みなさんはレクチンフリーダイエットをご存知でしょうか?2018年話題になると評判のダイエット方法です。ただこのレクチンフリーダイエットはまだほとんど日本では浸透していないダイエット方法なので、ご存知でない方も多いと思います。

グルテンフリーダイエットが日本のダイエットの基本になりつつある中、新たに日本にやってきたレクチンフリーダイエットは一体どんなダイエット方法なのか?詳しく解説させていただきます。

またレクチンフリーダイエットで期待できる効果、レクチンフリーダイエットのやり方も合わせてご紹介しますので、是非一度試してみませんか?

何をしても痩せることができなかった方におすすめしたいレクチンフリーダイエットを始めてみましょう!

レクチンフリーダイエットをはじめよう!

今話題のレクチンフリーダイエット!

数多くのダイエット方法を試したけど、いまいちピンとくるダイエット方法がないという方もおおくいらっしゃるのではないでしょうか?実際どのダイエット方法が効果あるか分からないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にも知っておいてほしいダイエット方法があります。それがレクチンフリーダイエットです。まだまだ日本には浸透していないダイエット方法なので、知らなくて当然ただ2018年、レクチンフリーダイエットを耳にすることは間違いありません。

今注目を集めているダイエット方法レクチンフリーダイエットは一体どんなダイエット方法なのか?そもそもレクチンとはなんなのか?詳しく確認してみましょう。やり方から注意点も合わせてご紹介させていただきます。

レクチンフリーダイエットを詳しく知って試してみることをおすすめします!

レクチンフリーダイエットって何?

全米の注目を集めた評判の高いダイエット!

2018年注目されているダイエットの中でも極めて評判を集めているのがレクチンフリーダイエットです。と言われてもどんなダイエット方法か分からない方がほとんどだと思います。このレクチンフリーダイエットというのは、その名の通りレクチンを抜いて行うダイエット方法です。

近年大流行したグルテンフリーダイエットのように、これから始める方も多いと考えられるレクチンフリーダイエット。一体どんなダイエット方法なのでしょうか?

もともと全米で注目を集め、評判の高いダイエットとして知られているレクチンフリーダイエット。全米で流行ると当然日本にもその流行がやってきます。全米で評判が高いなら安心して行えるダイエットと捉えて、簡単にレクチンを抜けばいいのか!と考えた方もいらっしゃると思います。

ただレクチンって一体どんな成分なのかご存知ですか?

そもそもレクチンって何?

レクチンフリーダイエットはレクチンを抜くダイエットとお伝えしましたが、そもそもレクチンとはどんな成分なのでしょうか?

レクチンは栄養成分で、穀物や乳製品、ナス科の食物、豆類などに多く含まれている食物で、誰もが摂取している栄養成分です。しかしこのレクチンは消化が難しいことでも知られており、消化管にダメージを与えてしまうことがある栄養成分でもあります。

実際に人の健康に影響を及ぼすこともあるレクチン。一体レクチンはどんな健康に影響を及ぼすのでしょうか?確認してみましょう。

実はレクチンアレルギーの可能性がある

私たちが食している食材に多く含まれているレクチンですが、実は健康に影響を及ぼす場合もあるのです。例えば食後に疲労感が起きたり、膨満感が起きたりすることがあります。この症状、実はレクチンアレルギーと考えられています。

レクチンアレルギーは他にも様々な症状が起こる可能性があります。

・便秘や下痢
・頭痛
・睡眠障害
・皮膚炎
・湿疹
・リウマチ関節炎
・カンジダ症
・慢性疲労
etc…

これだけの症状が起きてしまう可能性があるレクチン。ただレクチンはいくつもの種類があり、その中のプロラミン、アグルチニンと呼ばれる2種類のレクチンが健康に影響を与えてると考えられています。

プロラミンは鳥や動物から守る役割を持つ栄養成分で、植物の種子に多く含まれています。このプロラミンはみなさんが知っているグルテンの一種で、消化が難しいため消化管に影響を与えてしまします。

アグルチニンは真菌の増殖を防ぐための役割を持つ栄養成分で、穀物の種皮に多く含まれています。

このレクチンたちを避けるためにも、レクチンフリーダイエットを行うことをおすすめします。

レクチンが含まれている食べ物を知ろう

上記でもお伝えしましたが、レクチンが含まれている食べ物はとても多くあります。

穀物や豆類をはじめ、ピーナッツやじゃがいも、乳製品にも多くレクチンが含まれています。さらにナスを始め、ピーマンやトマトにも含まれています。

そして牛肉や豚肉が食している穀物や豆類にレクチンが含まれていることもあり、含まれている可能性があります。

どの食材にもレクチンが含まれているじゃないか!と感じた方。確かにほとんどの食材にレクチンは含まれています。ただその中でも健康に影響を与えるレクチンを摂らなければ良いのです。そのやり方は後半で確認してみましょう。

まずはレクチンフリーダイエットの効果を確認してみましょう!

レクチンフリーダイエットの効果を知ろう!

レクチンフリーでダイエット効果が得られる!

レクチンフリーダイエットのことが少しわかったところで、一体どんな効果が得られるのか確認してみましょう。

まずは当然レクチンフリーダイエットを行うことで、ダイエット効果が得られる期待が持てます。ただレクチンをカットするだけで、どうしてダイエット効果が期待できるのでしょうか?

レクチンをカットすること、つまり穀物や乳製品の摂取を控えるようになるということです。そんな穀物や乳製品に含まれている糖質や脂質が、摂取しなくなることでダイエット効果につながります。

今までカットしてこなかった食物もカットすることで、これまでに行ってきたダイエット方法よりも効果が期待できることになります。

レクチンの摂取で出ていたアレルギー症状が抑えられる

そしてダイエット効果が期待できるだけでないのが、レクチンフリーダイエットの魅力です。上記でもお伝えした通り、レクチンの摂取をすることで様々なアレルギー症状が出てしまうことがあります。

そのためレクチンの摂取を控えることにより、アレルギー症状が自然と抑えられるようになるのです。どんなアレルギー症状が抑えられるのか確認してみましょう。

食後にだるくならなくなる

みなさんは食事をした後、それまで疲れていなかったのに、なぜかだるくなったりすることってありませんか?食事をすることがこんなにも疲れるのかと感じていた方、それはもしかしたらレクチンの摂取からくるアレルギー症状かもしれません。

そんなレクチンを摂取しなくなれば、食後にくるだるさが改善される可能性があります。日頃から食後の疲れに違和感を持っている方は是非レクチンフリーダイエットを行ってみてはいかがでしょうか?

膨満感がなくなる

いつもの食事の量程度しか食べていないのにもかかわらず、なぜか膨満感があるという方ももしかしたらレクチンの仕業かもしれません。レクチンのアレルギー症状のひとつに膨満感を感じるようになる症状があります。

食事をしてから膨満感がなくならないという方は、レクチンフリーダイエットを行うことで改善される可能性があります。膨満感が無くなれば、今よりも食事の後が楽になると思います。是非膨満感を感じる方はレクチンフリーダイエットを行って、症状が抑えられるか確認してみると良いでしょう。

便秘や下痢も改善される

食事によっては便秘や下痢に悩まされているという方もいらっしゃると思います。変なもの食べたかな?たくさん食べたからかな?なんてことを考えると思いますが、その症状もレクチンアレルギーの症状のひとつかもしれません。

レクチンを摂取することで便秘や下痢を引き起こす可能性もあるので、食後の便秘や下痢に悩まれされている方は、まずレクチンフリーダイエットを試しに行ってみることをおすすめします。もしレクチンフリーダイエットを始めて症状が抑えられるようであれば、レクチンアレルギーを引き起こしていたと考えられます。

皮膚の症状が緩和される

レクチンのせいで引き起こしているとわかりにくいのが皮膚の症状です。食物には様々なアレルギーを持っているので、どの食物で起きたアレルギー反応か分からないことが多くあります。ただその中の可能性としてレクチンアレルギーも疑った方が良いでしょう。

体がかゆい、湿疹が出るなど様々な症状が食事の後で度々出るようになったら、レクチンフリーダイエットを始めることをおすすめします。

頭痛も改善される

レクチンを摂取することで頭痛が起きることも考えられています。頭痛の原因も様々あるので、レクチンを摂取したこと原因とは考えにくく、原因が分からないまま放置していしまうことがあります。ただレクチンフリーダイエットを行うことでもしかしたら頭痛が改善されるかもしれません。

睡眠障害にも効果が期待できる

レクチンには睡眠障害を起こす可能性もあります。なんだか疲れているのに、眠気がやってこないという方はレクチンの摂取が原因の可能性が考えられます。

一度レクチンを断つことで睡眠障害にも効果が期待できるかもしれません。是非試してみてください。

レクチンフリーダイエットのやり方を確認しよう!

やり方はレクチンを含む食材を抜くだけ!

レクチンフリーダイエットのやり方はいったいどんなやり方なのでしょうか?そのやり方はとても簡単で、ただレクチンを含む食材は摂らないようにするだけです。

ただレクチンの中には人の健康に影響を与えない栄養成分もあるので、全く摂らないようにするのもあまりおすすめできません。

一度全てのレクチンが含む食材の摂取をやめて、そこから少しずつレクチンの摂取を始めましょう。食べても膨満感などが襲ってこないようであれば、健康に影響を与えないレクチンの摂取になるので、食べるように解禁していくことをおすすめします。

レクチンが含まない食材を選ぶ方が大変なので、是非このやり方をおすすめします。もちろん穀物や乳製品に含まれる糖類、脂質の摂取をカットしている効果もあるので、考えながら対応しましょう。

レクチンフリーダイエットはやり過ぎに注意!

素晴らしい効果に夢中になりすぎないように!

レクチンフリーダイエットをおすすめしてきましが、レクチンにも体の必要な栄養成分であることには違いありません。そのためレクチンを摂取しなさすぎるのも注意です。

レクチンをカットすることで素晴らしい効果が期待できますが、身体にも必要な分のレクチンだけは摂るようにしましょう。

レクチンのはたらきを確認しよう

人の健康に影響を与えるとお伝えしてきたレクチンですが、レクチンは身体に必要でもあります。レクチンはいったいどんなはたらきをするのか確認してみましょう。

レクチンは糖の複合体に作用して凝集し、沈殿させる活性を持っている栄養分で、有害な最近などの微生物にダメージを与えることで、体内に増殖させることを防いでくれる効果があります。

またレクチンの作用を受けた細胞は、それぞれ可溶性物質を作り出したり、免疫グロブリンを作ったり、細胞を分化させ免疫の機能を高めるはたらきも行われています。

つまり健康に影響を与えるレクチンもしっかりはたらきを持つ栄養成分だったのです。

ほどよくレクチンをカットしていこう!

レクチンをカットすることで様々な効果が期待できますが、過度なレクチンフリーダイエットはあまりおすすめできません。レクチンを全く摂らないことは、かなり厳しくもあるので是非自分の身体と相談してレクチンカットを行いましょう。

まとめ

レクチンフリーダイエットはいかがでしたか?ダイエット効果はもちろん、今まで気にもとめていなかった症状が、実はレクチンの影響だったかもしれないと知ることができましたね!またレクチンのはたらきもしっかりあることがわかりました。

まだまだ評判が揃わないほど、知らない方も多いダイエット方法でしたが、レクチンフリーダイエットは2018年間違いなく話題になるダイエット方法です。そんな話題の一足先にレクチンフリーダイエットを始めてみませんか?

 

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です