メラニンとは、シミができる原因となる成分です。

今回は、そのメラニンを効果的に抑制できるクリームについて詳しく解説してます。今まで、メラニンを抑制できずに多くのシミができてしまった方もこの方法を試していただけたらこれから新しく出来たりしません。是非とも参考にしていただき、取り入れてみたください。

⒈メラニン抑制とは?

⒈1抑制して大丈夫?

シミやくすみ、日焼けの原因はメラニン色素という事は周知ですが、これは身体の正常な作用で、紫外線から身体を守る為の防御作用です。メラニン色素が有害な紫外線を吸収するので、私達は紫外線を浴びても健康でいられるのです。メラニン色素が全くない状態だと紫外線が肌をスルーし奥まで浸透してしまい、皮膚の老化では済まない程ダメージを受ける事になります。

UV(紫外線)にはUVA波とUVB波がある。UVの肌への影響

UVA—肌表面への炎症や火傷などの症状はないものの、こちらは肌の奥まで浸透しDNAへのダメージ、皮膚ガンのリスクを招くと考えられています。以前はUVB波を防げればいいと思われ、それに作用する日焼け止めばかり出回っていましたが、UVA波の方が深刻は肌ダメージを与えると分かってから近年ではUVA防御の日焼け止めの使用が推奨されるようになりました。

UVB—肌の表面を赤く火傷させる、肌の炎症を起こすのがこれです。UVC—もう1種類あるのですが、これは地上までは到達しないそうです。

これらが紫外線が肌に与える影響です。これを防いでいるのがメラニン色素。こう考えると”メラニン色素の生成を抑制する”のは安全なのだろうか?と疑問を持ってしまいます。極端にすべてのメラニン四色素を抑制してしまう事はありませんが、いくつか併用して使っていたり、経口タイプの物もある現在、肌が弱くなったりはしないのだろうかと単純に考えてしまいます。

しかし美白効果を謳う商品、例えば【美白化粧水】などと言っている商品は医薬部外品で、厚生労働省が効果を認めている成分の為、効果を謳っていいと認可されている成分を使っている商品です。その他の化粧品は薬事法が適応するため効果を謳えません。

厚生労働省が認可する程なので、安全性を考えているでしょうから身体に影響や害がでる程の含有量は認めていないはずです。そうなると肝心の美白効果の程は?と思わずにいられませんが、しかし厚生労働省認可の美白成分を使っていれば美白作用を謳う事は可能なのです。

⒈2美白成分の効果

『美白化粧品』を使う理由

・シミを消したい
・日に焼けた肌を白くしたい
・アザやニキビ跡を消したい

様々な理由があると思います。しかしシミを消す為に美白化粧品を使うのは少々無理があります。なぜなら、美白化粧品の作用は”シミ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制”する事なので、すでにできてしまったものではなく、今後できる事を防ぐものです。

⒈3シミを薄くする現実的な手段

シミやくすみを薄くするには排出!

いわゆる肌細胞の産まれ変わり、ターンオーバーを正常にし、メラニン色素によって沈着してしまった肌細胞を排出する事

紫外線だけでなく、肌が刺激を感じているかもしれない原因の改善

肌はダメージを感じるとメラニン色素を生成し守ろうとします。紫外線が一番の原因ではありますが、その他摩擦や強い刺激があっても肌を守ろうと働きます。またシミに関してはホルモンバランスも大きく影響します。なので肌に『もう大丈夫だよ』と思わせる事も大事かと思います。強い界面活性作用のある洗顔を使っていたり、肌を強くこすっていたり、心のストレスもよくありません。

浸透性のある保湿

やはり潤いのある肌は透明感があります。肌は白いのがいいだけではなく、透き通るような透明感があるのが美しいのだと思います。その為には洗顔で洗いすぎない事、また保湿をしっかりするように心がける事が大事です。

ビタミンCや天然美白成分

ビタミンCはよく知られる美肌、美白成分です。しかし熱や酸素に弱いため、ビタミンC誘導体がおすすめです。しかしこれはシミ対策というよりは肌のくすみをとり美肌効果の方が高いようです。

また美白成分でしられるアルブチンですが、サンタベリーや梨、ウワウルシなどに含まれている植物性成分ですと合成成分よりも即効性は落ちるようなのでよいかなと、これはあくまでも個人的な見解です。シミが消えずらいという事が分かる女性は多いと思います。逆に即効でなくなる物って肌に負担はかかってないのだろうか?と私は思ってしまうのです。自然に肌のサイクルとともに消えていく方が自然の理にかなっているかなと思います。

⒉メラニン抑制成分が入っているおすすめのクリーム

⒉1アットベリー

脇やデリケートゾーンの黒ずみクリームとして、人気が上がっているのがアットベリーです。臭いを抑える効果もある成分が含まれていることから、臭いと黒ずみを同時にケアできると口コミで評価が上がっているおすすめのクリームです。

美白効果が高いプラセンタを配合
アットベリーは、美容に詳しい人なら聞いたことがあるプラセンタを主体としています。プラセンタには美白などの効果が期待でき、昔から化粧品でも良く使われていますよね。アットベリーは、このプラセンタで黒ずみを解消することを目的としたクリームです。

プラセンタは美容外科などでも使われている成分で、肌の活性化が期待できる成分です。肌のターンオーバーが正常になることで、黒ずみなどの肌トラブルにも効果が期待できるのです。

黒ずみへの効果が期待できる美白成分
その他にも、アットベリーには黒ずみへの効果が期待できる成分が多く含まれています。

⒉2ハーバルラビット

小悪魔agehaのモデル『吉川ちえ・吉川ちか姉妹』などモデルさん達の口コミから、デリケートゾーンの黒ずみクリームとして人気が高くなっているのがハーバルラビットです。

美白成分で黒ずみをシャットアウト
ハーバルラビットの特徴として、美白成分の配合率が非常に高いことがあります。高配合の美白成分が、デリケートゾーンの黒ずみをシャットアウトしてくれるのです。

メラニン色素の沈着を抑制する成分
デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着が原因になります。このメラニン色素を抑制することができれば、デリケートゾーンの黒ずみをシャットアウトすることが可能なのです。ハーバルラビットは、このメラニンの強力に抑制する水溶性ブラセンタエキスを配合しています。

⒉3イビサクリーム

口コミ評価の高い黒ずみクリームとして圧倒的人気を誇るのがイビサクリームです。美容で有名なスキンケア大学や、『GLITTER』、『美的』、『からだにいいこと』など多数に掲載されている実績のある黒ずみクリームです。

デリケートゾーンの黒ずみに効果的な美白成分
イビサクリームは美白効果が高いトラネキサム酸を配合しています。デリケートゾーンの黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因と言われています。このメラニン色素を抑制することで、黒ずみを解消することができるのです。トラネキサム酸は、黒ずみの原因となるメラニンの抑制に高い効果があります。

⒉4ホスピピュア

湘南美容外科が共同開発したという口コミで人気が上がっている黒ずみクリームがホスピピュアです。美容外科という強いブランド力も後押ししていますが、ユーザーの口コミ評価も高くイビサクリームに並ぶ人気になっています。

黒ずみを解消する美白成分
ホスピピュアは、イビサクリーム同様にトラネキサム酸を主体とした黒ずみクリームです。トラネキサム酸は美白効果はハイドロキノンよりも低いですが、家庭でも安心して使うことができます。安全に黒ずみを解消することを目的としているのは、さすが美容外科が共同開発しているといって良いでしょう。

メラニンを抑制する成分
ホスピピュアは、このトラネキサム酸以外にも、黒ずみの原因となるメラニンを抑制する成分が含まれています。

⒊美肌に効果的な運動について

⒊1運動不足はシミになりやすいのか?

長時間のデスクワークや、家でのんびり過ごしているなど、日頃から運動不足になっていると、全身の血流とリンパの流れが滞ってきます。血液というのは、身体の各部位に栄養を運んで、細胞を新しく生まれ変わらせる手助けをします。リンパは老廃物を身体から受け取り、排出する臓器まで運ぶ役割をしています。

運動不足になると、このどちらも滞るというワケなので、細胞の生まれ変わり(肌で言うとターンオーバー)は鈍り、老廃物は溜まりやすくなります。その結果、シミやそばかすが増える、アザがなかなか消えないなど、美肌にとっては嬉しくない状態が訪れてしまうのです。これは盲点になっている人も多いのでは!?

私も日頃デスクワークが多く、意識して身体を動かすことがないので、最初にそれを知った時にはギクリとしてしまいました。かと言って、今まで運動しなかった人がいきなり運動を始めるというのも、あまり現実的ではありませんよね。毎日の生活の中で、少しずつできる「美肌のための運動」があったらいいななんて思いませんか?

⒊2美肌に効果的な運動

「運動を始めましょう」と聞くと、20分以上ジョギングしたり、ウォーキングしたり、いわゆる「有酸素運動」をイメージしますよね?しかし、「美肌に効果的な運動」に焦点を当てると、それは有酸素運動ではないのです。美肌に効果的な運動は「無酸素運動」!無酸素運動というのは、主に筋力トレーニングや短距離走など、短時間で筋肉に負荷をかける運動です。

これがなぜ美肌に効果的かというと、ズバリ基礎代謝を上げてくれるから!無酸素運動で筋力が鍛えられると、血液とリンパの流れが良くなり、代謝がアップします。つまり、肌細胞のターンオーバーを促進して、老廃物も溜め込みにくい身体になる!という仕組みです。

スクワット

スクワットは、自宅で気軽にできる無酸素運動の一つです。テレビを見ながらでもできるので、スキマ時間を使えるのが魅力ですね!次の順番でおこなっていきます。

①背筋を伸ばして足を肩幅より少し広げて立つ。
(このとき足は自分から見て「逆ハの字」になるように)

②背筋を伸ばしたまま、ゆっくりとお尻を突き出すようにひざを曲げていく。
(ひざがつま先よりも前に来ないように注意!)

③太ももが床と水平になったら、今度はゆっくりと元の姿勢に戻る。

ゆっくりとおこなう方が太ももの筋肉を効果的に鍛えられ、代謝アップにつながります。最初は1日10~15回ほどから始めましょう。慣れてきて筋肉に負荷がかかる感じが減ったら、5回ずつ回数を増やしていくのがおすすめです。

プランクトレーニング

プランク(板)トレーニングとは、その名の通り身体を板のようにまっすぐ保つトレーニングです。代謝アップに欠かせない体幹の筋肉が鍛えられます。頭からつま先までをまっすぐに保ち、腕で身体を支えます。そのまま体勢をキープ!まずは1日1回30秒を目標に頑張りましょう。(日頃運動しない人がやってみると結構キツイです)負荷を感じなくなってきたら、10秒ずつくらいを目安に時間を増やしていくと効果的です。

⒋美肌効果がある食べものとは?

⒋1困った時の合言葉

美肌を保つバランスの良い食事を意識するうえで、覚えておいてほしい言葉が「まごわやさしい」です。「バランス良く」といわれても、つい忘れがちな食材はどう意識すればいいんだろうとお考えの方はぜひこの合言葉を参考にしてみてください。バランスの良い食事を継続できれば、美肌にはもちろんのこと、老化対策、生活習慣対策など、あらゆる面で嬉しいことだらけなのです。

ま:豆類
豆類には肌を作っているタンパク質が豊富です。常に意識して取り入れたい、美肌にはかかせない食材のひとつです。

ご:ごま
ごまに含まれるセサミンは、老化原因となる活性酵素を取り除いてくれる働きがあるといわれています。

わ:わかめ
ミネラル(カルシウム・鉄・亜鉛・マグネシウム・ナトリウムなど)がたっぷり入っており、代謝を良くしたり、身体のさまざまな器官を維持していくためには欠かせない食材です。

や:野菜
特に緑黄色野菜(カボチャ、ピーマン、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなど)がおすすめです。活性酵素を取り除き、若々しさを維持してくれる働きがあるといわれています。

さ:魚
特に小魚が良いでしょう。カルシウムがたっぷりで、代謝を良くするなど、美肌におすすめしたい食材のひとつといわれています。現代は、ほとんどの人がカルシウム不足といわれています。もともとカルシウムは比較的体内への吸収率が悪いので、特に意識して摂り入れる必要があります。

し:しいたけ
きのこ類全般を指します。きのこ類には食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷりです。食物繊維は腸を整えてくれる働きがあります。お通じが良くなると、身体の中のめぐりも良くなり美肌につながるといわれています。

い:いも類
じゃがいも、さつまいも、さといも、山芋など。食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷりです。これらの栄養素をバランス良くとることで、美肌はもちろん健康的な身体が作られるといわれています。

⒌まとめ

メラニンを抑制することにより、シミの原因を取り除くことがご理解いただけましたでしょうか。
また、前述した通りしっかりと食事の面から見直し改善していけば、市販のクリーム等に頼らずに美しい肌を保つこともできます。それに、適時適切な運動もしっかりと心がけて行うことで、ダイエットにもなりますよ。

是非ともお試しくださいね。

関連商品


スノーFFFクリーム

その場で肌を白く演出できる美白クリーム。
冬の紫外線対策にもピッタリ。
リシャッフルセットがお得。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です