ダイエッターの間で密かに流行っている「希少糖」についてみなさんご存知でしょうか?

希少糖とは、等の種類の一つで大変美容効果が見込まれており、ダイエットしている方の間でも一部で話ありますが流行っている食品です。今回は、そんな気になる希少糖について詳しく解説していきたいと思います。

⒈希少糖とは?

⒈1希少糖について

「希少糖を摂取してカラダに害はないの?副作用はないの?」そのような心配の声をたまに耳にします。希少糖の安全性を説明する前に、「希少糖」とは何かを簡潔に説明させていただきます。希少糖とは自然界に存在量の少ない単糖(糖の最小単位)のことです。一言に希少糖と言っても種類がたくさんあって、自然界に約50種類も存在しています。

希少糖含有製品が広く世の中に普及し始めたのは、香川大学農学部の何森 健(いずもり けん)教授により希少糖を生産する酵素系が発見され、希少糖を体系的に生産することが可能になったことがきっかけです。

希少糖含有シロップ等に含まれている、D-プシコース・Dアロースは合成甘味料ではなく、糖を異性化(※分子式を変えることなくその化学構造を変えること)することによって生産されています。その為、希少糖は安全性が高く副作用は認められていないと現在の研究ではいわれています。

加えてD-プシコースは私たちが口にするいろいろな食品(コーラやカステラ、メープルシロップなど)に含まれており、私たちのカラダが初めて摂取する物質ではないようです。こういった理由から、希少糖を摂取することに大きなリスクはないと考えられます。

⒈2希少糖の栄養と効果とは?

エリスリトールやキシリトールはカロリーが低く、虫歯を予防する働きもあることから、すでに天然甘味料としてガムなどの食品添加物として使用されています。D-アロースは、血圧の上昇を抑えたり、骨粗しょう症やがんを予防するだけでなく、活性酸素を除去する抗酸化作用もあることから、医薬品や医療用食品などでの活躍が期待されています。

なかでも注目が集まるのが、近年新たに加わったD-プシコースです。甘味がぶどう糖や果糖よりも少なく、カロリーはゼロ。内臓脂肪が体内に蓄積されるのを予防したり、食後に血糖値が上がるのを防ぐ働きがあるため、メタボリックシンドロームや糖尿病の予防効果が期待できます。ほかにも虫歯や、動脈硬化を予防する働きも。

D-プシコースは、大量生産が可能なため、特定保健用食品や医薬品など様々な活用方法が期待されるところです。希少糖は意外にも、ケチャップやメープルシロップ、ミートソースなど、私たちが日頃から摂取している食品にも含まれていますが、甘味料としてボトルでも販売されているので気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

⒉希少糖に含まれる成分について

⒉1注目すべき健康機能

数ある希少糖の中でも特に研究がすすめられている『D-プシコース』『D-アロース』この2つには驚くべき効果があることが分かりました。その効果をそれぞれ見ていきましょう。

D-プシコース
このD-プシコースは甘さは砂糖の約7割程度ですが、なんとそれだけの甘さがあるのにカロリーがゼロなんです。その効果やポイントをまとめてみます。

食後の血糖値の上昇を抑える

食後には、体の中ではその中に含まれていた糖により血糖値が上昇してから、急激に降下します。血糖値が降下すると体の中ではエネルギーが足りない状態になり、おなかがすくという仕組みです。このD-プシコースには血糖値を下げる働きがあることが分かっています。という事は、血糖値が上がらない分だけあまりおなかが減らないのでダイエットの効果が期待できますよ。

内臓脂肪の抑制

体の中に入った糖分はインスリンというホルモンの働きによって体の隅々に運ばれます。この時に多すぎた糖分というのは貯蔵されます。これが内臓脂肪のもとになります。血糖値が低ければ過剰な糖を貯蔵する必要はないので内臓脂肪を抑えることが出来ます。

ダイエット効果:糖分なのになぜダイエット効果があるのでしょうか?それはD-プシコースが小腸と血液をつなぐ壁の通路を塞いで、他の食べ物から摂取したブドウ糖が血液に回るのを防いでくれるからです。体の中を糖が回らないという事は、過剰な糖が貯蔵されるのを抑えるという事ですね!他にも動脈硬化の抑制や、虫歯になりにくい事も分かっています。

D-アロース
こちらもその効果やポイントをまとめてみます。

抗酸化作用:老化の原因にもなる活性酸素を抑える事でアンチエイジングが期待出来ます。他にも、血圧の上昇を抑えたり、抗ガン作用や骨粗しょう症の予防などにも効果があります。次は希少糖に共通する働きにもなりますが。

寿命の延長:線虫を希少糖が入った土で育てた所、入ってなかったものよりも寿命が長かった事が分かりました。さて、希少糖の効果や効能は分かっていますが、それが何によるものなのかはまだまだ研究段階のものも多いです。

 

⒉2希少糖はいいとこしかないのか?

希少糖の効果や効能など良いところを説明してきましたが、その希少糖には現時点で残念な点が2つあります。

熱に弱い
1つは、D-プシコースをはじめ希少糖は熱に弱いという点です。ですので、ケーキやクッキーなどの焼き菓子には使えません。使っても問題はないですが、効果は下がります。

純度100%の量産は難しい

もともと量が少ないものですので、大量に生産するのは難しいのが現状です。純度100%になると1gで1万円という金額になりますので、気軽に買えるものではないですよね。希少糖として売り出されている物も、よく表示を見てみると含有量が記されていますが、純度100%はありません。また、希少糖使用として売られているお菓子なども希少糖だけではなく、それにプラスして砂糖などが使われています。お買い求めの際には注意が必要です。

⒊希少糖が含まれているおすすめ商品の紹介!

⒊1レアシュガースウィート

希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」は、香川大学を中心とした、民間企業・香川大学・香川県の産学官連携「希少糖プロジェクト」から誕生した第1号商品です。その機能性も科学的根拠に基づいていて、信頼性ナンバーワンの商品です。希少糖含有シロップという名前のとおり、希少糖100%ではありません。

ぶどう糖、果糖、希少糖がバランスよく配合されたシロップで、希少糖は全体の約15%(Dプシコース5%以上含有)となっています。甘味は砂糖の約90%と、ほぼ砂糖と同じ分量で使えます。シロップ状で溶けやすいため、ヨーグルトや冷たい飲み物の甘味料としても使いやすいですね。もちろん料理の際のお砂糖代わりとしても。レアシュガースウィートを使用したお料理レシピもたくさん紹介されています。

⒊2希少糖100%じゃなくても効果はある?!

結局のところ、市場に出ているD-プシコース入り商品というのは、レアシュガースウィート入り商品ということになります。レアシュガースウィートの希少糖含有量は15%くらい。そのうち、D-プシコースは5%以上。「あれ?希少糖、そんなに少なくていいの?」「希少糖100%のものは?」と思った方もいるのでは。

希少糖は高額なので100%のものは高すぎるというのもあるでしょうが、ブドウ糖にはブドウ糖の、果糖には果糖の役割があって、それを100%希少糖に置き換えてしまうのもどうかと。そこをバランスよく配合したのが、レアシュガースウィートということのようです。

では、そんな少量の希少糖でダイエット効果はあるのか!ということですが、そもそも、ヒト試験された希少糖の抗肥満作用研究は、希少糖100%ではなく希少糖含有シロップを使用してのものです。

実際に商品化されているのと同じレアシュガースウィートを使用しての人試験も行われ、レアシュガースウィートを12週摂取後の変化として、体重-1.8㎏、BMI-0.7㎏/㎡、体脂肪率-1.7%という結果も発表されています。変化は緩やかではありますが、健康に美しく痩せていく効果として期待できるのではないかという印象です。

⒋ダイエットで大事なこととは?

⒋1環境とメンタル管理

ダイエットはメンタルで決まる
ダイエットを成功させる上で必要な知識は色々あります。体重の測り方や、脂肪燃焼のメカニズム、消費カロリーの計算など。しかし、それらは理論であり、実行する本人が行動に移せなければ意味がありません。

ストレスを無くす事が最善
太ってしまう人のほとんどが何らかのストレスを抱えていて、そのストレスを解消するための代替行為として食べ過ぎになっていることが多いのです。なので、食べ過ぎを止めるためには、その根本的な原因となっているストレスを取り除くことが重要です。

環境による影響も重要です

子育てや職場環境、食事環境など、環境が原因となって太ってしまう人も多くいます。ダイエットはまず環境づくりから入ることが本来は必要なことです。例えば、職場でお菓子が配られて食べないといけない、子供の残したご飯を食べてしまう、家族が買ってくるお菓子が常に部屋に置いてある…など、ダイエットを進める上で、まず環境の改善から取り組むことが重要になることもあります。

⒋2心のエネルギーの管理力

ダイエットの開始、つまり生活習慣を変えるということは、心にとって新たなストレスとなります。人間は心の余裕のない時に大きな余裕のエネルギーを使う行動はできません。

心に余裕のない状態でダイエットはできない
多くの人が仕事や家事育児で心の余裕があまり無い状態です。その僅かな余裕の範囲内でできる事をしないと、パンクして大きなストレスや反動となって返って来ます。

ダイエット失敗で食欲爆発する理由
ダイエットを続けていたがある日、糸が切れたように食欲が爆発する人がいます。単にそのダイエットを諦めて止めてしまうだけならいいのですが、今までの不満をぶつけるかのように過食に走ってしまう場合、心の余裕を失うような過度なダイエットのストレスが反動となって返って来ているのです。

自分が好きになれるような方法
そのダイエットを続けることは他人の目から見ても羨ましく、自分自身でも健康に良いことをしている、頑張っている自分が好きになれるような方法なら、ストレスを感じずにすむだけでなく、より努力を後押しする活力を産んでくれます。断食や極端な食事制限、偏食や薬に頼るような方法で、自分が好きになれますか?

⒋3ダイエットに成功するためメンタル

太ってしまった原因となっているストレスを解消する方法を、食べること以外で解決していること。ストレスを感じない心の余裕の範囲内でのできるダイエットをしていること。そのダイエットで変わっていく自分が好きになれるような方法であること。誰かが応援してくれて、無理なく実行可能な環境であること。

一生その方法を続けても健康面・生活面で問題のないダイエット方法であること。この3つのポイントを押さえていれば、必ずこれから始めるダイエットは成功します。

⒌ダイエット中の食事について

⒌1ダイエット中の食事制限のポイント

毎日3食食べてますか?3食食べても、食べる時間がバラバラになっていたりしませんか?朝は時間がないから、食べないですとか、夜は深夜に食べることもある。もちろん、忙しくてどうしようもない時もありますが、ダイエットの視点から考えると、これは避けておきたい習慣です。

ダイエット中の食事制限のポイント

ダイエット中だからって、とにかく食べる量を減らせばいい、という安易な食事制限は考え物。でも今の生活ってとても便利で、いつでもどこでもおいしいもの、食べたいものが手に入りますよね。だから気を抜くとついつい食べ過ぎちゃって…。食べるだけで精一杯だったのも、おいしいものを食べるだけだったのも昔の話。

現代人は、かしこく食べなきゃいけないってことですね。それはつまり『何をどのように食べるか』ってこと。そのためには、栄養や健康の知識も知っておかないといけません。理由もよくわからずに、ただひたすら、「これやっちゃだめ!」「これ食べなきゃだめ!」ですとストレスも溜まりますし、くじけてしまったらリバウンドの可能性もあります。そうならないために、大事なポイントが2つあります。

納得できる食事制限をすること

栄養や食事法の効果とか必要性をキチンと理解した上で、無理なく食事を減らしていくってことですね。『論理→理解→納得』の流れができると、ダイエットを続けていく強い意思につながって、成功しやすくなりますよ。(これはダイエット以外の習慣づくりにも応用できますね。)

少ない量で満足できる食べ物と食べ方を見つけること

人間の体は、食べると血糖値があがって満腹神経が刺激されて、満腹になるといわれてます。でも、たくさん食べなくても食欲を満足させてくれる食べ方や食べ物もあるんですよ。そこに気をつけて食事をすることはダイエット成功の鍵となります。

⒍まとめ

希少糖がここまで、ダイエットや美容に効果的だとは誰もが驚きだったのではないでしょうか?

ダイエットをする際には、しっかりと食事のバランスを考え適度な運動が欠かせません。また、普段の生活習慣もしっかりと整えてあくまで「希少糖」のようなダイエット食品は、補助的なものだということを肝に銘じておくことが大事ですのでお忘れなく。

関連商品


ビスリム

希少糖入のダイエットティー

2,980円

【検証】確実に痩せるといわれる“黒の成分”は本当に安全なのか?健康を害してもいいから痩せたいという女性が続出!?【PR】

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です