活性酸素がどのように体に悪影響をまた好影響を与えているのか皆さんは、ご存知でしょうか?

今回は、そんな活性酸素のメリット・デメリットをはじめとした知識やアンチエイジングの基礎基本等について詳しくまとめてます。その他にも、おすすめのアンチエイジング方法についてもご紹介してますので、是非とも試してみていただきたいです。

⒈活性酸素とは?

⒈1活性酸素の実体

美容や健康への関心が高い人であれば、「活性酸素」という言葉を目にする機会は多いのではないでしょうか。しかし、「身体によくない物質だ」ということをなんとなくわかってはいても、活性酸素がどういうものなのかを詳しく理解している人はあまり多くはないでしょう。活性酸素が体内でどういった働きをするのか、しっかり知っておきましょう。

活性酸素の役割

活性酸素というのは、読んで字のごとく「活発な酸素」のことです。それでは何が活発なのかというと、「酸化させる力」が非常に強力なのです。悪者だというイメージが強いかもしれませんが、本来は活性酸素は身体に必要なものです。

酸化力が強いということは殺菌作用も強いということですので、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。また、酵素の働きを促進する効果もあります。活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持することが可能なのです。そのため、普通に生活しているだけでも体内では活性酸素が作られています。一般に、呼吸で取り入れた酸素のうち、約2%ほどが活性酸素になると言われています。

⒈2老化の原因に?!

それにもかかわらず活性酸素に悪いイメージがあるのは、その酸化力があまりにも強力すぎるためです。活性酸素は適量であれば細胞を保護してくれます。ところが量が増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えることにもなってしまいます。

酸化と言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、金属などのサビも酸化の一種です。つまり、体内の活性酸素が増えるということは身体をサビさせやすくするということなのです。

酸化すると細胞の老化が早まりますから、体内のあらゆる組織が衰えていきます。お肌のトラブルや生活習慣病などは活性酸素が原因で引き起こされることが多いです。息切れしやすくなったりシワが増えたりという現象も、活性酸素が関係している可能性があります。

⒉活性酸素を除去するには?

⒉1活性酸素の悪影響

肌へのダメージ

肌を露出して紫外線を浴び続けていると、活性酸素が大量に生成されてしまいます。すると、肌細胞が酸化してしまって、肌へダメージを与えてしまうわけです。つまり、肌の再生機能が奪われてしまって、老化が進行してしまうということです。

具体的には、シミやシワが増えたり、ハリや潤いが失われたりしてしまいますね。そして、最悪のケースとしては、皮膚ガンになってしまうこともあります。

髪へのダメージ

活性酸素により毛母細胞やメラノサイトが酸化してしまうと、髪に深刻なダメージを与えてしまいます。髪を生成する毛母細胞が酸化することで、髪のツヤが無くなったり、傷んだ髪を修復することができなくなるかもしれません。

また、髪の黒さを作るメラノサイトが傷つくと、白髪が増える原因にもなります。男性の場合には、ハゲや薄毛になる可能性がありますね。髪の健康が損なわれてしまいますから、十分に注意してください。

太りやすくなる

活性酸素は、筋肉にもダメージを与えます。特に、女性は男性よりも筋肉が少ないですが、これが劣化してしまって基礎代謝が下がってしまいます。すると、毎日のカロリー消費が少なくなるので、太りやすくなってしまうわけです。

また、運動をしたとしても効率よくカロリー消費できないので、なかなか痩せられなくなってしまいます。ダイエットの成果が出にくい体になりますから、女性にとっては大きな問題だと言えるでしょう。

生活習慣病

人間の体内には、コレステロールと呼ばれる細胞を保護する脂肪があります。そして、コレステロールにも、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があるんですね。活性酸素が増えてしまうと、悪玉コレステロールを酸化させて血管内に付着させてしまいます。その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの原因となるわけです。

また、がんや糖尿病、アルツハイマーやアトピー性皮膚炎など、いろいろな病気を引き起こす可能性があります。死に至る深刻な病に発展する恐れもあるので、十分に注意しないといけません。

⒉2発生する原因

日常生活による呼吸

先にもお伝えましたが、呼吸をすることによって活性酸素は体内で作られます。呼吸で取り入れた酸素の2%ほどが、活性酸素になると言われていますね。ただ、これくらいの量であれば、細菌やウイルスを撃退するために必要なものです。なので、特に心配することはないでしょう。しかし、ハードな運動などをすると心拍数が高くなり、取り入れる酸素の量も多くなります。すると、発生する活性酸素の量も増えてしまうので、注意が必要ですね。

身体を動かすのは健康に良いことですが、ハードすぎるのも問題があるといえます。

ストレス

何らかの強いストレスを感じると、体内では「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。これにより、ストレスを緩和させる働きがあるわけですね。ただ、それと同時に、活性酸素も生成されてしまいます。また、ストレスを溜め込むと、ビタミンCを大量に消費しがちです。ビタミンCには抗酸化作用がありますが、それが不足すると活性酸素が増える要因となります。

仕事や人間関係などでは、ストレスが溜まってしまいますよね。社会人になると、理不尽な仕打ちを受けることも少なくありません。だから、適度にストレスを発散させて、溜め込むことの無いように気を付けなくてはいけません。

紫外線

太陽光には紫外線が含まれていますが、これを浴び続けていると活性酸素が増える原因となります。紫外線から肌を守るために、大量に活性酸素が発生してしまうからですね。だから、肌細胞やコラーゲンが老化してしまって、シミやシワができるわけです。

特に、夏場の紫外線量は多くなりますから、日中の外出を避けたり日焼け止めクリームを塗ることをおススメします。女性にとっては大きな問題ですから、常に頭に入れておくべきだと言えるでしょう。

喫煙

タバコに含まれるニコチンやタールは、人体にとって有害な物質です。なので、喫煙により体内に有害物質が入ることで、それに対抗するために活性酸素が生成されます。喫煙者の数は減少傾向にありますが、吸っている人は体の老化が早まってしまうでしょう。

また、自分は吸っていなくても、他人の煙を吸うことでも同様の効果があります。そのため、喫煙スペースに近づかないようにしたり、喫煙者から距離を置くようにしてください。

お酒の飲みすぎ

適量のアルコールを摂取すると、活性酸素の除去に効果があります。なので、コップ1杯程度のお酒であれば、毎日飲んでも問題ありません。しかし、量が多すぎると逆効果となるので、十分に注意が必要ですね。

体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されます。その時に、活性酸素が発生してしまうわけです。当然、飲酒量が多いほど活性酸素も増えてしまいますから、ほどほどの量に抑えることが大切だと言えるでしょう。

⒉3活性酸素を減らすための対策

タバコを吸わない

タバコを吸うことで、体内に活性酸素が増えてしまいます。また、タールなどの発がん性物質も含まれるので、細胞へのダメージが大きくなります。副流煙も同様なので、周りにタバコを吸っている人がいるなら要注意です。

だから、タバコを吸っているのであれば、早急に止めた方が良いでしょう。また、友達がタバコを吸っている時は、少し距離を空けるようにしてください。最近は分煙化が進んでタバコの煙を吸う機会は減ってきましたが、日頃から意識的に避けるようにしておいてください。

お酒の量を減らす

お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解しますが、その際に活性酸素が発生します。当然、お酒の量が多いほど活性酸素も増えてしまうので、あまり飲み過ぎないようにした方が良いですね。お酒が強い人は抗酸化作用も強い傾向にありますが、お酒が弱い人は要注意です。

付き合いで飲みに行く機会が多いかもしれませんが、少量に抑えることで体内の活性酸素を減らすことができます。どうしても飲む必要があるのならば、ノンアルコールビールなどにするといいでしょう。

ストレスを溜めない

社会で生きていく以上は、ストレスを感じるのはやむを得ません。問題なのは、ストレスを必要以上に溜め込んでしまうことです。先述の通り、ストレスを溜め込みすぎると、それに対抗するために「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。

そして、そのホルモンがストレスを分解する際に、活性酸素が発生してしまうわけです。ですから、副腎皮質ホルモンが分泌される前に、ストレスを発散しなくてはいけません。

そのために、自分なりのストレス発散方法を知っておくことが大切でしょう。カラオケで大声で歌ったり、軽く運動をしたり、買い物をしたりなど、自分の中で気持ちがスッキリする行動があるはずです。だから、心の中にストレスを溜め込むのではなくて、しっかり発散できるようにしてください。

紫外線を避ける

すでにお伝えしましたが、紫外線を浴び続けると活性酸素が増えてしまいます。なので、日頃から太陽の光を浴びないように気を付けないといけません。外出する時には、日傘や帽子などを着用して、日焼け止めクリームなども使用した方が良いですね。

曇りの日でも紫外線は多いですから、油断はしないでください。肌のシミやシワが増えてしまう原因となりますので、かなり気を遣った方が良いでしょう。日中はなるべく日陰を歩くなど、紫外線を浴びない生活を心がける必要があります。

⒊アンチエイジングの基礎とは?

⒊1基礎知識

アンチエイジングを行うには、正しい知識を身に付けて行う必要があります。もし、間違ったアンチエイジングを行うと更にひどい肌の状態になる事があります。そのようにならないようにきちんと、正しいアンチエイジングの方法を身に付けるようにしましょう。そして、美しい肌を保つようにしましょう。間違ったアンチエイジングは、サウナやジョギングになります。

サウナは、汗を流すことで老廃物を排出しますが実は、老廃物ではないものを排出する事があります。そのため、高温のサウナはできるだけ控えるようにしてください。また、脱水症状や心筋梗塞、脳梗塞の原因に繋がる事もありますので注意してください。サウナなら、ミストサウナがおすすめになります。高温のサウナとは、違い温度や乾式が低めになります。ミストサウナは、体への負担が少なくなります。

次にジョギングは、活性化酸素を増やすことになります。活性化酸素が増えると、肌の老化の進行を早くなることがあります。もし、運動を行うならジョギングをおすすめします。ジョギングなら体の負担が少なくて済みます。アンチエイジングは、このように間違ったやり方を行うと体への負担を増加させる原因になります。

⒋おすすめのアンチエイジング方法

⒋120代のアンチエイジング

20代は生活や食生活が不規則になりやすく、化粧に力を入れる方が多いため、肌へ負担をかけやすい年齢です。皮脂の分泌も盛んなので、毛穴や肌のデコボコなど肌トラブルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?この時期はホルモンバランスの乱れが多くなるので、生活習慣や食生活を整えることが一番のアンチエイジングに繋がります。高い化粧水や美容液を使うよりも、ライフスタイルを見直すことが重要です。

⒋230代のアンチエイジング

30代の肌は10代のようなオイリー肌に悩まされることもなく、アンチエイジング方法も定着していて、お肌の悩みが少ない時期です。生活習慣が安定している場合は、肌の状態が整っているはずです。ホルモンは減少し始めていますが、まだ安定している時期なので保湿対策が一番重要です。

30代になると家庭や仕事に忙しく、アンチエイジングがおろそかになってしまいがち。保湿を怠ると、シワやたるみ、ほうれい線の原因になってしまいます。時間はかけなくてもいいので、保湿だけはしっかりするようにしましょう。

⒋340代のアンチエイジング

40代は年齢がお肌に現れやすく、同世代でも見た目年齢に差がついてくる時期です。肌質が大きく変わり、何をしたらいいのか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか?

まずは、肌の悩みがでてきたら化粧品を見直してみましょう。中には20代の頃と変わらない化粧品を使い続けている方もいるようですが、肌は確実に変化しています。20代の頃に比べて、高価な美容クリームなどの効果が感じられやすくなっているはずです。

年齢を重ねるごとに肌の水分量は減少していくので、特に保湿力の高い化粧品を選ぶことが重要。化粧水や乳液、クリームだけでは補いきれなくなってくるので、美容液やパックなども使うようにしましょう。

⒌まとめ

活性酸素とだけ聞くと体にいいようなイメージが浮かびますが、前述した通り身体にはあまり良くないものです。ですので、しっかりと普段からその原因となるものを取り除くために、気をつけていないと日に日に体にため込んでいるかも知れません。また、アンチエイジング方法もここでご紹介したことをしっかりと守り何歳になっても美しい肌を維持し続けてくださいね。

関連商品


プレミアムすっきり透明珈琲

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です