キウイが美容やダイエットに効果的だと皆さんは、ご存知でしょうか?

今回は、その知られざるキウイの効果やキウイでのダイエット方法について詳しく解説していきます。フルーツで美味しくダイエットできるなんて夢のような方法ですよね。是非ともご一読いただきこれからのダイエット生活に取り入れてみてほしい方法です。

⒈キウイの持つ栄養と効果について

⒈1キウイの原産地とは?

キウイの原産地と聞くと、暖かい気候の地域を思い浮かべませんか?しかし、意外にも中国が原産地なんです!中国国内でもキウイの存在は知られていましたが、蔡培はされていませんでした。中国でキウイの存在を知ったニュージーランドの女性が種子を持ち帰り、次第に品種改良がされる中で、現在のようなキウイが出来上がったと言われています。

⒈2豊富な栄養素

海外、さらに日本でも栽培されているキウイには多くの種類がありますが、スーパーなどでよく見かける

・グリーンキウイ(ヘイワード)
・ゴールドキウイ

こちらの二種類が代表的なものです。

グリーンキウイ(ヘイワード)
果肉が黄緑色のものです。甘さと酸味を持ち合わせており、食物繊維が豊富です。ヘイワードとも呼ばれます。

ゴールドキウイ
果肉が黄色のものです。甘味成分が強く、果肉が黄緑色のものより甘いことで知られています。また、ビタミンCが豊富です。

⒈3キウイの長所を生かした活用法

キウイには豊富な栄養素が詰まっているとご紹介しましたが、それでは一体どんな成分が含まれているのでしょうか。また、グリーンキウイとゴールドキウイでは成分の含有量が異なっているため、効果を得たい栄養素別にどちらのキウイを食べたら良いか調べてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

美肌を作るビタミンC

キウイを語る上で外せないビタミンC。ビタミンCは美肌を作る上で欠かせない成分です。メラニン色素が出来るのを抑えるので、シミ、そばかす、に効果的で、肌を美白へと導いてくれます。さらにこのビタミンC、美容面だけでなく、健康面でも優秀な栄養素です。

・細菌
・ウイルス

などが侵入したときに対抗する力を持っています。風邪を引いた時にビタミンCを摂った方が良いというのはビタミンCの持つ対抗力が優れているからなのです。その力は風邪を引いてしまった時だけでなく、風邪予防としても効果的。日頃からビタミンCを摂っていれば風邪を引くことも少なくなりますよ。また、体を老化させる活性酸素を排除する働きを持つのもこのビタミンC。このように良いことづくめの栄養素なんです。

美容・健康面で大変効果のあるビタミンCですが、加熱に弱く、失われやすい成分でもあるため、毎日生の果物や野菜から摂取する必要があります。ゴールドキウイ一個に含まれるビタミンCの量をレモンに置き換えると8個分と言われています。そのため、ゴールドキウイを一個食べるだけで一日分のビタミンCが簡単に摂れてしまうんです!

同じキウイでもグリーンキウイとゴールドキウイではビタミンCの含有量が違います。ゴールドキウイの方がビタミンCを多く含んでいるため、ビタミンCの効果を得るならゴールドキウイを食べた方がより効果を得られるのです。

アンチエイジング効果のビタミンE

「若返りのビタミン」との名前を持つお馴染みのビタミンE。キウイにはビタミンEも含まれています。老化を防ぎ若々しさを保ってくれます。その効果は肌に、ハリ、ツヤ、を出してくれるのももちろんですが、生活習慣病予防としても!血管が老化をしてしまうと動脈硬化の原因となり、それに伴って様々な病気が引き起こされる可能性があるのですが、ビタミンEは血管の老化防止に努めるため動脈硬化になる危険性が低くなります。

血管の若さを保つことで動脈硬化を防ぎ、様々な病気から体を守ってくれます。ビタミンEを摂りたいならゴールドキウイ!よりビタミンEの効果を得ることが出来ますよ。

デトックス、整腸作用の食物繊維

便通を良くし、デトックス効果を得られる食物繊維。一日の目安を野菜等で摂取出来れば良いのですが、現代のような欧米化の食生活では充分に摂ることが出来ないのが現状です。

そんな時に野菜以外のものでいかに補えるか、そこが重要になってきます。グリーンキウイ一個に含まれる食物繊維の量は約3g。これはバナナ3本分と同じ食物繊維の量なのです。さらにキウイの食物繊維は、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維、の両方が同時に摂れるので一個でダブルの効果が得られるというわけです。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維のことで、腸などで水分を吸収し大きくなるので、腸内のお掃除をしてくれる役割を持っています。そのため、デトックス効果を狙うなら欠かせない成分と言えます。それに対し、水溶性食物繊維とは水に溶ける食物繊維のことを指します。血糖値が急に上がるのを防ぐほか、余分な脂肪を体の外へと排出する働きがあります。

また、整腸作用もあるため、不溶性食物繊維と同じく便秘解消に効果を発揮してくれます。便秘が解消されれば、肌荒れも改善されるので美肌へと近付きます。不溶性食物繊維の持つデトックス効果と水溶性食物繊維の持つダイエット効果が体の中からキレイにしてくれますよ。食物繊維をたっぷり摂りたい!という方におススメなのがグリーンキウイです。

ゴールドキウイより食物繊維を多く含んでおり、その量は3.0g。ゴールドキウイは1.4gほどなので、なんと倍の食物繊維が摂れます。なので、食物繊維の効果を得たい時にはグリーンキウイを食べることをおススメします!

⒉朝キウイダイエットとは?

⒉1朝キウイダイエットについて

ダイエットの方法としてここ最近注目されてきているのが、朝キウイダイエットになります。このダイエット方法は一時期とても人気になっていた朝バナナダイエットと同じ方法でとても簡単にできるダイエットです。実は朝バナナダイエットよりも朝キウイダイエットのほうが優れている部分があるのでオススメになります。

バナナとキウイを比較すると、バナナは100gで86キロカロリーとなるのですが、キウイは100gで53キロカロリーになります。カロリー自体が低くなっているので、多く食べたとした場合バナナよりも太りにくくなってくれています。食物繊維もキウイのほうがかなり多く、これが満腹感を与えてくれるので少ない量でも満足できます。

朝キウイダイエットもバナナもそうですが、水を飲むことによって食物繊維をふくらませて満腹感を得るようにしています。食物繊維が多ければ多いほどそれだけ膨らむ量が多くなりますので、より満腹感が得られるようになります。そしてビタミンCなど栄養になる部分がかなり多くなっているためバナナよりもキウイのほうがダイエットに向いています。

朝キウイダイエット方法は非常に簡単で、朝食事をするのではなくキウイと水を飲むようにするだけでいいです。とても簡単なので試してみるのがオススメになります。ただこれだけは即効性があるわけでないので、その他にも運動などをしてダイエットしていくことが必要です。

⒉2驚きの効果!

朝キウイダイエットは朝バナナダイエットと同様でダイエット効果が期待できるようになっています。ただ気になってくるのが、なぜ朝にキウイを食べるとダイエットが出来るのかになります。ではなぜ朝にキウイを食べるとダイエットすることができるのでしょうか。

朝キウイダイエットですが、これをするだけでしっかりと痩せてくれる効果があるわけではありません。どのような効果があるかというと、便秘解消をしてくれるのと食生活リズムを整えてくれる効果になります。

便秘をしているだけで太る要素が増えてそして肌にもよくありません。キウイには食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消することが出来、結果として太る要素を減らしてくれます。そしてダイエットをしていると食事量を減らしたりするのですが、これがダイエットで成功しない理由の一つです。3食食べることが非常に重要で、偏るだけでも体重が減らなかったりリバウンドをしてしまいます。

キウイを食べておくだけで、キウイに含まれている栄養を摂取でき、そして3食食べられるきっかけになってきますので、食生活リズムが取りやすくなります。朝キウイだけでしっかりと痩せるわけではなく即効性があるわけではないのですが、ダイエットの補助としてはかなりいい方法です。

⒉3やり方とは?

ダイエットの方法としてとても簡単としているのが朝キウイダイエットになります。朝キウイを食べるだけでいいと思っている人がいらっしゃるのですが、実はとても大事なことをしていないとあまり意味がありません。その大事なこととしているのが、水を飲むことです。

朝キウイダイエットは、少ない量で満腹感を得られるようにすることが非常に重要となってきています。キウイ1つや2つだけでは当然満腹感を得ることが出来ないのですが、水を飲むことによって満腹感を得られるようになります。なぜ満腹感が得られるのかというと、水が食物繊維をふくらませるようにするからです。食物繊維は水分を含むことによって膨らんでくるようになっています。

この現象を利用して少ない量で満腹感を得られるようにするのが朝キウイダイエットの重要な部分です。なので絶対にキウイを食べたら水分を飲むようにするのが必要になります。

朝キウイダイエットですが、とても簡単としているけれども、飽きてしまう欠点がどうしてもあります。そこで朝バナナダイエットと朝キウイダイエットを交互にしてダイエットしていくのがオススメになります。さらにこのダイエット方法は即効性がほとんどありませんので、気長に続けていくのが大事になります。

⒊ダイエット中の食事に関して解説!

⒊1食事タイミング

一度に摂るカロリーは少なくても、常に口の中に食べ物がある状態(ダラダラ食べ)をしていませんか? あるいは、毎食の時間がバラバラで、時には夜遅くに食事をすることがあるという方はいないでしょうか?「何を食べたら痩せるか、太るか」とあわせて、食事の時間も重要なポイントになります。

特に「夕食」は、就寝中に消費できなかったカロリーがそのまま脂肪として蓄積されやすくなります。そのため、一日のうちで夜の食事量を控えめにする人も多いはず。でも実は、無理なく上手に痩せるには、摂取カロリーを抑えるだけではなく“夕食の時間”も重要です。

夕食の時間を設定する際、前日の夕食~朝食までの時間が空くほどいいとされています。夕食の時間が遅いと体内時計が乱れるという実験結果もあるそう。夕食は、遅くても朝食から14時間以内に終えるよう習慣づけを。たとえば、朝7時に朝食を摂ったら、夕食は12時間後の19時が理想です。

⒊2何が原因で太ったか?を知ること

ダイエットトレーナーの小山圭介さんによると「自分の何が原因で太ってしまったのか」という分析も大切だとか。それはつまり、間違っているかもしれないダイエット習慣から脱する絶好の機会!まずは1週間、一日の食事メニューをメモしてみてもいいかもしれません。

食事に原因が見当たらないという人は、もしかしたら「睡眠不足」が原因になっている場合も。睡眠不足はストレスを招き、それにより食事量が増えて運動量が減る。結果、太りやすくなる……と科学的にも実証済みです。理想は7時間ですが、最低でも6時間は睡眠をとるように心がけましょう。

ちなみに、これを読んでいるアラサー女子のみなさん。ストレスや運動不足の影響で、大人の体は“脂肪をためこみやすく”なっています。「痩せたいから」と食事を抜けば体重は一時的に落ちますが、食べ始めるとすぐに元通り。そればかりか、食べないことで体が飢餓状態になり、さらに脂肪をためこみやすくなります。アラサーになったら「食べなくても痩せない」という心得もお忘れなく!

⒊3太りにくい食べ方とは?

生きていくために食べることは必要不可欠です。食べないわけにはいきませんので、上手な食べ方を覚えておくのもダイエットの近道になります。痩せたいなら21時以降はなるべく食べないようにしたほうがいいのですが、管理栄養士・鶴田麻里子先生いわく、21時以降に食べても太らないルールがあるそうです。

【21時以降に食べても太らない6つのルール】
・冷たい食事ではなく、火を通した温かい物を
・海藻や貝類が入った食事で新陳代謝アップを促す
・夜型タイプほど、たんぱく質を積極的に摂取
・ヨーグルトはドライフルーツを足し、温かい飲み物と
・揚げ物なら、カキフライかエビフライを
・ガッツリ系なら、エビチリかロールキャベツがおすすめ

食事が遅くなるのが事前に分かっていれば、小腹の空く18時ぐらいに、炭水化物だけを前倒しして食べておくと、寝るまでにきちんと消化されます。とはいえ、どんな炭水化物でもいいわけではありません。シンプルな具材のおにぎりや納豆巻き、野菜たっぷりのサンドイッチを選ぶようにして、菓子パンは絶対に避けること。

⒋まとめ

ダイエットに効果的なフルーツの一つとして今回は、キウイをあげてみましたがいかがでしたでしょうか。ここで解説したことをご参考にしていただき、これからのダイエットに是非とも取り入れていただけたら幸いです。

関連商品


ビュースムージー キウイ味

スーパーフード配合の腹持ちの良いスムージー。
低カロリーなのもうれしいところ。
毎朝キウイを食べるのは難しい!という方もスムージーならラクラク摂取出来ます。

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

どんな人でも劇的に痩せすぎるサプリがSNSで大流行!!たった18日で-10キロ⁈短期集中ダイエット☆【PR】

コブラが脂肪を食い尽くす!?ヘビのようなスリムボディをゲットできるダイエットサプリとは?【PR】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です