憧れの小顔を誰もが欲していると思いますが、自分で簡単に手に入れる方法が実はあるんです!

今回は、そんな自分でできる小顔マッサージを始めとしたそもそも顔が大きくなる原因と理想の顔の大きさ等について詳しく解説していきたいと思います。今まで、顔の大きさで悩んでいた人にはとても参考になると思いますので、是非とも参考にしていただけたらと思います。

⒈小顔マッサージの正しいやり方

⒈1小顔マッサージの正しいやり方について

顔が小さくなる小顔マッサージのやり方を紹介したいと思います。今回は顔の浮腫みと筋肉のたるみを取ることが中心のマッサージになっていますので、いざという時のために覚えておいても損はないと思います。

またこういった小顔体操にせよ小顔マッサージにせよ、普段から行っておくことで小顔癖をつけることが出来ます。なのでダイエットのための軽い運動としてちょっとしたストレッチをする感覚で、寝る前や起きた時にこの小顔マッサージを行うことをおすすめします。朝に「なんだか今日は顔がむくんでるな〜」という時にも、ぱぱっとむくんだ顔を引き締めるのにも効果的な方法なのでぜひお試しください。

⒈2浮腫みは顔を引き締めれば取れる

顔が大きいことがコンプレックスな場合、一番最初に注目すべきは顔の浮腫みです。浮腫みとは余分な水分がたまって膨らんだ状態の事ですが、浮腫んでしまって大きくぶくぶくした顔は見ていてもあまり気持ちの良いものではありません。

単純に顔が大きい場合はそれはそれで問題なのですが、浮腫みによって顔がおおっきくなっている人は頬の肉が膨らんでいてアゴもシャープとは程遠いブヨブヨとした状態になっています。口元もなんとなく肉厚になってしまいますし、顔全体が不健康な青白い印象になります。

顔が浮腫んでいる人は、なにかふやけてぶよぶよした肉の塊のような気持ち悪さがあります。浮腫んでいる人をイメージしてくれると分かると思うのですが、浮腫みとは不健康さの現れなのです。不健康さがぶよぶよと膨らんだ顔に現れているので、どうしても浮腫んでいる人を見るとあまり近づきたくないと思ってしまうのです。

顔が大きく見えるわ印象も不気味になるわと、浮腫ませておいていいことは何もありません。さっさと余計な水分を排出して顔を引き締めてしまいましょう。浮腫みの原因は水ぶくれですので、血行を良くして顔の細胞から余分な水分を排出させれば解消できます。では早速顔の浮腫みを治すためのマッサージのやり方について説明します。

⒈3顔を引き締めるにはどうすればいい?

顔の浮腫みを取るためには余分な水分を排出しなければならないことは説明しました。では具体的にどうやって顔を刺激すれば膨らんだ状態を治すことができるのでしょうか?

ただ単に顔をこすってもそれなりに効果はあるといえばありますが、単純に血行と代謝の促進だけに頼るのは非効率です。なので今回紹介する小顔マッサージでは血行と代謝を高めつつ、水分をうまく顔から逃すことを目的とした方法になっています。

小顔法としては非常にシンプルです。こんなに単純なマッサージでいいの?と思ってしまうかもしれませんが、そこは顔の浮腫みがひどい時に実際に試してみればわかります。

⒈4顔を小さくするマッサージのやり方

指を隙間なく揃えた状態で中指の先が鼻の横に当たる位置に置きます。次に手全体を使って顔を軽く抑えながら耳の方向にすべらせます。やり方はこれだけです。5回ほど上手にやれば顔の浮腫みが綺麗に落ちます。シンプルながら、浮腫みを取るためにはこれが一番効果的なマッサージなのです。顔の大きさに悩んでいる方、顔がむくんでしまっていますぐ何とかしたい方はぜひ試してみるとよいでしょう。

小顔マッサージは顔のむくみをとり、表情筋の緊張をほぐすことを意識するとより効果が出ます。 ただしマッサージをするときは力を入れすぎて顔の表面にあまり負担をかけないようにしましょう。

⒉自分でできる小顔マッサージ方法

⒉1自宅で簡単!小顔マッサージ!

最初はおでこやこめかみ、首筋のリンパの流れを良くしましょう。そこからデコルテラインへと老廃物を流しましょう。こちらは事前準備の様なもので頭、首筋に溜まっていた老廃物を押し出し、むくみを解消する効果があります。次にアゴ周りや頬のマッサージを行っています。そして、最後に顔の代謝を良くした後に老廃物を再度流すために首筋のマッサージを行います。

1日に数十分行うのではなく、お風呂後の毎日のお肌のケア、ボディケアの一環として今回のマッサージを取り入れると効果的です!今回のマッサージも入浴後など代謝のいいタイミングを狙って行うと効果倍増です。お仕事でパソコンなどを長時間使う方は得にこめかみや首に疲れがたまっていますので一石二鳥でツラい首の痛みの緩和などにも役立ちます。

また、リンパ周辺はデリケートですので過度な力を込めてマッサージしすぎないように注意しましょう。週1〜2回程度のスペシャルケアとして行う事をお勧めいたします。

⒉2顔のむくみについて

お酒を飲み過ぎた翌日など顔のむくみが気になる事はありませんか?体内の水分を濾過し、排出する腎臓の機能がお酒を飲む事で酷使されて十分に機能しなくなってしまう事から起こります。ですので塩分の取り過ぎや運動不足による代謝の低下などもむくみの原因となります。大抵のむくみは日中に活動をしていると自然と引いていきますが大事な取引先との商談や気合いを入れたデートがある場合などは朝からすっきりした顔で迎えたい物です。

⒊小顔になるにはどうしたらいいの?

⒊1顔が大きく見える原因は?

小顔を目指す前に、顔が大きく見えてしまう原因を知ることが大事です。骨格の問題、筋肉の問題、脂肪・・など人によって原因はさまざま!あなたは何が原因ですか?顔が大きく見える原因は大きく分けると5つあります。

骨格:エラ骨や頬骨、あごが張ってる、骨格がゆがんでいる

脂肪:頬にお肉がついている、二重あご

筋肉:エラの筋肉が発達してる

たるみ:顔の筋肉が衰えてたるんでいる

むくみ:不規則な生活で老廃物がたまっている

骨格のゆがみや出っ張りは、それ以上ゆがむのを防ぐことはできても自分では改善はできません。整体院などの専門家にゆだねるのが最善です。骨格のせいだと思っていても、専門家に見てもらったら実は筋肉の発達のせいだと発覚した、という人が沢山いるので、一度診てもらうのもいいかもしれないですね。

⒊2「たるみ」に効く表情筋トレーニング

まだ若いからたるみとは無縁と思うかもしれませんが、年齢関係なく「たるみ」は起こります。表情筋をあまり使わない生活を送っていると、頬が下にたるんでたるんだ分、顔が大きく見えてしまいます。表情筋を鍛えて、たるみをスッキリ。このトレーニングは、朝や入浴後にすると効果がより期待できます!

  • 足を肩幅に開き、背筋を伸ばして真っ直ぐに立つ。
  • 目をゆっくり閉じた状態から、力を入れてギュッと強く閉じて5秒キープ。そしてパッと目を開く。この動きを3~5回繰り返し行う。

  • 次にあごを上に向ける。このとき首の前面の筋肉が伸びていることを意識する。
  • 大げさに口を動かし、顔全体の筋肉を動かすつもりで、「あ・う・お」とゆっくり発音する。
  • 顔を下向きにして、あごを喉に近づけた状態のまま、「い・え」とゆっくり発音する。口は大きく開き、顔の筋肉が動くのを意識する。

1日1回だけでもいいので、習慣化して1ヶ月は続けたいところです。あとは、表情が分かりやすいようにオーバーに笑うようにしたりすることも良いです。

⒊3「脂肪」は血流促進と燃焼

部分痩せというのが難しいように、顔だけの脂肪を落とすのはかなり困難です。全身が痩せると顔も痩せていきます。なので、有酸素運動で脂肪を燃焼して、身体の脂肪と共に顔の脂肪も落としましょう!血流促進効果、脂肪分解を促進させる食品を摂る(生姜、ニンニク、黒コショウ、唐辛子など)。果物なら、柑橘系の中でも比較的糖分の少ないグレープフルーツ。運動して脂肪を燃焼させる。

⒋フェイスマッサージのメリットとデメリット

⒋1皮膚の筋肉を鍛えても意味がない!

マッサージをおススメする人が言う理屈はこれ。「マッサージで表情筋が鍛えられるから、お肌のハリが元通りに!」この方法は、たしかに表情筋がものすごく衰えているなら、それなりに効果はありません。1日にひとことふたことしか話さないような人なら、筋肉の衰えによって皮膚がたるんでいることもあるので、表情筋を鍛えるのも良いでしょう。

ですが、それなりに話している人にとって、マッサージでハリを取り戻すのは不可能です。なぜかというと、肌のハリを出しているのは皮膚の「真皮」というところだからです。お肌は筋肉の上に皮膚が張られているような構造になっているので、どんなに筋肉を鍛えたところで、真皮が引き締まらないなら意味がありません。もしかしたら「筋肉を伸ばせば一緒に真皮も伸びるんじゃ?」と思うかもしれませんが、そうはいきません。

表情を作ったり筋肉を鍛えようと動かしたりすると、皮膚が伸びるので、逆に皮膚がたるんでシワになる可能性が高いのです。表情豊かな人って、しわが深く刻まれていることが多くありませんか?よく皮膚が伸びるからこそ、皮膚がたるみ、深いしわになってしまっているのです。(表情シワはおおくの人に認められていて、ふけのサインとしては見られません。)

⒋2フェイスマッサージは危険!シワの原因になります

テレビなどでマッサージが大絶賛されているので、皮膚を引っ張たり伸ばしたりするのが良いと感じる人は多いですが、実際は逆効果です。服のシワは引っ張ると綺麗になるので、同じように考える人もいるようなのですが、皮膚は服などに比べるとかなりやわらかく伸びやすいので、同じように考えるのは危険です。

たしかにシワがあると化粧品はノリにくくなりますし、大変だとは思いますが、伸ばしてしまうと本末転倒。コラーゲンが痛んでハリがなくなる結果となります。

だったらなんでマッサージ系の商品が売られているの?テレビなどで紹介されているせいで、マッサージ系の被害者はとても多いです。信じて使っていた人は納得いかないかもしれませんが、テレビなどで紹介されるものが良いものだとは限らないのです。あれらが主張するのは「筋肉を引き締めてハリを取り戻す!」という理屈ですが、実際にはそれより早いペースで皮膚が伸びてしまうからです。

筋肉は痛んだとしても、ものの数日で回復します(筋肉痛になったことがあればわかるでしょう。)でもコラーゲンは、2年くらいかけてやっと1周期分回復できるのです。それに筋肉のように、痛んだところだけ回復なんていう芸当はできません。そのことを考えてみると、マッサージによって著しく皮膚の退化してしまうというのも、納得がいきません。

たいていの化粧品は根気強く使い続けることが大事ですが、マッサージ系だけは別。できるだけ続けないように、潔く諦めてしまってください。また、マッサージと同じように、皮膚を持ち上げるのも逆効果です。持ち上げたところで、その状態ふ皮膚が固まるわけがありません。一時的にはシワがないように見えるかもしれませんが、すぐに元通りになってしまいます。

⒌小顔ダイエットについて

⒌1小顔ダイエットとは?

『小顔ダイエット』を聞いたことがありますか?加齢とともにたるんだ肌、むくみでパンパンになった顔、脂肪のついた頬、すべて顔が大きく見えてしまいます。実際には太っていないのに、顔が大きく見えるせいで太って見えたりと、顔が大きくて得をすることはありませんよね。このような『顔太り』を解消して、スッキリした小顔を目指すのが『小顔ダイエット』です。

ダイエットと言いますが、体重を落とすことが目的ではありません。一般的なダイエットとは違って、食事制限などはほとんど必要ありません。全体的に太りすぎている人は、多少の食事制限は必要かもしれませんが、基本的に顔だけ痩せたいのなら食事はあまり関係ありません。

⒌2小顔ダイエットの方法は?

自分の顔太りの原因が何なのかによって、小顔ダイエットの方法は変わってきます。たるみが原因ならたるみを、むくみが原因ならむくみを改善することが小顔ダイエットにつながるからです。原因がたるみ・むくみ・脂肪のつけすぎ、のいずれにも効果的だとされているのが、表情筋を鍛えることです。

表情筋は、普段の生活では全体の70~80%しか使っていないと言われています。筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。ですから、表情筋を鍛えるエクササイズなどを日常的に行うことが重要になります。ペットボトルは効果的です。エクササイズと言っても難しいものではなく、劇団員の発声練習のように大きな口を開けて50音を発音していくだけ、などの簡単なものばかりです。

⒍まとめ

小顔になるには、それ相応の努力が必要なのがお分かりいただけたと思いますが、しっかりと自身でセルフマッサージすることを続けることで、小顔に近づくことは可能なので諦めずに努力し続けてくださいね。最後に、この記事が少しでも読者の参考になりましたら幸いです。

関連商品


アルジュエル

芸能人も使用していると噂の小顔・美肌促進ジェル

2,980円

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です