長年気になっていた便秘に終止符を打ちたくありませんか?

今回は、便秘にお悩みの方に朗報です。ここでご紹介しますはその便秘に効果絶大と言われている「キャンドルブッシュ」のご紹介と、便秘の原因について詳しく解説しています。是非とも、参考にしていただき今後に生かして頂けたら幸いです。

⒈なぜ便秘になるのか?

⒈1女性に多い便秘

調査によると、便秘で悩んでいる女性は48%、2人に1人の割合だそうです。ところで、便秘にはさまざまな種類があることをご存じでしょうか。朝なかなか起きられずトイレに行く時間がないため、平日は出さずに、週末に下剤を飲んで一週間まとめ出しをする「週末トイレ症候群」。ストレスのため便秘になり、1日に浣腸を5、6回使わないと出ないほどの「ストレス性便秘」。

ダイエットしすぎの便秘、ウンチのもとにならないパンやお菓子などしか食べず、出すものがない便秘、子供たちにも4~5日に1度、ウンチをちびちび漏らす遺糞症といわれる便秘が多くなってきています。こうした便秘は、腸年齢の老化の端的な症状なのです。

⒈2なぜ女性に便秘が多いか?

便秘になると、吹き出物が出やすく、顔色も黒ずんでつやがありません。便が滞ると、大腸内の悪玉菌が有害物質を産生し、それが大腸壁から吸収されて全身の血中にめぐります。その結果、皮膚に常在する菌の活性を高めてしまうのです。また、大腸内にガスがたまり有害物質ができて体に悪い影響を与えるとともに、ますます、便秘がひどくなるという悪循環に陥るようにもなります。

とりわけ女性の場合、中学・高校のころから、朝食抜きや、ミニスカートで体を冷やしていると、当然、便意をもよおさなくなります。また「恥ずかしくてトイレに行けない」「行くと馬鹿にされる」という社会的な側面も、排便を我慢させる一因となっています。さらに、運動不足。若い人ほど運動不足で、腹筋・背筋が弱く、ウンチを排出する力がないのが現状です。食事をしても、出す力を持たないとウンチは出ないのです。

⒈3便秘薬に頼りすぎるのはダメ!?

便秘薬は大腸の水の吸収を阻害し、水分含量を十分に維持して便を出させます。いわゆる下痢状態を作ることで、腸管運動を活発化させるのです。また、運動不足や老化で腸管のぜん動運動が弱くなり、ウンチを押し出すことができない人を対象にした腸管に刺激を与える薬もあります。この種の便秘薬は、神経系統にも働くため、飲み続けると麻痺して効かなくなってきます。そうすると、ますます強い薬を飲み、腸管の運動を低下させてしまうことになります。

便秘薬には即効性がありますが、薬によって便秘を解消させる選択は、大きな誤りといえます。食生活で自分の便秘を解消する、あるいは、少しは軽減させる努力をしないと、便秘を促進する結果となります。便秘薬や便秘予防薬に慣れてしまうと、便秘はますますひどくなり、薬が効かなくなることを知ってください。

⒉キャンドルブッシュとは?

⒉1キャンドルブッシュの便秘解消効果

便秘解消に注目されているのが「キャンドルブッシュ」という薬草。頑固な便秘にも比較的ゆるやかに効くということですが、最近ではお茶やサプリメントに使用されています。別名がいくつかありますので、今飲んでいるダイエット茶の成分は、キャンドルブッシュかも?!ここでは、キャンドルブッシュの便秘解消・ダイエット効果と副作用についてご紹介します。

1300年も前から使用されてきた民間薬

キャンドルブッシュは、インドネシアやマレーシアなど熱帯地方に自生する植物です。現地では1300年も前から日常的に、便秘や皮膚病の薬として使用されてきました。日本では、厚生労働省の「食薬区分」で、「食品」として登録されています。

食物繊維が豊富!ポリフェノールも含まれる

キャンドルブッシュは別名、

・ゴールデンキャンドル
・カッシア・アラタ
・クリスマスキャンドル
・ハネセンナ

とも呼ばれます。食物繊維がキャベツの約12倍、ごぼうの6倍も含まれています。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールも含まれるため、自然なお通じに近い作用をもたらすとされています。とくに「クリソフェノール」というポリフェノールは、下剤作用があるので、便秘解消に効果があります。摂取のしすぎはお腹をくだすので注意が必要です。

キャンドルブッシュのダイエット効果って?

キャンドルブッシュに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。副次効果として高血圧や生活習慣病の予防につながることにはなりますが、脂肪を燃焼させる直接の効果などはありません。「ダイエット茶」としてキャンドルブッシュを主成分に市販されているものは、便通を良くしてダイエットにつなげるもの、と考えたほうがよさそうです。

⒉2副作用はあるのか?

もはや副作用というのが適切かどうかわかりませんが、便秘を解消する作用がありますので、当然腹痛を伴うことが多いです。
ただ、量や飲む頻度を間違えなければ悩みの種である便秘から救われるわけですから、もしもしつこい便秘に苦しんでいるのであれば、選択肢の一つとして検討する価値はあるでしょう。

ある調査によると、「ダイエット茶」として販売されているキャンドルブッシュ製品は、効果が強すぎることが多いようです。お茶というのはキャンドルブッシュがそのまま入っているので、よりダイレクトに作用してしまいます。キャンドルブッシュを過剰摂取することで、自力での排便が難しくなることもあるようなので、頼りすぎないように、賢く利用する必要があります。

⒊便秘にならないためには?

⒊1健康的な生活習慣が大事

軽めであろうが頑固であろうが、便秘を解消させる基本は同じです。「食事療法」と「生活習慣の改善」により、「腸内環境を整えること」以外にありません。

食事療法による改善
腸内環境を整えるためには、まず便のもととなる食事を見直すことが大切です。以下に、意識したい食生活についてまとめました。

・水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂る。
・善玉菌を増やすよう、発酵食品、ビフィズス菌などの乳酸菌、オリゴ糖などを積極的に摂る。
・便が出やすくなるよう、量をしっかり食べて便のかさを増やす。
・腸は朝に動きが活発になるので、朝食を抜かない。
・便を柔らかくするために、毎日2リットルを目安とした水分を摂る。

生活習慣の改善
ストレスや不規則な生活も、腸内環境を悪化させる要因となります。以下のようなことに気をつけて生活しましょう。

・十分な睡眠をとる。
・好きなことを楽しんでストレスを解消するよう心がける。
・腹部に刺激を与える筋トレやストレッチなどを習慣化する。
・マッサージや半身浴などを行い、冷えを防いで血流を促進する。
・便秘に効果的なツボを刺激する

時間はかかりますが、以上のことを続けるうちに少しずつ便秘は解消されていきます。ただし、お通じがなくてつらい場合や、自然に出るまで待てないほど苦しい場合は、下剤や浣腸の力を借りて排便させるのも選択肢のひとつです。下剤は依存性が高いものなので、できれば浣腸を使用することをおすすめします。直腸に直接刺激を与えるので即効性があり、頑固な便秘にもよく効きます。

⒊2長期間の便秘は要注意

学会によって違いがありますが、日本消化器学会のウェブサイトでは、便秘を排便の回数が減ることとしています。加えて排便の回数については、1日 2〜3回の人から2〜3日に1回位の幅からはずれている場合は一応異常かもしれないと考えますが、1日3〜4回でもあるいは3〜4日 に1回でもそれが長年の排便習慣で、全く苦痛がなければ便秘と考えなくてもよいとしています。

では、慢性的な便秘とはどのような状態を指すのでしょうか? 明確な定義はありませんが、排便が週2回以下で3か月以上続く状態を「慢性便秘」と呼ぶことが多いようです。たかが便秘と思っている方も多いかもしれませんが、便秘は大腸がんなどの重大な病気のサインであることがあります。

1週間以上出ない、排便時に痛みや違和感がある、おなかが張る、便やおならが異様にくさい、などの症状がある場合は、放っておかずに医師の診断を仰ぐようにしましょう。

その肌荒れや体調不良は便秘と関係があるかも?

肌荒れ
近年では、便秘と肌荒れの関係性への注目が高まっています。便秘の解消は肌荒れの改善に繋がりますし、便秘が長期化すればその分肌の状態も悪化していきます。だからこそ、腸内環境を整えることが大切です。

腰痛
腰と腸は近い位置にあるため、腰痛と便秘は密接な関係にあります。便秘が思わぬ病気の症状として現れる場合もあれば、生活習慣など同じ原因で腰痛と便秘が発生している場合もあります。

胃痛
「胃腸」と一括りにして呼ばれることも多くあるとおり、胃と腸は密接な関係にあります。体調やストレスによって、機能が低下してしまうという意味でもよく似た器官であるため、胃痛と便秘が同時に起きている場合、根本的な原因が同じだとういことは少なくありません。

偏頭痛
偏頭痛は、頭の片側半分にだけ起こる周期性のある頭痛です。脈打つような痛みを覚えたり、吐き気やめまいをともなったり、耳鳴りがしたり…と、その症状は非常につらいものです。一方で、自律神経の乱れは便秘を引き起こす原因の1つでもあり、便秘と偏頭痛が自律神経の乱れによって発生している場合は、自律神経を整えることでいずれも解決できます。

⒊3便秘の種類

便秘」と一口にいっても、その原因や症状、対処法は多種多様です。生活習慣の乱れに起因するものから、命に関わる重大な病気が潜んでいるものまでがあるので、「たかが便秘」と勝手な判断で対処するのは危険をともないます。便秘対策や受信の前に、便秘の種類とそれぞれの特徴を知っておきましょう。

便秘は、まず腸管機能の異常による機能性便秘と、腸管の疾病による便秘器質性便秘の2種類に大別することができ、さらに機能性便秘は弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘の3つに分類することができます[2]。

弛緩性(しかんせい)便秘
弛緩性(しかんせい)便秘はもっとも代表的な便秘で、大腸の筋肉のゆるみが直接的な原因です。便を押し出す力が足りずに便秘状態となるもので、女性や高齢者によく見られます。

痙攣(けいれん)性便秘
痙攣(けいれん)性便秘はストレスに起因することの多い便秘で、自律神経の乱れから大腸が正常に働かなくなり、便を押し出すための運動が激しくなりすぎて、痙攣したような状態となるものです。便秘と下痢を交互にくりかえすのが代表的な症状です。ほか、強烈な下腹部痛も痙攣性便秘の特徴です。

直腸性(習慣性)便秘
直腸の神経が鈍くなったために便意を感じにくくなり、大腸の蠕動運動が起こらないことから便秘になるタイプです。便意を我慢したり、高齢者や病気などで全身が衰弱している人、浣腸をくり返している人が起こりやすくなります。

器質性(きしつせい)便秘
器質性便秘は、腸や胃、肛門といったほかの器官の疾患に由来する便秘です。機能性便秘のような生活習慣によるものではないため、長期化すると命に危険がおよぶ場合もあります。

症状は、原因となっている病気によって異なりますが、便秘に伴って血便や嘔吐、激烈な腹痛などが発生します。これらの症状が見られる場合には、一刻も早く病院へ行って診察してもらう必要があります。

⒊4慢性便秘と急性便秘

便秘を期間の長さで分類すると、旅行や病気等で起こる一過性の急性便秘と、1か月以上続く慢性便秘に分けられます。

慢性便秘
単に「便秘」といった場合は、この慢性便秘のことを指すのが普通です。医学的に厳密な定義はありませんが、排便が週2回以下で3か月以上続く状態が、慢性便秘だとされます。一般的に「便秘」というと慢性便秘のことで、さらに慢性便秘は基本的に機能性便秘のことを指します。

急性便秘
急性便秘は一過性便秘とも呼ばれ、旅行や生活環境の変化などでごく短期間だけ便秘の症状が現れます。便秘の原因が他の疾患の場合、器質性便秘のことを指します。

⒋まとめ

最後の方でもご紹介しましたが、便秘には必ず原因があります。しっかりと、普段から生活習慣を見直してバランスの良い食事と適度な運動を心がけていれば、かかることもありません。しかし、なってしまったものはどうしようもありませんので、今回ご紹介した「キャンドルブッシュ」などを活用して、改善して行くようにしてくださいね。

関連商品


ビスリム

キャンドルブッシュ・希少糖入りのダイエットティー。
ホットでもアイスでも。
※飲みすぎ注意

2,980円


【効果ヤバ過ぎ】現役歯科医からクレーム殺到!!自宅でできるスウェーデン生まれのコスパ最強本格ホワイトニング【PR】

飲むとどんどん脂肪が…!? どれだけ食べてもカロリーを “0” にするデトックティーって?【PR】

【ズボラ女子必見!】ダイエットが続かない人でもスーパーフードスムージーで痩せると話題に!?【PR】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です