の特徴とおすすめメーカー!

ダイニチ(DAINICHI)

ダイニチが展開している加湿器は業界トップクラスの静音性が魅力。最小運転音が13dbと非常に静かなので、就寝時や公共の場所での使用に最適です。ちなみに、木の葉のふれあう音が20db程度とされているので、それよりも小さくほとんど気になりません。

加湿量が300ml/hのコンパクトタイプから、1台で約50畳の広さを加湿できるハイパワータイプまでさまざまな製品を取り扱っており、使うシチュエーションごとに最適な加湿器が選べます。

シャープ(SHARP)

シャープが展開している加湿器には、独自のイオン技術で空気を浄化する「高濃度プラズマクラスター」が付いています。部屋に漂うカビ菌やウイルスをしっかりと除菌できるため、加湿器としてだけでなく空気清浄機としても使用可能です。

主に取り扱っている加湿器は適用畳数が「5〜18畳」なので、広いリビングやオフィスで使うというよりは寝室や子ども部屋などの比較的狭い部屋で使うのに適しています。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの加湿器は消費電力の小さい気化式を採用しているほか、消費電力の少ないDCモーターを搭載しているので、ほかのメーカーが販売する加湿器よりも電気代を比較的安く済ませられます。

シンプルな見た目のモノからおしゃれなデザインのモノまでバリエーションが豊富なため、部屋のインテリアに合わせておしゃれな加湿器を置きたいという方におすすめです。

空気中の水から微粒子イオンを生成させる「ナノイー機能」を搭載している製品もあり、肌の水分量を増やしてくれるため乾燥が気になる季節に活躍してくれます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは宮城県仙台市に本社を構える国内メーカー。もともとは家具メーカーとして有名でしたが、近年は炊飯器や電子レンジなどの白物家電でも高い人気を集めています。

そんなアイリスオーヤマの加湿器は、どれもリーズナブルでありながら機能性が高いのでコスパを重視する方におすすめです。また、取り扱っている加湿器の種類が多いため、広めのリビングから寝室までさまざまな環境に合った製品が選べます。

三菱重工(MITSUBISHI)

三菱重工はスチーム式加湿器「ルーミスト(roomist)」シリーズで有名なメーカー。おしゃれなデザイン性とパワフルな加湿性を両立させているので、見た目も機能もこだわりたい方におすすめです。

ボタンが大きくて表示パネルが見やすい製品が多いため、機械が苦手な方やご年配の方でも操作に戸惑うことなく使えます。エアコンと連動して部屋の湿度を最適な状態にキープする独自の機能も大きな魅力のひとつです。

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

おすすめの加湿器のご紹介!

カドー(cado) 加湿器 HM-C610S

カドーが販売するスタイリッシュな加湿器「HM-C610S」。スタイリッシュな円柱型デザインを採用することで、加湿器としてだけでなくおしゃれなインテリアとしても使えます。消費電力が比較的少ないため、電気代を安く抑えたい方におすすめです。

タンク上部のフタをスライドさせて水を入れられる「ラクラク給水」や、タンク内の水を清潔な状態に保つ「抗菌カートリッジ」、好みの香りが楽しめる「アロマフレグランス」など便利な機能が充実しているのも魅力です。

ダイソン(dyson) Hygienic Mist MF01

独自の特許技術「Air Multiplier テクノロジー」を搭載している加湿器。ミストを部屋の全体に届けてくれるため、効率よく加湿ができます。タンク内の水にUV-Cライトを当ててバクテリアを除菌する「ウルトラバイオレットクレンズテクノロジー」を採用しているので、衛生面が気になる方でも安心して使用可能です。

加湿器としてだけでなく、サーキュレーターや扇風機としても応用ができるため、季節を問わずに1年中使えます。離れた場所からでも加湿器を操作できる便利なリモコン付きなので、使いやすさを重視する方におすすめです。

ダイニチ(DAINICHI) ダイニチプラス HD-9017

ダイニチがリリースするこの加湿器は、動作音がほとんど聞こえない静音設計を採用しているので、リビングから寝室までいろいろな場所で使えます。本体上部には、持ち運びに便利なハンドルが付いており、ご年配の方や女性でも片手でラクラク移動させることが可能。誤った操作を防ぐ「チャイルドロック機能」付きなので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

また、ダイニチの加湿器には購入後も安心して使える「3年保証」が無料で付いてくるので、同じ加湿器を長く使い続けたい方におすすめです。

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

まとめ

乾燥の季節になると、お肌にも大変ダメージがあります。しっかりと、寝るときはや部屋にいるときには湿度の管理を心がけて、ご自身にあった加湿器を利用するようにしてくださいね。また、ここでご紹介した商品はどれもとてもおすすめのものばかりですので、是非ともご参考にして頂けましたら幸いです。

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です