下半身が太ってることを気にしてる人はたくさんいると思います。

下半身といっても、お尻から太もも、そして、ふくらはぎなどあらゆる部分に肉はつきやすくなってしまいますよね。

もちろんダイエットの定番はジョギングなどの運動になってきますが、オススメなのは長続きして、場所を選ばないようなストレッチ、そして、ちょっとした道具を使った方法になってきます。

ここでは、いろいろな原因とともにそれを解消するためのオススメのストレッチ運動とアイテムを紹介していきます。

下半身痩せの原因を知ったうえで、運動につなげる!

下半身ダイエットは難しいのには訳がある!?

ダイエットの基本は、なんだと思いますか?

それはカロリーを摂取することをひかえることです。

そして、それだけでなく、それとともに効果的に運動をすることが重要になってきます。

カロリー制限については、誰でもやろうと思えばやれますし、やり方はほとんど決まっており、摂取するカロリーを減らすだけなんです。

しかし、運動については別です。

運動の仕方によっては、やせたり、やせなかったり、人それぞれだいぶ個人差がでてきます。

ただ単に体重を落とすことが目的であれば、有酸素運動が効果的と言われています。

しかし、有酸素運動は息の上がる運動なので、なかなか長続きしませんよね。

できれば、ウォーキングなどの簡単で疲れない方がいいと思ってる人が多いことでしょう。

一方で、筋トレも辛い面もありますが、筋肉がつくと体が太くなるわけではなく、ボディービルダーのような人は別として、普通の人は筋肉がつくと、代謝が上がり太りにくい体になります。

でもこれも下半身痩せには簡単にはつながりません。

そうなんです。

運動でも、筋トレでもダメ、もちろん簡単なウォーキングでもダメなんです。

下半身がもっと効果的に痩せるためには、柔軟性が必要なんです。

ここで言っている柔軟性とは、次から説明する股関節の柔らかさなどになってきます。

基本は股関節の筋肉とやわらかさを保つこと

股関節の可動域がせまいままだと、太ももやふくらはぎにぜい肉がつきやすくなっちゃうんです。

そうなると下半身は太りやすくなってしまいますし、下半身痩せとは程遠い体つきになってしまいます。

股関節の重要性は、痩せながら筋肉も維持する上でかかせません。

例えば、フィギュアスケートの選手などは、足腰の筋力を必要としながら、ほっそりとした体形を維持してますよね。

これは演技の中で見られるような股関節の柔軟性のおかげで保ってるいるようなものなのです。

もちろん、スタイル維持にはかなりの食事制限もしているとは思いますが、美しい下半身や下半身痩せのカギを握っているのは「股関節の柔らかさ」といっても過言ではないでしょうか。

股関節のまわりにはたくさんの筋肉がついていますし、他の体の関節と比べても、いろんな動きができます。

それゆえに、しっかりと鍛えておかないとすぐに太る原因にもなるのです。

骨盤横の大転子の歪みも原因の1つ

骨盤に比べると、まだまだ名前が知れ渡っていない、大転子(だいてんし)も重要な部位です。

大転子の歪みは下半身太りを引き起こす原因の1つなので、下半身痩せには重要なダイエットポイントです。

骨盤の横の出っ張りである大転子は、骨盤ではなく、太ももの骨(大腿骨)の一部分なんです。

股関節を形成している部分の反対側に位置しており、股関節とともに鍛えることで下半身痩せにつながります。

大転子のでっぱりは、骨盤の歪み、股関節の捻れに密接に関係しており、 大転子が歪んだことで股関節や骨盤まわりの筋肉の代謝も下がってしまいますので、下半身痩せの邪魔になってきます。

そのため、下半身痩せのためには、運動などで大転子の歪みを解消して、股関節もやわらかくしていくことが必要になってきます。

 

股関節と大転子の歪みをストレッチで解消!

股関節をやわらかくすれば冷えやむくみも解消できる!

股関節部分は、リンパが集中しているために老廃物がたまりやすいところだといわれています。

この股関節部分が硬いと老廃物がつまりやすくなるので、むくみや冷えの原因になったり、セルライトを引き起こしたりします。

特にセルライトができてしまうと、下半身痩せとは程遠く、痩せたとしてもセルライトがあったらかっこ悪いのでできないようにしていきたいところですね。

ストレッチ運動などで、股関節を柔らかくすることで、リンパの流れをよくして体の老廃物がつまらないようにしていきます。

そうすることで、自然に下半身痩せのスッキリした体型になっていきます。

さらに股関節は顔の歪みにも影響してくるといわれており、股関節の歪みは、股関節から背骨や首へと広がり、最終的には頭蓋骨や顔にまで影響するという理論なんです。

その結果、顔の左右が非対称になってしまったり、瞼がむくんでしまったり、目が小さくなるといった影響まであるようです。

あぐら型股関節ストレッチ

このストレッチはあぐらのような体勢で行う、とても簡単なストレッチです。

このストレッチにより股関節を柔らかくでき、太ももの筋肉も一緒に刺激できるので、下半身痩せにもってこいのストレッチです。

ストレッチを続けていくことで、徐々に脚が開いていけるようになり、下半身痩せを実感できます。

  1. 両方の足裏を合わせて背筋を伸ばし地面に座ります。
  2. 合わせた両足が離れないように軽く手を添えましょう。
  3. かかとを出来る限り自分に寄せていきます
  4. その状態のまま膝を上下に20回動かして下さい
  5. 膝に手を乗せ、10秒数えながらゆっくり下に力を加えていきます。
  6. 膝が床につくようなイメージで、息を止めないのがポイントです。
  7. これを×5セット行います。くれぐれも無理をしないように!

寝ながら股関節ストレッチ

このストレッチでは、下半身痩せにむけて、股関節を柔らかくするだけでなく、太ももやお腹なども引き締めてくれます。

こちらのストレッチもゆっくりと時間をかけて、続けていきましょう。

  1. 仰向けに寝転び右足を床と平行になるように曲げます。
  2. 右足を円を描くように大きく回します。
  3. 外回り、内回り各3回しずつ行いましょう。
  4. 左足も同様に行ってください。
  5. 左右回し終わったら両膝を揃えて膝裏が90度になるように曲げましょう。
  6. 肩が浮かないよう左右に倒します。×10回行います。
  7. このとき膝が離れないように気をつけましょう。

大転子の矯正ストレッチをして、股関節のやわらかさにつなげる!

大転子にはお尻の筋肉が付着している場所でもありますので、大転子が歪んだことで、お尻は引っぱられてしまいます。

そうなるとお尻全体が大きくたれてしまいますし、最悪の場合には、お尻がピーマンのような形になってしまい、下半身痩せとは程遠い体型になってしまいます。

大転子ほぐしストレッチ

  1. 足を肩幅に開き、右手を右の大転子におきます
  2. 右手首のスナップをきかせながら、大転子を左方向へと押し込みます
  3. からだを元の体勢にもどし、足を肩幅にひらいて左手を左の大転子におきます
  4. 左手首のスナップをきかせんがら、大転子を右方向へとおしこみます
  5. この作業を左右交互に10セット行います

中臀筋・小臀筋ストレッチ

  1. 足を肩幅程度にひらいて手をうしろにつきます
  2. 座りながら膝を90度ひらきます
  3. 足首をもう片方の足の膝の上にのせてバランスをとる
  4. 状態を腕でささえながら、胸を前へとつきだして折り曲げた足にちかづけます
  5. 同様に反対側もおこないます
  6. 左右10秒を1セットとします

 

下半身痩せのダイエット運動はいろいろなアイテムでも可能!

寝ながらメディキュット(メディキュット)

寝たまま下半身痩せで楽チン!

寝ながらメディキュットは、寝ている間に下半身全体をひきしめてくれる、美脚着圧スパッツです。

足首からヒップまでしっかりサポートし、下半身痩せだけじゃなく、脚やせ効果が期待できます。

一番のメリットは、何にもしていない寝ている間にダイエットを行えることです。

口コミからみる評判

①スパッツタイプの方がいい。

ニーハイソックスのタイプだと、寝ている間に脱げてしまうこともあるのでスパッツタイプを購入する方が寝ている間も安心の着圧効果のようです。

②1日前のむくみが嘘のように足スッキリ!

足が疲れたとき、ダルいとき、むくんでるときにはくと、その翌日にはしっかりと足の辛さがなくなっているようです。

程よい圧迫感もなんだか効果がありそうで良いようです。

毎日リンパマッサージなどに通う時間のない方にこそ、夜寝ている間をマッサージ時間に!

③仰向けの状態で寝転がり、両足を上にあげて、そのままスパッツをはく

このやり方をしていないこおrは、まったく効果を感じなかったり、全然足が細くもならなかった人が多いようです。

寝ながらメディキュットの効果を最大限にいかすにはこのはき方がベストのようです。

④寝ているとき以外にも愛用!

寝てなくても愛用しているファンが急増中のようで、とくにデスクワークをしている人に使われており、夏の暑い時期でも着用している方も多いようです。

室内にいる分には特に蒸れることもないようですね。

ボディオイル アンティオー(クラランス)

下半身痩せをサポートする植物エキス

アンティオーは、天然純植物エキスによるボディオイルです。

このオイルは感触で肌へのなじみがよく、洋服へ染みることも特にありません。

ただ塗るだけではなう、マッサージとともに高品質な植物エキスが肌のキメを整えてくれ、下半身痩せをサポートしてくれます。

口コミからみる評判

①マッサージに使うと驚くほど疲れがとれる

どんなにむくみがひどいときでも、アンティオーを使ってマッサージをすれば、足の重さやだるさが一気にスッキリするようです。他のオイルではここまで実感できないようで、スッキリ感は、アンティオーの特徴です。

②妊娠中でも安全の成分

妊娠中でも当然、足はむくみますし、マッサージは必要です。

そんなとき妊娠中でも安心の成分なのは嬉しいところ。

③ドバッとでてくる容器には改良の余地ありかも!?

唯一の弱点としてあげられがちなのが、容器のようです。ドバッとでてしまうので、もったいなかったり、使いにくいようですね。みなさんの期待は、ポンプ式のようです。でたらさらに売れそうです。

④足だけじゃなく、他の部位にもつかえるオイル

足に使っている人が圧倒的に多いようですが、当然足以外にもマッサージはしますよね。

もちろん、足以外にも効果があるようで、首に使ってる人は、首の不要なシワがしっかりと消えたようです。腕などに使うのも大丈夫のようです。

⑤マッサージのやり方はお風呂の最後がベスト!

多くの方が、お風呂の最後にまとめてマッサージして、水で洗い流しているようですね。

タイミングも決めておくことで、毎日欠かさず行えますし、便利ですよね。

やり方は、脚の裏を拳などでグリグリして、そのまま足首の両サイドもほぐす感じで、手のひらで下から上へ膝のとこまで押し上げるようにマッサージするようです。

そして、最後に冷たいシャワーをかけて仕上げです。

エクササイズジェルインソール(スリムコーチ)

かかとを保護しながら、下半身痩せをサポート!

ジェルインソールは、エクササイズ機能を持った特殊形状ソールになっています。

履いて歩くだけで、外側O脚になりがちな下半身を、内側I脚になるように助けてくれます。

やわらかいジェルによって、かかとをしっかりと保護してくれるので、下半身痩せや脚やせだけでなく、パンプスをはきやすくするためのアイテムとしても使えます。

口コミからみる評判

①足がひきしまる!

ジェルインソールを使い続けることで、膝の隙間がなくなり、お尻とお腹に力が入りやすくなるようです。

結果的に足幅を狭くして立つようになり、姿勢も良くなり一石二鳥のようです。

慣れるまで指が痛くなったりするのはある程度仕方ないようです。

②なぜだか、下半身ダイエットにつながっちゃう!

さすがにインソールだけで下半身ダイエットなんてって思うのが普通みたいですが、それだけみなさんは普段から歩き方がよくないようです。

使ったみなさんは、足の内側を使うことにより、効果を実感しているみたいですね。

③当然、足の保護にもしっかりと使える

かかと周辺をしっかりホールドしてくれるのでインソールとしての足の保護機能ももちろんあるので、インソール機能にも期待できます。

それでいて、普通に使っていれば歩いていて痛くなるパンプスも平気になるようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下半身痩せのポイントは運動ではなく、股関節のやわらかさと大転子の歪みの矯正です。

まずは、ストレッチなどで工夫しながら、それぞれの部位を鍛えていき、ここで紹介したオススメアイテムによって、さらに下半身をサポートしていければ、下半身痩せに近づいていけるでしょう。

できれば、ここにプラスして、通常の生活で無理のない範囲で有酸素運動などを追加していきましょう。

関連商品


セルリッチスリム

下半身痩せ専用のサプリメント。

2,980円

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

痩せすぎる事をテレビが謝罪!世界が注目の短期集中ダイエット!【PR】

短期のダイエットにおすすめの方法とは?簡単にできる方法を大公開!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です