お肌には、欠かせないコラーゲンが簡単に摂取できる方法があったんです。

今回は、コラーゲンドリンクについて詳しく解説するとともに、コラーゲンがいかに肌に良い効果を及ぼすのかを徹底解説していきたいと思います。また、おすすめのコラーゲンドリンクについても紹介しているので是非とも、試してみてくださいね。

⒈コラーゲンドリンクとは?

⒈1コラーゲンにおける最新メカニズムについて

コラーゲンは、タンパク質のひとつです。消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドなどに分解されてしまうことから、これまでの栄養学や医学では「コラーゲンをとっても効果がない」という結論に至っていました。

しかし、近年コラーゲンについての研究が進んできており、コラーゲンについてあたらしい事実が次々と出てきています。2009年には、1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、30歳以上の被験者に肌の角質の水分量上昇が見られました。2014年には、1日5g、もしくは2.5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、45歳~65歳の被験者のシワ改善がみられました。

ただし、ここでいわれているのは「ペプチドコラーゲン」です。ペプチドコラーゲンとは、肉、魚などの骨や皮に含まれるコラーゲンに加熱を加え、ゼラチン状に変化させたあと、さらに酵素分解によって小さくしたものです。分子量が小さいため水に溶けやすく、身体への吸収性も高いことが特徴です。現在ドリンクなどに配合されているものの多くは、このコラーゲンペプチドであるようです。

また、コラーゲンが血中に吸収される時、そのほとんどはアミノ酸になってしまうといわれてきましたが、最近の研究では、コラーゲンペプチドの一部はペプチドのまま血中に吸収され、血流にのって体をめぐり、弾力を保つ命令をだしているらしいことがわかってきています。

摂り入れたコラーゲンがそのまま体内のコラーゲンになるわけではありませんが、細胞の活動を高めることで傷の回復や炎症の緩和、骨の健康など幅広い活躍を期待できそうです。

⒈2コラーゲンドリンクの活用法は?

効果的といわれるコラーゲンペプチドの目安摂取量は、骨や関節には1日10g(10,000mg)、肌には1日5g(5,000mg)といわれています。しかし、食品に含まれているコラーゲンペプチドはごくわずか。すべてを食事から摂取するのは難しいです。

そこで、コラーゲンペプチドを摂るには、サプリメントやコラーゲンドリンクがおすすめです。ただし、コラーゲンペプチドが弾力を保てるのは1日程ですので、毎日コンスタントに補給するのがよいでしょう。といっても、過度な効果を期待することは禁物です。

また、多くのメーカーからさまざまなコラーゲンドリンクが登場しています。品質や吸収率などを追求しているもの、飲みやすさなど、それぞれの商品の内容をじっくり吟味した上でご自身に合うものを選びましょう。

⒉そもそもコラーゲンとはどのような効果があるのか?

⒉1コラーゲンは本当に効果があるのか?

まず、コラーゲンは本当に効果があるのでしょうか?
コラーゲンを取っても腸でアミノ酸に分解されてしまい、お肌への効果はないというように言われたりします。実際のところはどうなのでしょうか?

実は近年、コラーゲンの効果については学術研究が進みコラーゲンには肌のコラーゲンを増やす効果があるということがわかってきました。学術研究としてお肌や骨、髪の毛へのコラーゲンの有効性が認められてきています。コラーゲンの効果はないという人は学術発表がまだなかった2009年より前の情報をもとに判断されています。

⒉2コラーゲンの効果はプロリルヒドリキシプロリンにあった!?

ではどのようにしてコラーゲンは効果を発揮するのでしょうか。今までアミノ酸にまで分解されてしまってコラーゲンを取っても意味がないと言われていましたが、コラーゲンはアミノ酸にまで分解されずに腸からペプチドの状態で吸収されることが分かってきました。

ペプチドとはアミノ酸が数個つながったもので、単体のアミノ酸にはない機能が注目されています。コラーゲンに含まれているペプチドで機能があるとされているのはプロリルヒドリキシプロリン(以下Pro-Hyp)です。

このPro-Hypは腸から吸収されても血流に乗って4時間は体内に留まり、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞にシグナルを送っていることがわかっています。Pro-Hypが何らかのシグナルを繊維芽細胞に送り、繊維芽細胞が活性化することでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が作られるという仕組みです。

普通のペプチドは血流に乗ってもすぐに酵素の分解が始まってしまいますが、Pro-Hypは分解されにくい構造をしているので長く体内に留まることができるのです。Pro-Hypはコラーゲンにしか含まれていない特別なペプチドです。

⒉3コラーゲンで効果が得られる4分類

では実際にコラーゲンを飲むとどのような効果を実感するのでしょうか。その効果をまとめてみると、4つのグループに分類されることがわかります。

・皮脂が分泌される、潤いが保たれるようになる
・真皮にコラーゲンが増える
・キメが整う
・皮膚以外のところでの効果

⒊コラーゲンドリンクの選び方

実際コラーゲンドリンクを選ぶときは、何を基準にしたらよいのでしょうか?同じコラーゲンなのだから、働きはどれも同じでは?と思ってしまっている方もいるかもしれません。でも実は、各社から発売されているコラーゲンドリンクはそれぞれ個性豊かな特徴があります。うまく特徴を把握して自分にあったドリンク選べるようになりましょう!

⒊1商品あたりのコラーゲン配合量で選ぶ

まず注目したいのが商品あたりのコラーゲン配合量です。販売されている主なコラーゲン商品を比較してみると、1日目安量あたり、大体5,000mg前後の配合が平均的なようですので、商品選びの参考にすると良いでしょう。

⒊2コラーゲンの種類で選ぶ

コラーゲンはそのままでは身体に吸収されにくいといわれています。コラーゲンペプチドもしくは低分子コラーゲンは、コラーゲンの分子をさらに小さく分解して製法されているため、よりスムーズに体に取り入れることができるのです。

また、一般的に動物性コラーゲンよりも海洋性コラーゲンの方が分子レベルが小さく身体に吸収されやすいと言われています。ただ、動物性コラーゲンであっても、前述したようにコラーゲンの吸収が良くなるように分子を細かく製法している商品が多いため、一概に海洋性コラーゲンのほうが勝っているということではありません。やみくもに海洋性コラーゲンのドリンクを選べばいいというわけではないのでご注意くださいね。

⒊3コラーゲン以外の美容サポート成分で選ぶ

コラーゲンドリンクにはビタミンCやセラミドなどの美容サポート成分が配合されているものがほとんどです。特にビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートする栄養素と考えられており、一緒に摂取するとより良いでしょう。ビタミンCは過剰摂取した場合は尿から排泄されるため、一般的には取りすぎの心配はありません。普段から野菜や果物など食事で補うことも忘れずに行うとよいでしょう。

他にも、エイジングケア(年齢に応じたケアのこと)に向いているプラセンタやローヤルゼリー、女性らしさをサポートする大豆イソフラボンや、その他様々な和漢植物エキスなど、美容に嬉しい成分を配合した製品が出ています。ドリンクによって様々な特徴がありますので、その時々の状態をみながら美容サポート成分を選ぶのがおすすめです。

⒊4継続のしやすさで選ぶ

コラーゲンドリンクは一度にたくさん飲むことよりも、適度な量を毎日続けることが最も大切です。そのためには、コスパがよいことはとても重要な要素ですよね。他にも、味が好み、量が好み、など嗜好も参考にすると続けやすそうです。

単品購入で味を試してから、続けられそうだと思えば各社が用意している定期購入を検討してみるのがお得です。商品あたりの単価がぐっと下がりますので、迷ったら定期購入価格の単価で比較してみましょう。

⒋おすすめのコラーゲンドリンクを紹介

⒋1アスタリフト ピュアコラーゲン10,000

ランキング常連!コラーゲンがぎゅっと凝縮された一本

様々なランキングの常連のこの商品、低分子コラーゲンを10,000mg配合しています。疲労回復や新陳代謝の向上効果があるとされるオルニチンや、ビタミンCなど美容サポート成分もしっかり配合されています。1本あたりのドリンクの量も他の商品と比べると少なめですがコラーゲン配合量は10,000mgを超えているため、コラーゲンの凝縮率でいえばトップに入る商品。

コラーゲンドリンクのトロッとした感じが苦手でたくさん飲みたくはないけれど効果は欲しいという方におすすめです。

⒋2DHC コラーゲンビューティ12000EX

コラーゲンドリンクといえばこれ!肌の調子を整えたい方におすすめ

1本に12,000㎎の魚由来コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)を配合しています。肌の保湿力を高めるプレヒアルロン酸や、コラーゲン生成時に必要となるビタミンCやビタミンB類が配合されているため、うるうるプルプルの肌が期待できます。トロピカルフルーツ味なので夏にもぴったり。

コラーゲンドリンクといえばこれ、というロングセラー商品といっても過言ではないので、最近ずっと肌の調子が悪くて何か解決策がほしいという方に特におすすめです。

⒋3マードゥレクス コラーゲン20000プラス

ダントツのコラーゲン含有量!ここぞというときの一本

なんといっても1本につき20,500㎎というダントツの含有量を誇るこのコラーゲンドリンク。「名水百選」に選出された、広島県太田川の地下汲みあげ天然水がベースとして使用されています。1日~2日に1本の摂取が目安となっていることからも、いかに製品あたりのコラーゲン配合量が多いかがうかがえます。

まずは飲んですぐに効果が出るか見てみたい!明日は大事なデートや会議がある!という方におすすめの商品です。

⒌コラーゲンドリンクのデメリット

⒌1コラーゲンドリンクのデメリットについて

最近は、コラーゲンドリンクを飲む人が、とても多くなってきました。コラーゲンドリンクのメリットとは、何と言っても手軽にコラーゲンや肌に欠かせない美容成分を摂取できるところです。ただ何でもそうですが、メリットがあればデメリットもあります。

ここでは、コラーゲンドリンクのデメリットについて、見ていきましょう。コラーゲンドリンクのメリットとして、コラーゲンドリンクはとても飲みやすくなっています。そのため、コラーゲンドリンクをついつい飲み過ぎてしまいやすくなることが、デメリットと言えるかもしれません。

コラーゲンドリンクの過剰摂取を続けてしまうと、代謝や解毒の働きをしてくれる肝臓に大きな負担がかかってしまい、肝臓の機能が低下していきます。また、急激にコラーゲンが増加してしまったために、肌に吹き出物などができてしまう場合があります。

ただこれらは、コラーゲンドリンクの摂取量を守っていれば、問題はないレベルの話です。
その他のコラーゲンドリンクのデメリットとして、コラーゲンドリンクは、粒状のコラーゲンサプリメントと比べると割高な場合があります。

ただこれは、原料の種類や安全性、吸収性の違い、一緒に配合されている美容成分の種類や量などによって異なりますので、一概には「コラーゲンドリンクは高い」と言えないかもしれません。コラーゲンドリンクの価格は、だいたい200円~300円前後で販売されているものが多く、性質が高いものであれば一本430円前後といったように値段が高くなります。

これを毎日続けるとなると、経済的負担が大きくなりますので、長期間継続するのが難しくなってきてしまいます。
コラーゲンドリンクは、品質を保つために瓶容器に入っている場合が多いです。

瓶の場合は、つぶして捨てるというわけにもいきませんし、旅行などで持ち歩きたい場合は、瓶容器が割れる心配があります。
また、せっかくコラーゲンドリンクを購入しても、味や臭いが自分に合わなかったり、飲み続けても効果がないと感じてしまい途中でやめてしまう人もいるようです。

ただ、コラーゲンドリンクの効果は、人の体質をはじめとした様々な要因によって違ってきますので、仕方のないことです。すぐ効果を感じる人もいれば、時間がかかってから効果を感じる人がいます。その効果の感じ方も、人それぞれが違います。

ですから、個々の味の好みや効果の感じ方の違いにより、コラーゲンドリンクのデメリットとして考えられてしまう場合もあるようです。何事にもメリットとデメリットがありますが、コラーゲンドリンクにも、今までご紹介したように、考え方によってはデメリットになる部分もあります。それを理解したうえで、自分にあったコラーゲンドリンクを見つけることが大事です。

⒍まとめ

コラーゲンドリンクがここまですぐれたものだということを知らなかった人も多いと思います。今回ご紹介したコラーゲンドリンクの商品を是非ともお試しいただきその効果を肌で感じていただけたらと思います。

最後に、この記事が少しでも読者の方のためになりましたら幸いです。

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です