ムダ毛も気になるし、頭皮も最近薄くなってきたよな…と感じたことはないでしょうか?

今回は、そんな方のためにムダ毛の処理の仕方かた頭皮の血行促進に役立つ知識から方法までありとあらゆる情報をまとめてみました。すでに諦めているかたもここで紹介した方法を試してみてください。きっと驚く結果が出ると思います。

⒈ムダ毛処理の方法について

⒈1ムダ毛の処理方法について

毎日のムダ毛処理でカミソリや毛抜きを使用されていらっしゃる方が多いようですが、カミソリなどで表面の毛をカットしただけではすぐに生えてきてしまいますので皮膚への負担も多くなると言われております。

頻繁にカミソリで処理をして刺激を与えてしまうと、皮膚が硬くなってしまいごわつきを感じることがあるようです。またカミソリの刃を皮膚に向けたり、毛抜きで引き抜いて刺激を与えると毛穴を覆ってしまい、成長した毛が皮膚の下で埋没して生えてきてしまう可能性があります。

皮膚の下で成長して生えてしまうと炎症をおこしたり化膿してしまう恐れがありますのでおすすめされておりません。最近では比較的低額で脱毛施術を受けることができるサロンもありますし、契約をしなくてもその都度支払いをすることができるサロンも多くなってきておりますので、気軽に通うことができ大変人気が出てきているようです。これから脱毛施術をされたいとお考えの方は試されてみてはいかがでしょうか。

⒈2ムダ毛処理で大事な事について

ムダ毛処理をするにしたがって大事な事についてお話します。まずは短い間隔でムダ毛処理をしていく事です。人間の毛は場所によっては意外に早く伸びてきますし、伸びた毛は処理するのが難しくなってきますし、カミソリなどで脱毛していると毛が長い場合はちょっと痛みを伴う場合があります。

そうなるとムダ毛処理が苦痛になってきますので、短い間隔で毛が短い状態の時に処理していくようにしていきます。短い感覚ですとめんどくさく感じる事もありますけど、毛が短い分、簡単に終わりますし楽です。

次に、ムダ毛処理の技術や知識を上げていく事を意識していきます。自分の知識が上がると楽な方法で処理できますし、技術が身につくともっと簡単に処理できたり、肌を傷つけずに処理できるようになります。

毎回なんとなく処理するのではなくて、少しでもうまくなるという意識を強く持ちながらムダ毛処理をしていきます。以上が大事な事になってきますので、把握しておきます

⒉ムダ毛処理をするメリット・デメリット【永久脱毛編】

⒉1永久脱毛のメリット・デメリット

ここまで来ると こんな風に思われる方、いらっしゃるのではないでしょうか。「自分でムダ毛処理するのに こんな大変なら、永久脱毛したほうが ラクでいいんじゃない?!」と。確かに きちんと行えば、その名の通りムダ毛処理から〝永久”に解放されます。

ただ、ここでも大切なのは ちゃんとした永久脱毛の知識を持っていること。メリットデメリットを知っていれば自分に合ったものを選べます。永久脱毛の主な方法と、特徴や効果について まとめてみました。

⒉2永久脱毛の種類

大きく分けて二種類です。一般に「永久脱毛」と言われている処置は大まかに言うと二種類あります。

光を使うもの
レーザー脱毛、光脱毛、フラッシュ脱毛と言われるものがこのくくりに入ります。毛の黒い色に反応する特殊な光をあて、毛と毛根を焼くという仕組みです。

電気を使うもの
別名、「ニードル(針)脱毛」とも言われます。毛穴に電極になる針を入れ、そこに電気を通すやり方です。

電気脱毛(ニードル脱毛)

簡単に言うと、毛穴に針を入れ、そこに電気を流すという方法です。

毛穴に細い針を入れ、そこに電流を流すことによって毛根から破壊するというのが電気脱毛の仕組み。毛根の破壊なので、肌の表面への負担があまりないこと、肌質がどんな方でも行えるのがメリットです。

半面、処置にかかる時間が長いこと、処置を受ける前に毛をある程度 長くしておかなくてはならないのが難点です。そして、レーザー脱毛に比べて痛みを感じる、というのもデメリットです。

レーザー脱毛

毛の黒い色に反応する光を肌にあて、毛根を焼くという手法です。この方法のメリットは、短時間で広範囲のムダ毛を処理することが可能 という点です。効率を考えるといい方法と言えます。ただ、肌の色が濃い方、日焼けしている方には不向き。

肌の色が濃いと肌がやけどする可能性があるからです。だからと言って、やけどをしないように出力を抑えずぎると十分な効果を得られなくなるので、せっかく施術したのにちゃんと脱毛できなかったとなってしまうのです。

この種類の脱毛方法で、レーザー以外の光を用いる「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」も最近は普及しているようですが、効果という点ではレーザーが性能が高いと言われています。

⒉3肌が弱い人の永久脱毛

実は、永久脱毛をきちんと正しい方法で施術してもらえば 自分で行うムダ毛処理をしなくてよくなるので、肌トラブルの軽減につながります。もちろん、医師のいるクリニックでちゃんと診察を受けて正しい方法で行うことが肝心です。肌が弱い人はクリニックできちんとみてもらってから脱毛を行いましょう。

永久脱毛を選ぶときに注意すること

電気脱毛の場合、施術する人の技術に依存している部分もあります。時間がかかりすぎてしまう、肌がやけどしてしまう、と言ったトラブルも、施術者の技術レベルが低いと生じ得ます。レーザー脱毛など光を使うものも、光の強さによりトラブルになることがあります。

強すぎるとやけどしてしまうことになりますし、弱すぎると毛がなくならないという結果になります。技術が未熟だと トラブルにつながってしまうので、医師にあなたの毛や肌の状態を見てもらってから施術を受けましょう。きちんとしたクリニックでは医師があなたの肌の状態に合わせた脱毛プランを立てて施術してくれます。

⒊ムダ毛処理におすすめのアイテム

⒊1家庭用脱毛器

毛を生えなくする「脱毛」が、自宅でできる機械です。自分でするのが面倒でなければ、ベストな処理方法だと思います。ただし、オススメできる機種は限られています。

オススメの理由

・脱毛が完了すれば、いつでもスベスベ
・自己処理が不要になるので、楽チン
・費用が安い
・1台あれば何カ所でも、何人でも脱毛できる
・満足するまで使える
・恥ずかしい部位も、自分でできる
・こまめに使えば短期間脱毛も可能

悪いところは?

・自分でやるのは、ちょっと面倒
・背中などは自分でできないので、誰かに頼むしかない

この先30年で掛かる費用

ナンバーワン脱毛器「ケノン」の場合、本体6万9800円、電気代が数百円、アフターローション数百円(体の化粧品は100均で十分。結構優秀ですよ)すると7万5千円未満。1年間ちゃんと使えば、以降はムダ毛の処理にお金が掛かりません。

⒊2脱毛サロン

を生えなくする「脱毛」処理をするサロンです。2~3ヶ月ごとに1年間~通えば、満足できる状態になると思います。特にワキはキャンペーンで、すごくお得に「毛のない状態」にできます。

オススメの理由

・毛を生えなくしてしまえば、その先はもう処理不要
・いつも毛がないスベスベ肌に
・毛を薄くするだけでも毛が目立たなく、処理もほとんど不要に
・技術と知識をしっかり教育されたスタッフが施術するので安心
・何十年も自己処理を続けるより、費用が安くつくことも

悪いところは?

・通うのが面倒
・時間がないと通いづらい
・部位によっては、見られるのが恥ずかしい

この先30年で掛かる費用

ワキはキャンペーンで超お得に。(たとえばミュゼなら別部位の脱毛もついて、満足するまで通っても2,400円)他の部位は、毛が目立ちにくく処理がずいぶん楽になるまで1年間で、小さな部位なら1万5千円。全身脱毛なら10万円。とことんツルッツルにしたいなら、2~3年間で、小さな部位なら3万円~4万5千円。全身脱毛なら20~30万円。以降はムダ毛処理が不要になるので、処理にお金が掛からなくなります。

⒊3電気シェーバー

ボディー用の、ムダ毛処理のための電気シェーバーです。皮膚への負担が少ないので、「肌」をキレイに保つことができます。自己処理するなら、ほとんどの部位にオススメできます。

オススメの理由

・肌への負担が少ないので、何年先もキレイな肌を保ちやすい
・毛を目立たなくするなら、これで十分
・思い立ったらスグ処理できる
・費用が安い

悪いところは?

・仕上がりはツルツルにはならない
・毛がまた目立ち始めるまでが早いので、こまめな処理が必要
・産毛や細かい部分のムダ毛には不向き
・運転音が大きい

この先30年で掛かる費用

1台で5年間使うとして、本体5千円。内刃と外刃を1回ずつ交換したとして、3千500円。電気代が数百円。すると5年間で約9千円、30年間で5万4千円。

⒊4ムダ毛用トリマー

ムダ毛処理用の、小型のスティック状バリカンです。広い範囲や太い毛には向いていませんが、細かい部位や細い毛の処理にはとても便利です。持ち運びもできますので、1本持っておくと良いかもしれませんね。

オススメの理由

・下準備なしでいつでも処理できる
・外出先にも持ち運べる
・細かい部分や産毛を上手に処理できる
・比較的、肌に優しい
・音も小さいので、周りをあまり気にせず使える

悪いところは?

・太い毛にも使えないことはないが、向いてはいない
・刃が小さいので、広い面積は時間が掛かる
・処理した毛が散らかる

この先30年で掛かる費用

1本の寿命が10年として、本体3千500円。替え刃1千円を3回交換で3千円。充電式乾電池エネループ4本+充電器で2千円。すると10年間で合計8千500円。30年間で2万5千500円。全身に使うわけではないので、トリマー処理以外の方法での処理(費用)も必要ですね。

⒋血行促進に期待できる成分とは?

⒋1薄毛の原因について

血行不良

頭皮の血行不良が原因で抜け毛や薄毛に悩む人は多くいます。髪の成長に必要な栄養素は血液で運ばれます。その流れが滞ると十分に栄養が行き渡りません。

頭皮の血行促進には、育毛剤がいいって本当?

頭皮の血行促進を促進させるには、育毛剤の使用が良いというのは本当です。頭は体の末端にあり、血流が滞りがちになってしまいます。運動不足などの生活習慣やストレスなど、血流不足となる原因は様々ですが、 生活を急に変えたり、ストレスを減らすというのは容易ではありません。育毛剤なら、血流を促す成分を直接頭皮に塗布したり内服できるので、効果が期待できます。

⒋2育毛剤に入っている血行促進成分にはどんなものがあるの?

頭皮の血行促進には育毛剤が効果的だとお伝えしました。ここでは育毛剤に使われる血行促進の働きをする成分を5つ、紹介します。成分の知識を身につけることで、育毛剤を選ぶ際の幅が広がりますよ。 ぜひ参考にしてくださいね!

センブリエキス

リンドウ科の植物センブリから抽出されたセンブリエキスは血行促進効果があるとして育毛剤に含まれることが多い成分です。センブリエキスに含まれる、スウェルチアマリンやスウェルチアニンといった成分が、毛根に直接働きかけ血流を促進させる作用があると言われています。また、センブリエキスには毛乳頭の細胞を活性化させる働きもあるので、血行促進と細胞の活性化で育毛効果が期待できます。

M-034

M-034と聞くと化学的な成分と思いがちですが、天然の海藻ミツイシコンブから抽出された成分。強力な血行促進効果は厚生労働省も認めるほどです。先ほど紹介したミノキシジルと同じ効果があるとして有名な育毛成分なのですが、天然成分のため低刺激な成分です。さらに保湿効果など、様々な効果が期待できるということで注目されています。

セファランチン

タマサキツヅラフジという植物から抽出されたセファランチンにも血行促進の効果が期待できると言われています。まれに頭痛や胃の不快感、アレルギー反応などの副作用があるようですので、アレルギー体質の人は注意が必要です。

ピディオキシジル

ミノキシジルと似た分子構造を持つ成分であり、ミノキシジル誘導体と呼ばれています。頭皮の血行促進と毛母細胞の活性化が主な効果として期待されています。

⒌まとめ

ムダ毛の処理に関しては、多くのかたが一度は悩んだことのあるものではないでしょうか?
今回ご紹介しました、方法はどれもおすすめのものですので是非とも試してみてくださいね。また、血行促進に関しても頭髪が気にな方は前述した方法が最もおすすめですので、参考にしてください。

関連商品


Jomou hour

リーズナブルで使いやすい、除毛クリーム

2,980円

1錠で3.8kg減!?脂肪燃焼に絶大な効果を発揮するブラックジンジャー!気になるメカニズムとは?【PR】

【PR】色白になりたい方必見!5秒で憧れの色白に大変身!どんな色黒の人でも必ず美白になれる方法紹介します♪今話題のオルチャンに今すぐなっちゃおう♥

無色透明コーヒーで激ヤセ!?美容外科ナースが大暴露!業界裏事情【PR】

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です