あなたは、普段からシミやソバカスに対してどのような対処をしていますか?

今回は、そんな気になるシミやソバカスに効果的なサプリメントをご紹介します。その名も「キミエホワイト」です。聞いたことがある方もいると思いますが、以下にはこの具体的な効果や口コミ等について詳しく解説してますので是非とも参考にしていただき今後のシミ・ソバカス対策に役立ててほしいと思います。

キミエホワイトとは?

キミエホワイトについて

キミエホワイトは寧薬化学工業が製造し、富山常備薬グループが販売している第3類医薬品です。購入方法は、販売会社のサイトでの通信販売のみとなっています。2016年に従来品の「キミエホワイト」から「キミエホワイトプラス」にリニューアルされました。

キミエホワイトプラスの効果はどうなの?

キミエホワイトプラスの効果効能として、しみ・そばかす・日焼け、ニキビ、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ、だるさ、二日酔いがあります。

キミエホワイトプラスが効かない場合は?

キミエホワイトプラスは医薬品として効果効能が認められていますが、症状や使用する人の体質・体の状態などにより薬の効き目には個人差があります。用法・用量を守って使用したにもかかわらず症状が改善しない場合は付属の説明書(添付文書)を持って皮膚科などの医療機関を受診することをおすすめします。

キミエホワイトプラスの成分
キミエホワイトプラスには、L-システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウムの3つの有効成分が配合されています。

L-システイン

L-システインはアミノ酸の一種です。肌のターンオーバー(代謝サイクル)を正常にし肌の細胞を循環させる作用、体の新陳代謝を促進させてたまった疲れを軽くする作用、日常生活でのストレスやちょっとした刺激などで生まれる活性酸素を除去し細胞にダメージを与えるのを防ぐ作用(抗酸化作用)がありますまた、二日酔いの原因となるアセトアルデビドの解毒を助けるはたらきがあるので、お酒の席の前にL-システインを摂取しておくと二日酔い予防にもなります。

アスコルビン酸
アスコルビン酸は、ビタミンCのことを指します。抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を正常に保ちます。

パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムは、ビタミンB5のことを指します。糖分や脂質・たんぱく質などの代謝にかかわるほか、皮膚を正常に保つ働きもあります。肌の新陳代謝を促し、しみやそばかすの排出促進に作用します。

キミエホワイトに副作用はあるの?

キミエホワイトの副作用について

キミエホワイトプラスの公式通販サイトページの「よくあるご質問」の中に、副作用についての回答があります。それによれば、現在販売されているお薬で副作用の全くないものはないとのことです。確かにそうですね。きちんと国に認可された医薬品であっても、体質に合わないケースは多々ありますよね。

さらに、副作用の症状は添付文章の使用上の注意に書かれていますが、そこに記載されている副作用は、その症状が出る可能性が非常に高いからという理由で記載されているのではないそうです。万一症状が出てしまった場合を想定し、さらなる重篤な症状へ移行しないように防止するための対応方法を書いているとのことです。

つまり滅多に起こらないような深刻な事態が起こったとしても正しい対応ができるように配慮されているのですね。最も小さな副作用であり、副作用に見舞われる方の大半の症状である湿疹については、別途詳しい説明があります。

湿疹が現れた場合には、服用を中止して湿疹が引くのを待つようにとのことです。それでも湿疹が引かない場合は、キミエホワイトプラスが体質に合わなかった可能性を鑑み、医師や薬剤師、又は登録販売者へ相談していただきたいとあります。取りあえずは、湿疹ができてしまっても慌てたりせず、落ち着いて治まるのを待てば大丈夫のようですね。

妊娠中に服用しても大丈夫なの?

キミエホワイトプラスに含まれる成分は妊娠中に服用しても問題のないものです。しかしながら、キミエホワイトプラスを妊娠中に服用することはおすすめではありません。なぜなら、公式通販サイトページの「よくあるご質問」に記載されていることですが、キミエホワイトプラスは肝斑(かんぱん)には効果がないからです。

肝斑とは、紫外線によってではなく、ホルモンバランスの乱れが原因でできるしみの一種です。妊娠中は特にホルモンバランスが乱れるため肝斑ができやすくなります。したがって妊娠中にしみ対策をしたいのであれば、ホルモンバランスを整えるような成分が配合された医薬品を服用する方が望ましいと考えられるのです。

キミエホワイトの口コミについて知っておこう!

ここでは、キミエホワイトの口コミについて詳しくまとめてみました。是非とも参考にしていただきたい内容なのでご使用をお考えの方は目を通していただきたいです。

実は前から他ブランドのシミ改善サプリを飲んでいて、そのサプリとキミエホワイトプラスを比較した感想です。飲み始めて一か月間・・・特に劇的な変化は感じられませんでした。お肌のシミ・色素沈着がなくなった感じはしませんね。でも、そばかすには効いたみたいで、薄く目立たなくなった気がします。他のサプリに比べ一か月でちょっとでも効果があったのは、このキミエホワイトプラスだけだったのでもう少し続けてみようかと思います。

シミや美白効果があると聞いたので、3本まとめ買いしました。2本飲み終わって、もうすぐ3本目に突入します。効果に関しては、確かにシミが薄く目立たなくなってきた気がします。

あくまでも気がする程度で、明白な変化ではありませんが^^;あと感じたのは、他のシミや美白に効果的なハイチオールCなどのサプリに比べ、体調面への副次的な効果は少ないと思います。あちらは、代謝が上がったり疲労回復など健康面への効果もあるので。


医薬品にしていされているキミエホワイトプラスですが、肩こりや冷え症などへの改善効果はまだ感じられませんね^^;これからも続けて見ようとは思いますが、濃い色の目立つシミへの効果は期待薄だと思います。

飲んでもう半年は経ちました!毎日お母さんと一緒に飲んでますが、「シミが消えた」など口コミで言われているすごい効果は残念ながらまだないですね(;><)即効性がないこと、今あるシミでなく潜在的なシミ予備軍に効果的ということを知ってはいましたが、この効果はちょっと物足りないかも・・・というのが正直な感想ですね(;^^)

お母さんのお肌を見てみると、飲んでからはシミが増えてはいないようなのでシミ予備軍には効果的みたいですね~。それ以外には、お肌がワントーンくらい明るくなった気もするかな。でも、周りから見て「変わった」と言われるほどのはっきりした変化じゃないです。シミの根本的な改善は、やっぱりクリニックなどで本格的にレーザーなどを行うしかないのかな~。今後もリピしようかは迷っています。

引用元:http://bsweb.biz

キミエホワイトのメリット・デメリットとは?

次に、キミエホワイトのメリット・デメリットについてわかりやすくまとめてみました。

キミエホワイトのデメリット
・効果に個人差がかる
・ひどいシミには効果が期待できない

キミエホワイトのメリット
・シミが薄くなる
・肌荒れが改善
・肌が凄くキレイ
・エイジングケア効果
・1回1粒なので続けやすい
・医薬品なので効果が期待できる

シミ・ソバカスの原因に4つの方法で徹底的にアプローチ!

キミエホワイトプラスは、シミやソバカスの原因へ、4つの方法で働きかけます。

黒色メラニンを抑える
紫外線や外からの刺激から肌を守るために、肌の中にある色素細胞「メラノサイト」が活発化しメラニン色素が生成されます。キミエホワイトプラスは、シミ・ソバカスの原因の大元であるメラノサイトを抑える働きをします。

黒色メラニンを弱める
すでに生成されているメラニン色素が肌に沈着しないよう、黒色メラニンの力を弱め、黒色メラニンが外へ排出されやすいよう作用します。

黒色メラニンを外へ出す

メラニン色素はシミやソバカスの原因となる悪いもの!と考えがちですが、本来は上で説明したように、肌を外からの刺激から守る役割を担っています。問題なのは、生成されたメラニン色素が体の外へ排出されないということです。

ターンオーバーが正常に機能している肌からは、メラニン色素がきちんと排出されますが、ターンオーバーが機能していない肌からは排出され肌に残ってしまいます。また、メラニン色素が過剰分泌されるせいで色素沈着しやすくなっている場合もあります。大切なことは、肌や細胞のターンオーバーを正常に機能させ、代謝を促すことです。

肌の生まれ変わりを促す

前項で説明した通り、シミやソバカスを作らないためには肌のターンオーバーを正常に戻すことが大切ですが、ターンオーバーが促され古い角質やメラニン色素が排出された後に肌が健康に生まれ変わるサポートをすることも大切なことです。キミエホワイトプラスには、新しい皮膚・粘膜を作り出すのに必要な成分が配合されていて、シミやソバカスができにくい健康な肌の再生をサポートします。

キミエホワイトプラスの正しい服用方法について

食後に1日3回 1回1錠
キミエホワイトプラスはサプリメントとは違い医薬品なので、決められた時間に決められた服用量を飲むようにしましょう。規定量以上の量を飲むことは止めましょう。食後は食事が終わって30分以内です。

胃の中に食べ物がある状態で薬を飲んだ方が、胃が荒れるのを避けられるというメリットがあります。食後すぐよりも、食後30後に飲むと薬の吸収が良くなります。食事抜きで薬を飲むより、ビスケット一枚、ご飯一口でも良いので、何か食べ物と一緒に飲むようにすると胃の保護になります。

効果が現れるのは42日+年齢
効果の現れ方には個人差があります。キミエホワイトプラスは即効性や強力な効き目はありません。継続して服用することで徐々に効果が現れます。肌が代謝をするサイクルが大体28日間です。公式サイトでは42日間+年齢という期間の服用を推奨しています。

開封後は3ヶ月を目安に
一度開封したら、3ヶ月を目安に使い切るようにしてください。直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。
※冷蔵庫に保管しないでください。

副作用について
キミエホワイトプラスは副作用のリスクが低い薬ですが、医薬品には副作用が全く無いものはありません。体質、肌質、また体調によって不調が現れることがあります。肌や体に異常を感じた際にはすぐに服用を止め、症状がひどい場合には専門の医師に相談してください。

まとめ

キミエホワイトの効果や口コミについてここまで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?サプリメントなので、人によっては合う合わないあると思いますが、合わないと感じた時には無理に続けないことをおすすめします。ご使用の際には、しっかりと用法用量を守ってから使うようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です